(トランプ氏拉致問題提起へ)橋下氏「安倍外交の大成果なのに、森友・加計問題で、問題のある所を素直に認めず信頼がどんどん失墜していくことは残念だ」4/12のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

森友ごみ積算、近畿財務局が増量依頼 航空局に数億円分:朝日新聞デジタル

これが事実なら、なぜこんな程度の事実を、朝日新聞が報じる前に安倍政権は明らかにできないのか。会計検査院の報告書を安倍政権は読み込んで自ら調査の陣頭指揮を執るべき。安倍さんは技術的なことと言うが、この程度のことは政治家が説明できるし、しなければならない。

値引きは全く根拠なく不適正だった。敷地を掘り返してゴミを確認すべきでは?という追及に、財務省は校舎が建っており難しいと答えたという。捜査を理由に改ざん文書の確認を拒んでいた理屈と同じ。校舎が建っていないグラウンド部分はすぐに掘り返せるし、国会・政府の調査が優先されるのは当然。


トランプ氏、日本の拉致問題を提起へ 米朝首脳会談で:朝日新聞デジタル

これは安倍外交の大成果なのに、森友・加計学園問題で、問題のあるところを素直に認めず信頼がどんどん失墜していくことは残念だ。異常な値引きは昭恵さんの存在が少なからず影響しただろうし、実質的な事業者選定の段階で安倍さんと加計さんが私的な飲食をしたのも間違いだ。

加計学園問題の本質は、国家戦略特区制度が、制度改正手続きと事業者選定手続きを厳格に区分けしていなかったこと。制度の欠陥。形式的には区分けしていたが、実質的には混在。制度設計者は自分たちの誤りを認めない。制度がおかしかったので、一点の曇りもないとは言えない。

加計学園問題は、国家戦略特区制度の制度設計の失敗が本質。特区制度が純粋な制度改正手続きであれば、安倍さんと加計さんが獣医学部の新設を話し合い、がっちりタッグを組むことは当然。飲食も問題ない。しかし特区制度に実質的な事業者選定の意味合いが含まれていると、事前の会話や飲食は問題となる

安倍さんの認識の間違いは「自分の力で行政を捻じ曲げたかどうかが重要ポイント」というところ。違う。実際に捻じ曲げたかどうかではなく、捻じ曲げたと「疑われないように」手続きを踏んだかどうかが重要ポイントだ。手続き的適正(外形的公正)とは公正「らしさの」確保だ。

この観点で見ると、安倍さん・安倍政権に違法不正がなく、直接行政を捻じ曲げるような指示がなくても、昭恵さんの森友学園の名誉校長就任や、実質的事業者選定に入った段階での加計さんとの飲食は問題だった。朝日が報じる前に、森友土地値引きの不適正を自ら解明すべきだった。

<<下に続く>>


明日4/13は、ダウンタウンなう「本音でハシゴ酒SP」に出演!

4/12今夜 10時からは・・・

南北、そして米朝の歴史的な首脳会談が近づく北朝鮮情勢。これだけの情勢変化に対応するにはどうしたらいいのか。弁護士として民間の「やや…
国会では、IR(統合型リゾート)開始に向け着々と議論が進む中 これまで一番積極的に、IR誘致を推進してきた大阪・関西 そのIRの...

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

コメント

  1. 椿 より:

    ちょっと、このトピックとは違うコメントだけど、

    以前から思っていた事なんですが、大阪維新の会の電話対応はなってないね。(-_-メ)凸
    橋下さんがいる頃からなってなかったけどね。

    本当に「市民の意見を聞く」という姿勢が、全くなってないわ!

    もっと「チャンとした人間」雇いなさいよ!
    あの「うるさそうな、面倒臭そうな対応」してたら、
    維新ももう直ぐ潰れますよ、間違いなく絶対に!!!

    『大阪都構想の住民投票やる以前の問題』だわ…。呆れるよ。

  2. 椿 より:

    本当にココです!

    >実際に捻じ曲げたかどうかではなく、捻じ曲げたと
    >「疑われないように」手続きを踏んだかどうかが重要ポイントだ。

    そして、モリカケ問題も何も違法な事はしてないし、
    堂々としていれば良いし、誤解させたところがあれば、素直に認めていれば、
    なんら問題もないのに、【絶対になんの瑕疵もない!】と強弁するから、
    安倍さんを応援している国民からも、不信感を持たれるんですよ。

    本当に損!!!

