【新型コロナ経済危機】橋下徹が自民・甘利税調会長に消費税減税を直言!その回答は?

3/22 全国ネット 朝の生報道番組

橋下さんがコロナ危機を脱する緊急対策を
自民・甘利明税制調査会長に直談判!

(※動画がすぐに削除されてしまうと思います、ご視聴はお早めに…)


<<下に続く>>


甘利氏
まさに「のれんに腕押し」という感じでした・・・

「このままじゃ持たない」と、思っている経営者・・・
「仕事が無くなって暮らしていけない」自営業者やフリーランス・非正規労働者の方々・・・

この回答を聞いて、何の希望も見いだせなかったと思います・・・

本当に、この先が心配です・・・

橋下徹生出演!「新型コロナ:新局面に対応する”橋下八策”を提言!」

アジアや欧米で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、他国に比べ感染検査の対象を絞り込んでいるのが日本だ。一部の専門家や野党から検査拡大を求める声が高まっているが、政府はその要求に従っていいのか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(3月17日配信)から抜粋記事をお届けします。

【最新刊!発売中!】

こちらもいまだ売れ筋ランキング上位!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に(市・2020年4月より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    「給与が無い人」はどうしたら良いのでしょうか?
    実際、働いていても「現金給付」をしてくれた方が、
    一時でも助かるのではないですか?

    「給与を上げる」なんて事は、
    公務員じゃない限り、今の状況で不可能でしょう。

    婉曲的(雇用先の会社に支援とか…)と言っても
    今までの経緯を見てても、結局、巡り巡って、ちっとも貧困者にお金は回らない。

    ただ「現金給付したくない」だけじゃないの?

    「現金給付は使われないからよくない」なんて言ってるけど、
    困ってる人達にしたら、貯金でさえできるわけないでしょう。
    今すでに家計費が火の車になっているんだから、
    家計費にすぐに消えるくらい経済的にひっ迫してると思いますよ。

    遠回しに遠回しに支援するって言っても【信憑性も無いし】
    結局、支援されたという実感なく終わるでしょう。

    こんなに経済がひっ迫してるのに、まだ【消費税増税を正当化】して、
    消費税を撤廃することは、【意地でもしない】という
    政治家や官僚のプライドを保つためだけでしょう!
    国民にとってはどうでも良いことです。

    本当にその悪意ある意地やプライドのせいで、
    どれだけ日本国民が犠牲になっているか!(# ゚Д゚)!

    私たち国民から給与を貰ってるくせに、
    徹底的に国民に被害を与え、その責任も取らず、助けもせずに、
    よく平気な顔して、ご飯食べたり、眠ったりできるね?!怒。

  2. 仲井 より:

    もう何年前になるか、
    30年くらい前になると思うが、当時世界を震撼させた病気が蔓延したことがある。
    日本ではまだ危険はなさそうだがアメリカをはじめ東南アジアやアフリカ地域、そしてこれが欧州へと広がってきていると、現状アメリカでは1200人もの患者が発生しておりこの病気を抑える薬品が現状まだないというそういうことが日本にも流れてきて当時日本中がある意味パニックになった時期がある。

    WHOから、表で公表されていたものは、このウイルスによる病気は発病して以降10年ぐらいに期間を有して体内で保持した状態でそこから徐々に徐々にウイルスが活性化し出し、感染した状態でその後徐々に徐々に病気が進み、最後は結果体の皮膚が腐敗状態のような体を無し、ひどい姿をさらして死に至るというものであった。
    このスピロヘーターによるエイズという先の見えない未知のウイルスが地球上に現れた折、世界中の人類は、地球始まって以来の危機で、もしかして人類は結局このウイルスによって全滅し、滅亡するのでは?という学者が現れるほどの緊張感が出て、そこからは世界中の科学者による人間対ウイルスという構図の、命をかけた対決の場面であった。

    このウイルスも暫くしているうちに、人間の英知を発揮して少しづつこの厄介で不気味な恐ろしいウイルスの姿が見えだし、そして同時にそのウイルスの一部弱さも見えだしてきだした。
    ここから人類はこのかつて無かったウイルスに打ち勝つ薬剤、これで打ち勝つ、避けて通れる手法を人間は見つけ出し、今ではある意味抑えることが可能になり、基本で気をつければそうは怖くもない、このウイルスとずっと付き合いながら命を続けていくことが出来るようにもなった。

    今回のウイルスについて現状日本のテレビは、いつもの朝鮮民族流の手法、可能な限りあおってあおって国民を不安に陥れ、こうなってるのは政府政権の未熟な政治がこうさせているというこの極端すぎる陥れが目的だけのロジックでの、いつもの常套手法で、もうまともに怖いと怖がらせ煽り立てるだけ煽り、怖がらす一点で報道を続けている。

