【堺市長選】中盤情勢調査「維新永藤氏と現職竹山氏が接戦。現職が実績アピールでやや巻き返し」

過去の選挙で、かなりの精度で情勢予測をしてきた実績のある「JX通信社」が、序盤の情勢調査に続き中盤の情勢調査を発表しました。

(前回の調査)
【堺市長選】情勢調査「下馬評を覆し、維新永藤氏と現職竹山氏が接戦。現職の8年『否定的評価』が上回る」

(今回の調査)
大阪・堺市長選中盤情勢 現職・竹山氏と維新・永藤氏が接戦=JX通信社世論調査(米重克洋) – 個人 – Yahoo!ニュース

(一部引用)
継続的な調査で、情勢の変化がはっきりしてきた。

報道系ベンチャーのJX通信社では、今月24日投開票の堺市長選について、選挙戦中盤にあたる16・17日の両日に電話による情勢調査を実施した。8月上旬からの調査結果3回分と合わせて情勢の変化を分析した結果、現職の竹山修身氏(自民・民進など推薦)と新人で前府議の永藤英機氏(大阪維新の会公認)が接戦となっていることが分かった。

現職の竹山氏は無党派の4割弱、自民党支持層の5割、共産党支持層の8割弱を固めたほか、推薦を受けている民進党の支持層の6割弱、自主投票を決めている公明党の支持層の4割台半ばからも支持を受けている。

一方の永藤氏は、日本維新の会支持層の9割、自民党支持層の3割強、無党派の2割から支持を集めている。また、公明党支持層からも2割台半ばからの支持を受けている。

8月下旬の調査時点からの情勢変化としては、現職が巻き返し、自民党支持層と無党派層の態度未定者を有利に取り込んだことで、攻守が入れ替わっての接戦となっている。

特徴的なのは、前回の告示前の情勢記事で指摘した「争点別」での支持動向で、永藤氏が竹山氏への批判票を十分集めきれてない傾向が、この3週間の間によりはっきりしたものとなっている点だ。

(中略)

上位の争点項目4点をそれぞれ見てみると、現職の竹山氏が「医療や福祉」「教育や子育て」といった分野で支持を伸ばしていることが分かる。一方の永藤氏は「大阪都構想」を最も重視するとした有権者から大きな支持を受けて先行を維持しているものの、竹山氏も「大阪都構想」に反対する有権者から支持を集め、上積みしている。

また、永藤氏は「教育や子育て」の分野でも支持を伸ばしているものの、対する竹山氏も同程度の伸びを見せており、横一線となっている。「景気や雇用」の点では両者とも大きな変化がない。

これらの傾向から「大阪都構想」以外の争点では主として住民サービスがフォーカスされてきていること、また、その中でも現職の竹山氏による「実績」のアピールや子どもの保育料・医療費に関わる公約の打ち出しなどが一定の効果を上げているものと考えられる。

実際、告示後に竹山氏の陣営では永藤氏のキャッチコピー「停滞か、成長か」を逆手に取り、財政や住民サービスなどの点での「成長」をアピールするビラを大量に配布するなど「反都構想」一本足でない訴求にシフトしてきている。また、これまで第3子から無償だった保育料を第2子からに拡大する公約を強く打ち出すなど、永藤氏側の批判を意識したとみられる訴求が目立つ。こうした戦況から「景気や雇用」以外の争点で永藤氏が今ひとつ伸びを欠いている状況を残り1週間で転換できるかがひとつの注目点となりそうだ。

こうした争点別の情勢変化は、主に無党派層や自民支持層での態度決定にも反映している。前回、告示前の情勢記事で「政策以前に『主要な既成政党全てが反維新の一点で現職支持に回る』という政党の構図だけで、ある程度選挙の枠組みが決まってきている」ことを指摘した。永藤氏の支持動向の変化の少なさからは、その構図からも抜け出せていない状況がみてとれる。一方で、維新・公明以外の全ての主要政党から推薦や支援を受ける竹山氏が現職としての「実績」のアピールで巻き返した状況だ。

両候補はなおごく小差での接戦となっている。期日前投票の動向から投票率は前回よりやや下落するとみられるが、無党派でややリードしている現職にとってそれが有利とも言い切れない状況だ。更には、早ければ今月28日開会の臨時国会冒頭で衆議院が解散される見通しとなったこともあり、現職に相乗りする各党が対峙することで支援の枠組みへの微妙な影響も考えられる。選挙情勢はなお流動的だ。


相変わらず細かい分析、非常に参考になります

新聞社なども情勢調査を発表

こちらはJX通信社よりも現職がやや優勢や先行と分析しています

堺市長選、現職が維新新顔にやや優勢 朝日新聞情勢調査:朝日新聞デジタル

【堺市長選】現職竹山氏が先行 都構想58%が堺市参加に否定的 共同通信電話調査 – 産経WEST

総合すると、永藤候補が、劣勢なのは間違いないようです。

恐らく「5~10%前後」・・・

しかし、まだまだ十分逆転は可能です。

しっかり対策を立てて、一致団結、効果的に戦えばひっくり返せますよ!

