9/11(日)和泉市議会議員選挙「大阪維新の会 公認候補者紹介」

(deja vuさんのツイッターより)

選挙ポスターの画像は・・・

3名共、「新人」での立候補です。
結果は、恐らく際どくなると思います。

しっかり応援して、全員当選目指しましょう!!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

     こう見ると、大阪府知事、大阪市長が大阪維新。大阪府議会、大阪市議会はともに過半数ではないが第一党が大阪維新という、所謂大阪維新が政権与党のような状態であっても、まだまだ各自治体では大阪維新が初挑戦で不毛の地という地域が沢山ありますからね。

     こうやって地道に維新の力を拡大していくしか道はないのでしょう。有権者から、旧態依然とした政治に風穴を空けてくれるという大阪維新に対する大きな期待感があるだけに、選挙で敗れた時のショックも大きいでしょう。でもそれにくじけずに支持者・有権者がしっかりとブレない意志を持ち続けることが大事。それが政治家に力を与えるんだと思います。

     大阪都構想の住民投票やこれまでの数々の選挙もそうでしたが、もしこれからも何か失敗すれば「結果が全てだ。」と言って容赦なく切り捨てる者もいるだろう。しかし、批判ばかりするものは大抵は口先だけ。或いはそもそも改革そのものを全否定し拒絶する者ばかり。そんな連中の声なんてほぼ気にする必要はない。一定の批判にも合理的なものには耳を傾け、あとは信じた道を突き進むべし。

     勝つときもあれば、負けるときにもある。失敗や漠然とした不安、そして負けることを恐れて何もしないことは長い目で見ればさらに自分を苦しめるだけ。問題先送り。挑戦することを恐れ、悪い意味で保守的であり、現状維持が精一杯。まさにこれまでの日本そのものがそうじゃないですか。

  2. いい加減にしなさい より:

    全国に維新スピリッツを広めて行くためには、もちろん国政で名前を売って行く事も大切ですが、地元に根差した議員の方たちを着実に増やしていき「本当の国民のための政治」というものを身近に感じて貰う事が地道ながら一番有効だと思います。

    大阪では維新の方たちの努力のお陰で維新スピリッツに賛同してくれる方が増えていますが、維新の改革、維新政治を[橋下さんがいたから。松井さんがいたから。吉村さんがいたから。大阪市だから。]と言わせないためにも、こうした地方議員の方たちを増やして[うちの街でもこんなに変わるんや]と実感してもらわないといけませんね。

トップへ戻る