橋下市長「松野代表・安保法制対案・野党再編について」6/19ツイッター

橋下市長 twilogより引用)
言いたいことは言わせてもらうが、維新の党松野代表をしっかり支えるのは当然。日本維新の会の立ち上げから今に至るまで、好き勝手にやる僕を全力で支えてくれた。今の維新の安全保障の案では国民の理解は得られないし、維新の思想も発信できない。だから僕の案を松野さんに示す。

今の維新の案と僕の考えと比較してもらいながら、党として国民にどのようにメッセージを発するかを決めるのは松野代表の権限と責任。特定団体等を支持基盤としない維新の党が政党として成り立つには、国民へのメッセージが全て。今の維新案では全くダメだ。

松野代表は今の民主党とそのまま合流など一言も言っていない。メディアの誤報だ。100人規模の野党を作るというのは当然のこと。そうでないと与党に対峙できない。党を超えて人をまとめるのは松野代表の得意領域。自民党と対峙できる野党は国のためには絶対に必要。

ただし、実行責任のない野党の立場を利用して無責任な主張を繰り返す野党は百害あって一利なし。自分たちが与党になることを前提に、責任ある主張で迫っていく野党が必要だ。日本にはそのような野党がなかった。だからそれを目指すというのが松野代表の考え。全力でサポートしたい。

トップは、組織メンバーのモチベーション維持のために現場で積み上げた議論を大切にすることはもちろん重要だ。しかしここぞというときには、自分の責任と判断ですべてをひっくり返してでも自分の考えを貫くことが重要。これができるのがトップであり組織の盛衰を左右する。
(引用終わり)

暮れの衆院選、松野代表は民主党県連と連合熊本の支援を受けて戦いましたので、メディアはそう思うのでしょう。
さりとて、維新の支持者も、信用し切れていると言うわけでは無いと思います。

今後、ある程度の落伍者を出しても、結束を強くするのか?
それとも、個々の選挙を考えて、分裂するのか?

もし後者なら、大阪と同じく、日本の未来も暗くなりそうです・・・
正念場ですね!

関連
橋下大阪市長「定例記者会見」(フルバージョン)2015.6.18
橋下市長「民主党の今の主張は、与党になったらほとんど撤回するはめになる」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る