嘉田知事新党立ち上げ 前日、橋下市長が送った「応援メール」

改めて、橋下さんの大きさを見た気がします。

本日、嘉田滋賀県知事が、新党立ち上げを発表しました。
その記者会見で、昨日(26日)、橋下さんから「応援メール」を貰っていた事を明らかにしました。

「おはようございます。嘉田知事、絶対に党首を引き受けるべきです!次はありません。今だから、この様な状況になったのです。僕もそうです。原発問題、徹底して論戦しましょう!こういう論戦こそが切磋琢磨こそが、日本の為になります。嘉田さんが立てば、エネルギー問題も大いに焦点化されます。地方から声を上げる流れも出ます。僕らは次世代への捨石になりましょう。」
記者会見動画(メールの件は3分すぎから)
http://youtu.be/f7mG80Lf03U

自分の損得抜きに、
「日本の為、本気になってやる人には出てきて欲しい。」
との思いを感じました。

ただ…
ひょっとしたら、まだ凄いサプライズがあるかも…と思っています…

400通りのオプションを考えた…
なぜ、みんなの党より先に太陽と合流したのか?
選挙区のバッティング…それについても譲歩しなかった…
じゃんけん発言は強烈なメッセージ…
合流回答期限を1日早めた…
そして、この応援メール…

この選挙は失敗したら、もう後がありません。
しかし、天性の勘と度胸、発想力で、この微妙な局面を打開してしまう様な気がします…

でもまあ、みんなが合流すると信じていた私の言う事ですから、恐らく考えすぎでしょう…

とにかく、公示までの1週間は目が離せないですね!

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    真正保守思想に凝り固まる旧太陽との合流は正直疑問でした。
    政策が同じみんなの党とは、最終的には合流と思ってました。

    今でも、みんなの党が解党して合流するなら大歓迎ですが、ここ2~3日の渡辺氏の言動とかみて、多分無理と思ってます。

    何故に旧太陽との合流を先にしたか...ではなく、そもそも、みんなの党との合流は無理スジだったのぢゃないかと思う。

    みんなの党って、「政策集団」だけど「実行手段」ぢゃない気がする。「ジャンケン」でブツブツ言うのも、結局は身内意識が強い。みんなの党のメンバの言動を見ていると「身内を切る定数削減なんて、口だけで実現しないかも?」と正直思いました。

    自分のような凡人に橋下氏の400パターンは想像できませんが、思うに、400分の1で選んだのが今の状況のような気がしてなりません。

    石原・橋下のツートップによる仙台の演説を動画で見ると、みんなの党の幹部が自分の身を捨てない限り合流はできんなと、なんとなく、そんな気もしました。

    #それでも、大逆転での合流は、今でも大歓迎です

  2. より:

    アンパンマンさんと同感です。みんなの党の皆さんは仲間意識が非常に強い。それはそれで良いことなのでしょうが。何か裏でいろいろ起こってるんでしょうね。維新と自民、さらに民主も含めて候補者の立て方に怪しい点があるように思います。まあ政界再編については参議院選挙後まで何とも言えませんが。
    あと先週演説に行きましたがSPの数の多さにびっくり。ちょっと離れた交差点にまでSPがたくさん。非常に物騒な光景でした。

  3. 先憂市民 より:

    アンパンマンさん
    鴨さん
    コメントありがとうございます。

    私の考えているサプライズは、改めてみんなと維新が組む事では無いんです^_^;

    みんなの党については、アンパンマンさんの言う、
    『「政策集団」だけど「実行手段」ぢゃない気がする』と言う部分、今回の件で私もそう思いました。

    しかしその後、みんなは未来と連携話を進めているようです…
    旧太陽とは組めないけど、小沢一郎とは組める??
    政策・理念の一致に、こだわっていたのは何だったのでしょうか??

    よっぽど旧太陽に気に食わない人が居るのか、
    もしくは、田原総一朗氏が言ってた「江田幹事長と中田宏氏が犬猿の仲」と言うのが本当で、それもネックになったのか?
    まあいずれにせよ、それらを乗り越えられなかった渡辺代表にはがっかりしました。
    橋下さんが27日の「とくダネ」で最後に嘆いていたのが良く分かりました…

    ここからは私の勝手な想像です…

    橋下さんは、今でも一番大切にしているのは「ふわっとした民意」だと思います。
    今の「ふわっとした民意」を出来るだけすくい取り、
    小選挙区比例代表並立制のという制度の中で、どうやって勝ち抜くのか…?

    時間が無い事は、維新にとって本当に厳しかったと思いますが、
    そうであるから出来る事もあると思います。

    みんなが未来と連携しようとしている事が、本当に想像するような動きがあるのでは…
    とちょっと思わせてくれました。(たぶん外れるでしょうが(・・;))

    今言うと、外れて大恥をかく事になると思うので、後は皆さんの想像におまかせします…(^_^;)

  4. 先憂市民 より:

    みんなは未来と連携話は、未来側から呼びかけたとの事です・・・
    「旧太陽とは組めないけど、小沢一郎とは組める??
    政策・理念の一致に、こだわっていたのは何だったのでしょうか?? 」
    は誤解でした。取り消します。よろしくお願いしますm(__)m

    と言う事は、私の考えているサプライズの可能性は無くなったと思います・・・
    あーハズカシ(-_-;)

  5. アンパンマン より:

    ×「実行手段」、○「実行集団」です(文脈で御理解頂けているとは思いますけど ^^;;)

    「日本未来の党」の政策・理念は別にどうでも良いのですが、滋賀県知事が党首というコトに対し、メディアが批判しないのが納得いかないですね。

    旧太陽と合流する前の維新が、大阪市長が党首であるのに対し、「党首討論に出られない首長が党首というのは国会軽視」だとか、「首長の仕事を軽く考えている」とか散々批判した人達は、何故口をつぐんでいるのでしょうか?

    (馬鹿馬鹿しいので)未来の党の結成会見の動画は見ていないのですが、この点を記者さん達は質問したんですよね?(するわきゃないか ^^)

  6. 先憂市民 より:

    アンパンマンさん
    コメントありがとうございます。

    > ×「実行手段」、○「実行集団」です(文脈で御理解頂けているとは思いますけど ^^;;)
    「実行手段」を追求しないと解釈してました^_^;まあ、同じですね(^^)

    > 旧太陽と合流する前の維新が、大阪市長が党首であるのに対し、「党首討論に出られない首長が党首というのは国会軽視」だとか、「首長の仕事を軽く考えている」とか散々批判した人達は、何故口をつぐんでいるのでしょうか?

    ホント、そうですよね!
    あの人達、今度は、したり顔で、小沢がなんたらかんたらとコメントしてるんでしょうね…

トップへ戻る