青山繁晴氏が東国原氏と大バトル!?「えらいこっちゃ 生SP」 2016.1.9

胸いっぱいサミットの生特番。
この番組ではお馴染みの東さん。
生特番と言う事で、青山繁晴氏が出演。

ここに来る方には、「予想通り」の展開に・・・(^_^;)
麻木久仁子氏とも大バトル・・・

※ブラウザによっては直接再生できない場合があります。以下のURLよりご覧下さい。環境によっては再生開始まで10~20秒ほど時間が掛かる場合があります。
http://dai.ly/x3lkez5
(動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

青山氏の評価については、色々あるのは承知しています。
虎8でも、チョット大げさに言い過ぎかなぁ、と思いつつ観てます。

でも、一般メディア(テレビ・ラジオ)で、ここまでの事を言ってくれる人は、今現在、他に知りませんのでやはり観てしまいます。
まあ、7~8掛けで観ている感じでしょうか・・・(偉そうに、すいません)

麻木さんがどんな立場の人か知りませんが・・・(ネットで調べると左翼の方?)
慰安婦に関する2人のやり取りが、お茶の間に流れた事は、改めて良かったと思います。

まあ、もう2度と青山さんが、この番組に呼ばれることはないでしょう・・・

視聴者が反応して「青山をまた出せ!」って声が多く寄せられて、再出演になったら、面白いんでしょうけど(^_^;)

関連
青山繁晴氏解説「慰安婦問題・日韓合意、そして、北朝鮮・水爆?実験」
東野さんの「2015 激動の国内政治と橋下徹」 2015.12.26

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 椿 より:

    [太字]ハッキリ言って、【[色:0000FF]日韓合意[/色]】は100%大失敗ですよ。
    今回の日韓合意を「良くやった!」っていう人の気が知れません。

    韓国との賠償問題は、[色:FF0000]1965年の日韓基本条約[/色]で、全て解決済み!
    これ以上でもこれ以下でもない、日本はただただ、コレを貫き通すだけで良かった

    其れなのに「[色:0000FF]謝罪[/色]…」呆。
    問題解決になるどころか、単なる「[色:FF0000]問題拡大[/色]」ですね。

    【日韓合意】に賛成の人達は、「蒸し返ししない約束があれば、今後韓国が、
    国際社会の批判を恐れて反古できない、恥をかくのは韓国だ」なんて言ってるけど
    事ここに至って、いまだに【頭がお花畑なんですか?】って思います。

    日本人はいつもいつも国連だとか、「国際社会」に期待するけど、
    それはただの【[色:0000FF]幻想[/色]】にしか過ぎない。

    [下線]だいたい、韓国政府の言動自体が、
    常に【[色:0000FF]日韓基本条約に違反[/色]】しているのに、
    「国際社会」がこの事で、韓国を「批判」したり、
    「制裁加えた事」って有りますか?
    残念だけど、こういう事に関して拘束力がないのが、国際社会です[/下線]。

    1965年の日韓基本条約なんかよりも、ずっとずっと拘束力の弱い
    公式合意文書としても残らない、ただの【口約束程度の合意】なんて、
    韓国が守るわけがない。

    それもことごとく約束を「[色:0000FF]反故にしてきた韓国[/色]」が相手ですよ。
    笑っちゃいます。たとえ、韓国側が一時的にそれを守っても(無いだろうけど)、
    将来も必ず守ってくれる保証は何処にもない。拘束力もない。何もない。

    それどころか、今すでに「[色:0000FF]蒸し返し[/色]」してきてます。

    日本側はすべてのカードを切り、早々に首相が謝罪し、
    世界中に「[色:0000FF]安倍はSex Slaveを認めた![/色]」と騒がれる中、

    韓国のパク大統領の口から
    「[色:0000FF]日韓合意は、不可逆的な解決です[/色]」という言質は、
    いっさい出てませんよね? いつでも首をすげ替えることの出来る
    一外相に口約束させただけでしょう?

    この時点で、安倍政権は「不可逆的に」韓国の罠に嵌められてるのでは?

    今回の日韓合意は、日本側の大敗北であり、主導権は韓国に渡ったと思います。

    だいたい、国家間の正式条約([色:FF0000]日韓基本条約[/色])すら守らない韓国が
    この【[色:0000FF]合意程度の約束[/色]】を守るとでも思ってるのか?と言いたい。

    安倍政権は「[色:0000FF]子孫に禍根を残さない![/色]」なんて言いながら、
    これほど「[色:0000FF]国民を欺いた首相[/色]」がいただろうかと怒りに震えますね
    [/太字]

  2. 京都の住人 より:

    疲れ果てているのか、刺々してどうしたん?(笑)朝日新聞の一件から日本人はほぼ、日本軍の強制連行はなかったと知ってるよ。日韓の友好を否とする勢力の一部がいまだにほざいているだけでしょう。それより、すべてを拒否する方々を除いて、文化の交流を先に推し進めるべきでしょう。
    それには反日教育を今すぐに止めなければ、日本人の頭の中の?を取り除けません。こんなこと言っていたらここにお越しの方々にお叱りを受けそうですが、私には在日2世の亡き大親友がいたので、頭ごなしに彼らを否定することはできません。青山氏の口から、韓国大統領や口には出せない超高官からのテレフォンショッキングを期待しています(笑)

  3. 椿 より:

    [太字]
    「日本は外交下手」なんて言ってる人は、
    認識がまだまだ甘いのでは?彼らは”外交下手を装って”、

    【[色:0000FF]悪意ある外交[/色]】を展開しているだけです。

    日本政府や官僚は外交下手なのではなく【[色:FF0000]確信犯[/色]】だと思う。

    韓国や中国のロビー活動は、何も欧米だけじゃありません。
    日本の閣僚や議員や官僚・メディアにも、多額の反日活動費が使われてるし

    韓国の国益の為に働く事で、
    自分達の「地位確保」や「多額の資金を得る」事が出来るのだから。

    こういう日本国内にいる【[色:0000FF]獅子身中の虫達[/色]】の外交下手工作を、
    国民が、あまりにも”ポジティブ”かつ”寛大に?”に受けとめ、

    「[色:FF0000]善良に解釈し過ぎる[/色]」から、余計に図に乗って、
    売国外交が続くのです。その結果、平気で、
    【[色:0000FF]国益を損なう事[/色]】ばかりするのです。

    政府や官僚による「外交下手?」や「外交の失敗?」は、国民が素早く反応し、
    強く非難し、抗議し、排除するよう努力しない限り、いつまで経っても、

    [下線]売国政治家や売国官僚による【[色:0000FF]悪意ある外交[/色]】は続きますよ。[/下線] [/太字]

  4. 京都の住人 より:

    元慰安婦と研ぎ澄まされた感性の持ち主橋下氏の顔合わせが実現していたら、風向きも変わっていたかもしれませんね。今回の交渉もなかっよりあった方が、先がどう転ぶにせよ良かったと思える日がくることでしょう。それより国際通貨として中国の元が、今年から大手を振って世界を闊歩しだします。最後の牙城フィリピンも、南沙諸島で一触即発の関係に有りながら白旗を挙げました。日本はアメリカが同意しなければNOと言い続けるのでしょうが、爆買いのお客さんはどうするのでしょうか。ベルトンなんとやらに従い続けるのもいいけど、円がどれだけ世界で信用されているか知った上で、自信を持って爆買いのお客さんに直接、元をばら蒔かせてあげてもいいんじゃないかと思います(笑)

  5. 椿 より:

    [太字]
    すごく少数派ですが、韓国人も「[色:FF0000]反日[/色]」で困っていると思います。
    反日教育を受けた韓国人でも、「間違っている」と感じている人達もいます。

    ただ日本のように「[色:FF0000]間違っている[/色]」と
    サラッとは言えない状況ですが…。

    日本じゃ「韓国擁護」をしたいだけして良い自由がありますが、

    韓国では「日本を擁護する事はかなり難しい」と
    韓国人と話をしていて、強く感じます。

    それでも、日本人が断固とした態度で、
    韓国人達の「捏造や歪曲」に、決して迎合しなければ、
    良識派の韓国人もやり易いのに、と言ってました。

    日本人は、言い合いになる事を極度に恐れたり、
    オカシナ同情を韓国人に持っていたりして(実は下目に見てると思います)
    韓国人のオカシナ主張を「そうそう、そうだよねー」とか
    「日本も悪いから…」とか言って、直ぐに迎合してしまう。

    そういう日本人のいい加減な態度が、実は、良識派の韓国人達に
    「大きな迷惑をかけている」という事に、
    全く気づいていない日本人が多過ぎるのではないでしょうか?

    良識派韓国人が「間違っている」と声を挙げれない原因が、
    日本側にも大いにありますよ。

    今回の安倍首相の謝罪によって、
    良識派韓国人達は【[色:FF0000]トドメを刺された[/色]】状態でしょうね。

    良識派の韓国人らが、「韓国も間違っているのでは?」と主張しようものなら
    「[下線]日本の首相が認め、謝罪してるじゃないか![/下線]
    [下線]それなのに祖国を疑うとは!お前は売国奴か[/下線]??」と”[色:0000FF]罵倒[/色]”され、

    【[色:FF0000]The End[/色]】です。

    全く、トンデモナイ事をしてくれたものです。
    トドメを刺す相手を間違ってやしませんかね?安倍さん![/太字]

  6. 椿 より:

    [太字]
    日本政府も日本国民も、在外日本人を棄てたのでしょうか?

