日本維新の会・橋下氏、じゃんけん発言は「強烈なメッセージ」

例の「じゃんけん発言」についてですが…

総スカンの中、橋下さんが発言しました。
http://youtu.be/zCskkUiYqw4
日本維新の会の橋下 徹代表代行は、みんなの党との候補者調整に関して、「最後はじゃんけんで決めればいい」との自身の発言に批判が出ていることについて、「じゃんけんは、『理屈ではなく、まとまろう』との強烈なメッセージだ」と反論した。
みんなの党の渡辺代表は「ちょっと待った。じゃんけんで決めるほど、われわれはいい加減な候補は選んでいませんよ! じゃんけんで決めようという、そんなばかなことが許されるのか!」と述べた。
候補者調整をめぐる、橋下代表代行の「最後はじゃんけんで決めればいい」との発言については、与野党から批判が出ている。
日本維新の会の橋下代表代行は「(『じゃんけん』発言は)要は、最後は理屈で決めなくてもね、1つにまとまりましょうよっていう強烈なメッセージですよ、それは」と述べた。
橋下代表代行は「どちらの候補者が良いか、本当にわからないけれども、選択が迫られる、最後のギリギリの政治決断のことを『じゃんけん』と表現した」と反論した。
両党の候補者調整について、橋下代表代行は「1つの党にまとまるのなら、公開討論で候補者をどちらにするか決める。東京都知事選告示日の29日までが、1つになれるかどうかの最後の正念場だ」と述べた。(FNNより)

ある方に教えて頂いて、以下のブログを読みました。
みんなの党 松田公太氏ブログ(11/23記事:「東京都議選の補欠選挙と、みんなと維新のこと」)
喉元にナイフを突きつけながら譲歩を引き出そうとする橋下交渉術…

仰る事は、良く分かります。維新より前から選挙に備えて一生懸命準備されて来たみんなの党側から見れば、そう思われて当然でしょう。
ただ、、「交渉が決裂しても、比例区で維新票の積み重ねになるから、どっちに転んでもいい」と言う部分は誤解されていると思います。
橋下さんだって、お互いの候補者が共倒れになる事。それを避ける事を一番に考えているはずです。

維新側だって、維新塾で選抜し鍛え育ててきた方々です。無意味な戦いは、させたくないでしょう。
もちろん、みんなの方々にもそんな戦いはさせたくない。
また、その事で、利を得るのは誰でしょうか?

私個人の意見としては、
維新より前から、みんな側が準備していた選挙区は、すべて維新側が撤退し、可能なら他の空白区へ(時間的に難しいか…)、もし無理なら、次期参院選・衆院選に備えて頂く。
(維新の方も、仕事をやめられて、自己資金を投げ打ってされてます。そう易々受け入れられないでしょう。大所高所から見て頂いて、何とか受け入れて欲しい…)
その事を条件に、政策協議の上、みんなの党も合流をして頂く。
選挙後は、浪人された方を、合併した党を挙げてサポートして行く…
というものなんですが…

みんな維新がスムーズに合流もしくは連携出来れば理想的だったんでしょうが、時計の針は巻き戻せません。
みんな側から見ての維新の動きは、納得できないのも分かります。

でも、私は、自民復活・民主生き残りよりも、
多少火種を抱えても、みんな維新連合が勢力を持った方が、日本の為、将来の為にはプラスだと思います。

みんな・維新の問題について、みなさんはどう思いますか?
こうなった方がいいんじゃないか?と言うアイデア・ご意見がありましたらコメント下さいm(__)m

PS.共通公約見直し協議を始めたようです
みんな・維新、共通公約見直し協議開始(11/25 朝日新聞)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    「ジャンケンで決めれば良い」と発言できるのが橋下徹の凄いところ。逆に「ジャンケン」発言に噛み付く渡辺喜美や松田公太が、日本を率いる器でない人物であるコトを示している。

    「何年も前から用意している」などと言い出せば、それは「競合区は維新が譲るべき」と自分達の既得権を主張しているだけの話。もしくは「自分たちはキチンと選んだが、維新はいい加減」という自己中な発想に基づく発言。

    みんなの党のメンバは甘すぎるね。杉並区長まで務めた山田宏ですら、選挙区変えたんだよ!だから今まで伸びなかったんだね。

    橋下徹は「討論会で決める」と発言を変えたが、仮に「討論会」をして、最終的には誰が決めるの?石原慎太郎が決めたら、みんなの党は納得するの?渡辺喜美が決めたら維新の会は納得するの?誰がどう決めても「恨み」が残る。

    競合する選挙区の当事者が、御互いを見て、弱いと感じた者が自主的に譲るのを良いとして、それでも決まらないときは、「最後は」じゃんけんなり、サイコロなり「恣意を排した方法」で決めない限り恨みが残るのです。
    選挙はあくまで手段で、当選した後にどうするかが大事という観点から言えば、恨みを残すのはダメということ。

    橋下徹は、キチンと「最後は」と言っている。このフレーズを聞き逃す人達は「政治家失格」だと思いますね。

  2. ナナシ より:

    まさにどう意思決定がされていくのか、組織マネジメントのあり方がこれではかられる訳ですね。
    党同士の事情と政策のこととはまた別ですが、そんな感じがします。
    多くの有権者としてはみんなを応援しても維新を応援してもやってほしいことは同じで、あとは党同士の思惑・感情だけ。

    個人的には今回のみんなの党との協議で、太陽の党合流時に消えてしまった「歳入庁」、「公務員改革」などの表記が復活し、みんなが合流してくれたら(旧たちあがれメンバーはそれで離れてもOK)と思います。
    そうなれば維新としてはトップ石原氏とみんなの党の勢力と、おいしいとこ取りできますが… まぁそうやすやすとはいかないんでしょうね、現実は…。

    しかし橋下さん・松井さんはなぜこうもあからさまに波風立てるように合流話を持ちかけるんでしょうか…。こうでもしないとまとまれないという思惑の他に、ひょっとしたら選挙戦への話題作りという意味もあるのかもしれませんね。

  3. 先憂市民 より:

    アンパンマンさん
    コメントありがとうございます。

    私は、最終的には、みんなの党は合流してくれると信じています…

    どの様な決着をするか分かりませんが、今週が山場ですね…

  4. 先憂市民 より:

    ナナシさん
    コメントありがとうございます。

    > 個人的には今回のみんなの党との協議で、太陽の党合流時に消えてしまった「歳入庁」、「公務員改革」などの表記が復活し、みんなが合流してくれたら(旧たちあがれメンバーはそれで離れてもOK)と思います。
    > そうなれば維新としてはトップ石原氏とみんなの党の勢力と、おいしいとこ取りできますが… まぁそうやすやすとはいかないんでしょうね、現実は…。

    旧太陽メンバーもみんなの党との政策協議に参加するみたいですから、合流の為に譲歩して欲しいですね…

    >
    > しかし橋下さん・松井さんはなぜこうもあからさまに波風立てるように合流話を持ちかけるんでしょうか…。こうでもしないとまとまれないという思惑の他に、ひょっとしたら選挙戦への話題作りという意味もあるのかもしれませんね。

    そうですね、それも十分あると思います。
    今日から、民主党のCMが始まったようです…
    民主・自民から大量のCMを受注するテレビ局は、偏向報道になる可能性が十分あります…
    今の内に取り上げてもらわなければと、いうのもあると思いますね。
    お金の無い維新は、まさにゲリラ戦ですね。

トップへ戻る