メディアは歓迎ムードですが…「民進らしさ」満載の代表選を振り返る

二重国籍疑惑を引っ張りに引っ張って、13日にそれを認めた蓮舫氏。
しかし、党員・サポーター・地方議員は葉書によって投票。締め切りは12日必着・・・

「怒り爆発の民進党員」
蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言(ニューズウイーク日本版)
 民進党員である筆者は、代表選でもともと蓮舫氏に投票するつもりだったが、彼女のウソを確信し、結局この投票用紙の葉書を投函しなかった・・・

何故か、だんまりを決め込む執行部・・・
しかし、(少ないけど)党内にも正論を主張する人も出てきた・・・

蓮舫氏の"二重国籍"は「極めて大きな問題」 民進・松原仁氏が代表選延期を訴える(The Huffington Post)

【民進党代表選】 「二重国籍」の蓮舫氏、撤退せず 有効性に疑問の声も…過半数支持の構図変わらず(産経ニュース)
 松木謙公衆院議員ら有志20人は14日、岡田克也代表と枝野幸男幹事長に対し、「蓮舫代表代行の国籍問題について」と題する文書を提出。「今や単に代表選の正当性だけでなく、民進党の存亡が関わる問題といっても過言でない」として、新代表を選出する15日の臨時党大会前に緊急の常任幹事会を開き、選挙のやり直しを含め、対応を協議するよう求めた。

あの松木氏ですが、今回はまとも・・・

そして、新代表が決まった直後から・・・

民進代表に蓮舫氏 県内組織から期待の声「生活者視点で」「党再生を」(東京新聞・群馬)
 石関貴史衆院議員(比例北関東)は、「二重国籍を承知で公党の代表に選ぶとは、この党はどうかしている。国民の理解を得られないだろう」との厳しいコメントを出した。

さすが、旧ニセ維新・・・

“蓮舫人気”ありきの代表選 民進党に危機感なし(産経ニュース)
 同党の阿部知子衆院議員は党大会後、「政治家は言葉に責任を取らなければならない存在だが、党の危機管理能力のなさもあり、国籍問題を放ったまま代表選が繰り広げられた」と指摘。「いばらの道が始まる」と肩をすくめた。

そして、幹事長にあの野田氏・・・

民進党新幹事長に野田前首相 不満の声も…(日テレnews24)
 野田氏は政権を自民党に譲り渡した時の首相であることなどからこの人事に対して党内からは早速反発の声が上がっている。
 篠原孝議員「(蓮舫代表は)清新さを訴えて民進党を変えるということでやってこられたので、最も変わらない雰囲気になってしまった」
 また蓮舫氏に投票したある議員も「完全に先祖返りだ」と不満を示している。

野田氏が了承された両院議員総会
お通夜みたいな、重~い雰囲気・・・
(参考動画)民進 幹事長に野田前首相「徹底して下支えの決意」(NHK)

流石ですね!

イカサマみたいな代表選
そして、新代表が決まっても、すぐに批判が噴出・・・
ガバナンスのガの字もない・・・

「これぞ、民進」
新代表になっても、何一つ変わらないので安心しました(^_^;)

この顛末を考えると、代表選をやり直しても結果は同じですね(笑)

執行部は、それが分かってたから、黙って押し通した!?

蓮舫新代表も
野田新幹事長も

「党を立て直す、党勢回復の為にがんばる」
とは言うんですが、
「国家・国民の為にがんばる」って、全然言わないですよね・・・

ここが中心に無いから、いつまで経っても国民から信頼されないんじゃないですかね・・・

関連
日本維新の会「国会議員・国家公務員の二重国籍禁止法案の提出検討」(馬場幹事長定例会見 2016.9.14)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    蓮舫の国籍問題についてちょっと書いてみる。

    世間では台湾籍が残っているとか、やれ二重国籍だなどと騒いでいるが、私はそれも重要だが、もっと興味があるのは実は私は日本人女性だとされている彼女の母親の方だ。
    報道で出ている持っている元の名字、結婚後の名字、
    彼女の母親は聞くところによると、国籍が一応今のところ日本人だと報道で出ている。

    海外の
    【こんなところでこんなすごい場所で日本人が住んでいてその国で頑張っている】などと、こういう内容で取り上げた番組がよくある。海外の異国の民族と結ばれ結婚し日本からはるばる遠方のそのかの地で頑張っている日本人は、という内容だ。

    現状の日本の国内でもそうなんだが、多くの人たちや、テレビ番組での海外の【こんなところに日本人が】というタイトルでの番組がよくあるが、日本人だとされて放送されるその人たちを見ていて、私はいつもテレビの画面に向けて喋っている。

    【日本人?違うだろうが!】って。
    【どう見ても朝鮮民族ではないのか?】って。
    現状当人が日本国籍を持っている人物という紹介ならわかるが、純粋のいかにも日本民族の日本人として紹介するのには私はいささか抵抗がある。
    【それはさすがに違うだろうが!】って。

    その人らは日本人だ日本人だとテレビではバラエティーなどで紹介して放送されているが、その中で番組では日本人と言われている人たちで、本当の日本民族の日本人だと思えるのが、私の見ている感覚ではほとんど見かけたことが無い。

    テレビで、日本人と言われて紹介されている者が、日本民族の日本人とは到底思えないように見える。

    現在、日本国籍を持っている人物がああいう国で居てると、それを紹介しているという紹介なら、私は理解できるが、でもあれら番組の趣旨も内容も、彼らのことを元からの日本人、つまり日本民族があんなところまで、日本とはこれだけ環境も何もかも違う国で頑張っているという趣旨の番組のはずで、其れであればあれら出てきている人物がほんとに日本民族の日本国籍の日本人かどうかがちょっと怪しくなるというのが私の意見。

    芸能人にもよくあるんだが、ハーフと言われる芸能人で、自分の母は日本人で、でも父親は外国人だ云々は、よく出てくる。
    つまり母親が日本人で父親は外国の人だというハーフ。

    この場合、此処まで私が見てきているタレントに限って言えば、そういう場合の芸能人のその日本人だと言っている、されている母とされる人物らは、実はほとんどが日本民族の日本人では無いだろうがといつも思っている。
    朝鮮民族だろうが!って。

    たまにその日本人の母ですとされる人物が番組にまで出てくるということがあるが、その持っている元の本名、下の名前、この名前、および顔の中の【或る特定部分の朝鮮民族に特有の或る個所】の形状波形(=眼の形状ではない)、これを見ていて、明らかに日本民族とは違う波形特徴が思え、どう見ても朝鮮半島民族にしか思えない場合が殆どだ。