    日本政府も国内向けには「[色:FF0000]玉虫色[/色]」に、
    国民を刺激しないように、言葉を選んで「日韓合意」を説明しているけれど、

    世界中のメディアから「[下線]日本に性奴隷とされた女性たち[/下線]」って、
    【[色:FF0000]ボロクソ[/色]】に言われてるやないか??って一喝したいです!

    翻訳は「玉虫色」ではやれないらしいから、日本政府は、
    ハッキリと認めちゃって、世界に流布しているそうです。
    だから、「極悪非道の賠償」って、鳴り物入りで響き渡っているそうです。

    それも、胸が詰まるような…
    クッキリした言葉と…
    ハッキリと!言いきりの表現で…、
    ドッサリと!書かれているそうです。

    これでは、各国に住んでいる日本人はどんなに辛い目に遭っているか…。
    特に、アメリカで苦戦している日系の人達は、
    どんなにか屈辱的な思いをしているかと…、胸が痛いです。

    特に、慰安婦像を設置されているグレンデール在住の日本人なんか、
    今までもずっと、政府に梯子外されっぱなしだったけど、
    今回の「安部氏の謝罪」で、
    ついに【[色:FF0000]トドメまで刺され[/色]】ましたね

    [下線]もうこれで、絶対に勝てない[/下線]??

    しっかし…、日本の政治家ってのは、どうしてこう国民が、
    「[色:FF0000]世界に顔向けできない事[/色]」ばかりするのか?

    「[下線]日韓合意」と「世界遺産」で日本は破滅です[/下線]…。[/太字]

  7. ねこ より:

    私は慰安婦問題も徴用工問題も日韓基本条約(日韓請求権協定)で解決済なので、これらの問題は韓国の国内問題であり、後からいくら謝罪と賠償を請求されても日本は他国の国内問題に干渉すべきではないという立場です。
    なので今回の合意は中身が何であれそもそも存在してはいけない改正合意なのです。
    しかし、政府としては慰安婦問題にある様々な歴史認識や過去の請求権協定の経緯、そして日本国内の反発よりも目の前の安全保障(北朝鮮、中国、ロシア)と将来的な拉致問題解決を優先させたのでしょう。
    青山氏の感情的な論理も気持ちとしては分かるが、責任ある政府の総合的な判断と責任のない立場の言論人の意見を並列に見ること自体違うのです。
    高橋洋一氏がモーリーロバートソンのネット放送に出演されたときにこの様に話してました
    「世界の戦争と安全保障問題の殆どが地政学的リスクに起因する」と、「もしモスクワがもっと極東に近かったら日本がクリミアや東ヨーロッパのようになっていたかも知れない」とね。
    今、ロシアのプーチンはNATOの加盟国がどんどん東側に膨れ上がってきてモスクワに近づいてることにロシアの主権を脅かされていると認識してあらゆる手段を講じてますがこれらも地政学的リスクの排除ですね。
    よく保守言論人は沖縄に基地が集中しているのは何故か?それは沖縄の地政学上の宿命であると声高に唱ってますが、それならば緩衝地帯である朝鮮半島の韓国と連携することは地政学上の宿命なんですね。当然、韓国もこれを十分に分かっていて日本に対しては強気ですが日本の安全保障上、大っ嫌いな韓国であっても日米の側に入ってもらわないといけません。

    もう一つ、安倍政権は政権中に拉致問題の解決と言ってますが(あまり期待できませんが)これも韓国の協力無しでは難しいですね。韓国は幼稚な国なので慰安婦問題が入り口で蓋をしていると是々非々で対応してくれないですから、これらのことも政府の総合的な判断だと私は見ています。まぁ日本としては大っ嫌いな韓国とも地政学上巧く付き合っていくのが運命なんでしょうね。

    あと青山氏の官邸には政府高官には親韓親中の人が居てその人達が推し進めたとか、合意に猛烈に反対した政府高官も居たとか、ハッキリ言ってどうでもいい話(笑)
    そんなことは誰でも想像つくし、両面からそれぞれの立場で情報収集してるんだから違う意見が飛び交うのは当たり前で、逆に偏った立場の人だけの意見しか聞かない体制の方がよっぽど怖いわ(笑)
    岸田外相がどうであれ行政のトップは総理大臣。総理大臣より重い判断をできる人はいないから経緯がどうであれ総理の最終的な政治判断がどうだったかだけを論評すべき。
    あんな風に情報源の実名も伏せて一般人が検証できないことを安倍擁護の為にグダグダ予防線張るから???となるんですよ。

  8. 京都の住人 より:

    韓国の動向に業を煮やしているのは、紛れもなくアメリカでしょう。青山氏はアメリカのシンジゲートに精通(笑)していることを常々匂わしているのですから、米国=総理間を事細かく取材して欲しいものです。総理にダイレクトテレフォン(笑)しても、アメリカの意向を汲んだ総理の胸中を覆すことなんて出来るわけないのでは?(笑)手遅れじゃないのかな?北朝が孤立無援になりかけているなか、諸外国からどのような誹謗中傷を投げ掛けられようと、米韓軍事行動が勃発すれば、憲法に縛られている日本といえども何らかのお手伝いを強要されるのでしょうから、慰安婦問題に手出しした総理の行動は後に称賛されることになるでしょう。韓国が中国とお近づきになればなるほど、北朝の嫉妬心を煽ることになる。日本よしっかりしてくれ?って嘆いている米国の声が聞こえてくるようです。

  9. 椿 より:

    [太字]
    大和魂を捨て去った親達が、
    今後「[色:FF0000]この一連の茶番劇[/色]」をどう説明するのか?

    「嘘は吐いてはいけない」
    「他人に迷惑をかけてはいけない」は基本だと思っていましたが、

    今後は子供達に、「[下線]嘘は吐くなら、つき通せ![/下線]」
    「[下線]嘘で虐められたら、お金を払ってやめてもらう[/下線]」
    「[下線]他人に迷惑かけても、相手は死んでるから、死人に口無し![/下線]」
    …とでも言うのでしょうか? どこかの国に似てるよね? ハア?。

    これが「美しい日本を取り戻す」ということですか???。

    韓国人の「[色:0000FF]告げ口外交を封じ込めた![/色]」なんて言ってますが、
    全然封じ込めてないでしょ、形を変えて、
    更に【[色:FF0000]パワーアップ[/色]】させただけ。

    国際社会も「[下線]日本が慰安婦問題(Sex Slave)を認めているのだから、
    教科書にもキチンと書くべきだ」[/下線]という韓国人の主張を
    ”当然だ”と思うでしょうしね。

    それに、韓国人が個人的に、慰安婦の話を持ち出しても、何も悪く無いでしょう。
    【[色:0000FF]日本人が罪を認め謝罪した事実[/色]】を言ってるだけだから、
    『批判』には当らない、何ら合意事項に反しない。」という韓国側の主張は、
    結構国際社会も認めると思いますよ。

    反対に「慰安婦のことを言うな??」「慰安婦像を撤去しろ??」なんて
    日本が言えば、日韓関係や歴史的背景をほとんど知らない外国人達は、

    「日本が朝鮮女性を20万人も性奴隷にしてたくせに、
    厚かましくも、慰霊の為に設置している慰安婦像を撤去しろとか、
    慰安婦の話をするな!とか、よく言えるよな!」って、
    逆に日本人の人格を貶める結果となるでしょうね。

    要するに、日韓合意は、「告げ口外交を封じ込めた!」のではなく、
    [下線]告げ口外交を、『[色:0000FF]正しい歴史』の流布[/色]に変身させてしまっただけ。[/下線]

    国際社会は、「韓国のファンタジー歴史=捏造話」を
    『正しい歴史』であると、日本が”[色:FF0000]承認した[/色]”と見るだけです。

    そしてこれを機に【[色:0000FF]日韓通貨スワップ協定[/色]】も再開しそうですし

    今後も70年前と同じで、ドンドン、国民の努力の結晶=税金が
    「支援金」「協力金」の形で、ドブに投げ捨てられるのでしょう。

    [下線]まあ、先祖を見殺しにし、歴史を捨てたのだから、自業自得ですが[/下線]…。

    [/太字]

  10. 椿 より:

    [太字]
    しかしながら、綺麗事を言いながら
    「利権や地位保持」の為にしか動かない政治家や官僚を
    「[色:0000FF]甘やかし続ける国民[/色]」がいる限り、
    日本は【[色:FF0000]不名誉な国[/色]】になるしかなさそうですね。

    「現実を見る事は大切だ!」と言うけれど、
    その現実って「利権や利益」の事でしょう?
    『[色:FF0000]真実[/色]』では無いはずです。

    日本人ならもういい加減、
    『[色:FF0000]真実[/色]』を直視しなければならないと思います??

    戦後70年、現実(利権・利益)を最優先してきた結果、
    何が解決出来たんでしょうか?

