橋下氏「(豊洲)都の資料には重大な誤魔化しの可能性がある。豊洲の収支を赤字にするための操作があったのか?」8/24のツイート

橋下氏「(大学無償化)池田信夫・野村修也・長島昭久氏らとのやりとり」8/24のツイートの続きツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(RT)


(23日のツイート)
小池知事の特別秘書給与、非開示から一転公開 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

流石金のある東京都、高額だ。大阪では維新がからむ選挙期間中は誤解を生まないよう特別秘書の給与はゼロにした。これも外形的公正性の確保。

(24日のツイート)
都民ファ、SNSなど発言制限…議員から不満も : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

大阪維新の会の失敗を参考にしているのだろう。ある程度のルール化は必要だろうが、やり過ぎると政党として機能しなくなる。大阪維新の会では新人議員の失敗も織り込み済みで発信を自由にした。言論こそが政治家の命。党より政治家の働きを重視した

小池さんの情報公開、説明責任、意思決定の透明化の方針はどうなったんだろう。僕は「俺を議会に呼べ!」と言い続けたけど議会は僕を呼ばすに役人と議論。小池さん、議会で議論したくないのかな。

都の資料には重大な誤魔化しの可能性がある。豊洲の収支の減価償却費は今の巨大な建物を前提にしている可能性あり。ところが小島さんが提案した建物では減価償却費はそれほどかからない。豊洲の収支を赤字にするための操作があったのか、小池さん・小島さんは説明する責任がある。

(内容を分かりやすくする為、テーマが違うツイートを除きました)


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    記事とは無関係ですが、元祖風評被害発散機の森山高至(豊洲風評被害ー都議選共産がらみで出馬ー見事落選)が MBSちんぷい に出現し、加計の設計図を取り上げ妄想コメントを垂れ流し中。

    本当に、MBSはゲテモノコメンテーターがお好きですね。

トップへ戻る