第2回副首都推進本部会議(第二部)&ぶら下がり会見 2016.2.9

「タイガースとお好み焼きをこよなく愛する、AIGジャパン社長兼CEOが大阪を語る」第2回副首都推進本部会議(第一部)
の続きです。その後のぶら下がり会見もついています。

主な出席者
松井知事・吉村市長
特別顧問:猪瀬直樹氏・堺屋太一氏・佐々木信夫氏・原英史氏
市町村長:竹山修身堺市長・田中誠太八尾市長
他・・・
第2回 副首都推進本部会議について(大阪府)

(ダイジェスト動画)
猪瀬直樹前都知事がニコニコ超会議、闘会議、コミケの大阪招致を提案
副首都推進会議で竹山市長がバッサリ切り捨てられる

「そのときはお呼びしませんから」…大阪府VS堺市、副首都推進本部会議で「本気モード」に?(産経WEST)

「都構想反対派」も参加 大阪「副首都化」の行方は?(MBS)

特別顧問の方が提出された資料が、(上記)大阪府のHPにUPされていました。
ざっと目を通しましたが、どの方も「公益庁」に言及していました。
これからの議論はここが中心になりそうですね。

でも何故か、竹山市長も資料を提出・・・
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/27077/00209546/sakaishichoshiryo2.pdf
「オール関西」とか「新首都」の文言が・・・
さっぱり意味がわからない資料でした・・・┐(´-`)┌

関連
「猪瀬直樹氏・松井知事・吉村市長」副首都推進本部会議後 ぶら下がり会見 2015.12.28

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 他府県民 より:

    猪瀬さんのコミケ大阪招致はさすがです。私の世代だと参加は有り得ませんけど、毎年安定した集客が見込めますし、面白そうなイベントですね。

    おおさか維新の会が企業献金廃止を自ら実践し提案する事にならって、
    今後もし難民の受け入れ案が出てきたならば、「議員自ら率先して議員の家庭で必ず難民を受け入れてから」法案提出して成立すべきではと思います。

トップへ戻る