民主との政策協議「歓迎です」 維新・浅田政調会長

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
民主との政策協議「歓迎です」 維新・政調会長

 日本維新の会の浅田均政調会長は4日、民主党との政策協議について「歓迎です。みんなの党と二つで(協議を)やるより民主党が入った方が数が多い」と前向きな姿勢を示した。記者団の取材に答えた。

 浅田氏によると、3日に民主の桜井充政調会長らとテレビ番組に出演した後、桜井氏側から政策協議について呼びかけがあったという。浅田氏は、みんなの党の浅尾慶一郎政調会長と東京都内で8日に会談する予定。3党での政策協議ができるか協議するという。

 浅田、浅尾両氏は1月末に協議し、原子力政策など10項目の基本政策について大筋合意した。維新、みんな両党は6月の東京都議選や夏の参院選に向け、候補者調整を本格化させる。

 一方、野党共闘を探る民主党からの連携呼びかけに対し、維新の松井一郎幹事長(大阪府知事)とみんなの江田憲司幹事長は1月に会談した際、民主の「公務員労組依存」の党の体質を理由に連携できないという認識で一致している。(2/4 朝日新聞)

前原氏も連携に強い意欲があると報じられています。(前原氏のインタビュー記事リンク:朝日新聞)

元々、橋下さんも呼びかけている事ですが、
民主党…
この間の海江田氏の代表質問などを見ていると、社民・共産と同等になってしまった感もあります…

維新みんな両幹事長が指摘する様に、労組依存と決別し、党を割って出てくる覚悟がある方々と、でないと難しいでしょうね…

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る