橋下氏「『私立高校無償化検討』小池さんには頑張って欲しい」12/29,30のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)
news.yahoo.co.jp/pickup/6225754 「東京都 私立高校無償化検討」小池さんには頑張って欲しい。大阪でやろうとしたときも庁内から猛反発。しかし最終的には制度を実現できた。大阪でできたのだから東京でも絶対にできる。大阪東京の次は国全体で教育の無償化!教育大国日本へ!

安倍首相がアメリカとの間でついに謝罪抜きの和解を完成させた。これは中国・韓国からの謝罪要求を撥ねることにも使える。稲田さんは早速靖国参拝。でも、ケンカの後は「悪かったな、これからはよろしく」でやってきた僕にとって、今回の大演説よりも、双方の悪かったな、の言葉の方が心に響く。

私立高校無償化
もし、東京でも出来たらインパクト大きいですよね!

他の自治体でも「ウチはやらないのか?」とか…

マスコミも、取り上げるようになるでしょうし…
(これまで、大阪の例は、ほとんど無視されてきました…)

この報道のお陰でも構わないから
「大阪での先例」を、全国の人に知ってもらいたいですね。

大阪府/私立高校生等に対する授業料支援について

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
※維新の全国会議員は、歳費の20%(計486万円)を毎月被災地に寄付しています

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    毎年度組まれていたという都議会予算で、小池さんがこれをやめると宣言したあの政党復活予算。
    この200億円。
    全国にもない私立高校での授業料無償化実現という施策、大阪で現在行われているこの授業料無償化に費やしている予算も、毎年度数百億円単位になる。

    であれば東京都のこの私立高校にだけというこういうのを含めて現状大阪でやっている保育料無償化、これらの大阪でやっているこの授業料無償実現にしても、何も借金で生み出した者ではない。
    東京の出てきたこの政党の復活予算と名付けられている意味の解らんよさん、こんな税金こそ子供たちに横滑りで移動させて、すぐにでも子供への教育予算、それも施設団体に渡すのではなくて、生徒自身に、直接児童や生徒の授業料を一気に無償化にその予算を足しにすればよい。
    200億円にあと少し足せば高校の無償化などすぐに実行できる。
    都民に採決してもらえればよい。
    都議会議員が掴む200億円の使い道を子供たちに直接渡すつまり授業料無償化等の内容、これに使うのか、それとも、今まで通り都議会議員の使えるように組むのかを、これを都民全体でアンケートを取ればよい。
    地域の町会、信仰団体、街づくり自治会のメンバーらがこの予算はほぼこいつらがもらっていた予算が殆どなので、あの大阪で起きたようなああいう反対運動が出るかもだが、小池さんの一番の味方は、一番強いのは都民全体からの指示、
    これが子供たちにこの予算を回すべきだと言えばそっちに回せばよい。
    こんなのアンケートを取らずとも、どっちに支持が行くかは解り切っている。

    高校生への授業料無償化に加えて、大阪がやっている、日本維新の会がやろうと国会にも法案を出しているあの将来は日本の子供たちを含む教育の費用、学校で勉強をしたいと思う者には授業料は基本無償化というこの内容で政治家は一直線で進んでほしい。

    子供たちへの予算など幼児から大学生に至るこの間の必要な授業料のための予算など国家予算から言えばたかが知れている。
    精々5~6兆円程で出来るという試算が出ている。
    たかが知れている。
    公務員の給与を全員2割カットか3割カットすればよい。
    公務員待遇を今から50年近く前に戻せばよい。
    当時は公務員の給与レベルは中小企業の中間レベルに行くか行かず位であった。
    それに戻せばいい。
    我々が就職した当時、我々の給与よりも断然彼ら公務員の給与の方が低かった。
    いつの間にか、なぜこれだけ公務員を特別に優遇に変えていったのかは、これこそ日本人公務員から朝鮮民族公務員に入れ替わり幹部クラスまでが朝鮮族になりだし自分らでその自分らの待遇を朝鮮政府と同じ身分制度の優遇制度に変えていったのだ。朝鮮では公務員は特別待遇の身分制度の上級に当たる。
    これと同じ仕組みに日本の公務員構造を優遇に変えていったのだ。

