橋下共同代表 みんなの党との合流について「維新の会の存続にこだわらない」

国会が始まったばかりだというのに、橋下さんから波紋を呼ぶ!?非難があがる!?様な発言が飛び出しました!

(引用)
橋下共同代表、維新存続に固執せずを強調

日本維新の会の橋下共同代表は、夏の参議院選挙に向けたみんなの党との合流について「維新の会の存続にこだわらない」と強い意欲を示した。橋下共同代表らは夏の参議院選挙に向けて、みんなの党と合流したい意向を示しているが、27日、みんなの党の渡辺代表は党大会で合流を強く否定した。

これに対し28日朝、橋下共同代表はみんな党と合流するためなら日本維新の会を解体してもいいとの考えを明らかにした。「自民とそれに対する勢力として日本維新の会、みんなの党、民主党の一部の人で新しい政党作っていくのが日本のためになると思う」と話し、「維新の会の存続にはまったくこだわらない。考え方が合う人たちでひとつの政党を作ったらいい」と強調した。

そして「渡辺代表にも、もう少し大人の政治家になって欲しい」とも述べ、引き続き合流を呼びかけていく意向を示した。(1/29 読売テレビ)
記事リンク(動画有り):http://news24.jp/nnn/news8896278.html

「もう少し大人の政治家になって欲しい…」には思わず苦笑してしまいました…

「日本維新を解体してもいい」は物議をかもすでしょう…
しかし、この発言によって、
橋下さんの何が何でも大阪都構想を実現させるという意思も感じました。

(ここからは、私が勝手に想像した橋下さんが考えるシナリオ)
夏の参院選を、自民・公明に対抗できる勢力を作り、戦い、与党に過半数を獲らせない。
そして、参院でのプレッシャーを元に、与党の協力を取り付け、大阪都構想関連法案を成立させていく…

調べると、改選121議席中、自民・公明以外で「58議席」を獲らないと、与党が参院でも過半数を超えてしまう。
実際、野党にとっては、かなり厳しい数字…ある程度まとまって選挙戦を戦わないと、まず不可能と思われる…
そういう状況を踏まえての発言ではないかと…

渡辺代表は、そんなことは承知の上で合流否定発言…
橋下さんが、ぼやきたくなるのもわかります。

みなさんは、この発言どう捉えますか?

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    SECRET: 0
    PASS: d4082ac4db3c14681d8dfc9a485bed44
    橋下徹の真意は、自分も含めた凡人には理解不能だから考えるだけ時間のムダ(キッパリ)

    ネットに前回衆議院選挙の比例の県別得票がアップされてました(https://www.dropbox.com/s/p396wokegwce5lw/2012_shugiin_hirei_tokuhyou.pdf)

    衆議院と参議院は違うし、人を選ぶ選挙区選挙と党を選ぶ比例区選挙は違いますし、そもそも、このデータが本当に正しいかという問題がありますが...
    この前回の衆議院選挙の県別得票率を単純に当てはめると、維新単独では茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、奈良、広島、福岡の選挙区で12人と比例区合わせて20台前半くらいで、このとき自公は選挙区で49人と比例区で70人前後で、自公の非改選が57人だから127人前後
    みんなの党と合流し、得票が単純に足し算になるとすると上記に加え、北海道、宮城、栃木、山梨、新潟、長野、滋賀、和歌山、沖縄、で東京と神奈川は2議席の選挙区で24人と比例区合わせて30台後半くらいですが自民から奪える1人区は4つ程度で、自公で123人前後

    なので、単純に合流するだけでは自公の過半数を押さえるのは厳しくて、地道に地方組織作りと有力候補者の選定をしないと駄目な感じでしょうか...

    自公で過半数割れして、維新がキャスティングボートを握るのが理想ですけれど、現実的には自民単独過半数を防げば、政策的には自公より自維の方が近いので、自維で過半数(自民党が公明から維新に乗り換える危機感を公明に与える数)を超えれば、揺さぶりをかけることはできるでしょう。
    いくら自民でも、各選挙区で2議席とるのは困難なので、選挙区選挙で47人。非改選が48人ですから、自民単独過半数には比例で27人当選させる必要がありますが、衆議院選挙の比例得票を見ても、流石に無理でしょう。自維で過半数なら、みんなの党と合流できなくても、維新単独で20台も確保できれば御の字かもしれないです。

    どの道、大阪都構想を実現するには、国政だけでは駄目で、大阪市議会で過半数が必要だが、自民の市議団は頑ななので、公明の市議団と組むしかない現状、当面は自公維の三つ巴で駆け引きしていくしかなさそうですし。

    もちろん、みんなの党と合流できるのが良いのですが、W氏が党首である限りは無理でしょうから、2016年の参院選挙、その近辺の次の衆議院選挙に向けて、維新としては今回20台前半を目指すという感じではないですかね?

  2. 先憂市民 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    アンパンマンさん
    いつもコメントありがとうございます。

    > 橋下徹の真意は、自分も含めた凡人には理解不能だから考えるだけ時間のムダ(キッパリ)

    ホント、そうですね(^^ゞ

    色々、情報ありがとうございます。
    本当に勉強になります。

    >自公で過半数割れして、維新がキャスティングボートを握るのが理想ですけれど、現実的には自民単独過半数を防げば、政策的には自公より自維の方が近いので、自維で過半数(自民党が公明から維新に乗り換える危機感を公明に与える数)を超えれば、揺さぶりをかけることはできるでしょう。

    公明党…
    最初、大阪市議会で組むと聞いた時、正直、抵抗がありました。
    しかし、よくよく考えると、連携を組むのに意外に良い相手ですね。

    「中道」をうたい、組む相手によって変化する部分も持ち合わせているし、
    支持母体はあれとしても、強固な基礎票もある。

    2016年辺りの国政選挙、おそらく橋下さん、出馬するでしょう。いやして欲しい。

    それまでに自民に対抗できる、組織と人をつくれるかですね…

トップへ戻る