関電、脱原発の提案に全部反対 株主総会招集通知に明記

引用

関電、脱原発の提案に全部反対 株主総会招集通知に明記

 関西電力は7日、今月27日に開く定時株主総会の招集通知を発送した。筆頭株主の大阪市などが「脱原発」路線への転換を求める株主提案を出していたが、招集通知では、いずれも取締役会として反対すると明記した。

 大阪市は関電株の約9%を持つ筆頭株主。「脱原発」路線を強める橋下徹市長が主導し、全原発の廃止を定款に明記することなど計10議案(神戸、京都両市との共同提案含む)を提案、総会での可決を目指している。

 これに対し、関電の取締役会は招集通知の中で、すべてに反対を表明。大阪市が「脱原発社会の構築に貢献するため、可及的速やかに全ての原子力発電所を廃止する」などと定款に明記することを求めた議案に対しては、「長期的なエネルギーセキュリティーの確保」や「地球環境問題への対応」などを理由に、「電源について多様な選択肢を持ち続けることが重要」として反対した。(朝日新聞デジタル 6/7)

大飯再稼動の一連の流れの中で、関電が原発の代替電力確保に積極的で無かった事について、批判したメディアはほとんど無かったと思います。
(参考動画:5/17 モーニングバード 「そもそも総研」関電の努力足りない・・・背景にあるシナリオ!?)

あの東電でさえ、昨年の事故後まもなく、夏場によほどの事がない限り「計画停電はしない」と表明し、代替電力確保に奔走しました。使用制限令もありましたが、結果、ピーク時に他社に融通するまでになりました。
それと比べると、今回の関電の対応(故意にしなかった!?)は、批判されてしかるべきだと思います!(今更ですが・・・
経産省も、再稼動一辺倒で、ひどかったですが・・・

もしかすると、関西では、今でも関電のCMがガンガン流れたり、新聞に広告が載ったりしているのでしょうか??
そうだとすれば、メディアが関電に気を遣ってるんですかね・・・どうなんでしょう?

チョット、記事の内容とは外れてしまいましたね・・・

関電が脱原発の提案に反対の理由は、こちらの記事から
参考記事:原発再稼動は関西電力を経営破たんさせないため!?

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【関電、脱原発の提案に全部反対 株主総会招集通知に明記】

    引用関電、脱原発の提案に全部反対 株主総会招集通知に明記 関西電力は7日、今月27日に開く定時株主総会の招集通知を発送した。筆頭株主の大阪市などが「脱原発」路線への転換…

トップへ戻る