橋下氏「(比例で希望、立民が拮抗)どちらが強い野党を作るか、まだまだ時間がかかりそうだ」10/16のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

今回の選挙は安倍政権実績評価と野党整理の選挙。今回の公約比較なんて無意味。やるなら前回の選挙で安倍政権与党が打ち出した公約がどれだけ実行されたかの実績評価。公約は事後評価が重要。前回の公約が全くチェックされないから公約が言いっ放しになる。これはメディアと自称インテリの責任。

【産経・FNN合同世論調査】比例で希望、立憲民主が拮抗 小池都知事の支持率は66%から39%に急落(1/2ページ) – 産経ニュース

比例投票先 希望が15%、立憲民主も約15%。でもこれが合わさったからと言って30%にはならない。別れたからこの数字になったのだろう。どちらが強い野党を作るか、まだまだ時間がかかりそうだ。

「まだまだ時間がかかりそうだ」

橋下さんの落胆ぶりが伝わってきますね・・・

民進解党で野党再編が一気に進むかと思いきや

実は、民進が小池さんに利用されたので無く、逆に利用した「偽装解党」

民進の負の遺産と不祥事は、キレイさっぱり無かった事に・・・

まんまと国民をだまして支持率大幅回復、元民進議員は軒並み返り咲き・・・

前回の選挙で落選させられた民進議員まで復活する情勢との事・・・

溜息と怒りだけしか残らないです・・・

(略)希望の党を立ち上げた小池百合子代表や前原誠司民進党代表の行動の凄さは、僕も二大政党制に向けて実際に色々やったから分かるんだ。…


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    衆議院議員選挙で、
    10月10日に公示されてから、そこからわずか1週間の間に、
    その週末の日曜日までに各ところからの、選挙情勢調査という名目での電話によるアンケート調査と称する電話が私のうちにかかってきた。

    その数が今回はその公示後のわずか一週間の間に、なんと5回もかかってきた。
    新聞社関係が、読売系、朝日系、毎日系、その他に名称を語らずにアンケートとするものが2件かかってきた。

    この確率ってすごくないですか?
    過去のこういうアンケートでの連絡では、大体1度か2度ほどかかってきてはしてた。
    これでも私はここまで確率が高いのかと、全く特定せずにコンピューターで拾って出てきた電話番号でと彼らは言ってるが、これは私は実は嘘だと思える。

    私は過去数十年間の期間に新聞社については各大手四大新聞全て自宅において配達での購読をしていたが、今回のこのアンケート調査と称する相手についてこれは多分新聞の購読者名簿から抽出した名前を出してそれでやってると思えた。

    新聞各社にこれを告げて、
    【これはおかしい、お前のところは実は、購読者名簿か何かどこかからつかんだ個人情報で捕まえた名簿をもとにコンピューターで云々などと言いながら実はその対象者を出してきてやってるんだろう?
    違うのかあ?確率が異常すぎるが、特に読売、朝日は選挙のたびごとにほぼ毎回電話でかかってきてるよな!】と
    【これほど確率が高く不特定多数での選んだ番号などと表で言ってるがこれは嘘だろうが!私が選ばれることは異常な確率になっている。こんな高確率で私が対象アンケートに入ることはおかしすぎる】と。

    それと名前を言わずにかかってきたところは多分政党のアンケート調査だったのだろうと思える。

    ただ不思議なのは、
    あのアンケート調査って各社があんまり大きな誤差が出ていないのが不思議である。
    購読者いてであればその購読して要る新聞への思いがその本人の医師に結構つながるのでそれでもほぼ同じような数値になっているのはおそらくここは多分マスコミメディアが内部的に操作をやっているとしか思えない。

    現状読売新聞が全国紙で購読者は一番多い。
    その意味で行けば朝日新聞や毎日新聞にこだわって読んでいるコアな購読者にすれば、やっぱり支持政党は左翼系に偏りがちであるはず。そこがこの日本のアンケート調査での非常に故意にでっち上げてのデマ情報での作為的に悪意で持って作られた情報の広報になっているのではと思えて仕方がない。

    ちなみに
    皆さんはあの裁判員裁判での裁判員としての適合者として選考で裁判所から選ばれたと連絡のあった人っていてますか?
    考えてみると現状で見れば、
    今の裁判員制度で選ばれる確率の方が、こんな選挙でのアンケート調査で対象に選ばれるよりも、実は裁判員で選ばれる法がおそらくよっぽど多いはずなのに、あの制度ができてから私はもうずっとずっと裁判員に選ばれたいと、楽しみにいつ選ばれるのかと待っているのに、まだ裁判所からは一切来たこともない。
    こっちは私のところには一切まだ一度も連絡がきたこともない。

    私の家系で、明治以来150年ほどで、私にかかわる親族三親等以内で、ただの一点も、前科前歴は親族においてまだ確認されていない。裁判員裁判での一般からは選ばれてもいいはずなのにまだ一切選ばれてると連絡が来ていない。

    それから考えると、
    この新聞社テレビ局が行う現状の政党支持アンケートだとか、選挙のアンケートでの調査で私のところには相当数かかってくる。
    これって本当にコンピューターではじき出した電話番号だとはほぼ考えられない。
    電話帳にも載せていないのに。
    どこかでつかんだ個人情報でかけてきているとしか考えられない。
    それを使いまわしでやってるとしか思えない。

    情報をあっちこっちに勝手に使いまわしをやってると思える、
    新聞社やテレビ局は多分どこかの調査会社に委託してこの調査をやってるのだろうがその時にその委託された業者がずぼらをしてどこかから手にして持っている個人情報(新聞購読の名簿からその個人情報がその委託企業にそれが流され)で、単純にそこに電話連絡をやってアンケート調査をやってるとしか思えない。

    そうでもしないと、わずか1週間で5回も選挙情勢と称してのアンケート調査で電話がかかってくるはずがない。

    ★相手の音声は決まり文言の、アナウンスでの質問であった。

    日本の、マスコミメディアのこの怪しさは、まさに日本人のやれる範疇ではない。
    まさしく違法移民の朝鮮民族が行う手口だ。

トップへ戻る