    現実(利権や利益)を優先してきた結果、
    主権国家としての地位を奪われたままで、

    ・[斜体]北朝鮮という国に何百人という日本人が拉致されて、
    (中国からの情報では1万人を超える)
    ・韓国という国は、竹島という領土が実質的に奪われ、
    ・旧ソ連に乗っ取られた北方領土の四島返還も厳しく、
    ・かろうじて残った尖閣も、日中の紛争地域と化してます。[/斜体]

    『真実』を蔑ろにし、現実を優先してきた結果が[色:0000FF]コレ↑[/色]です…。
    そして今後益々、【問題は悪化】すると予測されます。

    しかしながら、これはもう「生き方の違い」というか
    「人間として、何を優先させるか」の違いでしょう。

    人の道に外れても、現実(利権や利益)を優先させる人と、
    どんなに批判・非難にさらされても、『真実』を優先させる人間との

    『[色:FF0000]人間としての生き方の違い[/色]』としか思えません。
    [/太字]

  11. 仲井 より:

    日本の国家の中を見通してみればよくわかる。
    昭和20年代30年代40年代、50年代へと移り変わる過程で、日本という国家は国民が、日本民族が、全く気付かされることなく、公務員の現場が粛々といつの間にか民族が入れ替った。
    それもものすごいスピードで。

    日本民族が気付いたころには公務員の現場はすでに身分制度のある公務員が身分だと思う認識を持つ朝鮮民族で占められてしまった。

    この形を一度作ってしまえば朝鮮民族はこの身分制度の様式の公務員の仕組みを絶対に既得権益化し絶対に仕組みを変えさせない巧妙な工作を行う組織に作り上げた。
    我々の学生時代は公務員はそこら辺の工場の工員さんと同じ普通の職業人として扱われていた。同じ状況の待遇であった。
    給料はまだ低いほどであった。
    いつもひじに紺色のインク汚れを防ぐ袋カバーを両腕に付けて、ネクタイ姿でいつも粛々と仕事の作業をやっていた。

    なんの身分など毛頭なく、ごく普通のそこら辺の作業員というレベルの職場であった。

    言われたことをやるだけのただの機械のような仕組みであった。
    機械の流れ作業のコンベアーのような仕事に追われている職場であった。

    そこには既得権も無ければ陥れの工作も無ければ、コネでの採用など皆無と言っていい状況であったし、普通にただ就職していたという状況の組織であった。
    学校ではどうしようもない頭が悪い、どこにも働き先がないような落ちこぼれの学生の働き場所が役所という印象しか私など持っていなかった。
    日本民族が公務員の時代には。

    ところが、これがいつの間にか公務員の職場が、それまでの純朴で真面目で欲の無い日本民族公務員から、欲だけが突っ張った偽装日本人戸籍の、奴隷だった自分の身分を抜け出したいという日本でのわが身の身分だけが欲しい朝鮮民族が日本の国籍を騙し取り日本人に化けてコネでの親族縁者身内血族を徹底的にコネ採用で公務員の世界に入れ込み、現場で瞬く間に増殖しだしてきて、朝鮮民族に入れ替わりだし、それらがそこそこ戦後の第一世代で幹部クラスになりだすと、もう待ってましたとばかりに本性を出しだしてきて、朝鮮流の身分という者を朝鮮そのままの公務員を身分のようにさせてしまい、
    身分制度の職業に作りだし、結果これがコネ採用から税金を食い物にするとか、賄賂接待はもう当たり前の、天下り方式の構築、かつての日本国家の公務員の世界には存在していなかった朝鮮流身分制度の公務員の世界を構築したのだ。

    まさに今の朝鮮で行われているそのままの公務員天国に、組織にしてしまったのだ。

    現状の日本国民とされる国家の人口全体の、そのうちの最低でも約二割の人々は、実は日本の国籍を何らかの手段で違法に手にして持っている朝鮮民族家系でこの我が国日本国は現在成り立っている。

    日本の公務員と言われている者らは、
    日本全国で都会を中心に最低でも6割7割が、実は日本国籍を騙し取っている朝鮮半島民族からなっている。

    国家、地方を含めてすべての公務員の世界で、
    政治家の世界も、警察官の現場も、大学の教授の世界も、学校の教師の世界も、自衛隊の現場も、テレビ局の現場も、新聞社の現場も、マスコミと言われる中で動く大勢のジャーナリストコメンテーターと呼ばれている連中らも、芸能関係の殆どのタレントもプロダクションも、スポーツ関連、アスリートも、また、日本でいまテレビでのCMで流される有名企業の現状のトップら、
    これらで実態として日本民族の日本人って本当に一体どれだけ存在するのかを考えた時、私は愕然としている。
    ほんとにいてるのかと思ってしまうほど。

    ここまで日本の国家をこういう朝鮮人が動かす国にしてしまった最大の原因は、日本の公務員の世界に日本国籍を騙し取った朝鮮人が入ってきて、しかも現場をほぼあれらが占領したことに原因が集中する。

    日本がここまで腐りはてた役人天国になった原因、借金大国になった原因、東大が落ちぶれだした原因、税金が国民に平等に納税者に渡らなくされてきたその全ての根源が、辿ればここに集積して存在する。

    日本国籍を騙し取った朝鮮人が日本の政治をやり、朝鮮人トップが存在する企業が、知っていながらマスコミは隠して日本の大手企業としてマスコミに取り上げられる、法律の本館であるその法曹界の現場さえも、日本国籍を騙し取った朝鮮人が日本人に化けて堂々と日本人ですと言って日本の道路を歩いている。

    何の身柄の拘束もされずに。

    椿さん!
    日本が今この状況で、日本国民が本当に本気になれるでしょうか。
    安倍さんが本気でこれに立ち迎えられると思いますか?
    今の日本の政治家で、橋下さんぐらいしか覚悟がある政治家は日本に今存在しません。
    橋下さんの手に来るまでは、この問題は結論に行きませんよ!

    だから橋下さんの存在、出現が、この日本の国家にとって計り知れないほどの、どれだけ大きい事かが私には思うわけです。
    約30年間ほどこの一環して伝えているこの私からのここまでの内容は、何処までも限りがありません。
    たぶん。
    朝鮮民族が消滅などしないわけですから。
    彼らはどんなことがあっても卑劣なことをやり続けてでも民族が生き残ろうとやり続けるでしょう。
    だから限りはあるはずがないのです。
    奴ら相手の内容には。

    でも諦めるつもりなど毛頭ありません。

    殺害予告も受けましたが、私のようなこんなどこのいつ死んでもおかしくないようなこんなものにまで狙うほど、奴らはこの内容には実は非常に怖がっていて、針の筵なんです。

    あのいつも偉そうな顔をしてやっている大手と言われる新聞社、
    同じくあの大手と言われるテレビ局、
    こいつらでさえ、私の限りないほどの回数の問い詰めには、二十数年間に渡って私に対してうなづくことだけしか、それしか出来ず、ほとんど反論すらできません。
    毎日新聞は最後の手段で、昨年に、一切の私からの連絡を受け付けず、連絡して私の声が聞こえた時点で、即そこで一瞬で連絡は遮断して拒否してきました。

    ここまでデリケートに逃げ回っているのが、今の日本の大手と言われる新聞社、テレビ局です。
    ここの連中が大阪地下で天下りをやって卑劣極まりない朝鮮流の計り知れないほどの高額収入を受け、大阪市民を公然と陰に隠れて卑劣に裏切っていたわけです。
    こいつらを相手にこれからの日本はやっていくわけです。
    こんな奴らを相手なんです。

    安倍さんは考ええたのでしょう。
    彼なりの結論を。
    政治家がやれることがこのレベルで、国家という者の名誉よりも、結局は彼らが思う利益らしきもの?を先取りしたつもりのようです。

    国家としての姿を、今後大きく日本の国民からも、世界からも問われることになるでしょう。
    一つの物語のフイクションの歴史が作られたということになる。
    でもこの政権はこれを選択した。
    朝鮮という国の、日本に存在している日本国籍に化けた朝鮮民族の、現状における存在の大きさ、日本における忖度を選択したのでしょう。

    政権が今後替れば、憲法改正もやり、都度都度に事あるごとにこの内容が表で現れたら、そこでさて日本国家の時の政権のその時の日本民族?が、そこで決断を新たにまたやるのか、それとも日本の朝鮮人政治家が日本で日本国籍を騙し取って国家公務員になっている既得権の塊のような朝鮮人官僚と手を組んで、朝鮮流に都合が良い様な日本民族の国民のことなど風邪で吹き飛ぶようなあっち向きでの、朝鮮流解釈で再度結論を出すのかという所です。

    パソコンが出てくる前から、霞が関、議員会館に文句を突き付け変わらぬ日々が続き、これ一筋でここまで単独でやりだして、もう30年ほど、
    これをやってきて、これまでやっても、これは治らないのかと思っていたところに、漸く橋下さんという凄い人が出てきてくださった。

    私はこの人が、今後この問題で、この人の判断でされることに、
    どういう結論でこの内容を仕切ろうが、私はそれを支持します。

  12. 仲井 より:

    今日の安倍さんと、
    民主党の緒方とかの国会でのやり取りを見ていたら、
    現状のこの日本国家が、日本という国はいったいどこに行ってしまっているのかって思わず思ってしまった。

    今日のあのやり取りがその象徴で、
    日本の闇は、日本民族日本国民の、想像を絶するところにまで朝鮮の本髄までがもう日本の本道の中にまで入り込んできていて、

    その厚かましさと図々しさはとてつもない範囲で広がっていることを思い知ります。
    やっぱり日本は変えないと!

