橋下氏「(総理が守ろうとしているのが)本当に関西府県民の生活なのか、電力会社の経営なのか、電力会社の利益なのか、そこが僕はちょっとわからない」

今まで、大飯再稼動したい関電の本当の理由について、古賀茂明氏やメディアが語った事はありましたが、
とうとう、橋下さん本人からも語られました。(今日の報道ステーションでもやってました)
そして、「国民生活を守る為」と言った野田総理を痛烈に批判しました。

引用

大飯原発、夏期限定の稼動でも住民生活は守れる=橋下・大阪市長

 大阪市の橋下徹市長は8日、野田佳彦首相が同日の会見で、関西電力大飯原子力発電所3・4号機(福井県おおい町)の稼働が、夏場限定では国民生活が守れないとの考えを示したことについて「夏期限定の大飯の再稼働でも、十分に関西の府県民の生活は守ることができる」と述べた。大阪市役所内で記者団に対し述べた。

そのうえで、橋下市長は「関西電力は原発を動かし続けなければ利益がどんどん吹っ飛ぶ。これは厳然たる事実だ」と指摘。「(守ろうとしているのが)本当に関西府県民の生活なのか、電力会社の経営なのか、電力会社の利益なのか、そこが僕はちょっとわからない」と苦言を呈した。

また橋下市長は、今夏ひっ迫すると予想される電力需給の状況や計画停電のリスクの中で、大飯原発の再稼働に一定の理解を示す一方、「暫定的な安全判断にもとづいて原発が動くことについて、関西広域連合としてどう対応していくのかということは、大きなテーマとして取り組まなければいけない」と述べた上で、期間限定の再稼働の必要性については今後も「言い続ける」との意向を明らかにした。(ロイター 6/8)

ソース元の囲み取材

話はずれますが・・・
福井の西川知事も、よくやるよ!って感じですね・・・
動かしたくてしょうがないのに、自分からは動かしてくれとは言わなかった。
これで、万が一の事が起きても、自分が第一義的に責任を負わないアリバイが出来た・・・(おおい町長も)

こちらの記事も、ぜひご覧下さい。
原発再稼動は関西電力を経営破たんさせないため!?

追記:関連記事
再稼動、首相判断の背景 「政府や電力業界、電力不足より損得勘定」 朝日新聞

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【橋下氏「(総理が守ろうとしているのが)本当に関西府県民の生活なのか、電力会社の経営なのか、電力会社の利益なのか、そこが僕はちょっとわからない」】

    今まで、大飯再稼動したい関電の本当の理由について、古賀茂明氏やメディアが語った事はありましたが、とうとう、橋下さん本人からも語られました。(今日の報道ステーションでもや…

トップへ戻る