    話が戻るが、私の今日の疑問だが、いや疑問というより【本当なの?、蓮舫の語った説明は】って、そういう疑問がほぼ充満している。

    蓮舫の母親とされる人物は日本人だとされる。
    本人がそう言っていることしか戸籍の中身を我々がじかに見ることは出来ないのでそれを聞くしかないというのが実状。

    日本人として単純に思うことが有るが、台湾人の父親と日本人の母親を持つというこの形が普通はあまり考えられない。
    まあ50年以上前であれば日本の中では普通は考えられないカップルだ。
    台湾人女性と日本人男性でのカップル、結婚、というのなら、これは日本で十分にありうる状況だが、事この逆、これはまあ普通では日本では、カップルにはならない、嫌がってというのが40年、50年前の日本の環境意識であった。

    どういうことかと言えば、
    現代のここ十年二十年前であればまだしも昔は普通では考えられないカップル構成。
    ことは40年、60年、それ以上前の時代であれば、台湾人男性に嫁ぐ日本人女性というこの形は、日本国内で見ても、多分そうある形ではないだろう。
    余程のどこかでたまたま車でぶつかってそれできっかけで知り合ったレベルの、偶然かなあと思うほどのレベル。
    私の感覚では。

    朝鮮人男性に日本人女性がカップルで結婚というのもほとんどがむつかしい。
    これは日本人なら大体想像できるだろう。
    戦後の時期の朝鮮民族の日本国内で行ったもう無法に近い不法行為が今でも日本人の気持の中で尾を引いている。

    朝鮮人女性で、でも日本国籍を持っていて、自分が実は朝鮮民族だと知って居てでも表向きは日本国籍を手にしているので社会的には日本人国籍で通していて、表ではそのことは隠した状態で日本で生活をし、でも気持ちの中では自分は朝鮮民族だと自覚で知っているというこういう女性は、そう抵抗なく朝鮮人男性とカップルで結婚が普通にできる。

    日本は単一民族だとよく言われるが実は全く違う。
    現状は日本民族に成りすました多くの朝鮮民族と日本人が、日本という国の中で異常な状況で事実を隠蔽され隠された状態で異国の民が日本人として同じ国の中で民族偽装状況で同居状態である。

    台湾人に対しての日本人の感情はそんなに悪くはないというのが世間での風潮だが事結婚ということに関しては日本人女性が台湾人男性と結婚というのは今なら別にどうってことないが、昔の50年程前であれば、まあほぼ無理な感覚、普通では考えられないカップル。

    アメリカ人男性と日本民族女性、
    アメリカ人男性と朝鮮人女性、これは非常に多い。

    ただ外国人男性と結婚している女性は殆どが実は日本民族の日本人では無くて戸籍に隠したい部分が有る朝鮮民族の女性が実は非常に多い。
    奴隷制度の身分制度のある国は、どこかの男性と結婚したいと思う場合、常に朝鮮民族が一番あこがれる【身分の高そうな民族】、ここで身分が高そうな対象として普通はアメリカの白人を狙う。

    自分の奴隷身分から一日も早く抜けたいという本能が働くのだ。
    同じ朝鮮民族よりも、奴隷身分であった朝鮮民族よりも、そんなものが無い白人、これが最高なのだ。

    【世界の〇野】
    【ハリウッドで通じる〇〇】
    【ハリウッドで認められる〇〇】

    こういう言い回しを朝鮮民族は常にやる。
    奴隷の身分から一気に抜けたい、そのものが抜けて、身分が高いところに居てると言いたいのだろう。
    朝鮮民族の奴隷がアメリカのハリウッドで通じる、もう朝鮮民族の奴隷も白人と肩を並べられる、奴隷ではないと言いたいのだろう。

    日本人から見ていてもう恥ずかしくなるほど朝鮮民族はこれを平気でやる。
    よくこんなことを口で言うなあと。
    日本人ならこんなことは絶対に言わない。

    自分の国のことはさておき形と名声だけでの常に身分レベルの高そうなものを題材において、そこに自分やそれらを挙げて、そこに自分が存在しだしたということを常に意識して生きていて、こういう奴隷制度から抜け出したい一心がよく表れたこういう言い回し、とらえ方、こういう取り上げ方をやる朝鮮民族独得の身分制度の有った者らが口癖にするこれら。

    これがハーフが生まれる所以。

    現代と違って、日本人は台湾人となどは結婚したくないと思う者が多かった時代に、ましてや家と家との結婚が重要視された時代、あの人のお母さんは台湾人と結婚したという。
    日本人女性ではほぼいないほどのことをやっていたことになる。

    私はこれを聞いてああこれは事実が歪んでるなあと。
    【れんほう】の口から、次の釈明会見では、彼女の実の母とされる人物の、戸籍住民基本台帳、国籍の真偽について、是非それも語っていただきたいものだ。

    其れと彼女は政治家としてはもう鶏のような者。
    朝、コケコッコーと泣き叫んでるだけ。

    小池さんと比べると、これほど政治家能力が違うのかと、まあ能力に幅が小さいなあと、思い知らされる。
    東京都知事選に、間違ってもしもこんな奴が当選でもしていたら、もう最悪だったし、とんでもないことになって居た。
    小池さんで本当に良かった。

    小池さんと【れんほう】では、
    保育園を訪れた小池さんの足元の傍で、ぐずぐず言いながら暴れまくる【れんほう】が、身におむつをして走っているというレベルほど、内容に、目線に、器も能力も違いすぎる。
    【れんほう】を見てると、東京都知事には小池さんで良かったとつくづく思う。

  2. 椿 より:

    [太字]こいう人を日本の政治家として
    雇ってる日本人どういうことですかね?

    >中国メディアは15日、
    >「華僑にルーツを持つ唯一の国会議員」
    >「日本のヒラリー」などと報じた。
    >国営通信、新華社は「蓮舫氏は侵略の歴史を認め、
    >日本社会に歴史教育の強化を呼び掛けている」と伝えた。

    さらに蓮舫は、 
    《[下線]自分の中のアイデンティティーは『日本』とは違うと考えている[/下線]》
    (朝日新聞、92年6月25日夕刊)

     《[下線]私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティーは『台湾人』だ[/下線]》(週刊ポスト、2000年10月27日発行号)

    さらに更に、蓮舫議員「[下線]日本の若者への歴史教育が足りない[/下線]」
    http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-08/22/content_23258300.htm

    [下線]その上、蓮舫の母親は、中国系からの帰化人で、
    夫村田は中国系二世だと思われると、
    パキスタンの新聞で報道されてます[/下線]。

    だいたい、政治家になろうとしている状態で、
    自分の国籍くらい、しっかりと確認してるだろう、
    いや、するべき責任があるだろ!

