「立憲民主党・希望の党 また再結集!?メディアが報じない公職選挙法の『盲点』」

まず、こちらをご覧下さい!

(拡大して見られるpdfはこちら。出典:http://www.rengo-tokyo.gr.jp/html/senkyo2017/pdf/pamph.pdf)


これまで民進党の支持母体だった連合(日本労働組合総連合会:加盟組合員は約680万人)は、
この衆院選で、特定政党の支援は見送りました

衆院選:連合、特定の政党を支持せず – 毎日新聞

その結果、連合の関東各ブロックは、上記の様に「個人」を選んで推薦を出す形を取りました

優先順位は、元民進所属を優先している様です(連合東京は別、後段で)。

なので、希望・立憲・無所属が入り乱れた人選に・・・(-_-;)


こちらは近畿ブロックの推薦状況




(出典:連合京都)

大阪には、希望候補がいないので分かりますが、それ以外は、ほとんど希望候補を推薦

京都では、分裂騒動のきっかけを作った前原氏を推薦・・・

皆さん、この方々がもし当選したら、その後どうなると思います?


小池さんのせいで混乱し、分裂したように見えましたが・・・

実は新党で、まんまと民進の悪いイメージ・不祥事の払拭に成功

支持母体も変わらずで生き残り

分かれて戦っている様に見えましたが、結果、元のメンバーは現地集合!?

選挙後に何かと理由を付けて

また、一緒になってしまうんじゃないですかね?

(追記)
これを書いた後に、こんなニュース
民進・小川氏 選挙後も民進党として再結集するべき

この発言をした、民進・小川敏夫参院議員
皆さん、覚えてますでしょうか?

2016参院選 東京選挙区
維新の田中康夫候補と最後の議席を争い、僅かの差で滑り込み当選を果たした方・・・

開票結果・速報(選挙区・東京都)【参議院選挙2016】:読売新聞

この僅差の勝利は、連合東京の支援があったからに他なりません

連合に足を向けて寝られない方です(-_-;)

その方の発言ですから
連合の意向」を代弁しているのでは?・・・

連合も、選挙後、政治力が分散される事は避けたいでしょうから・・・


(コメント頂きました。アンパンマンさんありがとうございます。以降修正しました)

一般的に「比例当選議員は既存政党に移籍できない」と説明されていますけれど、
正しくは「当該選挙での名簿届出政党に移籍できない」のはずです。

今回の選挙で民進党は公認候補を出していない、つまり名簿届出政党ではないので
小選挙区当選者は言うまでもないですけど、立憲民主党の比例当選者も、
希望の党の比例当選者も、気兼ねなく民進党へ戻ることができるはずです。

ナント!
そうだったのか!!

確認しました(公職選挙法第99条の2)。
アンパンマンさんの言う通りだ!

選挙が終われば、政党助成金を140億?貯め込んでいると言われる民進に再集結可能

これは、連合の意向とも一致

「思想信条よりも、選挙に通る事が大事」

今回の騒動で、元民進の人達は、見事に証明してくれましたので、こうなっても全然不思議じゃありません・・・(-“-;)


もし、この人達が生き残り、選挙後、まんまと民進で再結集したなら・・・

「小池さんにしてやられた」民進党ではなく、

実は「小池さんを利用し、国民をだました」民進党になりそうですね・・・

<立憲・枝野代表>民進と連携へ 復帰は否定 – エキサイトニュース

と、枝野氏は否定してますが・・・(選挙中にハイとは言えませんよね(^_^;))

代表はともかく、中にいる方々は、そうは思ってないですよね・・・

橋下氏「維新に一度足をかけ、その後どこかに行き、小池新党に入...
スポンサーリンク


先ほど名前を出した「連合東京」

これはこれでスゴイ!

連合東京が推薦・支持する推薦候補者を掲載しています。

15名の推薦を出していますが、

立憲民主:14名
なぜか?公明党:1名(12区太田昭宏)
希望の党:ゼロ

都議選では、都民Fを推薦した連合東京

この判断(変わり身)も、すごいものがありますね・・・

東京での対応が、情勢調査にも効いてきてる気がします・・・

元民進の希望組
「当てが外れた」と嘆きが聞こえてきそう・・・


P.S.
連合頼みの選挙をやっていたら、いつまでたっても、まとまりのある現実的な野党は育たない。

連合の支援を受けた人達が落選し、その影響力が無くなれば、真の野党が育ってくるんでしょう

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5400万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. てて より:

    維新は小選挙区・比例合わせて現状維持が微減という情勢調査が多いようですが、
    現状維持は前回の寝返り組を含めた当選者数から考えると大敗といえる情況。
    特に小選挙区では1議席という予想もあるわけで、
    これは大阪から生まれた改革の危機、ある意味、大阪の恥でもあると。
    党首討論では、客観的にみて松井さんが最もよかったと思いますが、
    もう党首討論でアピールする場もありませんので、大阪での小選挙区への注力と
    他のエリアでの比例獲得に向けて、大阪の人にこそ頑張ってもらいたいです。

  2. 椿 より:

    今まで、国民の為に働いてこなかった議員、いわゆる【印象のない議員達】が、
    今回の選挙で、結構得をするかもしれないですね。苦笑。

    民進党の看板も上げないから、国民も「誰が民進党出身者」かわからない。
    イチイチ聞いて回るわけにもいかないし、
    本人たちも聞かれるまでは言わないでしょうから。

    民進党で出馬していれば、必ず落選する議員らが、
    無所属とか、希望の党とかを隠れ蓑に、当選する確率ははるかに上がったのではないでしょうか?

    以前にも言ってましたが、選挙に受かって、地位と給与を確保したら、
    また民進党同士で団結して、元の古巣(今は立憲民主党ですが…)に戻るか、

    はたまた希望の党を乗っ取るか…。

    本当にシブトイ奴らですね。(-_-メ)凸

  3. アンパンマン より:

    些末なことですが

    一般的に「比例当選議員は既存政党に移籍できない」と説明されていますけれど、
    正しくは「当該選挙での名簿届出政党に移籍できない」のはずです。

    今回の選挙で民進党は公認候補を出していない、つまり名簿届出政党ではないので
    小選挙区当選者は言うまでもないですけど、立憲民主党の比例当選者も、
    希望の党の比例当選者も、気兼ねなく民進党へ戻ることができるはずです。

トップへ戻る