(意外?)高3の選挙情報源、トップは『テレビ』&「18歳選挙権サミット」(維新・足立康史議員)動画 2016.6.15

以前の記事
【18歳選挙権】高校3年生対象アンケート、約2000人が回答。その結果は?(朝日新聞・千葉)
このアンケートの結果の続報が報じられました。

2016 参院選【あすを選ぶ】 各党、若い世代へPR攻勢(朝日新聞・千葉)
※挿入図有:①投票先を決める際に重視すること②投票先を決める際どこからの情報を参考にしようと思うか?

(一部引用)
◇本社アンケート
朝日新聞千葉総局が千葉市内の高校7校の3年生を対象に実施したアンケート(回答1995人)では、投票先を決める際に、重視するものと、どこからの情報を参考にしようと思うかも聞いた。
「重視するもの」では、最多が「候補者の主張や、訴えている政策、公約」で8割超が選んだ。「情報」については、「テレビ」を選択した人が6割超で、最も多かった。(引用終わり)

2位 選挙用のポスター・チラシ、選挙公報
3位 ネットのサイトやSNS
4位 家族や友達の話
5位 新聞・・・
6位 演説や選挙カー
7位 学校の授業や先生の話

テレビが1位とは・・・
若者のテレビ離れと言われてますが、意外と観ている・重要視している人は多い・・・

でも、テレビは問題だらけなんだけどね・・・(-_-;)
(テレビ観てる人は、これ読まないか・・・(^_^;))

もっと、ネットやSNSが多いかと思いましたが、恐らく他世代とそんな変わらないかと・・・

ネットに、詳しい選挙情報がある事自体を知らないのかな?

使ってても、興味のあること以外、見えないもんね。

続いては、
「18歳選挙権サミット~ワカモノのミカタ政党はどこだ!~」

2016.6.15
【ゲスト】
・石川昭政 自民党 青年局18歳選挙権対策・遊説副部長
・柿沢未途 民進党 選挙対策委員長代理
・石田祝稔 公明党 政務調査会長
・藤野保史 共産党 政策委員長
・足立康史 おおさか維新の会 政務調査会長代行

有識者
・城繁幸(株式会社Joe’s Labo代表取締役)
・小黒一正(法政大学教授)
・小林庸平(民間シンクタンク副主任研究員)

・コーディネーター: 高橋亮平(中央大学特任准教授)


※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…

おおさか維新の会・参院選政策資料(pdfファイル)

18歳選挙権
「世の中のことが分かっていないのに投票していいか不安」
「判断力に自信がない」
こんな気持ちの人も多いそうです・・・

最初は、誰でもそういう気持ちは多かれ少なかれあるもの・・・

でも、チョット考えてみて下さい。

有権者のすべてが、世の中をすべて知って投票してるでしょうか?
また、判断力に大いに自信をもって投票してるでしょうか?

答えは「ノー」

有権者一人ひとりが、
それぞれの年齢、それぞれの立場、それぞれの知識で、最善と思う人に投票しています。
(嫌だけど)それぞれの思惑の中で投票する人もいるでしょう・・・

しかし、少子高齢化が進み、有権者に高齢者の割合が増えてしまい意見に「偏り」が出てきてしまった・・・

その「偏り」を是正しようとしたのが「18歳選挙権」の目的の一つ。

だから、18歳の立場・知識で最善と思う人に投票すればいいんですよ。
適当はダメだけど、そんな深刻に考える必要は無し。

逆に言えば、18歳の有権者が高齢者の事ばかり考えて投票するのでは、この制度を導入した意味が無いかもしれませんね。
もちろん、棄権は論外。

投票日まで、出来る限りの情報に触れ、周りの人と相談して、大いに悩んで一票を投じて下さい。
結果はどうあれ、最善を尽くす事が大事です。
(普段受けている「テスト」と同じですね!)

その繰り返しが、判断力を付けていくことであり、必ず自信に繋がっていきます。

まあ、大人が一生懸命やっても、(しばしば)舛添都知事のような人を選んだりしてしまいます。

その時は、今回の様にメディア・世論・議会でリセットする事も出来ますから、そんなに思い込まないで投票して下さいね!(^_^;)

【最後に大事な情報を1つ】

(平成27年度国税庁資料より)

国の税収:約54兆円
内、社会保障費(年金・医療・介護・生活保護など)で使われるお金:約31兆円

毎年、この社会保障費が約1兆円ずつ増えている・・・

このまま政治が、何も手を付けなかったら・・・
10年後・・・
社会保障費は41兆円。税収が増えていなかったら、社会保障以外に使えるお金を10兆円減らさなければならない。
その中には、文教費・防衛費や地方の為につかわれる地方交付税が。

それを削ったら、今のレベルの教育・国防・地方行政が出来るのか?

足りない分は借金(国債)でまかなうの?
そのツケは、今の若者や子供の世代に・・・

いやいや、そんなごまかししても、今の若者が高齢者になる40年50年後、社会保障費が税収を超えてしまう
どちらにしても、国が持たない。
どうなってしまうのか?生きていけるのか?

これで、子供を生むことを躊躇している人も多いと思う・・・
子供の世代は、もっと大変だろうと・・・

この事実、ほとんどの若い人達が知らない・・・
でも、それは仕方が無い。
学校じゃ教えてくれない・・・

実は、上の世代も知らない人が多い。
これが一番問題!
特に高齢者の方。

嘘だと思うなら、あなたが若者だったら、おじいちゃん・おばあちゃんに聞いてみて下さい。
「ねえ、おじいちゃん
僕が、おじいちゃんになった時、今のおじいちゃんみたく年金もらえると思う?」って。

恐らく、こういう答えが返ってくる
「チャンと年金払っていれば、おまえだってもらえるよ」

そうしたら、こう聞いてみて下さい
「でも、おじいちゃん
毎年、社会保障費が一兆円ずつ増えてるんだよ
だから、僕がおじいちゃんになる時には、国の収入を遥かに超えちゃうんだよ!
それでも、もらえるかな?」って

おじいちゃん
「本当か?」
「そんなばかな!」
もしくは、無言に・・・

「若者が絶対選挙に行かなきゃならないワケ」
分かってもらえるかな・・・(^_^;)

もちろん、ここを見に来る方は、みんな認識してると思うけど・・・(汗)

長く書きすぎたので、とりあえずここまで・・・

関連
【18,19歳インターネット意識調査】参院選、半数が「関心がない」

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る