    日本国家の根本の違法の極み行為が、この現状の朝鮮民族が職員の、公務員のほぼ8割がたを占めだした公務員待遇優遇の構造なのだ。

    朝鮮族が公務員の世界で身分を特別優遇の制度のように作る仕組みを、これを日本で日本国籍をだまし取った不法入国の移民のこの連中が、その時点から日本の公務員の現場が朝鮮族で占められた結果がいまだ。
    朝鮮族が日本人に化けて作ったのが今の公務員の公務員優遇待遇の仕組みの世界だ。
    役所を音連れてざーと見渡してまあその中で日本民族を探すのは至難の業ですよ。

    何処でもいいです。
    都庁でも霞ヶ関でも、どこの役所でもいいです。
    一度役所で叫んでみてください。

    ★【この中にアメリカ人はいてますか?】
    【ユダヤ人は?メキシコ人は?】
    【では聞きますが、朝鮮民族はいてますか?】
    【この中に朝鮮人はいてませんか?】
    【本当の日本民族の日本人はどちらにいてますか?】って。

    突然にしーんとして、誰もものを言わなくなります。
    皆が黙って答えませんから。

    こんな違法入国の者らを、奴らに日本の税金をなんで渡しているのかが意味が解らん。

  2. 仲井 より:

    大体が我々の時代に公務員になる、なりたいなどという者は、頭の良い者にはそういう者は私の学校内ではほぼいなかった。

    卒業時になると、
    【一体お前は何処に就職できるんだ!もう公務員ぐらいしかお前が行ける就職先など無いぞ!】って、普通に進路指導の教師が告げていた時代。
    落ちこぼれでどこにも就職先が内定をもらえず、就職試験に滑って企業からは採用を断られ、落とされて、どこにも行くところが無くて仕方ないから役場だとか県庁だとかそういう役所への就職しかないぞ!って、つまり公務員ぐらいしか就職先は無いぞと言わrてるぐらい酷い学業の劣った生徒しか行かなかった時代。
    だれも望んで就職したいなどと思ったこともない職場であった。

    そこまで馬鹿にされて教師に言われていたほどに、日本の中での公務員というのは、当時は私に言わせればそこまで学業においてで言えばまあ早い話が学年でも飛びぬけて愚か者しか行っていない職場であった。

    同じ学年で解っている範囲では二名ほど公務員になった者がいてる。
    大阪府警で丸暴の刑事になっていた者と、もう一人は宝塚で職員になっていた者がいてる。
    どちらも退職時までには課長になっていたので、その後に退職してるのでそれ以上の役職になって退職したかも。
    あれだけ学生時代愚か者でそこらじゅうで田舎の警察の世話になって親がしょっちゅう謝りに回ってたような落ちこぼれが、公務員の職場に行ったら、最後公務員の世界で課長にまで昇格するとんでもない世界。
    刑事になった男の親父は、田舎での或る小学校の校長だったが。

    まあとにかく当時の公務員などというのは、言われたことしかしない、とにかくそれしか頭が悪くて何もできない者が殆どで、それで給料なども、そこら辺の街の町工場の工員並みであった。それが公務員の給料でそれが当たり前で会った。
    ただ恩給制度というものが有って、20年以上勤務した者が与えられるそれだけがかれらを縛るいい条件の内容であった。

    公務員の職場での条件で、唯一良いと思えたものはそれは恩給制度、これのみで職場で仕事として男としての能力の限界を試す打とか、これからのに日本はだとか、将来の国家への創建についてを、その意欲を目指すとか、将来の日本をどうするかなどということを考えさせられるような、そういう夢を持てる職場ではなかった。

    つい10年程前まで、この間まで公務員をやっていてて退職していった連中は、この連中のいてた当時の公務員の世界は、まあ言っちゃあ悪いがこの連中の学生時代みんな落ちこぼれのとんでもない能力のない連中が採用されていた時代。
    そんな連中が採用されていた時代。