    本当に、外国人が議員なんておかしいと思ってたけど、
    それなのに、二重国籍なのに開き直って堂々としてるなんて、
    またそれを放置している日本人は超?異常??

    絶対他にも多勢いる??
    政府も国民も馬鹿。だらしない。
    いつまでも朝鮮人や中国人を優遇してるし。もう最悪ですね。
    日本は犯罪天国。外国人のいいカモです。

    北海道にもホテルのような刑務所が完成とか、
    トチ狂ってる。帰化したって反日のままの外国人は多いよ。

    そのうちバンクーバーみたいに
    中国系の議員で占められたり
    中国語の看板だらけになったりして。
    世界中で中国系は増加する一方でしょ。
    こんなに平和ボケが多い日本は、
    中国一色に染まる日はそう遠くないんじゃない?

    [/太字]

  3. お山さん より:

    今後の自民党との関連事項としての、小池百合子新都知事に於かれましては、甚だ遺憾との都議会全面戦争!
    喰らいつくやら喰われるやらの、超高想的.排他的その様な感情論その中にて橋下前大阪市代表からの重い言葉は、安倍総理との連携にて日本政治を揺るがすそのシナリオへと入ります。
    移管とにも物語ろうにも、日本の膿やら戦時その虱潰しやの、移管対策との、戦後取り残されました、全てのまさに清和会との関連へと進まれよう。
    本来その清和会とは安倍代表その大切な、玉子の白身とは、政権余波との黄身なりての核は安倍総理の十中八九とのその中にて行われが本来との物言いなれ!何処にも政治家そん集まり場には神仏は住まわれ!まさに荒らされとの答えは怒りとの行く末…。
    正しくも戦後の形振りとの答えを導き出すとの、沢山の処理は安倍政治と、補佐には非ず、独自路線との国民への頭を揺り動かすとは橋下政権ここにあれ!
    共波との両輪その真実と欲無きが、その羽衣天使かとの世の中への分からなさ..意見!!
    じきに共同戦線との公明党へとの定まらぬ意見による婦人部からの突き上げへとの移管..どうなるやの国民目線へとの何時なるやの友人二十歳なるばの無理事名前入れよ!との今に思うば初投票へのヨダレにて騙すとは如何なろう…体感そんご遺憾耳に致し…断るは恐ろしや!ご熱心とのヒトの頭へとの手を入れるは日教組との親玉と児玉との関連かや…。
    日本政治へとの仏すら子等へとの頭動作へとの手は入れるはご法度なる!
    今まさに両輪安倍政権中央と、橋下率いられよう政治一派は、今後明治政府そん始まるそん前との政府要人とも話し合いなんぞ小賢しい話しには行くまい。今まさに日本改革は進まれようぞ!
    戦時下やとのまさしくもや“はだしのゲン”とやらのいつぞやとの中沢氏やらの子供元気教育やとの気持ちの悪さ!
    本来日本人としてのプライドまさに火の鳥とはヒトは三度との甦るやとの命はみっつ!
    まさに、もしやの次回はゴキブリやのアメンボウやらの不可思議とには、行き着くは当たり前との我政治家なれば、好き放題とにはご先祖やら未来の生まれ変わりやらとの関連事項!
    単にやれば我が身やら身内にそん天より地獄は堕ちて来ようぞ!まさに輪廻転生の物語。何も無いなればのやりたい放題人権無視とのヒトの頭へとのイカれたボールを投げつけやがる。
    決してヒトん頭の中へと踏み込むは許されず!
    今まさに人間教育とは維新からの発信にて始まり、まさに看板政策かやとの橋下大弁護士様は、人間界よりの政治家看板降ろされども、生粋の政治家は世の中席巻道徳教育の最中!押し付けるを一切とせず、誘導許さず、提言にて皆で意見しましょう!とは安倍政治からも方転換行き先道中。
    民進政権あんたがたの揺さぶりとは、国民へとの頭の上にて胡座を掻きながら、言うは簡単との「安倍潰せ」笑いもおさまらん…。
    じゃが、あんたがたは橋下政治論へとのシフトは出来まい。何故なれば我がが責め立てらるるば目の色血相変え変え人権問題と囃し立てよう!
    まさに太鼓叩き叫ばれようが、政権潰すと国民の頭へも、、、バチもちヒトの頭は太鼓には非ず!

    まさに欲無しとの普通の子を想われようぞ
    橋下様へとのお近付きには皆無なる。

    早々
    一気に書き上げたる

    正義とは何ぞやとの人間とは生まれ変わるとの前身をも未来へと繋がれまさに高野山のその配下とは二度と蘇ってはなりませんとの笛太鼓!まさかにもまさかとの同胞のお首ちょん切り風呂敷棒ぶら下がれば天下統一との不可思議!二度と蘇ってはなりませんとのお達しとの高野山のお山.弘法大師たるやの禊との答えたり!との人間共も!まさに真っ直ぐに生きるが楽との悔しさとの狭間なれども当たり前たるやの甲冑橋下様が着られるが最もの天下統一たり!

    二度の早々たる
    この場を更なるお借りたり..

  4. 仲井 より:

    椿さん、
    情報ありがとうございました。
    さすがですね、
    検索エンジンでの情報の掴み方が。
    素晴らしいですね。
    私などこういうことが全くできません。

    もう暑いので表にも出られずに葡萄をつまみながら、ぼんやりテレビを見ているだけの状態です。
    うつらうつら状態で、でもテレビで腹の立つことが流されれば我慢ならず、時には、はっ!と目を覚ましての、、、?。

    最近は、井の中で沈没状態です。
    皆さんが寝静まったころに目が冴えだし、夜に一斉に鳴きだす蛙張りです。

    【蓮舫】
    彼女の「おかん」の国籍に関する内容、
    そうですか、日本民族では無かった、やっぱりねえ。
    まず一つは、
    彼女の母親は、元々から日本民族の者ではなかったということですね。

    「おかん」の方の持つ日本名でのあの漢字での組み合わせでの並び名前は、あれで日本民族というのは、まあ私の今までの経験上よほどのことが、よほどの理由が当人らに起きていない限り無い、まあ無いですね。