    狡猾な野党連中の格好の餌食になって、吊るし上げられてしまってます。
    それに与党内の中にも、獅子身中の虫という敵もいる。

    アメリカもモチロン、安倍政権が、アメリカの利益に反してくれば、
    シナ・朝鮮と同じ反日に早変わりする「隠れた敵」だし、

    シナ・朝鮮も「鼻薬を効かせてある国会議員やマスメディア」を使って、
    安倍下ろし攻撃を大々的に仕掛けてきますしね。

    日本の正念場です!

  3. 仲井 より:

    小泉政権以降安倍さんにつながるまでああだこうだと言いながらも政権側で利権をむさぼってきていた連中がこの監督に安倍さんになってからそこがこいつらには冷や飯を食らわせられている。

    普通冷や飯というのはただ一時的と思いがちだが、ここまで食い尽くすだけ食い尽くせて来ていた連中らにすれば、奴らにすればそれがもう長すぎて長すぎて悲鳴を上げている状況。
    それまでほっておいても利権が向こうからやってきて何もせずとも転がり込んできていた金丸信以降の40年間ものこの甘い蜜を、日本の政権での利権部分、これをたらふく食ってきた朝鮮民族議員連中、これを手元に掴み握り持っていた連中は、わずか4年間ぐらいの安倍政権のこの間のことだと、その間だけの辛抱だと、普通国民はこの程度だと思うが、こいつらにすれば、もうここに来てもうこれが限界に来て、もう辛抱しきれないと、早くあのたらふくあぶくのように食えていた利権の時代が懐かしくなりだし、しびれが切れだした。

    でもここまでは一応安倍さん人気で政権が自分らにあるので、そう待たなくてもそのうち間もなく元のように利権があぶく状態になるだろうと、そう思っていた。
    我慢していたが、意外にも安倍さん人気が続きすぎると感じだしてきた。

    こいつらにすれば昔の利権で浸かり続けていたこの朝鮮民族連中にすれば、この4年余りはもう長すぎてるのだろう。

    あのまだ明けてもいないような早朝の番組での、TBSに出ては、そこで安倍政権はだめだだめだと、朝の討論での徹底してまだかまだかとにおわせる発言が続いていた。
    早く自分らに利権を取り戻せる政権をと、あらゆる追い落としの潰し工作での印象操作の安倍政権をつぶす内容で徹してきていた。

    私は思う。
    こんな
    ;日本の国家のことなど全く考えてもいない、
    ;拉致のことなど考えてもいない、

    私の見ている限り奴らが出てきた番組中には、いつの政治討論らしき番組の中でも、朝鮮民族議員の口からは、
    【北朝鮮がテロ国家でとんでもない極悪非道な国家だとは具体的にこの言葉を、公でのテレビの中でもこの言葉で直接発言して北朝鮮を文言で出してきつく糾弾しての出したものが日本での国会議員(朝鮮民族の議員ら)での朝鮮民族の議員の中では本当に居ない。
    (野中広務、辻本清美、古賀誠、福島瑞穂、山本太郎、共産志位;笠井、民進小川、長妻=こいつらの口から公のテレビに映る状況での、その場でのこの人間の家族においての一番大事な部分の拉致犯行について、犯行当時国である北朝鮮を糾弾の文言を発しての犯罪国家でテロ国家だと、とんでもないごろつき国家だなどと名指ししての攻撃的発言は、発言を見たこともないし聞いたこともない=つまりこいつらには人間のことなどどうでもいいのだ、奴隷制度の本質的感覚が身についた朝鮮民族独特の身についた感覚なんだろう、金が入ってくる仕組みの構築だけが日本にやってきた彼らの本当の狙い、子供など、人間のことなどどうでもいい、そこの身みやつらの狙いであり、それが金丸の時代はよかったと、40年も続いていたものを小泉が半分壊し、安倍政権で八割がた壊しだしてきだした。ここにきてこいつらがここに危機感が出てきている。ここでつぶそうと、でなければこのまま利権が遠のいてしまうと、今潰さないともう間に合わんと、奴らは思い出した)

    拉致被害者を救出での議論など、こいつらから出すこともない。

    今日報道で出ている大韓航空事件のあのピーナッツ事件のその妹のわめくシーンが音声で出てきている。自分以外を人間だとなど思ってもいない奴隷制度の典型が朝鮮国家民族の基本姿勢。

    ★日本のことなどこいつら全く考える範囲になどないし、ましてや一般国民についてなどこいつらは利権を得る道具にしか思っていない、
    よそのほかの種類の蜂巣に潜り込んでその子供に寄生して体内に自らの卵を産みつけて成長する段階で住みつき相手の体内に寄生したその蜂の養分、肉を食いつくして自らは成長する。
    寄生した幼虫の内部ごと食いつぶして成長していく寄生蜂と同じ部類の生き物。

