3/21 衆議院総務委員会 東国原氏 「NHK受信料関連の質疑」 動画

記事をシェアして頂けると嬉しいです

委員会での維新議員の映像は、数多くありますが、
その中から、1つ取り上げてみました。

NHK受信料…
皆さんは、どうお考えでしょうか?

徴収率…
沖縄42.0%、大阪57.2%、東京60.8%…

ワンセグ搭載の携帯・スマホ、カーナビも、NHKの契約対象とされています…
現在の受信料の徴収方法(戸別訪問)では、すべての対象者から平等に契約・徴収するのは不可能でしょう…

確かに、NHKは民放に無い、数多くの良質な番組を提供していますし、災害時の情報提供は信頼性があります。
絶対に必要な放送局だと思っています。

ただ、受信料の問題については、現状、とても納得出来ません

私も東国原議員の主張に、全く同感です。

B-CASカードがあるのですから、支払いをしなければ、番組視聴(民放も含め)出来無い様にする。
また、ワンセグ搭載のスマホ等を購入する場合は、受信料を通話料と一緒に徴収する(すでに支払っている事が証明出来れば徴収されない)。
カーナビの場合は、支払い証明がなければ購入出来ない…もしくは引き落とし口座等の登録をする…等

これらの様な方法を採って、初めて平等徴収と言えるのではないでしょうか?
そして、実現すれば必然的に、受信料を大幅に引き下げる事が出来るでしょう!

これらの方法に国民の理解が得られず、実現が難しいなら、(関連法を含め)NHKのあり方を1から見直すべきだと思います…(本来は、この話が先なんですがね…)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る