橋下氏、「台湾の橋下」台北市長と昼食。2月には松本で2000人規模の講演会。

橋下氏、「台湾の橋下」台北市長と昼食 引退後もやはり注目(産経WEST)

(引用)
 日本を訪れている台湾の柯文哲台北市長が29日、大阪市都島区で橋下徹前大阪市長(おおさか維新の会法律政策顧問)と昼食をともにした。柯氏は台湾の二大政党いずれにも属さない第三極的な立場の有力市長で、「台湾の橋下」と呼ばれることもあるという。会場には台湾と日本の記者が大勢詰めかけ、政治家を引退した橋下氏への注目度の高さもうかがわせた。

 橋下氏は会場で出迎えた柯氏と満面の笑顔で握手。記者からの問いかけには答えなかったが、市政運営や日台関係などについて幅広く意見交換するとみられる。これに先立ち、柯氏は大阪市議会の東貴之議長や大阪府の植田浩副知事を表敬訪問した。

 柯氏は2014年11月の台北市長選に無所属で出馬し、中国国民党の候補を破って当選。今月24日に来日し、2017年に台北で開かれる夏季ユニバーシアードに向け、東京五輪の準備状況などを視察している。(引用終わり)

朝日によると、橋下さん、春には台湾に行くみたいですね。
台北市長が橋下・前大阪市長と会談 「日本で人望ある」(朝日新聞)

そして、これ。

なんで松本?・・・と調べたら・・・
長野県議会議員・百瀬智之氏(松本市選挙区)がいますね。

ウィキペディアより)
維新政治塾に参加、その後、松本市で自身の政治塾を立ち上げたそうです。
日本維新の会公認・みんなの党推薦で2012年衆院選に出馬。比例で当選。
しかし、2014年の選挙では落選。
2015年の長野県議会議員選挙では維新の党公認でトップ当選。
その後の分裂騒動で離党し無所属に。

橋下さんと繋がりはありそうですが、実際はどの程度なのかは分かりません・・・(^_^;)

そして、当の鈴木みつお氏とは、どのような関係なのか・・・?

しかし、800円で2時間たっぷり橋下さんの話が聞けるのは、今のなっては「格安」ですね!

関連
おおさか維新の会、「戦略本部会議」立ち上げ。橋下氏も参加、参院選公約や憲法改正対案でアドバイス
吉村洋文大阪市長 定例会見 2016.1.29

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る