    国家のためにも、日本からたたき出すべきである。

    ★ほかで書いた、海岸に貝殻放棄事件についてのこの内容だが、早朝に、大阪府警本部には連絡をした。
    事件での通常の遺伝子採取検査ではなくて、民族判別の検査可能な量の血液を資料として全員強制採取すべきだと伝えておいた。ほかの案件でもこれを今後すべての案件を対象に義務付けてやるべきだと。

    ★現状、安倍さん以外での日本の国家の総理大臣トップは、考えられないと、私は思っている。

  4. 仲井 より:

    だがその安倍さんでさえ、
    この今回大阪朝鮮民族連合にしか思えぬ政治団体での会合で、マイクを持ち大阪都構想発議について、大阪のこんな奴らの意向にゆだねるような発言をしてしまった。

    どんな文言でなのか、どんな言葉内容でなのかわからんが、この奴らが使う朝鮮民族独特のこの脅しが、安倍さんにまで効くほどに日本は現状朝鮮民族連合に侵され始め、もう完全に日本ではない自治体、日本ではない国家に制覇されるのはそこまで来ているように見える。

    誰か立ち上がれないのかねえ。

    朝鮮民族が作る
    ★世論調査
    ★世論操作、
    こんなものに脅されて、そのことで負けておびえて、本来の日本の政治行政をやれるものはいないのかって、
    日本民族が願う政治行政はできないのかよ!って。

    つくづく石井弘軌先生が今生きていればと、本当に本気で思うし、あの時期に殺されたことが、本当に悔しく思う。
    あの時期であれば、先生が殺されたあの時期であれば、まだ少しはこういう今のような朝鮮民族印象操作ができない状況の国家、日本社会の国民意識の情勢ができていたと思える。
    本当に残念で言葉も出ないほどである。
    【石井先生であれば今のこの状況を見てどうしてましたか?】と、今でもぜひ聞きたいほどだ。

  5. 仲井 より:

    つい先日、
    アメリカのニューヨークタイムスが、あのピュリツアー賞をもらったというニュースが入ってきた。
    その内容が、この間のアメリカ大統領選挙でのトランプとロシア政府との選挙における不適切内容があるという内容を取り上げたニュースが、それが今回の賞の理由だという。
    これをもって日本のメディア朝日系列も毎日系列他ほとんどの日本のメディアはそのことをトランプへのネガティヴ内容にくっつけていかにもこの賞を取ったこの疑惑?報道を称賛する報道をやった。
    トランプたたきの格好の材料として。

    実際の中身については、証拠も各省らしきことも、出ていないし何もないと言うのが今のところの大方の見方、見解のようだが。

    さて昨日、朝日新聞とほかの日本のテレビ局にも電話をしてみた。

    ピュリツアーというのは、この文言自体はどういう意味かを知ってるのか!と尋ねたらメディアでさえ、電話に出たものが、ピュリツアーというこの文言の意味をはっきりと答えられない者が居てた。
    ひどいのはテレビで今このニュースを報道で出した直後に連絡したにもかかわらず、それを本当のことを知らないものがメディアにさえ存在することに驚いた。

    日本のほとんどの人は、たぶんピュリツアーというのはこの賞は新聞記者の鏡にもなる賞だと、ピュリツアーという人はすごい立派な人で、そう思い込んでいると思えるし、この文言が人物の名前だというところまでは知っていてもこの人物が記者としても実に素晴らしい記者だったと、そう思い込んでいるものが日本のほとんどの人の感覚だろうと思う。

    だが現実は、真実はその全くの逆で、このピュリツアーという人物は新聞社のオーナーでありしかも記事について相当自分で意思をはっきりとさせる記者だったらしい。

    彼はあの当時のアメリカで新聞王と言われたウイリアムハートとともにアメリカでの新聞社主であった。
    ウイリアムハートはルーズベルトにまで影響を及ぼしルーズベルトの政治心情、思想まで変えさせたほどのアメリカ大統領選挙及び政界をも影響力を大きく持っていて、アメリカの政治を動かせるほどの力を持っていた。
    そのハーストという男の言うことをルーズベルトは聞かざるを得ないほどの影響力、力を持っていた。
    出なければ大統領選挙には勝てなかった。

