何を言い出すんだ!この人は! 官房長官、原発再稼働「地元同意、義務ではない」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

 藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、原発再稼働にあたっての地元自治体の同意について「法律などの枠組みで同意が義務付けられているわけではない」と述べた。関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を巡って、政府は福井県とおおい町の「同意」、滋賀県や京都府など近隣自治体の「理解」を得る必要があるとしているが、法律上の規定はない。あえて明確にする藤村長官の発言は地元軽視と受け止められ、反発を招く可能性がある。

(日本経済新聞 4/5)

いきなり、何言い出すんでしょう!この人は・・・

枝野経産大臣も、「地元の皆さんをはじめ、国民の一定の理解が得られなければ再稼働しない」と言っていたのに、
8日に福井に言って地元を説得するとの事。

ここに来ての急展開は、確実に何かあったと想像に難くないですね。

世間では5/5がXデー(全原発が止まる)と言われていますが・・・

私の読みでは・・・
電力の「固定価格買取制度」(再生可能エネルギー特措法)の価格が5月末に決まる予定です。
これが、公正な価格に設定されれば、発電事業に参入する企業が一気に増える事は間違いないでしょう。
電力会社は、基本的に電力を買い取らなければならないので、電力会社を取り巻く環境が一気に変わる可能性があります。
(原発を動かす予定だから、買い取れない。とは言えないはず)
そうなると、「電力が足りないから原発動かす」と言う主張は、しにくくなると思います。

とにかく、それまでに、定期点検中のものを再稼動させるモデルケースを作っておきたいのだと思います。
電力会社・経産省も・・・

普通なら、福井でデモでも起こりそうなものですが、
原発の周りに住んでる人は、原発マネーどっぷりの賛成派だらけでしょうから、それも無いでしょう・・・

滋賀・京都・大阪で、再稼働反対デモを大々的にやって、世論をメディアを動かして、止めるしかないでしょう!

「原発住民投票」をやれ!と主張していた方々!出番ですよ!

これが、既得権益との「戦(いくさ)」だと思います。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る