おばあちゃんの原宿「巣鴨」で、敢えて社会保障の見直しを訴えた橋下代表 動画

ジェネリック医薬品推奨…
まったくその通りの話なんですが、ここにも異論を唱える人が数多くいます…

ジェネリックの効き目・副作用は、先発薬と全く同じと保証出来ないとして、
(高い)先発薬しか出さない(処方箋に書かない)お医者さん、まだまだ結構多いです…

理由は、わかりますよね…
「利益が減るからです」
ジェネリックに変えると、単価が3割~7割位下がってしまいます。
と言う事は、利益もそれに応じて減ってしまうのです。
現代医療は投薬がメインですから、医療機関の収益に大きく影響します。

とは言え、患者の自己負担は通常3割ですから、
ジェネリックにするとしないでは、結構、支払額が変わってきます…
そういう所でも「ジェネリックにして下さい」と言って、変えてもらっている方も多いでしょう…

しかし、現在、1割負担の70歳以上の方は、自己負担分の差はそんなに大きくない。
その位の事でいつも診て貰っている医師に「ジェネリックにして下さい」とは言い難く、取りあえずそのままと言う方がほとんどでは無いでしょうか…

今の様な自由選択では無くて、社会保障費抑制の為に、ジェネリックを基本にするのは必然だと思います。

一部医師会や先発薬メーカーは、大学病院等と結託して猛反対は必至でしょうけどね…
(今も、ジェネリックの問題点を指摘している声は、ごまんとあります)
ジェネリックは「先発品と同じ薬」ではありません(BLOGOS)

しかし、問題点を指摘する医師より、ジェネリックを現場で処方している医師が、遥かに多い事を忘れてはなりません。

こんな記事も…
お医者さま と お薬(李漢栄氏ブログ「異端医師の独り言」より)

PS.現状、黙っていてもジェネリックを出してくれる所は、患者の事を考えてくれる所と判断する1つの要因に出来るんですけどね…

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. A より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    維新の選挙戦略は本当に上手ですね。
    橋下さんの一連の慰安婦発言で「ふわっと民意」は維新から離れてしまいましたが、今回の選挙戦において、ある意味で票にならない、むしろ票が離れていくような本質を突いた「痛みの改革」を強く主張することで、選挙での不利な状況から慰安婦問題を切り離すことが出来ているように思います。

    維新にとって慰安婦問題によって選挙に敗北するのは最大の痛手ですが、有権者にとって耳の痛い事実を言い続けたために敗北するのは、改革政党という立場からすればある意味で当然で、今後に繋げられます。
    最近の橋下さんはどこか吹っ切れたような感じがしますが、是非ともこのまま激痛の伴う改革を強く主張していって欲しいですね。
    それが維新の本流だと思いますし、件の慰安婦問題の影響を最小にし、短期では厳しくとも再び民意を取り戻す最良の策だと思います。

トップへ戻る