あの衝撃ニュース「30年後、半数の自治体が消滅!?」 関連動画 

30年後の未来の事なので…
「ホントに、そうなるかわからないんでしょ!」
とお思いの方も多いかと思います。

確かに、ほとんどの未来予測は、当たらないものも多いんですが…
この「人口統計」を基にした予測は、別です!
残念ながら、ほぼ、その通りになります。

動画では、橋下さんの発言も取り上げています。(チョット意図的な編集なので、これについては、またUPします)

(削除されてしまう可能性があります。ご視聴はお早めに)

関連記事
夏野剛氏 「強烈な人口減をにらんだ国造りを・・・」
今になって問題噴出・・・「平成の大合併・夢はいづこへ」動画

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    日本の近代の歴史を紐解けば、1980~2030年の半世紀というのは平和と享楽に包まれた安穏の時代だったと後に評されるパラダイムかもしれませんね

    失われた20年とかこれから来る高齢化とか、不安をあおられつつもっとも平和な時代なんじゃないでしょうか

    人が減れば土地を管理する人も減る。国土も荒れる。高度成長期のインフラも耐久性が低下し事故が頻発する。そして子供は少ないままで移民で何とかしようとする。やってくるのは9割方が韓国中国人(どちらもそのころには国家がヤバくなっている)

    こうやってじわじわ日本という国は沈んでいきますね・・悲観的なコメントになっちゃいましたが、未来を変えるのは政治家、政治家を変えるのは国民しかないと思っています。

    維新の会が第一党になれないのは結局、民主主義が日本人には合わないんじゃないか、もしくは未成熟か。自分でものを考えない、恐るべき政治的無関心。「何とかしてもらわんと困るわ~」とか言ってる有権者を何とかしないと、この国は何ともならないです

トップへ戻る