    日本は今こそ変えないと、もう日本民族の日本の国には戻れません。
    本当の日本には。

  13. 椿 より:

    [太字]仲井さん、
    私はいつも、仲井さんのように、
    非難や罵倒「殺人予告」にもめげず、
    ただ一筋に粘り強く、『[色:FF0000]真実[/色]』を伝え続けて下さった
    勇気ある日本人の先輩達がいる事を
    とても誇りに思い、本当に感謝しています。

    そういう方達がいて下さったからこそ、
    私たちもなんとか『真実』を手繰り寄せ、
    「[色:0000FF]日本社会の闇[/色]」を知るが出来たのだと思います。

    海外でもそうですが、非難されても自分の主張を貫き通すのは
    並大抵ではありません。ましてや例えそれが『真実』であっても
    相手にとって「[色:0000FF]不都合な真実[/色]」の場合、
    それはそれは激しい「[色:0000FF]非難と罵倒[/色]」に晒されます。

    ですが、仲井さんも同じだと思いますが、
    たとえ、「罵倒」されようと「非難」されようと『全無視』されようと、
    中国人・韓国人・アメリカ人が喧伝する
    【[色:0000FF]悪逆非道の日本人[/色]】を決して認めず、
    一ミリたりとも「己の主張」を曲げず、
    頭を上げ、胸を張って、明るく生きてこれたのは、

    『[下線]日本人としての誇り[/下線]』が私を支えてくれたからです。

    それは少なくとも、己の損得を超え、激しい非難に晒されながらも、
    『[色:FF0000]真実を伝え続けてくれた人々[/色]』のお陰と言っても過言ではありません。

    ですが、日本の首相が「韓国人の嘘話」に【[色:0000FF]謝罪[/色]】したとなると、
    必ず「教科書」に掲載されるでしょう。そうすれば子供達は、
    「[下線]日本人の先祖は、20万人の朝鮮女性を虐待した人非人[/下線]」だと思い、
    子供達は『[色:FF0000]日本への誇り』[/色]持てるでしょうか?

    現在の日本政府や教育は、「誇り」や「名誉」を蔑ろにしがちですが、
    しかし、この「自国への誇り」ほど大切なものはないと思います。
    人間としての本質を問われるような時、
    信じられないほどの『[色:FF0000]勇気[/色]』と
    [色:FF0000]気概[/色]』を与えてくれるものなのです。

    今回の日韓合意は、その大切な誇りを奪ってしまった。
    それどころか、自分たちの先祖や歴史を地に貶めた事は、
    なんと言い逃れをしようとも、許せません??

    「自国への誇り」や「先人への誇り」を失くしたら、
    厳しい国際社会の中で、戦ってでも「自分の国を守ろう」としますか?
    「拉致された仲間の日本人を奪還」しようと思いますか?

    誇りのない人間は、朝鮮や中国のように
    「己さえ良ければ的」な考えしか持てないでしょう。

    安倍首相は、そんな「自国に誇りも持てない」、
    「利己的な日本人」を量産しようとしているのでしょうか?

    私は、安倍さんが「経済政策に失敗」しても許せますが、
    お金では決して買えない『日本の誇り』を売った安倍さんを、
    決して、許す事は出来ません??

    [/太字]

  14. 京都の住人 より:

    講和条約締結後、米国のウォーギルドなんとやらにより、日本はめっちゃくちゃになったようですね。仏教国にもかかわらずクリスマスにうつつを抜かさせ、結婚式までチャペルでウエディング姿。男女席を同じゅうせずが男女平等、ジェンダー意識を徐々に高くもたらされてきました。そしてあれよあれよと言う間に70年。三種の神器や兎小屋を与え満足させ、貧富の差の不満に目を逸らさすために、中流者意識を刷り込みました。そして現在、ふと目を開けると先進国の仲間入りをさせていただいているのです。幸せなんじゃないですか?今が(笑)諸外国に出かけるとどれだけ日本が良い国か判りますし、日本のパスポートを持てて誇りに思います。近現代史に蓋をした教育を70年間続けたお蔭か、今の幸せな日本は誇りに思う。でも、そんな遠い昔の事どうでもいいケド?ナニカ?とまあ、こんな感じでなんです。安倍さんをあまり攻めてあげないで下さい(笑)

  15. 他府県民 より:

    安倍首相は常に大企業の味方です。大きな何かを成し遂げるために、そのために今の地位に居続けられる為にと、経済政策は言いなりでは?と見ています。そして、その後押しと様々な修正のためにおおさか維新の役割分担があるのではないかと。

    ヘイトスピーチ条例に関しては、
    これは吉村市長か橋下さんが丁寧な解説をする時が来るのを待ちたいです。
    橋下さんが「民族を一括りにして捉えるな。」と、桜井なんちゃらとの面談で言われていました。これはその通りで、これがまかり通るのなら、汚染水垂れ流しの日本だって各国からヘイトされても仕方なくなるのではと思ってしまいます。外国に住む日本人に向けてのヘイトも否定出来ません。
    最悪なのは、日本人が知るべき情報は紙面やTVでは見つけられない事です。あらゆる歪んだ仕組み作りにお金のために加担してきた日本人だって6574悪いはずです。こう書くと、お花畑と言われてしまうのかも知れません。
    日本人が未来永劫近隣国から搾取され続けられないためにも、おおさか維新の会の飛躍に期待しています。中国の経済も危ういみたいですが、大規模な自然災害が起これば軍事クーデターも起こり得ますから。

  16. 椿 より:

    [太字]
    70年の繁栄?一体誰のお陰か?
    絶対に戦後生まれのお陰ではないのは確かです。

    先祖を売り、誇りや名誉を売ってでも、
    現実の利益に与ろうとする者達でも、
    [色:FF0000]先祖の功績[/色]のお陰で、
    のうのうと生きていけてるのだと思います。

    海外に住んでいた時も、なんの能力もない、
    なんの貢献もしていない私が、日本人というだけで、
    他国の方々から信頼され、大切にして頂いたのは、
    先人達が、厳しい差別にさらされながらも、「誠実さ」「勤勉さ」
    「強気を挫き、弱気を助ける勇気」や「公の精神」を持って、
    自分達が、住みついた国々に、貢献してきたからでしょう。

    私たち子孫が、どこの国に行っても、
    生きて行き易いように、その道筋をつけてくれていたのは先人方であり、
    目先の利益の為に、
    「自分達の先祖」や「国の誇り」を売るような日本人達ではないです。

    っていうか、本当にその人達は
    「[色:0000FF]日本人なんかい?[/色]」って疑問です。

    反日アメリカ人や韓国人・中国人らに「鼻薬」を嗅がされた、
    カス政治家や売国官僚の工作に騙されて、

    「仕方のない選択だった」とか、「これが今が一番の得策」などと、
    悪人に加担していることこそ、この国を沈没させる原因だと思います。

    何回も同じことを言いますが、
    たとえ遠回りになっても、苦しい立場に立たされても、
    『[色:0000FF]嘘・捏造[/色]』を認めてはいけません??

    『[色:FF0000]人としての心[/色]』を失ってはいけない。

    [/太字]

  17. 仲井 より:

    日本の国内から、それも日本人と称する者らからは、
    【反日】の内容が物凄く出てくる。
    テレビで日本のことを大事に思うための、日本の国家論、教育論、
    これを語ると、それだけでもものすごい批判が殺到する。

    彼ら反日の者らにすれば、それは日本が戦争も辞さない、他国への侵略戦争をまるでやりたいとでも思ってるかのように総じる。
    右翼思想、戦争をすることを容認派だと。
    世界からはいい国だといわれている日本が日本の中で生きている日本人という連中が日本はひどい国だという。

    世界中にひどいことをやった国だと奴ら半日に日本国内の連中らは言いふらす。
    だが世界中からは日本ほどいい国民はいなかったとあの戦時中のことですらそう語られている。この今のこの時代になってさえも。
    あの今もめている朝鮮人でさえ、当時樺太にいてた時に日本人住民大勢ととともに暮らした地域に居てた朝鮮人は、日本人ほどいい人はいなかったと言っている。
    ロシア人と朝鮮人など、いつ襲われるかいつ何をされるかわからんと恐怖の連続でとんでもない連中だったと当時の朝鮮人住民が今でもこう言っている。
    日本では朝鮮人が悪いことをしたということが、言わせないようにしている。
    これは新聞、テレビ局、学校、大学、町内会振興連合会も、行政、企業も、すべてが、日本国籍をだまし取った朝鮮人がいまそれぞれのそういう居場所ですでに幹部クラスの席についているからだ。
    彼らは表向き日本人だと言っているが気持ちでは朝鮮人だと自分ではわかっているのだ。
    だから朝鮮人という文言が出ただけで絶対にこの文言すら出させないようにするのだ。
    奴らはそれが気になって気になって怖いのだ。

    日本が起こしたとされるいわゆる太平洋戦争のあの大戦、
    あれについてあのことの総括をして語っている面白い貴重な内容が有る。
    それも日本と最後には本土決戦までいってこの日本の国土を焦土と化し焼き払ったあのアメリカからのコメントが残っている。

    日本国土を軍の統括で仕切ったそのトップであった当時のアメリカ太平洋艦隊司令長官、マッカーサー元帥からだ。
    初めて日本の行く、厚木基地に到着するまでの軍の飛行機の中で到着するまでのひと眠りから覚めた彼は、一言こう言ったという。
    【夫人への参政権をすぐにやる】と。

    戦争で破壊し、国土という国土をめちゃくちゃに焼け野原にしたその戦勝国のトップが、日本統治の最高責任者として赴任しに行く。

    赴任するために乗っている飛行機の中で、初めに発した文言が、この日本に赴任する飛行機の中で、日本を統治するそのトップが語った一言が彼が発した初めの日本での施策が、
    それが
    【婦人に参政権を】という内容だったことに、私は日本人として、
    【ああやっぱりアメリカに進駐してもらって本当によかった】と、普通にそう思ってしまう。
    実際に戦地で戦っても居ない者が、何も知らずに偉そうに言うなと、無責任だとそう言われそうだが、でもそう思わずにはいられない。

    彼が赴任してから、そこから日本人が度肝を抜かれることが或る日突然に起きた。
    私のお爺さんや父親などは、このことに
    【アメリカってどれだけ大きな国なんだ、あのマッカーサーを鶴の一声で「クビ」に出来るとは、あのマッカーサーを一言でクビに出来るもっと偉い人が、まだ居てるアメリカという国は、本当に桁が違うなあ】と.