    ハーストのおかげでルーズベルトは大統領に当選できた。

    当然新聞は売れに売れ、ハーストはとてつもない権力も同時に手にしていた。

    これを見ていたピュリツアーは、それまで思っていた記者というものは真実事実を報道するべきだという記者魂tも言うべき心情を、これをかなぐり捨て、思いの自分の新聞社の新聞が売れないことに困ってしまいそこで彼は自分の記者としての信条、思いを、思う気持ちをそこで棄てて、商売つまり新聞が売れる方法、当時のつまりウイリアムハートと同じ”あおり記事”、つまり嘘のでっち上げが多く含まれた売れるための”フェイクニュース”を一斉に紙面上に載せだし、とうとうアメリカでのこの新聞社も、ウイリアムハートとともに新聞が売れ出し、これでピュリツアー社は、このことから一気に莫大な利益を得た。

    このことが、のちにピュリツアーの心を責めだし、日々苦しみだした。

    彼は巨万のとまでいかないが当時にまでは、相当の資産をもうすでにつかんでいた。
    彼は悩みに悩み自分らが国民に向けて嘘のでっち上げたあおり記事を出しまくったこのことに苦しもこれを国民に謝罪をしようと、国民にどうやったら謝罪できるのか、やってしまったフェイクニュース発信というこの取り返しの利かないことをやったというその懺悔と、国民にこの間違いを犯したことの自分は許しを受けたいと、それにはどうしたらいいかを考え彼が実行したことがそれが自分の資産を提供してこのピュリツアー賞という賞を作って、記者は絶対にフェイクニュースを流してはだめだqでっち上げのウソの記事は絶対に出してはだめだということで彼はこの賞に自分の懺悔を込めて設けた賞である。

    自分の懺悔のために作ったのがこの賞の発祥である。

    つまり早い話がピュリツアーという男は自分が素晴らしいからこの名前を付けてこの賞を作ったのではなくて自分が犯した記者として報道として絶対にやってはだめなことを自分はやってしまったとだから後に続く報道にかかわるものは絶対にフェイクニュースなどやってはだめだという警鐘でありこれはまさにピュリツアー本人の自分がやったとんでもないことの懺悔の賞なのだ。

    日本のテレビ新聞を見ると何かピュリツアーが素晴らしい記者魂に乗った素晴らしい人物だったかに思わせて報道しているがここは実は全く違う。

    この賞をもらったものはまるで日本でいえば芥川賞や直木賞のようなピュリツアーが素晴らしいからだとかというニュアンスで伝えるがこれは自分の経験したとんでもないことをやってしまったことを、これを自分以降にはもう二度とこんな記者は出てこないようにとの記者への警鐘の賞である。

    まあ何でもトランプ批判にくっつけてやるテレビ新聞の日本のメディアのいかにも浅はかな朝鮮流である。

  6. 仲井 より:

    NHKもが完全に現政権に反旗を上げだしてきている。

    ここにきて、なんでこんな時期にこんなことまでと思えるものを、こんな内容は今別に出さなくてもいいだろうがと、なんでここまでこれをトランプにまでくっつけて、アメリカにまでくっつけての日本国民がアメリカで被害に遭ったと、日本人が被害になどと、報道で歴史の事実だというまがいに伝えるのかと、そう思わせる内容と思うものをドキュメントで再放送を連続で茶の間に流した。
    しかもそこの中には明らかに嘘の内容が挿入され日本人が被害にあったと明確にそう挿入されているナレーションのコメントで出していた。

    あれを見たら日本の戦時中戦前戦後のことを、本当の事実をきちんと教えられていない日本人も、アメリカという国は日本人に対してこんなひどいことをやったのかと、ついつい思わせられる構成にして、そう思わせるための工作が中に埋め込まれていた。
    巧妙な工作のやり方である。
    まあ言えば朝鮮民族が悪意を持って作り上げた、異常な朝鮮流思惑で作ったプロパガンダ甚だしいドキュメントである。

    中身は巧妙に仮装して作られていた。

    嘘で塗り固めた仮想部分の証拠として、一つの部分で私はすぐに気づいたが、これは嘘の内容だと、だが悲しいことに、これを見た日本人ですぐに気づいた人は少ないだろうと思える。
    第一当時の日本の中のことを、学校では今の50代位までぐらいのものは一切真実を教師からは教えられたことがないから。

    内容は、
    日本人移民があの終戦の前、つまり昭和の二十年よりもだいぶん前の時期に、大勢の日本人とされるもの(NHKでは日本人が、と伝えていた)らが、アメリカにわたりカナダへ移民をしていたというところからこの内容は始まった。