衆院解散も追い風になるかもしれませんし

【衆院解散】「苦しいタイミング」「国政とは別」「チャンスだ」堺市長選など影響も – 産経WEST

とにかく、あと1週間

出来る事はしっかりやって、開票時、後悔しないようにしたいと思います!

堺市のみなさん

「改革の為には、しがらみを絶つ!」
組織が無い維新は、あなたの1票だけが頼りです!

堺の停滞を招いた竹山市政に終止符を!

そして、住民軽視の自民・共産・民進の野合・談合政治はこれきりに!

有言実行、真の改革政党
「永藤 ひでき」何とか、押し上げて下さい!
どうぞ、よろしくお願いします!

維新の会は「有言実行」やると言った事は、確実に実行し...

P.S.

大阪の人が、東京と比較されると

「ほっといてくれ」「なんで東京と比べなあかんの?」
みたいな拒否反応と言うかコンプレックスみたいなものを見せる人がいるが

堺の人が、大阪と比較されると

同様の反応を見せる人が多いのだろうか?

共に、

歴史、伝統、文化は「上だ」と言う強い自負は持っているが

過去に上回っていた経済・活気・勢いで、追い越されたと認めざるえない状況

よって「比べたくない」「関係無い、俺らは俺ら」と、無意識に反応してしまうのか?

竹山陣営は、前回からも、一貫してこの「大阪コンプレックス」を刺激していると思う

大阪の気持ちが分かる維新なら、この「コンプレックス」を上手く解きほぐせないものだろうか?

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    まぁあくまで情勢予想なんですが、其れでもタケヤマン優勢ってのは良い気分はしませんよね。

  2. 匿名 より:

    土日の電話(固定?)での調査だと高齢者が多いのかな?
    その事を差し引いても五分五分か極僅差で劣勢・・・

    維新(永藤さん)の当選は絶対条件ですが、大差で勝利すればアンチ共が少しおとなしくなり堺の改革や振興がスムーズに進みます。
    堺市民(特に若中年層)の皆さん必ず投票に行って賢明な判断で一票を投じて下さい。

  3. さささ より:

    百田尚樹さんも永藤さん支持を表明されましたね(^^)

  4. M&M より:

    別に堺市民の方々が都構想に参加したくないなら、それはそれで良いと思います。
    少なくとも取り敢えず現状としては。
    それよりも問題は竹山市長のままで良いんですか?って事です。
    功績も理念もビジョンも何も無い様に見えますが。

    都構想というのは、大阪市民にとってシステムとして現行より良いとか、
    新しい大阪広域行政の枠組みができるとかいう面も当然ありますが、
    現行の制約内での手段では除去できない巨大な悪性腫瘍となった、
    大阪市役所、大阪市議会を根元から除去するというのが、裏でも無いが、
    そっちがメインの目的と言えるかもね、って面があるからです。

  5. 椿 より:

    まずは綺麗ごとを言わずに、【竹山の不都合な実績】を有権者の前で、
    バンバン暴きまくる事です。竹山の拙い実績を暴くことによって、

    「現状維持が一番」と思っている”屁タレな有権者”の洗脳が解けますから。

  6. 関西市民 より:

    >P.S.
    大阪の人が、東京と比較されると
    「ほっといてくれ」「なんで東京と比べなあかんの?」
    みたいな拒否反応と言うかコンプレックスみたいなものを見せる人がいるが

    堺の人が、大阪と比較されると
    同様の反応を見せる人が多いのだろうか?

    共に、
    歴史、伝統、文化は「上だ」と言う強い自負は持っているが
    過去に上回っていた経済・活気・勢いで、追い越されたと認めざるえない状況
    よって「比べたくない」「関係無い、俺らは俺ら」と、無意識に反応してしまうのか?

    竹山陣営は、前回からも、一貫してこの「大阪コンプレックス」を刺激していると思う
    大阪の気持ちが分かる維新なら、この「コンプレックス」を上手く解きほぐせないものだろうか?
    (引用終わり)

    この視点からなら、
    堺市民の暮らし指標で、維新の新市長のもとでなら大阪市の指標を凌駕するものあるいは目標を提示できれば、その堺愛着市民をコアにしたコンプレックスを解きほぐせる一つになるのでは。

トップへ戻る