「選挙に行っても、何も変わらない」って思っている人へ・・・

「選挙に行っても、何も変わらない」って言葉…
意外と、良く聞くんですよね…

投票に行くのが面倒だから、その言い訳…
政治に疎い(難しくてよく分からない…)ので、どこに投票して良いか分からない…。その話題を避ける為の予防線に…
自分のたった1票が、世の中を変えるとは到底考えられない。だから行っても行かなくても一緒。
自分は世の中や政治が、分かっているんだと勘違いしている?
一度もしくは数回、投票に行ったが、投票した候補が、お話にならない得票数で、心が折れた…
などなど…色々意見はあると思います

前回、昨年末の衆院選。(全体の投票率59.3%)
20歳代の投票率は37.89%。それに対し、
60歳代の投票率は、驚愕の74.93%!!。

「選挙に行っても、何も変わらない」と言う人がいるのに、
なぜ、60歳代(もしくは高齢者)は、一生懸命、投票行く事のか?

まず、このグラフをご覧下さい。
(衆議院議員総選挙年代別投票率の推移)

まず、分かるのは、近年、20,30歳代の投票率が、他の世代と比べて明らかに低い事

しかし、昭和42年(今から46年前)、20歳代の投票率は、70歳代よりも多く、約67%もあったんです!
(30歳代は、何と約78%!)
その後、若い世代の投票率は下降の一途…

その当時、20歳だった人は、今は66歳。(投票率は67%→75%)
その世代の方々は、投票し続けているのです。

何故か?
丁度、この世代は「団塊の世代」と呼ばれるベビーブームに当ります。
他の世代より人口ボリュームがあった訳です。
この世代の票が、当落に大きく影響したのは、想像に難くないですね。

候補者は、この世代を意識した政策を提示し、そして、そこに投票した…
この世代の(おおよその)投票率の推移…
67%(昭和42年) → 77%(昭和51年) → 78%(昭和61年) → 71%(平成8年) → 83%(平成17年)
この世代の方々は、自分達に有利な政治状況を「変えない為」に、ずっと投票し続けているのです。

この状況を変えるには、若い世代の投票率が飛躍的に伸びて、この世代を凌駕する必要があります。
しかし、今の投票率を考えると、確かに、難しい気がします…

「選挙に行っても、何も変わらない」
今のままでは、その通りだと思います。

でも、変える方法が選挙しかないのも事実です。

約46年前、今より遥かに情報も少なく不便だったにもかかわらず、当時の若者は投票に行きました。

そして今、高齢者と言われる方々にも、今の政治に疑問を持っている人もいます。
若い世代と併せて、ある程度のボリュームになれば、政治家も意識せざる得ないでしょう…

これから、さらに若い世代の有権者は減って行きます。
一刻も早くしないと、ますます難しくなります…

選挙に行っても、何も変わらない」のか
選挙に行かないから、何も変わらない」のか…

若い世代には、今、本当に考えて欲しいと思います…

関連動画:「君は年金をもらえるか?」池上彰 動画

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    SECRET: 0
    PASS: 6da9dfc00d78ee45a099f7911fac8c2e
    [絵文字:v-217][絵文字:v-218]
    有権者は維新のチャレンジ改革精神理解し、ようやく勢いが出てきたぞ。あと二歩、三歩・・・

    橋下代表の言いたいこと、国民の痛みを乗り越えて元気な日本を創る意識が新党し始めたように思います。
    頑張れ維新、突き進め維新・・

トップへ戻る