    日本中の誰もが、あれだけ偉い人は居てないと当時の日本中の国民がそう思っていたその偉大な大男のマッカーサーが、その人を、ただの一言でポンとクビに出来るとはと、マッカーサーよりもまだとてつもないほど偉い人がまだアメリカには居てるのかと。
    まあ驚いていた。

    クビにしたのは皆が知っているあのトルーマン大統領なんだが。

    とりあえず、彼は日本における統治のトップの役職を解任されクビになり、アメリカに帰り、それが昭和26年なんだが、私はまだ田舎で学生であったころだが当時父らが驚いていたのを今でも覚えている。
    あんな人が一発でクビになるアメリカはすごい国だなあと。

    話の大事な部分は実はここからなんだが、
    そのマッカーサーが、アメリカに帰ってから、彼はアメリカ議会で実は非常に興味深い演説をしていると、あの武田さんが語っておられる。

    その時のことを語っておられる。

    政治的行政的内容はまあ別としても、こと科学という部門では、これに限って言えば面白くて科学的にすごい知識を持たれているいつも好きなあの人の解説だが、あのバラエティー「ホンマでっか?」出演中の、科学者武田先生が、ネット上でこういうことを言われている。

    マッカーサーは、
    【あの戦争は、日本が他国を植民地化するためにそれを欲しがり他国を占領が目的で故意に外国に仕掛け進軍し、日本が他国、つまりあの時の戦争での周辺のアジア各国を侵略をするなどというそのことが目的で日本が行った戦争では実はなかったと彼は語っているという。
    日本がよからぬ欲とたくらみでの戦争を起こしたのではなくて、アメリカが日本に戦争をさせるように持っていったのだ。日本は、当時の世界中で行っていた欧米の残虐統治行為からの植民地化政策から日本もいずれそうなると、そうやられてしまうと、それは絶対に困ると、日本はそこから逃れるための、日本への他国からの侵略を防ぐために、植民地化されないために、日本は、軍備の面で欧米からの侵略に備えての対抗手段が可能なようにするために、其れにはどうしても原油が必要で、禁輸されているこの状態から脱したい、その一心で原油を取りに南方に出ていかざるを得なかったのだ。
    あの戦争は日本がよくでやりだした戦争などではなくて植民地にされる危険がまさに日本に迫ってきていた、
    原油も禁輸されそれが危険が目の前に迫ってきていた、それをどんなことがあっても防ぎたいという日本の思い、そこが日本をああいう大きな戦争に巻き込んだ原因だ。
    だからあの戦争が起きたその最大の原因は、それは日本国家にあるのではなくて、何処でもない、それはアメリカ地震に原因があると、彼はアメリカの議会でアメリカの国民に向けてそう演説をやっている。
    日本と戦って多くの兵士がアメリカ軍人が亡くなった、戦死したその状況を一番よく知っている太平洋艦隊司令長官という立場を持っていたあのトップのマッカーサーの口からである。

    ここが実はアメリカという国のすごいところで、日本と全く違う。

    日本では日本国籍をだまし取った朝鮮人が、あろうことか日本の国家の官僚となり、それを隠したうえで現状はもう国家としての公文書作成にかかわりだしている。
    アメリカではこういう文書を出すものの身元自体は、鮮明に家系から民族の部分まで血の系列までが徹底して調べられ大丈夫だ怪しくないというお墨付きを得たうえでその立場に存在しているが、日本は騙し取った国籍で日本の国家的公文書にかかわる立場で存在できるというまあ世界中でどこにもない犯罪者が官僚になっている国なので、だから自分の朝鮮人戸籍にかかわる都合が悪い違法にかかわってくることには一切公的交渉の内容に触れさせないように、ひたすら避けて省こうと、だまし取っている犯罪者特有の本能のようにそうしてしまい、ここが国家としての利益、日本としての、日本国民が絶対に譲れないとしたことにまで国益というものから外された結論での交渉の結末を招くという交渉になってしまうのだ。
    だから、こういう国籍をだまし取ったものが国の公的文書公的交渉の場などに深くかかわってくること自体がまず全くダメなのに必ずその交渉の公的場には日本の国籍をだまし取った朝鮮人官僚が直接相手と交渉の場に存在する。

    つまり日本国家とほかの国との交渉なのに、実態は、日本が交渉などしているのではなくてほかの国とほかの国の者同士が話をつけてきてそれを日本が交渉で妥結したといって結論の合意の証書を出しているのだ。

    こんな国は世界中どこの国にもない状況がここ数十年間日本は続いてきているのだ。

    総理大臣候補にこの間も立候補どうのこうのと言っていた朝鮮民族のやつがいてるが、日本人かどうかを、国籍はどういう状況で手に入れていたのか、朝鮮人だったが日本で日本国籍の者に養女に行って日本国籍になったのか、それともその日本人とされる養女として受け入れた側のその当人の日本での国籍は実際に江戸の時代からの本当の日本の国籍のものに間違いはなかったのかどうかを、これらを東京警視庁も含め検察も公安もきちんと確認しろ!って!。
    元国家公安委員長だからって手など抜くな!って。
    国籍のことがあるから、自分の戸籍の成り立ちを公安委員長という立場になればそれが書類なりを何とかして方策を志向してだまし隠せると思ってそれが狙いでの狙って国家公安委員長にまでなってんだから。
    それが目的でなってたんだから、それを逆にきちんと捜査をやったらいい。

    尖閣について、尖閣などどうなってもいいとか、
    尖閣は、中国に好きなようなさせていればいいなどと言っていたんだから。

    戻るがマッカーサーのこの思い、
    日本人日本国民に対するこのちょっと想定外のこの心の内、
    彼の、この心情、
    私はアメリカが日本にやったことはかなりきついこともあるが、小学生時代に学校で当時の担任他大勢のその学校の教師らと物凄い言い合いになった、あの当時の極悪国家ソ連、北朝鮮が、彼ら教師に言わせたら夢の国だと、そう主張する組と、私が言うアメリカの方がまともだと、良いというこの激しかった言い合いの中で、私が絶対に譲れなかったアメリカの方が人間の国だと教師に告げたことが、これが間違いではなかったと、今でもそれは思えてくる。
    あれは確かにそうだったと。正しかったと。

    【日本は植民地にされないために】と、
    あの日本国民のほとんどが恐れおののいていたアメリカの司令長官、日本の天皇陛下までもわざわざ自らで司令部まで寄越させての、足を運ばせる、日本国民からすればこの大きな体から出すこの傲慢とも見えたあの大きな巨人に見えた彼が、そのマッカーサーが実はアメリカ国民に向けて日本国家のために、クビになった立場の彼が日本国民の戦時中のあの時の心情を察し、日本人の誇り、日本人の人間としての一番譲れないものを、これを守ろうとしたがための戦いだったと、このことを6年間という日本でのこの駐在中の期間に、日本に住んでみて、肌でそれを感じたのであろう。

    日本人というものの凄さ、生真面目で正直で凛とした規律正しい日本人という者の人間の本髄のその価値を、ここを感じてくれて、認めてくれて、あの大きな舞台でアメリカの全国民に向けて語ってくれた。
    その一言に、私はマッカーサーに敬意を表する。

    マッカーサーはアメリカ議会で帰国の演説で、当時の日本が置かれていた状況をそう語っている。

    日本は、当時原油も禁輸され、資源らしきものは何にも持たざる国であった。原油はほぼ外国に頼らざるを得ずそれを禁輸された状況に追い込まれた。

    当時の日本は原油を止められたおかげで、軍艦も戦闘機も一切動かせることすらできなくなり、原油の備蓄はもうあと半年ほどしか持たない状態であった。

    世界中で見る当時の植民地政策での欧米がやってきているその状況はひどいものだった。
    だが、日本が植民地化した国はほとんどが住民からはまだ感謝されていると言うのが殆どであり、欧米がやった植民地政策などもう残虐極まりないもので、南方諸国などはその欧米からの極悪非道な植民地支配から逃げたい、逃れたいために、あの戦争で日本がそれを撃退し、開放してくれて、まだ日本に対して感謝をしていると今のこの戦後70年80年前のことをまだ感謝している国民も南沙諸島周辺の各国は無論だが多く存在している。

    あの併合となったがあの朝鮮半島人でさえ、日本に行きたい、日本人がいちばんやさしかった、ソ連ロシア人は自分たちを襲ってきて怖い、そして同じ国の国民の朝鮮人がもっと怖いと、樺太にいてた住民の朝鮮人女性がそう言っていた。

    戦争で戦った相手国の、しかもフイリピンであの日本と激戦をかわし、日本に一時的にも破れ現場から撤退した司令長官が、再び今度は戦勝国のトップとして、日本統治のトップとしてこの日本本土に軍の最高責任者としてやってきたこの運命的内容で、それで退任後に、クビの後で日本国家のことを、日本をこういう形でアメリカ国民に語ってくれたことは非常にうれしい。

    逆に言えば日本という国はそれほど誇りと人間の価値が敵国から見てもどこよりも素晴らしかったということ。

    これは日本国民、日本民族として、素直に誇りに思えることだ。

    あのアメリカの偉大なるあのマッカーサーが語っているんだから。

    私などにすれば、いや、あの自分が子供時代を思い出しても、
    当時の日本の国民にすれば、マッカーサーという人の、この存在というのは、もうどでかい巨人そのものであり、とてつもないほど大きなものに見えていて、彼はまさしくは雲の上の人のように見えたし、子供心にそう思っていた。

