5/15 橋下市長「集団的自衛権」についてコメント ぶらさがり動画

「安倍首相の勝利だ」
「しかし、(以前から主張している様に)怖さもある」

13分過ぎから答えています。
是非、ご覧下さい!


かなり専門的な解説をしています。これを一般の人に分かり易く説明してくれるマスコミがあればなぁ・・・

池上彰氏の書籍紹介にもありますが、集団的自衛権をヒステリックに否定してしまうと、「国際貢献を示す機会」は極端に狭くなってしまいます。
2003年自衛隊がイラク(サマーワ)に派遣された際・・・

(引用)
ここはオランダ軍が治安維持の責任を負っていました。もし自衛隊に対して武装勢力の攻撃かあった場合、それを阻止し、反撃するのはオランダ軍の任務でした。

 もちろん、自衛隊が攻撃されれば自衛隊員も「正当防衛」として対抗することはできます。しかし、もしオランダ軍が攻撃されても、自衛隊は助けに行けないのです。もし実際にオランダ軍か攻撃を受け、自衛隊がそれをただ見ているだけだったとしたら、日本は世界の笑いものになるどころか、卑怯者のそしりを受けていたことでしょう。

という矛盾も生じています。
しかし、橋下さんの言う様、「歯止めの無い」集団的自衛権の行使も危惧しなければなりません。

「必要最低限」≒「必要」じゃないですか?
違いってあるんでしょうか?
言葉の使い方に、いささかのごまかしが感じられます・・・

きちんと国民一人一人が、戦後70年で変貌した世界情勢とその中での日本の立ち位置を考え、この問題に対処して行かなければならないでしょう・・・

もし、集団的自衛権を全く受け入れないなら、日本人の戦死者が出る可能性は低いでしょう。
今後、世界から卑怯者とさげすまれ、お金だけ出させられる屈辱に耐える覚悟・・・ありますか?

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る