    例えば正真正銘の日本民族の子供さんがいてて、その子に何かのことでみなしごのような不幸な状況が発生し(日本ではほぼ終戦時のあの戦後にも無かったんだが、世界ではこれがよくあるようだが、日本ではどこかで路上でそういう子がいてればだれかが必ず終戦のあの当時でも、当時は引き取ったりして必ず面倒を見ていた。
    映画などで冷たくあしらって浮浪児の子供を追い出す様子などが画面で出たりするがあれはこと日本では日本人の中では絶対にありえない状態であった。
    あれは戦後に朝鮮民族作家、脚本家、監督が、ああいう朝鮮では当たり前でも日本では有りもしない脚本を書き、朝鮮で起きていたことをさも日本で起きていたかにでっち上げたもの。
    日本ではほとんどなかった。終戦当時の映像の記録に浮浪児が多く映って居るのは、あるのはあれらは日本人の子供らではなくて、当時日本在住の朝鮮人の浮浪児らを映した映像が殆どだ。
    日本人の子供はたとえ一瞬ああいう状況になってもすぐにしばらくすると身元を役所できちんと確認されたので、そう間を置かずとも浮浪状態の子供はほぼすべてが役所から身元確認が行われ、そのまま路上での浮浪児状態は続いていない。
    浮浪状態が続いていた子供は、あれはそもそも戸籍での存在がはっきりしていない身元の無い朝鮮人の子供たちだった)そういう子をあの蓮舫の「おかん」が当時持つ名字の家に何らかの状況で引き取られて、そのままあの名字になったというのであれば、そういうこともあるだろうが、あの戦後の混乱期に日本民族の子供らは、親が戦災などで不幸にも亡くなったとしても、そもそも戸籍が日本国内には絶対に有るので、そうは時間をおかずにいずれ役所の人間や警察の手で身元がすぐに確認でき、その子供の親類縁者を伝って引き取られていった。

    「おかん」の持つあの漢字の名字は、日本名ではあまり考えられない、あの漢字での者は、その道のプロが今後誰かが明かして蓮舫を追及するのだろうかねえ。

    いやいや、椿さん、
    ありがとうございました。

    焦点は国柄で違ってたかもですが、意味の流れは私が書いたことと近かった結果の情報が出て来てありがたかったです。

    ふーん、
    朝鮮民族、、、、、
    ふーん、
    中国(支那)民族、、、、

    一寸あの橋下さん同様気に入らんあのおばさんのクソババアの金美麗のことを考えてみました。
    彼女も中国本土から渡って来た正真正銘の台湾人だと言っているが、でも、もしかしてあの孫さんと同じ、初めに出した自分の国籍とは違っていたりはしないよねえ。
    孫さんと同じ出身国国籍戸籍の祖国が同じになってたりしないよねえ。
    桜井さんにそこは解説をしても得合わないとねえ。
    桜井さんもご自分の国籍内容について、内容を一緒に解説で載せてほしいが。

    【朝鮮人なんでしょう?】って聞かれて、金美麗さんは、一瞬どぎまぎしていたが、、、、

    蓮舫の「おかん」が、本当の日本民族では無かったことが解って、ちょっと安心しました。

  5. 仲井 より:

    ★軍艦島、

    ★慰安婦内容、

    そしてつい最近世界遺産になったあの
    ★富岡の製糸工場、

    これらを日本の映画ドラマに於いて、一体どういうように取り上げてやって来たか。

    あの大竹しのぶの主演した【野麦峠】
    製糸工場で働く、お蚕さんの繭から絹糸を引き出す作業をやっていた当時の工女を描いた映画。

    思い出してほしい。
    あの映画の中で工場で作業をしている工女の働いている状況を描写したあのシーンを。
    「なべおさみ」扮する工場主任らしき人物が、工場の中央通路で仁王立ちし、彼の手には【鞭】を持っている。
    その【鞭】を時々大きく床に打ち付け、まるで強制労働のように作業に励めと叱咤激励をやっている状況が出ている。
    まるで脅して、怖がらせることで働かせているという風に描いている。

    だが日本の実際はあんなことは全く無かったと、当時実際に工場で終戦時に働いていたという工女の女性が語っている。
    【非常にいいところで、何しろ当時では珍しい夕方の5時にはもう工場では仕事もせずでいい状況で、労働条件は非常に良かった】と語っている。

    軍艦島での労働についてもこれもものすごく条件がいい形で働いていたと証言されている。
    慰安婦に至ってはものすごい高給を得て、それを求めての公募されての者だったと彼女らでもそう言っている者もいてると聞く。恋愛も自由だったとも聞いている。

    そらそれぞれ労働は今とは多少は凄い重労働だったことは間違いない。
    機械化もされていないし全てが手作業の時代、辛いこともそれは合っただろうがこと日本の労働現場で、日本人経営者がやっている労働場所でのとんでもない労働条件などは、ほぼ皆無。

    日本に居てた朝鮮人経営の仕事現場で、ここで違法な重労働や強制労働のような事が行われていただけで、それをいかにも日本人の経営されている所でそういう違法行為が当時はいかにも行われていたとする映画脚本ドラマが作られそれを見た若者がまるで日本人がそれをやっていたかに思わせてきた。
    でっち上げ工作の朝鮮流だ。
    日本に存在する朝鮮人作家、朝鮮人放送作家らによって、映像や文字で延々其れをまったく現場と違う内容が作られてきた。
    日本に居てた当時の朝鮮民族がやっていたことを、日本人がそれをやっていたかに見せかけて。
    今の若者の仕事現場でのブラック企業というのは、ブラック内容でそれを強制的に日常強いてやっている連中はそれは朝鮮人上司や朝鮮人経営者なのだ。

    朝鮮民族の経営している企業だ。

    私の田舎でも、昔当時に親父がやっていた事業に、地域や向う町からも多くの地元の人や戦地から帰って来た人らが混ざっての和やかに皆が一緒に寝泊まりまでしながらご飯をみんなで囲み食べ非常に良い状況で、従業員に対してあの戦時中や終戦時に強制的などという内容などうちの家に於いても、そんなことは全く無かった。働いていることに強制とかのそんな内容など皆無だった。

    今でも、墓参りにたまに田舎に帰ると、近所でまだ当時、私の、うちの家で働いていたことがある近所のおじいちゃんやおばあちゃんらがまだ90歳ほどで生きており、当時のお礼をよく言われたりする。

    【いやいや礼を言うなら僕ではなくて親父に言ってよ!まあでももう死んでいないけどね】って、田舎に帰省したとき、会うたびにいつも言う。

    昔の日本人は、人が苦しむ姿を見るのを極力嫌がったものだ。
    それを朝鮮民族の作家や映画監督や脚本家らが勝手に日本人像をまるで朝鮮民族のあの状況に作り上げでっちあげ、映画【野麦峠】などその典型なんだが、日本で起きていた事をあんなふうに無茶苦茶に作り、あたかも日本人経営者がそうしてたかに作り上げ、昔の日本は、戦時中の日本は、戦後の日本はなどと、こうだった、昔の日本人は傲慢だった、暴力的だったなどと、有りもしないことを、こういう作り話のでっち上げを映画などの映像で日本の戦後の若者らに嘘を吹き込み作って来た。