    ここ一連の橋下さんの解説は、恐怖を煽る不当報道が蔓延している中、普通に当たり前のことで発言している。
    冷静にこのウイルスをマクロ的につかみ本質をついて考えて、この感染症の実態の抑え込みと国民自らで考えるべき意識の判断、本当の中身を考える点はどれか、そして何処にそれがあるか、妥当なのか、全体像をどう見るかを国民に分かりやすい口述で説明がされている。

    よく口にする無責任発言でもなく、今どう見て、何が必要で、何を最優先で考え、対応して、何をやるのか、ここを提言で出している内容は我々が納得できる解説をしてくれている。
    的を得ていると感じて聞いている。

    最後は政治の力である。
    足立康史さんがネット上で発言されているが、
    維新として今回のコロナにおいての政府対応について保証もつけて国民に向けての現状被っている苦悩についての対策で即座に早急にやれる手立ての案を与党に提案し、自民党の了解を貰い、さあ、いざこれで行こうとしていたら立憲他共産国民民主社民らが反対してせっかくの緊急案を差し留めてしまったと。

    こういう部分が、自民党の国対の現場に、そこにまこんなことが存在している現状を見れば、日本は日本国家になっていない。
    安部さんはなぜこんな国会対策委員長を、現場の一番重要部分の席に置いておくのか、私には依然わからん。

    関電の森山助役、政府の国対の森山委員長、
    遺伝子が同じ。
    なぜこういう条件を持つものが、日本で、政権でこういう席にいつもついて(野中広務の幹事長・官房長官・国家公安委員長職ほか多くの歴代の国家公安委員長と法務大臣の席でのこの”民族の遺伝子”を持つものに限られる人事を行ってきている)いるのか本当に不思議と思う事だろう。
    日本民族であるなら。

    なぜそうなっているのかを詰めていけば、そこには互いを互いで常に”脅し脅され””バラすバラされ”の絵柄関係で政権が運営されており、互いの弱みの突き合いでの、政策から人事、税金の分配までも、そこを水面下で国籍と遺伝子の”脅し脅され”だけで決めるという、この田中角栄が政界から消えた瞬間から出来上がった朝鮮民族独特の薄汚い手法(辻元が発した「やれるもんならやってみたら?その代りえらいことになるで~、何が起きてもしらんで~覚悟しときや!と叫んだ途端に立憲民主の言うがままになった件)、構図、どっちのバラす内容がその時強いのかで政策から人事から製作まで決まるというこの卑劣なもの同士の朝鮮民族同士の取っ組み合いばかりで過ごしてきている実態は日本ではない。
    あの民族の手口が、奴らの中では世界の常識でこうなってしまっているのだろう。

    国民のために政治が動いてやろうとすることを、これを政権与党に緊急対策として要求で具体策を掲示しての提案し、日本維新の会足立さんらが中心で行おうとやることを、政府与党が了解したものをこんな朝鮮民族の輩に邪魔させて、邪魔をさせてそれを寝かすほうに舵を切るこの国会対策委員長の行動、コク沿い苦悶である。

    空脅されているかもしれないが日本で政治家をやるなら腹を切る覚悟で国民に謝罪する覚悟でヤれないのか!って。

    野中は死んだぜよ!
    その後をつないで朝鮮流のそのもので脅してくる連中の名前名簿を、こんな緊急の国難の時こそ国民みんなに名前でバラしてやれよ!
    小泉純一郎は、面と向き合って奴らが脅してきてニタニタ笑いながら近づいてきてるやつらを、逆に脅して奴らを蹴散らしたぜよ!

    麻生さんは、野中広務に対して、
    【俺は、お前を絶対に政権には入れないからな!】と面と向かって野中広務に突き付けて突き付けて言ったそうだ。
    海上保安庁、海上自衛隊の隊員らの中では、夕食時の会話に出てくるほど有名な話だそうだ。

    森山国会対策委員長よ!
    もうあなたもかなりのお歳じゃあないかよ!
    我我世代だろうよ、なら、あとは短いんだからもうバレてもいいじゃあないかよ。

    逆に相手の連中を根こそぎみんな全部公で公開してバラしてやれよ!
    国家国民のためにさ。
    ここまで長年政権与党でそれなりに職も与えられ日本で相当いい目を味わってきただろうしさ。
    そろそろ日本に恩返しする時期の歳に来てるだろうに。

  3. 匿名 より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

トップへ戻る