「橋下市長、最後のあいさつ」大阪市会本会議 2015.12.17

本会議の最後に、橋下市長があいさつをしました(1:16:52)辺り

関連
橋下市長(感動秘話)最後のなんばに「あの西成の小学生がお礼を言いに来ていた」
「『お札を刷って国の借金帳消し』は、はたして可能か(高橋洋一氏)」について、橋下市長12/17のツイート

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    いやぁ・・・ついにこの日がやってきましたね・・・

  2. 椿 より:

    [太字]
    『[色:FF0000]橋下市長![/色]』と呼べれるのは、
    もうあと1日だけですね。(´・ω・)サミチィ・・・。

    本当に『[色:FF0000]日本一の政治家[/色]』だし、
    『[色:FF0000]歴代最高の大阪市長[/色]』でした??

    こういう方が大阪から出現したという事を
    本当に心から『[色:FF0000]感謝[/色]』したいと思います。
    [色:FF0000]アリ(●´・ω・)(●´_ _)ガト♪[/色]

    ですが欲を言えば、やっぱり政治家として
    また帰ってきて頂きたいと思ってしまいます。

    いまも『[色:FF0000]橋下力[/色]』で、日本は変わってきていますが、
    もっともっと『[色:FF0000]橋下力[/色]』が、
    今後の日本には必要となってくるでしょうから、

    橋下市長には悪いけど、
    そうそう「[色:0000FF]ゆっくり[/色]」してはいられないのではないでしょうか?

    [下線]世界中に腐るほど「政治家」はいても、
    橋下徹という政治家は、
    日本にそれも『[色:FF0000]大阪[/色]』にしかいてないのだから[/下線]。

    本当に帰って来てくれる事を切に願っております。

    [色:FF0000](*_´・ω・)_オネガイシマス*:゚・☆[/色]

    [/太字]

  3. 竜馬 より:

    8年間おつかれさまでした

    実に演説がお上手でしたね

    まるでアメリカ合衆国大統領の演説みたいでした

    私が生きている間に関西州の初代知事として戻ってきてください

    関西州まで待っていられないので大阪都の初代知事として戻ってきてください

    また あの 威風堂々とした姿、演説が聞きたいです!

  4. ななしみん より:

    橋下さんには色々教えてもらいました。
    国会や、国会議員達がいつも偉そうに
    「定数削減」「無駄の削減」「既得権益打破」「議員報酬削減」「天下り廃止」などなど…を訴えていました。
    ところが、大阪でいざ実行しようとすると、まさかのあなた達既存政党こそが

    “抵抗勢力”

    という事が明らかになりました。
    自民党も大阪自民党だけは違うと皆が言いましたが、結果中央自民党が党をあげて応援しに来たので同罪です。

    彼らは口先ばかりで、絶対に出来ないという事を橋下さんのおかげで知ることができました。
    大阪府民は大阪市民はコレを知ることが出来ました。
    この国を変えることができるのは“橋下徹”そして“おおさか維新の会”しか見当たりません。
    橋下さん、必ず政界に戻ってくることを信じてお待ちしております。

    ありがとう橋下徹
    未来を託そうおおさか維新の会

  5. いい加減にしなさい より:

    最後の最後まで大阪の事を想った言葉。

    ここまで自分の事よりも大阪の事を考えてくれた市長はいません。

    住民投票が終わったあとは「やめないで欲しい」という想いがありましたが、今はこの言葉しか想いつきません。

    「本当にありがとうございました。」

トップへ戻る