    それらは実は日本人がやっていたのではなくて日本に居てた朝鮮人経営者が、そういう傲慢で暴力的に不法状況で強制的に労働をさせていただけで、日本人経営者でそんな者などいてなかった。

    【戦時中】だとか【終戦時】だとかの、この強烈な文言、これを出して来て、この文言に重ねて日本民族が【傲慢で粗く人間の尊厳を痛めつけていた】などというレッテルをこの文字と重ね会わさせてこんな作り話をでっち上げてきた。
    日本国民を騙す工作をやってきていた。
    だから今の子供たちはただ戦時中は酷い状況で働かされていたと思い込んでいる。
    でもこれは根本から意味が実は違うのだ。
    朝鮮民族が作り上げでっちあげた内容に誘導されての考えなのだ。
    事実は全く違う。

    やっていたのはそういう傲慢で痛めつける行為をやっていたのは、実は朝鮮からやってきた朝鮮人経営者らであって、日本でそんなことは日本人がやったりしていない。
    戦時中なら何でもこういう状況に作り上げでっちあげてもわからないとでも思ってるのだろう。

    巧妙な朝鮮流工作行為だ。

    私の田舎の親父のところで働いていた地域近所の大勢の人など、今でも親父に対して感謝してくれているぐらいだ。

    戦後もう70年以上たっているのに。親父が死んで50年以上にもなるのに今でも遭えば礼を言われる。現金収入というのが田舎では当時あまりなかったので地域で農家や漁業だけの現金での収入がほとんどで、無い状況だったところで働いてくれていた近所から地域の娘さんやお母さんら(今ではもうものすごいおばあちゃんになってるが)にしても、乾物加工の作業という簡単な作業で働いてお金がもらえることが楽しみで仕方が無かったって、今でもそれを言ってくる。

    日本に存在してきた朝鮮民族がもたらしたこの日本という国家に対する負の部分、これはもう歴史ごと勝手に作り上げ映像やアニメの世界でも日本民族を追い落とすようにでっち上げてそういうように捻じ曲げて作って来た。
    自分ら朝鮮民族が日本の国内でやっていた不法行為をさも日本の民族がやっていたかに見せて映画脚本が作られ映像で流されてきた。
    とんでもないことだ。

    日本という国家日本国民という価値、日本民族が持つ誇り、これらを徹底的に故意に潰そうと、自分らで実際にやってそれが日本人がやってるように伝えるこの手法、成り済ましの偽装工作、工作してきた連中のやってきたことに対して現状日本人はおとなしすぎる。

    言うべきことは言う。
    やるべきことはやる。

    国民として、
    いや日本国民で、
    日本民族である以上、放置だけは絶対にやってはいけないし、出来ない。

    一番早いのは事実を示した朝鮮民族の日本における実録資料の朝鮮民族歴史文化博物館成るものを、日本で一日も早く構築建設すべきだ。

    朝鮮民族歴史文化資料博物館の内容を、そこで示されている内容を、そのまま学校の教科書でそれを表現することを義務付けて。

  6. 椿 より:

    [太字]仲井さん、コレです、この報道です??

    Born Murata Renh? (村田 蓮舫) in Tokyo to a Taiwanese father and Japanese mother (of Chinese background),

    She married also another Chinese Japanese her husband Murata is 2nd generation Chinese living in Japan.

    [色:FF0000]蓮舫の父は台湾人、母は中国系の日本人
    蓮舫は、同じく帰化中国系日本人二世の村田と結婚した [/色]

    でも今、上記の部分は削除されているそうです??
    経済を握る華僑の圧力がかかったんでしょうね。
    東南アジアで、シナ人に経済を握られていない国はないですからね。
    [/太字]

  7. 仲井 より:

    朝鮮という国は、
    父親が自分の子供と性交をして、自分の娘にまずは自分の子供をまず一人子供を産ませて、そこから【自分の子供は子供を産める身体だ】と証明し、なんと【子供が生める身体だ、】とそれを売りにして買い手に告げて、そこから我が娘をほかに売り飛ばしていた時代が有ったと聞く。

    つまり自分の娘の腹に父親が先に自分の子供を作り、それで自分の娘は子供が生めるぞと伝えて、母親になったその子供を産んだ娘を、高額で他人に売っていたという。まるで豚や犬と同じ扱い。

    つまり極端な近親相姦だ。
    こんなことが実際に朝鮮では行われてたと伝えても居る。

    ここでちょっと気になることが有る。

    其れは、今全国を見渡して最近の子供さん、最近の若者でもそうだが、我々の時代にはほぼ無かったのになぜか最近は、異常なほどに若者の間で歯並びの悪い子が異常なほど多いことに気づくだろう。

    なぜあれだけ多くの者の歯の並びが悪いのだろう。

    一寸見てるともう本当にその数の多さに驚く。
    若い女性では3割4割と言っていいぐらい多いことに気づかされる。
    なぜこんなに歯並びが悪くなったのだろう。
    日本で。
    昔の日本にこんなことは一切無かった。
    なのに最近何故なの?って。

    此処で私の持論を書いてみるが、
    これはもしかすると、遺伝子のせいではないのかと。
    其れまで日本になかったまったく違う遺伝子が作用しているのではと。

    昔のことで恐縮だが、あの忍者と言われる地域。
    甲賀だとか伊賀の里。
    此処は昔はほとんどが謹慎送還の里だったと伝えられている。
    忍者が出てくる漫画では、忍者の表情を、それをちょっと誇張して忍者の顔、表情を、異常な出っ歯の歯、歯並びももう無茶苦茶バラバラでと、よく書かれて表現されている。

    近親相姦の場合、生まれてくる代々の者、遺伝子の濃いことでの影響で、身体的にアンバランスの異常が出やすくバラバラの整わ無い奇形児だとか、病気で早く死んでしまうだとか、そういうことがよく言われている。
    そういう子供が生まれる確率が高くなると言われている。

    朝鮮半島で行われていたとされる近親相姦で生まれ出てきた子供たち、この子供たちは当然ながらそういう近親相姦で生まれた遺伝子を持ち、以降に想定される科学的確率が推定される。

    そこでだが、日本にはほぼ無いとされたこの近親相姦が、我がの子供、娘を売りとばすために奴隷制度の奴隷の間で常道化し風習的に行われていた朝鮮半島では、この状況で生まれ出てきた子供たちが、当時もその後もそれを引き継いだ人間が朝鮮半島や中国では多くいてた可能性がある。

