需給データ全面開示が前提 原発再稼働で橋下市長

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用 (大阪日日新聞 3/9)

原子力発電所の再稼働について大阪市の橋下徹市長は8日、「事実を出さない限り反対の姿勢を貫けばいい」と述べ、電力会社が電力需給データを全面開示することが再稼働是認の前提とする考えを示した。市議会民生保健委員会で、大阪維新の会の守島正議員の質問に答えた。

 守島議員は夏の電力需給の不安に触れた上で「大阪市として(安全性の)基準を引き、それに達していると考えれば、再稼働を是認するか」と質問。

 これに対し橋下市長は「不安はあるが、今、原発が動いていない中で生活している。西日本全体の需給データを出してもらって、本当に足りないなら、何基分残さないといけないのか、何年間で解決されるのか、事実に基づいた話をしないと。安易に再稼働の話をすべきではない」と述べた。

(引用ここまで)

その通り!意義なぁーし!
この考え方に、反論できる人がいるだろうか?

政府や電力会社は、何とか、「安全に稼動できますよ」という事にして、動かすつもりの様・・・

今の所、立地自治体が難色を示しているが、
最終的には、交付金・補助金のカットをちらつかせて、しぶしぶ承諾させるのだろう・・・

しかし、福島で明らかの様に、事故が起きれば、被害は、立地自治体よりも遥かに広域に及ぶ・・・
そうなると、立地自治体だけが承諾すれば、再稼動できるという現在のシステムは見直すべきだと思うし、
立地自治体の周りの住民が、黙っていないだろう。

かと言って、本当に電気が、どうしても足らないとなったら、それはまた大問題・・・

やはり、橋下さんが言う様に、きちんとしたデータに基づいて、
多くの地域の人々が、再稼動の是非を議論する事は、不可欠だと思う。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る