吉村市長「住民投票の反対票が、総合区を選んだ事になる担保を考えていきたい」定例会見 2017.5.25

「内容」
・「(仮称)区画整理記念・交流会館」の民間等附帯施設の運営事業者を募集します
・文楽振興事業「夏休み文楽特別公演『親子劇場』」優待事業を実施します
(通常の約半額で鑑賞できます。親子ペア5400円→2800円)
大阪市:夏休み文楽特別公演「親子劇場」鑑賞優待事業を実施します
・創業期ベンチャー企業支援“OIHシードアクセラレーションプログラム” 第3期開始!
・質疑応答

(タイトルのシーンから再生します)


公明への配慮? 都構想の住民投票前に総合区方針案決定を 大阪市吉村市長 – 産経WEST

松井知事「住民投票否決後の総合区議決。不安なら公明党が望む担保は全面的に協力する」登庁会見 2017.5.25
と、語った松井知事と見解が違う様に見えますが・・・

ここがまた、少しややこしく
(全く公明への配慮では無いんですが・・・)

吉村市長
住民投票前に、確定した総合区案を市民に提示しておかなければ、市民にとって(住民投票での)反対票が総合区を選択すると言う意識にならないのでは?と危惧しています。

なので、地下鉄方式と言ってましたが、

昨年12月、市営地下鉄を民営化するという基本方針案がまず成立しました。民営化する事だけが決まりました。
そして、今年3月、民営化の中身を具体的に定めた民営化条例案が成立しました。

昨年末、国会での成立したIR法案も手続法と言われ、やると言う事を決めただけで、具体案はご案内の通り1年間掛けて作ることになっています。

吉村市長は、住民投票前に、市民に対して何かしら総合区の約束をしておきたい。

その方法については、松井知事や、もちろん公明党とも話し合いたいと言う事だと思います。

【森友学園問題】吉村大阪市長、事業停止命令の方針撤回も – 産経WEST

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る