    日本の学校の現場でも、こういう内容を生徒にきちんと教師が教えないとなあ。
    非常にいい話だもんなあ。

    日本の今の学校の全国の教師である本当は朝鮮人の民族の朝鮮人教師は、戦争の中身には絶対に入ってほしくないのだろうが。

    自分らが日本人などではなくて実際は日本国籍を騙し取った朝鮮人奴隷の者だとバレてしまうことを恐れて、学校で戦争の時のこういう内容は絶対に教えて来ていない。

    こういう外国からの日本国民民族に対する評価は、
    世界でも類のない素晴らしい人格を持っていると価値が認められている。

    だが今ではそれが朝鮮人が日本人に化けて日本国内に今では2000万人以上もいてるので、その国籍騙し取りの朝鮮人教師らが、日本の国籍を騙し取っていることに、戦時中の時の中に内容で入られると困るので、学校では絶対に死んでもここには触れてほしくないのだろう。

    だから戦時中の内容と終戦後の10年間ほどに日本国内で何が起きていたかについては絶対に朝鮮人教師は学校で生徒に教えない。

    これが実は慰安婦の問題も子供たちの選挙権18歳以上からの問題も、日本の学生若者学校で一切教えてもらえていないので政治行政に無関心になって居るのだ。
    ここを教え出すと学校でどうしても、日本に入ってきた朝鮮人の内容が絶対に出てくる羽目になる。
    その時にこの日本国籍に化けた朝鮮人教師は自分のことを刑事告訴対象で説明になってくる。

    密入国だし日本の国籍騙しとりという内容にもなるので。

    ここが教育の現場に入ると自分自身が逮捕対象になるので、それは絶対に避けて逃げたいと奴らは思っているので、それでこの政治と戦争と終戦後の朝鮮人の日本国内での動向と行動には、一切学校では教えてこなかった。

    奴らがいつも都合よく言っている思想信条などということで戦争の時期のことを学校で教えないのではなくて、それは真っ赤なウソで、
    奴らは自分が実は日本人では無い日本の国籍を騙し取っているということがバレはしないかとか、
    そこら周囲を教育の現場で教えようとすると、朝鮮半島の歴史、日本が併合して統治時代のその時の朝鮮という国の中の状況、
    このことと、朝鮮人の日本国内への2000万人に上る不法流入の内容が絶対に出てくる。
    そしてその朝鮮人2000万人がその後日本の国内で、終戦後の、ここの10年間ほどで日本国内からわずか60万人ほどにまで減っていて、実際に居てたはずの朝鮮人が雲が消えるように一斉に日本から消えているが、彼らは一体どこに消えて行ったのかということが絶対に出てくる。
    2000万人の朝鮮人の数だ。
    ものすごい人数だ。
    そこらへんで隠れておられる人数などではない桁外れの人数なのだ。

    死んだわけでもなく殺されたわけでもなく、消える訳が解らなくなってくる。

    そうなると教師は、生徒からこの居てたはずの2000万人もの大量の朝鮮人はいったいそこから一瞬で消えたことになって居るが、では今どこに消えたのかを、当然生徒から聞かれてしまう。

    その時に教師が朝鮮人教師が果たして、自分の顔を自分の指で指して、
    ほら、【ここにいてる】と、
    自分で、【自分が実はその朝鮮人の末孫だ】と、
    果たして自分が実はその朝鮮人の子供だと、その朝鮮人教師は言えるのかねえ。

    警察に捕まりたくないし、日本国籍をはく奪されたくないだろうし。
    だから学校で絶対に教えてこなかった。

    一番いいのは、学校の教師は絶対に日本民族の日本国民しか採用しないと、朝鮮人民族は採用しないと、それに限るとすれば、学校の現場でこういう内容も真実を子供たちに教えられるのだ。

    マッカーサーがアメリカの議会で後に語った内容なども、
    また、
    朝鮮人奴隷2000万人がこの日本に入ってきて日本の国籍を騙し取って戦後のあの時に現状は日本戸籍の日本人に化けて、その後日本人として済まして化けて生活して、なれるはずもない公務員にまでなっているということも、きちんと学校で真実を教えられるのに。

    外国からは日本という国のすばらしさ、つまり日本人という意味での民族的評価が、世界から見てその価値の高さは半端ではないんだから、その意味でも学校の教師は欧米からの教師はいいが日本国籍をだまし取った朝鮮人教師は今すぐにでもきょうにも首にすべきだ。
    このことが日本の選挙でも投票に若者がいかない現象の最大の原因だ。

    日本国瀬国籍をだまし取った日本の今の学校での朝鮮人教師がやったことが、日本の国家を腐らせてきた最大の原因だ。

  18. 椿 より:

    [太字]
    命の危険に晒されて、必死で両国の為に頑張ってくれた
    本当の意味で、日米友好・日韓友好・日中友好を祈って下さっている
    韓国人・中国人・アメリカ人が、
    見事に日本に裏切られ、梯子を外され【[色:0000FF]呆れてる[/色]】でしょうね

    特に、祖国韓国からは「[色:000000]裏切り者だ![/色]」と罵られている、
    呉善花氏に関しては、今でさえ、祖国に帰国できない状態なのに、
    今後は更に、彼女に対する罵倒や差別は悪化する一方でしょう。

    日本政府は米中韓らの思惑に翻弄され、
    【[色:FF0000]目くそほどの利益[/色]】と引き換えに、
    先祖を売り、日本の名誉や誇りを売り、子孫の未来まで売った。

    さらに最悪なのが、その日本政府の「売国外交政策」に、
    よもや「[下線]理解を示すような国民[/下線]」がいるとは??と、
    【[色:FF0000]目が点[/色]】になった事でしょうよ。

    自己の利益を最優先させる習慣のある外国人が
    反論もできない「[色:0000FF]屁タレな日本人[/色]」の為に、
    危険に晒されも『[色:FF0000]日本の真実[/色]』を伝えようと、
    必死で戦ってくれていたのに、

    [下線]平和ボケ日本人は、こういう恩人をも見事に裏切りましたよね[/下線](苦笑)

    本当にあまりにも申し訳なさ過ぎて、穴があったら入りたい
    もういっそ、消えてしまいたいくらい、人間として恥ずかしい…。

    この人たちだって、「[色:FF0000]反日活動[/色]」している方が
    危険にも晒されず、はるかにお金になるし、安全なんです。

    それを振り切ってでも、『[色:FF0000]日本の真実[/色]』を伝えようと、
    祖国や友人親族を敵に回してでも、
    ヘタレな平和ボケ日本人の為に戦ってくれていたのにね??

    それは彼らが、平和ボケ日本人なんかよりもはるかに、
    過去の日本人=『[色:FF0000]ご先祖様達の功績[/色]』を知っているからです。

    ハッキリ言って、ここまでやって頂けてるのは、
    ご先祖様の功績があればこそです。
    決して、今の「屁タレな日本人」の為ではないです。 [/太字]

  19. 椿 より:

    [太字]
    私はアメリカという国に対して、あまり良いイメージはありません。
    もちろん、個人的には【[色:0000FF]反日教[/色]】に支配されている
    韓国人中国人よりは”[色:FF0000]マシかな[/色]?”という程度です。

    実際、皆が言うように、アメリカが日本の友であるならば、
    世界一と言われるほどの諜報機関を持っているのだから、
    中国や韓国の歴史捏造話が
    「[色:FF0000]大嘘だ![/色]」と見破れないはずはないでしょう。

    ましてや、7年近くかけて約3000万ドルをつぎ込み、
    2007年に公表されたIWGの調査の結果、
    (ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班)
    「[色:00FF00]慰安婦問題の犯罪性や性的奴隷化の証拠はどこにもない[/色]」旨が
    アメリカ議会にも提出されているのにですよ??

    それでも、アメリカ国内に朝鮮人売春婦の像を建てさせて、
    更に米国会で「[色:0000FF]対日非難決議[/色]」を可決させたりしていますよね?

    本当にこれで信頼に足る「[色:FF0000]友好国[/色]」と言えるのでしょうか?

    アメリカを信頼している人には悪いけど、
    戦後の朝鮮人による大量犯罪の陰には、
    アメリカがいたのは明白ではないですか?

    それこそ、たかだか総司令官ごときのマッカーサーの一言で、
    日本全体がビビっているような事態であれば、

    マッカーサーの一言で「[色:0000FF]朝鮮人よ祖国へ帰れ[/色]??」と一喝すれば、
    朝鮮人など蜘蛛の子を散らしたように、逃げ帰ったのでは無いでしょうか?
    アメリカが本気になって、凶悪犯罪を犯す朝鮮人らを一掃していれば、
    どんなに悪賢い朝鮮人のでも、抵抗できなかったと思います。

    ですが、奴らは日本に居座り続け、犯罪を犯しまくりました。

    それを看過し、それを助長していたのは、紛れもなくアメリカだと思います。
    そして、日本の教育界から、日本人教師を追放し、朝鮮人を投入出来たのも
    アメリカの支援([色:0000FF]見て見ぬ振り[/色])無くしてできなかったと思います。

    イラク戦争の時を見ててもわかると思いますが、
    同じ国連常任理事国のフランスやロシアや中国の反対をも無視して、
    強硬にイラクへ戦争を仕掛けたアメリカです。

    戦後の動乱期に、「アメリカ様は神様だ??」状態だったアメリカが、
    朝鮮人ごときを取り締まれなかったという事はあり得ません。

    むしろ、アメリカにとって朝鮮人達は、
    「[色:000000]日本精神を解体[/色]」する為の【手駒】だからこそ、
    朝鮮人の凶悪犯罪が放置され、日本に居座り続けることが出来たのでは?