    この身体的異常の遺伝子の組み合わせで出来てきた子供さんが、朝鮮半島にはものすごい数で多く存在してるはず。
    これは歴史的事実として風習で記録残されている。

    朝鮮半島で繰り広げられた行為が繋いだ後世に、この当時からつないだ遺伝子がそのまま今の現代にまで遺伝子作用で良からぬ影響を持って繋がってきている可能性がある。

    そこで思うんだが、冒頭に書いた現状の歯の並びの異常に悪い人間が、日本で、ここが大問題なんだが、それまでほとんど見ることも無かった、見当たらなかったはずの日本で、ここ30年間ほど、もうそこらじゅうで非常によく見る。

    昔の、我々の時代など、日本の学校でも、近所でも、多くの人らを見渡しても、歯並びの悪い人間は、もうほとんど見たことが無かった。

    だが今は、テレビを見ていても、街頭でのインタビューに出てくる一般人とされる者も、もう異常なほどに、口の歯の並びが無茶苦茶悪い。
    昔は歯が抜けたままでという人は確かに歳を取るとよく居てた。

    刺し歯や繋ぐ歯を作るだとかそういう者はあまりいて無かった。
    だから入れ歯を入れるぐらいで、それをしない人は歯が抜け落ちたままという状況であった。

    此処まで歯並びの悪い者らが現状の日本で、ここまで多いと、これってちょっと異常だろうと思えてくる。
    世界でもここまで歯並びの悪いものが多い国は、多分見ないだろうと思う。

    ではなぜそうなって来たのかということになる。

    幼い時から歯列矯正をしなかったからか?
    いやそれは違うだろう。

    我々の時代歯列矯正などしている子供など聞いたことも無い。
    でも歯並びの悪い子などほとんど見たことも無い。

    歯列の矯正という施術は、これが世間でやられだしたのは昭和の45年を超える頃、S40年代半ばの年代をこえるころに話題になりだした。

    第一その時期頃まで子供でそこまで歯を矯正しないと、あそこまで歯並びが悪い日本人は、まあほとんど見たことが無かった。

    或る時期から日本の世の中に、特にテレビの世界に、突然に歯並びの悪い子が出てきだした。
    テレビでも学校でも。

    血が濃いところでの近親相姦の風習が存在した朝鮮で生まれた子供が持つその異常な遺伝子が、その後日本に密入国しだして渡って来て、日本にもたらされ、日本ではごくほんの一部の、ほぼ隔離されたような地域で、特殊な環境、特殊な親族だけの村、こういう異常な世界が出来ていたこういう甲賀や伊賀の忍者の里では近親相姦は行われていたと歴史には残されている。

    忍者の里は外部には一切かかわらず、外の世界とは遮断された特殊な地域になって居たという。

    甲賀、伊賀の里では、こういう近親相姦が行われ、奇形の子供がよく生まれたと言われている。
    現象で出ていた近親相姦による異常奇形の子孫。
    これに現状のこの異常とも思える歯列並びの異常に悪いこの大量発生の内容。

    これが近親相姦による遺伝子異常の内容と繋がらないかと私は思っている。

    それにしても最近テレビで見ていて、歯並びの異常なその異常な歯列の者の多さに、驚愕している。
    近親相姦の歴史がそのまま今になってこの歯列異常の子供さんが多く発生しだして来ている原因ではと私は思っている。

    一言目には八重歯だどうのこうのと、それが可愛いっぽく言ってるが、早い話、昔で言えば忌み嫌われたいわゆる鬼歯だ。

    非常に見苦しい極めの歯列だ。

    この内容は近親相姦の風習が普通に行われていた朝鮮半島の根っこのこの遺伝子が普通に日本に渡ってきてそこからこういう状況に、歯の歯列異常という形に出て来だしているのではないのかと。

    ヂンギスハーンの遺伝子を持つものが世界中で3500万人も存在すると言われてることを思えば、その遺伝子は後々どこかで子孫に影響を出すと言われだした現代、さてさて今現象として表れているこの歯の歯列異常並びのこの内容が、実は原因は遡れば、朝鮮列島で行われていた近親相姦風習の影響でこれが起きているのではと、それで有ればこれはちょっと怖い内容になる。

    幸い私の知っている私の親族兄弟から従妹らに至るまで、私らの孫に至るまで、今のところ私の5親等以内に於いては、5親等以内で誰もが鬼歯を持っている者は、一切いない。

    近親相姦の原因が百年単位の時代を超えても、思いもよらぬ形でこういう内容が後世にまで影響で出てくるかもというぐらい、人間、生命の遺伝子の、特に人間の身体そのものに直接形として及ぼす内容は、非常に深いし興味も尽きない。

    朝鮮民族が日本になだれ込み日本でその彼らの祖国でふつうに行われていた風習で作られた近親相姦が普通だったという負の内容は、そこからもたらすこのことが、こういう形で日本の国内でそういう形で出だして来ているのかも。

    とにかく昭和の45年くらいまではそんな歯の並びの悪い子などほとんど私は見たことも無かった。
    それが今ではもう半分にまで行かずとも、テレビに出てくる連中で言うと半分近くが歯並びが異常に悪い者がいてる。
    それぐらいの割合だ。

    テレビに出ている者が朝鮮民族が殆どなので、それは該当してもおかしくないかも。

    今日の内容は私の独断で考えた理論。

    最近テレビで見ていてどこが日本人と違うのかを結構あいつらのことを見定めているので、こういう歯並びの最近の異常の原因は何処に原因かをちょっと時代背景と状況から考えてみての私なりの結論がこれ。

    多分そうは違っていないようにも思えるが。
    韓国で生計が多いのは、
    しゃくった顎の、その突き出た細さの、それを見た目正常への矯正手術と、
    あまり表で出てこないが実はこの歯列の矯正の整形手術が意外と多い、
    非常に多い。

  8. 仲井 より:

    今朝の国会、
    参議院予算委員会

    生きて来て私の経験では初めての内容、いや国籍についてはあの、例の前原議員の時の外国籍の者からの献金が表で出た折にそういう国籍という文言が出たことはあるが、国会の審議の中で、国籍という内容で、突っ込んで現状の日本の行政官、議員、国家公務員、地方に至るまでの公務員の国籍という部分について、ここまで言及して詳細の内容でここまで詳細に政府に対して正した質問は経験がない。

