橋下氏「IWJ岩上氏のリツイート内容は表現の自由を完全に逸脱している。ジャーナリストを名乗る資格はない」1/22のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下氏「米山知事は松井知事に訴えられて、自分が負ければ今度は僕を訴えるらしい」1/21のツイートより

政治家になってから今に至るまで無数の誹謗中傷を受けてきた。普通の人なら立ち直れないほどのね。それでも基本は我慢してきたが、どうしてもこれは許せないというものだけ、私人になってからいくつか訴訟を起こした。(中略)

3、知事である僕のせいで府の職員が死んだという虚偽ツイートを軽率にリツイートした岩上というジャーナリストを名乗る者に対して。

⑥岩上氏はたった1回のリツイートで何で名誉棄損になるんだ!と主張しているようだが、回数は関係ない。自身の表現行為にどれだけ責任を持つかだ。いわんやまがりなりにもジャーナリストを名乗り、僕も知事のときにぶら下がりで質問を受けた。府庁に一本電話確認すれば虚偽であることが分かる事柄。

⑦現職新潟県知事の米山氏は松井大阪府知事に訴えられて、自分が負ければ今度は僕を訴えるらしい。僕の米山氏への批判は最高裁平成9年9月9日、平成16年7月15日判決の範囲内。しかも米山氏は公人。

⑧岩上氏は僕の訴訟を言論弾圧のスラップ訴訟だと批判する。それなら光市母子殺害事件弁護団に関する僕のテレビ発言について僕を訴えてきた弁護団や(最高裁は僕の表現に違法性なしと判断)、その発言をもって僕を業務停止2か月に処した弁護士会を批判したのか。自分がやられたら喚き散らす。

取り消した「リツイート」は名誉毀損になるか…橋下徹氏に訴えられた岩上安身氏が会見 (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

【橋下徹氏からの訴訟に対し、表現・言論の自由を守るため、応訴して闘い抜くことを決意いたしました 岩上安身】 | What's New お知らせ

その会見を受けてのツイートです

(橋下徹氏twilogより引用)

岩上氏は会見で一番肝心な点をあいまいにしている。彼がリツイートした内容は「橋下が府の幹部を自殺に追い込んだ」という完全な虚偽事実だ。これは政治批判でも何でもない。そして府庁に電話一本かければ虚偽であることがすぐに分かる内容だ。ジャーナリストを名乗る以上表現の責任を負う。

あるメディアが、ある人物について人を自殺に追い込んだという虚偽事実を軽率に公にした場合、そのメディアはどのような状況に追い込まれるかを考えるべき。大手マスメディアなら廃刊・番組打ち切りは必死だ。場合によっては社も傾く。岩上氏にはジャーナリストを名乗る資格がない。

SNSで個人が情報発信することは非常に良いことだ。しかしSNSはいったん発信すると拡散は早く、自分が取り消しても、すでに拡散したものは取り消せない。だからこそ慎重にならなければならないところがある。この程度のことの認識が岩上氏にないなら、ジャーナリストを名乗ることを止めるべきだ。

リツイートを取り消しても名誉棄損になるか?は論点設定としては不当。自分のリツイートを消しただけでは、拡散されたものまでは消去されない。拡散されたものも全部消去してはじめてリツイートを取り消したと言える。だからSNSは怖い。この程度の認識がないなら岩上氏はジャーナリストを辞めるべき。

僕は自分に対する政治批判やある程度の誹謗中傷は甘受してきた。しかし僕が府の幹部を自殺に追い込んだという虚偽事実は政治批判でもなんでもない。しかも府庁に電話一本をかければ簡単に確認できる内容。岩上氏のリツイート内容は表現の自由を完全に逸脱している。ジャーナリストを名乗る資格はない。

岩上氏は他者には厳しく追及し、激しい言葉で罵る。岩上氏はどんな内容をリツイートしたのか、その内容についてどこまで裏を取ったのか、会見でははっきり言わず、またもや僕を批判する。まずは己に対していつものように厳しく追及せよ。それができなければジャーナリストを辞めよ。

<<下に続く>>

IWJ岩上氏・・・

2011福島原発事故後、しばらくは、政府やメディアが流さなかった情報を流そうとしていた印象がありますが、その後、IWJが資金難になってからは、急激に左に傾き、ジャーナリストを名乗る活動家みたいな印象・・・(-_-;)

(略)1月4日、貴乃花親方が日本相撲協会の理事を解任された。巡業部長という重い地位に就いているにもかかわらず協会への報告義務を果たさず、公益法人役員の忠実義務に大きく違反しているということが理由らしい…


弁護士橋下徹「小泉進次郎」論を語る
進次郎さん、あまり善人モードはしんどいよ

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る