橋下市長「安全保障法制について維新の党の対案と言われているものを新聞で読んだ。こんなのは対案でもなんでもない」6/18ツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ズバリ、言いますね(^_^;)

橋下市長 twilogより引用)
安全保障法制について維新の党の対案と言われているものを新聞で読んだ。(該当記事リンク)こんなのは対案でもなんでもない。政府与党案に少し難癖を付けている程度のもの。国民に歯止めをかけましたよと言い訳している程度に過ぎない。

維新の党の対案と言われているものでは、国民の理解は全く得られないだろう。この程度なら対案を言わず反対するだけで十分。対案と言うなら政府与党案の核心的な問題点を突き、もっと思想と論理が明確に分かるものでなければならない。

20日(土曜日)、維新の党の国会議員と激論することが楽しみだ。
(引用終わり)

20日、どのようなメンバーが参加するのか?
そして、その議論が作られる対案にどの位影響を与えるのか?
注目ですね!

維新は、するべき事をやっているだけ。だと思いますが・・・
ただ反対して廃案にしたいだけ、その後の事には、まるで責任感も無い、民主など他の野党とは、全く違う事がだんだん伝わっていってる気がします。

メディアは、このような野党の扱いに慣れず困っているようですが・・・(^^ゞ

関連
維新の党 20日(土)に大阪で「安保勉強会」橋下市長も同席
維新の党・柿沢幹事長記者会見「日曜の橋下・松井・松野・柿沢会談についてなど」2015.6.16

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る