    [下線]その後の日本に蔓延した自虐史観教育も、
    己(米側)の手を汚さずに、同じアジア人の朝鮮人らを使うことで、
    日本人からの憎しみを上手く交わしていると思います[/下線]。

    アメリカの「歴史」や「戦略」を調べてみて下さい。
    実に同じようなことばかりしてますから。

    [/太字]

  20. 仲井 より:

    色々な状況があの時の戦後の状況があるのは事実でしょう。
    我々がまだ社会人にまで至っていない状況下で感じたそのころを思い出して語ってみているんですが、貴方の語っておられることも、我々に見えない部分で、確かにそういう部分はあるでしょう。

    私は自分で自覚出来ての時期で言えば、昭和の20年のあの時以降の戦後の時期からしか見ていませんが、私は一番重要視している部分が有ります。

    敗戦により確かに米軍による統治課に置かれた日本は大人の世界では重圧という課米軍からの強制力が聞いている状況下での日本という形があったかもですが田舎で育った私にすれば敗戦国でなおかつ米軍による統治下だという意識、感じ、一人の人間として他国の強権による統治下での日本で、自分自身が学校でも家でも外に出ても、肌感覚での窮屈な不自由さだとか、何か弾圧されている漢字だとか、そういうことはほぼ皆無という状況での日々の暮らしでした。

    まあ田舎だったということもありますが。
    あの時期であったが、別に食べ物も困ったとか、不自由だとかそういう経験は運がよく一度も経験なしに田舎で子供らしく自由気ままで動きが取れて生活が出来ていました。
    学校も自由に教師と激論が交わせられたし。

    私が一番重要視しているのは、
    もしもあれが他国の、たとえばイギリスだとかオランダ、ロシア、こういう国があの時に敗戦国日本を統治していれば、おそらくほぼ自由意志の通らない所謂彼らが過去アジア地域やアフリカ地域でやった、やってきていたような残虐な完全植民地統治にした可能性もあったかとも思えないことも無い。

    これは私の当時の素直な思ったままのあのころから続く感覚ですが。

    マッカーサーは婦人参政権を、これを側近の者に日本に着いたらすぐにこれをすぐにやるように命令して指示したそうです。

    私の親父などは、このことを聞いて知って、ありがたいと、
    そのことを知った途端にさすがアメリカだと喜んでいました。

    幾ら統治下でも、民主的道順をまずはやると言うその意志が彼の頭の中に真っ先にあることに、親父などはこの人(マッカーサー)なら日本国民は大丈夫だろうと思ったのでしょう。

    まあ敗戦国家に乗り込んできてそれも軍というものが中心で国家を支配し、そういう米軍進駐による統治については、沖縄とか色々と問題も当時からあったことは後に私も聞いています。

    でもアメリカ以外というほかのファクターで日本が統治されていたらということを思えば、私はまだ非常に運が良かったと思えます。
    戦後普通選挙も行われている。

    当時日本全国で公開されていた映画がある。むろん白黒の。
    その映画ではひときわ赤狩りが誇張されてドラマ設定されており、映画の中ではあたかもそこらじゅうの日本で頻繁に警察が共産主義思想の者をずかずかと家に上がり込んで強制連行というシーンをよく伝えていたりした。映画を作っている連中その者が実は朝鮮人が多かったから。
    【キューポラのある町】など北朝鮮系のその典型。

    まあ私の地域でそんな話など聞いたことも無かったが、だが映画を作っている彼らは常にそれが日本の国内でふつうに起きているかのように誇張して日本の国民を弾圧をしている、思想弾圧の政治が行われているなどという状況を映像で発信し、それをいかにも起きているかにことさら日本はそういう状況だと煽りまくっていた。

    でも実際はほとんど聞いたことも見たことも私がそのことを一度も聞いたことも無い。
    学校の教師と言えばこの間も書いたが、もうソ連や北朝鮮は夢の国だなどというそういう教師は山ほどいてて、学校で我々と言い合いの激論していてもそれを耳にしたとしてもそれがどうしたというレベルで別に警察が来てなどという状況など一度も無かった。

    とにかく我々はあの時代本当に自由に自分の意見を学校であろうがどこであろうが喋っても言っても、何の問題にもされたことが無い。

    私に偉そうに言ってきていたもう極端な共産主義者教師らであろうが、赤狩りなどで何かがその者に身近に何かが起きたなど聞いたことも見たことも無いほど、とにかくあの時代は本当に不思議なほど自由であった。

    世間的には、全体的には貧しかったかもだがでも田舎だったので食料はでんば田が有るし何でもできるし海がそばなので回り周辺では漁も出来ていたし。
    よく言われる戦後の食糧難などというものは田舎ではほぼ無かったし、大勢で同居状況でも何にも軍政権下に置かれている国だなど考えられないほどの、気持ちもなんでも自由な状況の生活であったし、学生時代でもあった。

    アメリカが日本にやったことにも色々と幅は広いのでダメだと、これは駄目な部分だというものも沢山あったでしょう。

    でも一番我々が大事に思う人間の一番必要な部分の、自由な意思で自由に動けることが出来たというその状況下に日本の国民を置いてくれていたことには、そこは私は感謝している。

    純朴で規律を言われなくても良く守る、上の人からの言うことを純朴すぎるほどに素直に聞く、人間を、人間という者を素直に信じている、米国は、いや、マッカーサーは日本国民に表向きでは怨まれないようにしながら、でも、日本国民を米国が思う国に誘導していたことも事実でしょう。戦後に出来た憲法がそれですから。

    でも、でも、でも、になります。

    私はやっぱりアメリカに対しては、日本国民として一通りの感謝をしています。
    日本が戦争に負け国民が自信を失い、何を信じて生きていけば大丈夫なのかまで気持ちが行かず、日々の生活に追われ何を信じてこれから生きればいいのかというときに、国家が存在しているというまず初めの基礎の部分、統治という部分を、教育という部分も、ここも別に変えることなく、ここを別に米軍が好きなような教育をしたわけでもなく(これがロシアなら勝手に教育から変えてしまっていただろう)きちんとやろうと努力をしてくれていたと思っています。

    ただ私の高校の時の同じクラスの同級生の一人は、後に高校を卒業後に東大のあの安田講堂に立てこもり、結果放水攻撃を受け籠城しあの東大を3年間も閉鎖させる原因を作ることになった活動家であったが。最後は、ぬれねずみで逮捕されましたが。

    日本に存在していた朝鮮人がなぜ日本から帰らなかったのか、米軍が見て見ぬふりでやっていたのではということですが、当時の南朝鮮はこのことについては米軍の言うことをどうしても聞かなかったようだと私は思っています。
    なぜなら日本に居てる当時の朝鮮人は、ほぼすべてが奴隷で、祖国に帰らせてももう祖国の中で復興どころか国内で暴れるだけの犯罪行為

    しかできるような状況の連中ではなかったのです。
    まあ言えば、人一倍荒っぽい泥棒連中のような者ら。
    こんな者らなど誰もが【要らない】と言って断ると思いますよ。
    私がトップでも絶対に断ると思いますよ。
    米軍が朝鮮政府にと、どうのこうのと言いますが、当時の朝鮮はロシアとの国境を挟む所で内乱なり混乱なりが起これば朝鮮はすぐにもロシアに撮られてしまうという危険も考えての米軍の気持もあったのかも。
    でも、だからと言って日本から帰る朝鮮人の帰国するのを米軍が邪魔はしていなかったと私は思います。

    出来れば米軍だって日本国内での朝鮮人の横暴は頭を痛めていたようですし、知っていたわけですから、日本から出ていくことに別に抵抗なく、この件は彼らの祖国のなるがままに自由に朝鮮政府に任せていたと思います。

    一応占領下にあるわけですから、日本は当時、
    この状況で日本はよく頑張って350万人もの朝鮮人を、今の大阪市全体の人数よりも、100万人近い人数の朝鮮人を、彼らの祖国に追い出すことに成功したわけですから、まだよく頑張ったと思います。

    マレーシアだったかインドネシアだったか、現在中国人移民が700万人を優に超えだしてきて国内で問題が出だしてきていると言われているようだが、もしもこのここの政府が、この中国からの移民を急速で追い出すということになったら果たして中国政府がいいですよと直ぐに引き取るかと言えば中国という国は昔から一度国を出ていった者が移民のような形で国から出ていった者は、絶対元に戻さないということを歴史的にもやっている。

    之は朝鮮でも同じだが朝鮮も一度国から出た者は二度と祖国の血は踏ませないということをやって来た。
    歴史的背景がそういう国なのだ。

    当時どうやっても引き取らないと言っていた朝鮮政府が、最後は2000万人中、350万人も引き取ったのは、その者らが帰って来てもいいのではなくて、朝鮮政府はその者らが現状日本で抱えて持っている連中が持つ資産、財産、つまり日本で強奪略奪ドロボーその他で稼いで今手に持っているその金が欲しくてそいつらを帰国させてその金を丸ごと奪うために必要だったのだ。

    だから金を持っていない者は一切帰国帰還は許可されていない。

    【北野 武】の映画の、【血と骨】、

    最後に北野武紛する主人公が、最後死ぬときは祖国北朝鮮でということで、日本であこぎな真似で稼いで溜めた、しこたま溜めた資金7000万円程をもって北朝鮮に帰国する。

    帰国することを北朝鮮側から許されて、大金を抱えて祖国に帰ってみたら早々に着くなりその資金は取り上げられ、そこから身柄を運ばれたところが海岸の砂浜の上で筵で組まれた壁の作られたバラックの掘立小屋に連れていかれて、粗末な北朝鮮の寒風の風の吹きすさぶ中、筵の敷いた寝床上で寝かされて、そこで日々生活をさせられそのまま死んでいく。