    そこにこれ幸いと、日本人で誰もが能力の低い者しか行かない公務員の世界に、これ幸いと日本国籍をだまし取った朝鮮民族が日本人に化けて一斉にこの公務員の採用に参加して採用されていった。
    愚か者の馬鹿ばっかりが採用されていたところに朝鮮族はこれはチャンスだと、朝鮮で存在した身分制度の身分が、祖国では奴隷だったが日本では身分が取れると、一段高い官職という身分が取れると、朝鮮族は一斉に日本の公務員の世界に雪崩のように入って行った。
    それが昭和の30年代の終わりごろから昭和40年代の初めあたり、ここから一斉に公務員の世界は朝鮮族採用で群がった。この世代の朝鮮族公務員のその子供の世代が、今係長クラスか、課長、課長代理クラスにまでいっている時代。
    親が作り上げた朝鮮身分制度昇格方式をそれをもう一段確固たる組織に作り上げ今では保育時に至るまで入園は公務員最優先で合格させるまでに至っている。
    庁瀬bン族公務員の網がもう日本中どこの施設に至るまでも広がり全てが朝鮮族公務員の範疇で動かせるようになってしまいだした。
    学校、大學、役所、新聞社、テレビ局、企業に至るまでが、もう日本は現在日本民族が動かしている国ではなくなっている。
    日本の財産の全ては実は日本人に化けて偽装した朝鮮人公務員の手に握られている。
    まあ言えば日本の税金を、ドロボーに預けている状態。

    国の財産は朝鮮族が先に掠め取った残りを、ただ餅撒きで国民に施しを受けさせてやってるがごとくのでっち上げられた偽装社会になって居て、国民の手には、その実態は実は悲惨な状況で残ったものだけをばらまかれているだけ。

    税金が、この現状の公務員の手から手放さないと、国民の財産はすべてで朝鮮族の公務員にかすめ取られて、奴らがたらふく吸い取った残りだけが、残りはほんのわずかにされてしまう。
    閉塞するはずである。
    資金は莫大にあるのに、それがほぼかすめ取られてるだけ。
    東京との200億円などその本のちっぽけで出てきただけ。
    東京都だけでも、本気でやれば、その百倍の金額が途方もなく吸い取られていることが解ってくることだろう。
    国民が気付いていないだけだ。
    朝鮮民族公務員の隠ぺい工作で黙沙rウェてるだけだ。
    都庁職員の給与をまず50年前の比較レベルに、一般大衆との比較レベルにそれに合致させればそれでいいだけである。
    昔の公務員はそのレベルで仕事が成立していた。
    なぜ今それをここまで優遇に変えたんだよ!って。
    何の問題があるのか意味が解らん。職員全員で割って、年収平均で340万から420万レベルにまで下げればいい。
    其れでもやるという公務員だけを採用すればいい。
    都庁職員で子の給料じゃあ嫌だというなら退職して民間企業に行ってくださいと言えばいいだけで或る。
    朝鮮族が思って勘違いしている公務員というのは、日本ではあのドロボー国家とは違って居て身分制度など元から無いと、身分でも何でもない公務員という職場を、そこら辺の工員さんや店員さんと同じ職業だと思ってもらうことだ。
    それで充分である。
    特殊な開発だとかが有ればその期間だけ集中して組織委員会成るものでも作って、民間からその件だけの専門家を集めてやればいいだけである。
    そういう能力のある人材をその時だけ民間から期間限定で集めればいいだけ。

    昔は公務員ってバカしか行かなかったが、でも、公務員の中でも、防衛庁と、国鉄だけは当時違ってたが。
    この二か所はそういう簡単には入れないところであった。
    誰もが行きたいというトップクラスのレベルの就職希望の職場であったが。
    公務員では、学生が行きたいと、希望者がとにかく臨んだ職場では、まあここぐらいで、公務員の職場でまともなのはここだけであった。他はどうでもいい頭の悪い落ちこぼれが行く場所だった。
    何でそんなところに特別優遇の待遇を与えるのか意味が解らんし、ここまで奴らが仕組んでくみ上げてきたこの汚い公務員の館、朝鮮族が作った館をまずは構造そのものから根っこから公務員とはこういうもんレベルだと解らせることが必要だ。
    何も偉いわけでも何でもない。
    お前ら公務員の職場は、パン屋の店員、ラーメン屋の店員らと何ら変わらぬレベルの同じ職場だぜ!って、教えてやるべきだね。
    朝鮮族公務員態勢をまずは誰かが解体からやるべきだね。

    日本民族の日本人しか今後は一切採用しないとかさ。
    東京であれば警視庁が江戸時代までさかのぼって戸籍の真偽もやれるし親族も5親等まで調査してくれるし、一番大事な区別での朝鮮民族か日本民族かは、最近の遺伝子判別法の研究で、全て遺伝子での判別が警視庁でできる。

    これをやれば霞ヶ関も東京都庁も職員がいなくなるんじゃあねえの?

トップへ戻る