関西への電力融通に協力を 橋下大阪市長

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

関西への電力融通に協力を 橋下大阪市長

 大阪市の橋下徹市長は14日、関西電力への他の電力会社からの電力融通に関して「日本全体の電力供給体制、エネルギー政策を転換する第一歩を踏み出すためにも、関西以外の皆さんにご協力いただきたい」と語り、電力不足が懸念される関西への他地域からの融通に期待感を示した。同市内で記者団の質問に答えた。

 橋下市長は「データを出せとか言い合う時期はそろそろ終息させないといけない」と述べ、6月中旬には具体的な電力不足対策をそろえるべきだと強調。電力使用制限令の発動についても「厳しい状況になるかも分からないが、次世代のために、どういうものか経験することも必要かなと思う」と指摘した。(時事通信 5/14)

電力使用制限令の発動についての発言・・・
多くの人から非難されるでしょう・・・

橋下さんは、あえて承知の上、発言したものと思います!

関西の人々の覚悟、「電力供給体制を変える覚悟」が、本当に有るのか無いのか・・・
この発言の反応を見て、原発や電力供給体制問題に対する、人々の覚悟を知ろうとしているのでは・・・と思います。

残念な事に、以前紹介した記事の通りに状況が進んでいる様に思います。
橋下氏主張を無力化する!?枝野大臣と経産官僚のこれからのシナリオ 古賀茂明氏

関西の人々の覚悟(出来る我慢をする覚悟)の後押しがあれば、橋下さん、「次なる一手」を打つ積もりだと思います。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【関西への電力融通に協力を 橋下大阪市長】

    引用関西への電力融通に協力を 橋下大阪市長 大阪市の橋下徹市長は14日、関西電力への他の電力会社からの電力融通に関して「日本全体の電力供給体制、エネルギー政策を転換する…

トップへ戻る