    朝鮮という国を普通で考えることは出来ない国だ。
    人間が日頃思う感覚で考えられる状況の生き物の国ではない。

    総括すれば、朝鮮半島という国は、
    北も南も
    取れるものがあれば漁ってでも何でも取る。
    人に与えるものは、ほぼ何も無いといえる国だ。

    こんな国を相手にどうのこうのと言葉を交わすことなど無理な状況。
    だが日本で今ここにも書いたがあれだけの形で今存在して牛耳っている。
    欲にまみれて腐り果てていても当人らは新鮮に生きているのだろう。

    これを潰して変えられるのは、
    もはや日本には橋下さんぐらいしかいてません。

    私が何十年間やったことが、ここにきて、奴らも身近にようやくテレビも新聞社も、国籍騙し取りの内容に多少とも怖がり出したことは事実です。
    奴らの私への対応の仕方が、非常に敏感になりだしてきています。

    国会での官僚答弁での官僚自身の名前表示についても、
    国会討論での、霞が関の官僚答弁の画面での、画面字幕での漢字での本人名前表示が、私が刺激しただけでNHKが怖がり出し突然に画面上から名前表示が官僚の者だけが消されて消えだしたことも、
    彼らが非常にデリケートになって如何にこの内容に怖がり出したかのその一つです。

  21. 仲井 より:

    でも思いますよ。
    私のような半端なものがここまでやってきていましたが、それは日本人だからですが、でもあくまでも日本人だからというだけではなくて、親父もいつも言っていたが、一番大事なのは、やっぱりつまるところは我々は生き物ではなくて正真正銘の誰にも負けない人間なんです。

    つまり人間としてどうかという部分に尽きるわけです。

    ここまで本当に無駄と思える長い道のりでした。
    私の子供も、嫁も、みんなが寄ってたかって
    【無駄やて、あいつら幾ら言っても何にも変わらんで、親父がやったからって変わるほど相手はそんな生半可な普通の人間とは違うで、そんな親父が思うような絶対に替るという気持ちでやってもそんなことなど根っから思うようなそんな道理などわからんって、普通の人間として見れる状況の連中とは違うんやし】って、
    いつも言われてきました。

    長年、そこに私がぶつかって行っているわけで、でもこうしてここにそこそこ書いて来て、少し安心しました。
    貴方のような人物が存在していてることを知って。

    椿さんのように、
    純粋に日本はいい国なんだと、その日本が持つ日本人が持つその一番譲れない【大和民族の誇り】という物の価値を、ここまで純粋に思い考えそしてそれが失われることへの懸念、憂い、ここに心配をされている方が、やっぱり私だけではなかったと。

    口先だけのそんな連中ではない、本心から日本という国のこと、日本という国が歴史で先陣が築いてきた、それを引き継がれてきたこの民族が培ってきた譲れない日本の価値、この我々日本がこれだけは失いたくないというその想い、これを一番に考えてくださる方がここに現にこうして存在していることが解って、本当にありがたい気持ちです。

    これからの日本を、日本の価値、誇りを保ったままでそれを日本国民が必死になって支えることが、そのことがどれだけ難しいことか。ともすれば気づかされる前にいつの間にかここは日本という名前だけが残る朝鮮人国家になって居るかもです。
    冗談ではない状況が今もうすでにかなりのところにまで来ていることを日本民族の日本国民だけが知らない、気付かされてないだけです。

    日本の現状の日本国民と称している国籍騙し取りのこの想像を絶するほどのもの凄い数の朝鮮人の存在、また、国会や自治体、公務員の世界、霞が関、學校、テレビ、新聞を見ていたら、私は死んでも死にきれない思いでそこが身にしみてきます。

    我々も年齢的にも、もう間もなくこの世から消えていくでしょう。世代は自然に移り変わっていきます。でも変わらぬのは日本人が培ってきた日本人という誇りの内容です。
    親父が私の目の前から予測無く突然にあの世に消えていったようにもう我々世代は終わっていきます。

    これからの世代にあなた方のような、心の中から本気で国を思う、日本という国は誇りある民族が作っている国なんだという、そのことを我々が居なくなった後もきっちりと臆することなく大いに発信していただきたい。

    自分の国を酷い国だとあたかもそれが日本国民日本民族がそうだと流布しまくる連中に対して黙って居ないで、是非ともものを言って日本民族の日本国家の持つ、世界中のどこの国の民族も持てないそういう凄みを、多くのそういう輩の良からぬ連中に突き付けてものを言って発信していただきたい。

    ここの管理人さんの場をお借りして書く前までは、多くの場所で、他所で相当バトルをやってきていました。

    もう毎日毎日言い合いの争いの連日でした。
    相手はすべてと言っていいほど日本人に化けた国籍騙し取りのネット上での隠ぺい工作での工作用の朝鮮人傭員で、そのまともに朝鮮人相手でネット上で十数年にわたってやっていました。

    ここに書き出してからもめることもそういう内容も無く来ていて、
    私もものすごく穏やかになりました。先が近いかもです。

    たまにネットの私が最近数年の書いたものを見て、私の数人の子供が最近私に言ってます。
    【おやじもこんな大人しかったっけ】って。

    今後も日本の国民、日本の国家が世界に向けてどういう発信をやるべきか、日本を世界にどう示すのかの、率直な国民の意見としてご意見を今後も大いにこれからの日本の若者に向けても発信していただきたいものです。
    椿さん!
    頑張ってください!

  22. 椿 より:

    [太字]
    身を捧げて、この国を守り抜いたご先祖様達、
    その大和魂を受け継いで、非難罵倒に晒されながらも
    『[色:FF0000]日本の真実[/色]』を伝え続けて下さった先輩方や外国の方々、
    他国で偏見と差別に苦しめられながらも、後世の日本人の為に、
    シッカリと信頼を築き上げて下さった日系人の方々、

    そういう方々の「知恵」と「勇気」と「不屈の精神」に支えられ、
    生きてこれた事を心から感謝しています。

    遠いご先祖様や先輩方から受け継いだ、
    その知恵と精神・歴史や伝統や文化、
    領土・領海・「[色:FF0000]日本人としての誇り[/色]」を後世の子や孫に

    伝えていかなければならない『[色:0000FF]責務[/色]』が私達にはあります。
    そしてそれが、日本人として生まれた者の『[色:FF0000]使命[/色]』だと思っています。

    しかしながら、本当に悲しくなるのは、
    日本人として褒められるシーンにだけは出てきて、
    喜んで日本人だと名乗り、その名誉を享受する輩はいるけれど、

    ご先祖様方の「謂れ無き罪」や「濡れ衣」や
    「誹謗中傷」に出くわすと、そそくさと逃げ出す輩もいます。

    さらに酷いのになると、敵と一緒になって、
    ご先祖様達を誹謗中傷してみせる、
    恥知らずな日本人も海外で見てきました。

    そういう日本人こそ、外国人から最も軽蔑されていました。
    そりゃそうでしょう、個人主義の彼ら白人でも、
    自分の国を守って『[色:FF0000]戦ってくれた人達への敬意[/色]』は最低限持ってますからね。

    だからこそ、ご先祖様や日本の悪口を絶対に許さない私と大喧嘩した相手らは、
    後でいつも『お前の祖国愛は実に立派だ??』とか
    『女のくせに、サムライみたいだな』とか、
    笑顔で褒めて?くれたのではないかと思います。

    特に驚いたのが、中近東やトルコや東ヨーロッパ人です。
    彼らは日本からは遠く、日本の事など知らないと思っていたけれど、
    本当によく知っていて、とても尊敬してくれていました。

    コミュニケーションのクラスの時には、
    それこそ毎日毎日、「日本の素晴らしさ」を滔々と述べられ、
    褒め称えて下さる「イランの方々」もいらっしゃいました。

    『[下線]日本人だけが、西洋人を打ち負かしたんだ??[/下線]』と、
    苦々しい顔をしている西洋人や中国人や韓国人の面前で、
    とても嬉しそうに、笑顔でお話しされるので、
    日本人の私は何が何だかわからないけど、
    周りの空気を読んで、ハラハラドキドキさせられるという、
    嬉しいような、困るような…、超ド級の親日振りを表現して下さる
    外国の方々もいらっしゃいました。本当に勇気を沢山頂きました。

    先人だけでなく、そういう日本に信頼を寄せ、
    愛して下さっている、外国の方々の恩に報いる為にも、
    私はただ単に、人生を面白おかしく生きて行くだけでは
    恩知らずであり、罰当たりな事だと思うのです。

    私達の世代は、謂れなきご先祖様の罪を晴らし、
    真っ当な歴史を子や孫に伝え、
    『[色:FF0000]日本人としての誇り[/色]』を取り戻してあげる事が使命だと思います。

    その為にも、私は中井さんと同じように、
    日本を潰そうとする勢力と最後まで戦っていきます。

    大人が命をかけて、国を守らなければ
    子供がどうやって、国を守る術を知る事が出来るのでしょうか?
    そういう姿勢を後世の人たちに、伝えていく義務が、
    今の日本人には絶対にあると思います。

    権利は主張するけれど、義務は放棄??なんて、食い逃げは許されません??笑。
    [/太字]

トップへ戻る