    質問者は大臣をこの間までやっていたあの日本の武人、東郷平八郎の家系を持つ有村治子議員。

    日本の公安委員長から官房長官から日本の警察官、県警本部長から末端の警察官、内閣補佐官、国会議員、地方議員、地方に至るまですべての国家公務員、地方公務員について、現状の法整備はどうなっているのかという部分について質問が行われた。
    今日の午前9時半ごろからの質問内容でネットで再度皆さん全国の日本の国民及び外国から日本に入ってきている日本民族以外の者はすべてがこういう内容も一度きちんと頭に入れておくべきだ。
    是非ネット公開されている今日の国会審議を是非見てもらいたい。

    内閣官房内に入る情報、外務省に入る情報、警察公安に入る情報、議員に入る情報、コレラがいつどこでどういう状況で漏れていくかのその部分での出何処のところに国籍が複数持つ者がその場所に出入りできる状況は非常に危険だと指摘があった。

    もう十数年前の防衛相にも警察本部にも当時伝えた折にはもう無頓着というかボロボロに普通に漏れていく状況の内部構造になって居た。以前にも書いたが、
    防衛省の代表電話とか全国警察本部の代表電話、海上保安庁の代表電話、これらの電話システムでの簡単に普通に漏れていくシステムを私が言うまでまったく何とも思わずに日常ダダ漏れするだろうがと思えるやり方でやっていた事実がある。
    まだ十数年前までの日本は。
    日本の国家の中枢の現場でさえそうだった。
    代表電話に外部からかかってきた電話をカイロで担当部署に配信するんだがその時に代表電話から担当に回しても電話は代表電話と繋がったままで内容を代表電話の者がその電話の会話の内容をすべて聞ける状況になって居た。

    これが日本の危機管理をやる現場のお粗末な原状であった。

    NTTに行って今日にも代表電話と担当部署を敗戦を一瞬で遮断できる回線のシステムにしなさいと告げたら、
    【そんなことができるんですか?】などと聞いてきたほど日本の機密取り扱いのシステムがボロボロ状態であった。

    昨日も防衛省に用事で連絡して、気になったので十数年前まで実はこうだったが、今はどうだ?きちんと代表電話とはこれは遮断してるか?って聞いたら、そこも聞いてみたら、かなり前からそこは一切遮断されている、ということでした。

    これがまだわずか十数年前に出来たシステム。
    それぐらい日本国家の情報はダダ漏れで当時来ていた。

    許ぷの有村議員の質問は現状日本の国内で公務についている公務員対象で、そのあらゆる職務に於いて果たして身元素性をきちんと国籍内容についての調査をして採用が成されているのかどうかという質問。

    面白かったのはこの内容を質問中、誰一人国会内は死んだものがいてるのかと思うほどに猛シーンとして一切誰も咳払いすらしていないほどに静まり返っていたこと。

    国籍の内容を出されて議員の誰もが自分の古都のように身につまされ要らんことは言えない等状況だったのだろう。

    今日の質問以降多分面白い状況が国会内で起こるだろう。
    今後有村議員に自分の方から近づいていく議員はまず誰も居なくなるだろう。
    但し有村議員が声を掛ければだれもが有村議員の話を聞くことになるだろう。
    つまり誰もが近づきたくないがでも呼ばれたら断れない党y状況になっていくだろう。
    ぎ位でこの件で疑われてどうしようという議員は、自民党内だけではなくて野党にも相当数いてるので、この議員にだけは出来ることならそばに行きたくない、一切この議員には近づきたくないという立場を、奴らは今日以降一斉にとるだろう。

    今日のこの質問の内容はこれは公務員に限っての問いかけであったがだが問題は民間で日本の機密事業を扱う、例えば防衛に関わる最新機器の開発などでのその場所にその研究開発の場所に実は朝鮮家系の家系図を持つ日本国籍を騙し取って日本人に成りすましている研究担当者が山ほどこの日本には存在しているという問題のことが私が昔から一番怖がっている内容。
    日本の莫大な予算を使って技術開発されるこの最先端防衛機器の開発の現場に日本人として新卒で採用されそのうち研究室のチーム長クラスまで患部にまでなっている者は相当数いてる可能性がある。

    このことが現状の北朝鮮ミサイル開発原爆実験技術能力が日本からダダ漏れている最大の原因だ。

    早い話が、北朝鮮の現状の技術力の能力上昇分の研究費用は実は日本国家、つまりは日本国民が支払った税金で国家が払いその払った結果で出てくる最新式能力分が北朝鮮に流れる技術開発内容に掛かる研究費用を、まるで日本国家がそれを養ってやっているということ。

    全国の皆さん!
    今日の有村治子議員の、参議院国会での審議、朝9時半ごろからやってました。
    是非ネットで再度皆さんも見てください!
    日本で初めての質問状況でした。

    ちなみに有村治子の祖父東郷平八郎の、その父は【朴、、、」という本来の家系図上の内容で行けば、朝鮮半島民族の朝鮮人。たぶんだが、東郷平八郎の時点で特殊事情で朝鮮半島民族の国籍から、日本国籍に入れ替わったのだろう。

    有村治子は、不法に国籍を騙し取っての日本国籍という部分の言葉は使わずに、こだわるように何度も何度も
    【二重国籍という文言で質問をしていたが、本質の問題は国籍というこの二重など加わらない内容で聞くのが筋なんだがまあそこはここまで突っ込んでよく聞いてくれた。

    時の内閣が、どう答えたかも注目ですから見てください。

  9. 仲井 より:

    昨日の橋下さんの番組を見ていて、ちょっとこんなことも書いてみます。
    どういう形であれば国会議員に適切かという部分で、国籍の例の蓮舫議員の内容が語られていた。

    基本的に、橋下さんが番組内であそこにこだわっての語っておられたとおり、指摘された部分のとおり、私はあれでいいと思います。

    蓮蓬の問題で一番の問題点を橋下さんがピンポイントでついていたが、そこに民進党議員は、明確な問題点の指摘をできず、どこに問題があるのかを多分彼らも判っているはずだが、そこには突っ込んでいけなかった。
    或る意味避けて入らずに、女性で意気込みがある議員だとかそういう部分を表で語るだけの語りに済ませようと、徹底してそこからは逃げた。

    如何にも現状の民進党の体質、構造、本性を、この党が本当に日本国家の政党なのかを示す証明、共産党同様にこの党のそのままさらけ出して出していて、国民からすればそこがよく解った。

    橋下さんが指摘したあのピンポイントの問い詰め方が絶妙に良かった。

    あれを出されると彼らは逃げるに逃げられなくなり、結果やれることがドタバタでどぎまぎし、奴らの得意な手法の違う内容を出してそこから逃げる振る舞いが見苦しく露わに出た。

