(道州制って、こんなイメージ・・・) 「地方から地域へ」 天野祐吉

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「道州制」ってこんな感じじゃないの!?と思える記事を見つけたので載せてみました。

(引用)
(CM天気図)地方から地域へ 天野祐吉
(雑誌『広告批評』主宰者)

 夢を語るのはいいことだ。それも金もうけの夢じゃなく、たとえば東北復興の夢を。

 「復興、復興っていうけどさ、ただ元に戻すだけの復興じゃだめだと思うんだよなあ」

 と、すばらしい星空の下で、秀吉(たけし)が信長(木村拓哉)を相手に話している。小さな丘の上。眼下に陸前高田の夜景。(トヨタのReBORN特別版)

 「おれさ、仙台を日本のボストンにしたいんだよ。ボストンにはハーバードとかMITとかあんじゃない。仙台には東北大学とか、いい大学あんだろう。そこにさ、最先端の技術とか日本の英知を集めて、ITに強い日本をこの東北から復活させるんだよ。山形をシリコンバレーにとかさ、岩手をデトロイトにとか……」

 「じゃ、福島は合唱がさかんだから音楽の都、ウィーン」

 と、信長も応じる。

 「こういう状況になったからこそ、まったく新しい発想でつくりかえる……できますよ、きっと。ねばり強い東北人なら」

 夢を語るのは自由だ。「仙台はボストンじゃない、ハイデルベルクだ」なんて言う人がいたっていい。ここで大切なのは、強力な中央集権制でしばられ続けてきたこの国の地方都市を、それぞれに個性豊かな都市に再生していこうということだ。

 都市だけじゃない。最近は各地の町や村を拠点に、伝統的な職人技術の活性化をはかったり、東南アジアの町との交流を進めたりする活動も盛んになっている。

 だいたい“地方”というのは、“中央”に従属する言葉だ。そうでなく、それぞれが“地域”として自立し、個性を競い合う世の中になるのがいい。ンだ、地方なんて言葉、おらもきれえだ。

 (コラムニスト) (3/20 朝日新聞)

あくまでも「道州制」の一部分のイメージですが…
こういう表現をすると、分かり易くて、夢がありますよね

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る