「橋下徹、玉木雄一郎にツッコみまくる!そして…」即リプ #24 ゲスト:玉木雄一郎

記事をシェアして頂けると嬉しいです

毎週木曜 22:00
abemaTV「橋下徹の即リプ」

(番組概要より)

橋下徹がツイッターで今の日本をぶった斬る!
この番組では【橋下徹に言いたいこと】を公式ツイッターで大募集!
集まった数多くのツイートに対して
橋下徹“本人”が番組の中でバンバン「リプライ(返信)」していきます!
さらに“旬な話題”や“社会現象”をツイッターの#ハッシュタグを使って検索!
ゲストを迎えて世間のつぶやきに対し橋下徹が直接リプライする展開も!
大阪市長時代から著名人・有識者とバトルを繰り広げてきた橋下徹を
論破できる相手は現れるのか!?

ゲストは、希望の党代表・玉木雄一郎氏

無責任な審議拒否
そして、その間に民進との合流発表・・・

集中砲火を浴びるのは必至の中、出てきた事は評価したいと思います・・・

まだの方は是非!


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>


ここでの発言が、案の定ニュースに・・・

新党は審議拒否せず=玉木氏:時事ドットコム

 希望の党の玉木雄一郎代表は3日のインターネット番組で、希望を含む6野党が審議拒否を続けていることに関し、「新しい党(国民民主党)ができたら原則審議拒否しない。新しい国会のルールを自分たちから提案していきたい」との考えを示した。

観た方は、感じたと思いますが

橋下さんが「審議拒否絶対やらない」と、あれだけ詰めたにもかかわらず

さすが元官僚
「原則」の文言は外さず、逃げ道を残しました・・・

そうは言いつつ、党代表の立場にしては踏み込んだ発言もあった

党合流後の、共同代表の職に就かないつもりなのかなと・・・


サラっと言ってましたが
以下の「9条関係無い」発言は納得できないですね。根拠を言うべきだった

(出典:https://twitter.com/abematv_sokurep/status/992044642307686402)

とは言え、橋下さんも折角来てくれたゲストに忖度したんでしょうね

今回の合流劇の裏にあり、その先は立民と合流を望んでいる「連合」には、一言も触れませんでしたからね(^_^;)

福田淳一財務次官、米山隆一新潟県知事といった偏差値エリートが相次いで辞任を表明した。原因はいずれも、女性スキャンダル。橋下徹氏は、両者ともに危機管理対応の初動を間違えなければ辞任する必要はなかったと言う。続投と辞任という生死の分かれ目は何か。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(4月24日配...


過去放送されたエピソードはこちらから

橋下徹の即リプ!番組アカウント(@abematv_sokurep)さん | Twitter


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・小学高学年/中学生塾代助成制度(年額12万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    玉木氏
    「立憲の辻元さんが中心に野党を苦労しながら一纏めにしようと頑張っておられます」
    どういうことなんでしょうか?
    「わたしは国会議員やない、国を壊す『国壊議員やぁ』と公言されて以来、彼女の思考
    言動に些かの変異はありません。(13/05/2005)
    国益を第一とすべき政治家がこんな人を国会対策委員長に据える政治家グループに
    私達の日本を託すことができるのでしょうか?
    空恐ろしさを感じます。

トップへ戻る