    国民は民進党がどういう党かを、本当の実態、政党はどうあるべきかのその基本の原点部分が実は足元がバラス状態の砂利土状態で、肝心の国を守る、国民を守るということの一番初めに確立すべき土台自体が、基本が何処にあるのかも定かではない、所謂ガバナンスの基本が出来ていない党だと、もろに出していた。

    それを機能は明確に晒させて出させたなあと、そこはいい意味で良かった。
    一言目には
    【国民の為】
    【国民は苦しんでいる】
    【それを安心させるのがそれが政治の役目だ】と、ことあるごとに叫び、言いながら、だが足元の基本の土台が砂利度の上で揺らいでたら、揺らいでいるこの党の本質的欺瞞の構造に、
    【日本の国民はそんなことで任せられるか!】と言ったところ。

    一寸追加で、非常に興味深いことが実はある。
    この間、一度他人の身体の中に侵入した本人とは違う遺伝子は、ほんにんとは遺伝子は他人の身体の中でも生命が尽きるまで相手の体内で生き続けて存在するという内容を書いたことがあるが、これに加えてもう一つおもしろい内容がある。

    国籍(民族)もそうだが、色々な内容を証明してくれるのが実は遺伝子。この遺伝子について、例えばある事件が発生し、被害者死亡という状況になった場合、ここまでの今までの警察の捜査では被害者の周辺(住居の)に、着衣している衣服も含め底に他人の、この場合の犯人と

    思えるものの遺伝子を捜査してきた。
    つまり被害者の皮膚からその表面から外に向けて遺伝子が犯人ら式関係者の遺伝子がその場所に残されているかだけを捜査で調べ底に何らかの遺伝子があればそれを容疑者として捜査対象でやって来た。
    これが今までの捜査手法だったが、ここにきて全く違う捜査手法が出来る可能性が出てきた。

    今日千葉県にある科学捜査を専門にされている部署施設があり、そこに伝わるように伝えたんだが、殺人なりが発生した折の現在の被害者に何らかの形で周辺に残された遺伝子確認とかではなくて、ここまでの遺伝子による捜査の手法を、今までのような被害者の皮膚から外に向けての衣服だとか皮膚だとか、そういう場所に付着してる残留遺伝子の捜査に基づく犯人立証手法ではなくて、被害者の血液を、この被害者本人の血液内に残る他人の遺伝子の内容の分析、遺伝子分析、この捜査を、これを今後は重点にすればもっと犯人の特定につながる証拠を手に入れることができる確実性が出るのではないのかと。

    もしも仮に、被害者の身体から採取された血液の分析で、被害者血液内から出てきた他人の遺伝子、この他人の遺伝子と合致する人物、これをまずは容疑者対象で捜査をされるような捜査手法を今後はされた方がより犯人、事件被害者と結ぶ周辺関係者で、被害者に生存中、より親密な関係での人物、これがより重要関係者に浮かび上がってくるかもと伝えた。
    被害者周辺をいくら捜査聞き込みをやっても、被害者との親密な交流を持った者が対象で出てこなかった場合、大体捜査は迷宮入りする場合が多い。
    巧妙さを増してきだした最近の殺害事件、警察の捜査をかく乱までやりだして来ているのが現状。

    通話記録も一切証明で出せないような事件で有れば、特に被害者が女性という場合には何年前の者でも一度体内に入った遺伝子は絶対に生き残っているのでそれを血液の分析で出して来れば、その遺伝子も仮に前科などが或る者であれば遺伝子は警察に残されているので十の痕跡と同じで容疑者にたどり着くことが非常にやりやすくなることも。

    遺伝子が被害者に入るという内容は、しかも何十年経過しても残って生きているとなれば、この被害者の血液内に生きている遺伝子の存在の意味は、その人物と被害者は過去に於いて何らかの交流付き合い、面識があることが証明され、事件解決に大きく貢献できるかも。

    他人の遺伝子が人体の血液に入るという内容は、其れなりの関係、相当親密交流がないとなかなか可能性が薄いので、遺伝子が存在してる時点で幾ら容疑者がその被害者とは全く知らない面識もないなどと言って否定しても、何もないと証言しても、被害者血液内に残された遺伝子の存在で嘘がばれて証明されるだろう。
    千葉県警は無論だが、大阪府警本部と兵庫県警本部にも伝えた。
    捜査一課に。

    蓮舫の現状言われている【両親及び本人が、日本国籍をいつ手にしたのかのその年月日】、この確認に於いて、国籍の問題という部分には、こういう内容も今後湧き上がるかも。
    どの遺伝子が、蓮舫の親族周辺に果たしてどういう遺伝子が存在しているのかという部分で。

    都議会の議員連中、また、次々テレビ画面で出てくる現東京都庁の都庁職員ら、この中で日本民族を探しているが非常に難しい状況。
    東野話では東京都庁職員は全国でもトップクラスの行政能力を持っていると褒めちぎっていたが民進党と同じで足元の基本部分、まずは個々が既にガラスの足元になってるのではと思える。

    嘘を平気で付けるこいつら都庁の職員、もしも仮に警察が入る事案にでもなれば前にも書いたが現状の警視庁は甘くないことを肝に銘じておくべきである。
    江戸の時代までさかのぼってすべてを洗い出してからの捜査内容の事情聴取になる。
    実際の起こしている内容の不法、不正、不適切内容の事件案件はそっちのけでまずは、その前にまずは身元素性を親族5親等範囲、江戸時代までの戸籍謄本記載内容の実証、記載内容の真偽、ここが全てまずは洗われるということを、現在のうのうと偉そうにやっている都庁の職員は、まずは今から震えあがっていた方がいいと思う。

    早い目に海外に逃げてもいいかもというぐらいやばくなるよ!
    現に東京警視庁管内での警察官がその原因で大量に依願退職を勧告され全国と比較しても飛びぬけてものすごく多い人数が過去にさかのぼって内部での公務員身分の資格捜査対象にされ、退職者が激増している。

    表向きは、ここ最近の大量の退職警察官発生事情については、警察官の仕事がきついから退職者が多いというでっち上げた嘘を国民にテレビで報道しているが実は全く違う。こういう名目でテレビ新聞はそう表現して報道しているが、実は全く違う。

    昔の警視庁とは全く違う捜査をやってるからさ。
    十年ほど前までは私が伝えるまでそんなことはやってなかったが、今はものすごいことをやっている。
    やってみたら、なんとまあまずは実は自分のところの内部にももの凄い数が実は存在していて、そのことで現役の現場の警察官が退職に追い込まれたというのが現状。

    東京で不法行為をやると現状は【ここ】をまず徹底して調べられるので非常にきつい内容が待ち伏せされている。
    長文で失礼

トップへ戻る