吉村市長「(市営地下鉄民営化)新会社社長は、鉄道業界以外の民間で経営感覚のある方が良いと思う」定例会見 2017.9.7

「内容」
・市会関係
・地下鉄新会社の新制服等について
・質疑応答

(タイトルのシーンから再生します)

大阪市営地下鉄、民営化後の新会社の制服発表:朝日新聞デジタル

 来年4月に大阪市営地下鉄が民営化されるのを前に、市は7日、民営化後の新会社の制服を発表した。濃紺をベースに、袖に緑と金色の細い線をあしらい、丸みを帯びた帽子が特徴。吉村洋文市長は「新しい時代を感じていただけるデザイン」とアピールした。

 市は、新会社が民営化以降、交響吹奏楽団「オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ」(旧大阪市音楽団)と提携することも発表。駅構内での「駅ナカ演奏会」などを企画する。

 吉村市長は新会社の社長について、民間人から起用する方針を改めて表明。「鉄道会社はライバル。利益相反が生じうる」として、鉄道会社以外の企業経営の経験者の中から、年内に決めたい考えを示した。

 市は民営化に向け、今年6月に設立した市100%出資の新会社「大阪市高速電気軌道」に免許などを引き継ぐ作業を進めている。(左古将規)

大阪市残し24区→8区 「総合区」11月から住民説明会 – 産経WEST

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る