    カナダで移民で移住してすっかりなじんで生活していて、カナダでそれなりの資産を気築き日本へもかなりの額を仕送りもできる生活をやっていたが、その中で日本人で中途で日本に帰国して移住で稼いだ金で日本で資産を作った立派な人もいてたが、その地に残った日本人が、或る時カナダ政府から身柄を拘束され日本人収容所に入れられた。
    だが、その中で、一部のものは、その場を逃げて逃れて、日本に帰国したものもいてると。
    ドキュメントはその当時、現地のカナダから日本国内の実家に、稼いだ一部を仕送りをしていた家族を取り上げてやっていたが、その家族全員が写っているその当時の家族親族の一枚の写真を見て、そこで私はこのドキュメントのいかがわしさに気づいた。

    NHKはここのカナダに移住して居たのは日本人だ日本人だと取り上げており、しかもこの日本人が後にカナダで収容所に入れられた云々をとらえてこれは悲惨で日本人がアメリカ政府にこんなひどいことをされたんだと、これを絶対に忘れてはいけないとする状況でこのドキュメントは作られていた。

    いかにもごまかすいつもやる朝鮮民族のありもしないことをでっち上げて作り上げた全くの意味の違う内容にすり替えられていた。

    まずなぜ日本からあの当時カナダにまで日本在住のものが移住移民をしたのか、なぜあんな寒い遠方の国までいっていたのかという点。
    ここにもウソを入れてやっていたが、
    真実は実はカナダへ移住したこいつらの狙いはこの地に大量に生息してカナダでは現地の人がこれを誰も取っていなかったぐらいの状況で、産卵の時期には一シーズンで無数に川を上ってくる数千万匹のサケをとって金にしようと、それを日本に送ってこれで稼ごうと、日本から一斉にカナダへ渡ろうと押し寄せた。

    ところがこの日本から押し寄せた連中のやり方があまりにもえげつないやり方で、上ってくる鮭を根こそぎさらうようにとってしまいだした。これで嫌気がさし危機感を抱いたカナダ政府は一斉にカナダから日本人らしきものらを排斥行動に出て、カナダ国内からから追い出そうとした。
    この時に相当数の移民が日本に帰国したがまだ残った連中もいてた。

    鮭の密漁も含めての隠れてやっていたりひつこくこれをやめない連中も存在したりで、カナダ政府も困り果てていた。ちょうどそのころに起きた日米でのあの戦争で、カナダ在住のこいつらを、日本人とされるこの連中を今度は身柄を公然と拘束できる体制が軍で出来上がり、結果まだカナダで残っている日本人とされるものらを一斉に収容所に入れた。

    せっかく出て行けと言われたときにカナダから日本に帰国しておけばよかったものを、隠れて残っていたものなどが中心で拘束されカナダの収容所に入れられている。

    つまり追い出されてるのにまだ残っていたものが、ただ拘束されてというのが実情。
    それもよその国に移住で移民で入って、入ったはいいが現地の鮭を根こそぎ取っていたら、そら現地の人は怒るはずでそこから出て行けと、追い出されて当然である。

    もう一つは
    ★先ほどのそのカナダへ移住していたとされる日本人家族と番組で紹介されたその家族写真には、当時の日本では絶対にありえない姿が、その写真に写っていた。

    昔の日本を知っている人、昔の日本人家族が全員で自宅の前で勢ぞろいで映るあの写真を当時で思い出してほしい。
    その中で、その家族の中の奥さんである女性は、いったいどういう服装をして家族写真の中で写っているかということを。
    本当の日本人、本当の日本民族の家庭、家族親族ででもそうだが、当時の日本人の家での女性の服装で、【白い色の衣装、服装】というのは、こういう白い色の衣服は当時の女性は絶対に身に着けていないはずである。
    まず見たこともないし、身に着けていない。

    皆さんもあっちこっちで当時の日本の国内での家族写真で、写る女性の、女性が【白い服装】で映る家族写真など見たことがないはずで、まずありえないはずです。

    この今回のNHKが報道した、この中で出てきたカナダへの移民移住をしていて途中でアメリカ政府に身柄を拘束もされたと称する日本人とされたこの一家の、そこに写る写真は、日本人家族と称したこの写真を見る限りこれは当時の朝鮮で女性が身に着けていた衣装姿である。
    これを日本のNHKは、これをいかにも日本民族の家族写真だと紹介をししかもこの日本人一家がカナダで身柄を拘束もされアメリカにひどい目にあわされたと報道した。

    ★いつもの朝鮮民族がでっち上げて作るとんでもない作り話のウソの歴史の塗り替えである。
    あたかも違法移民の朝鮮民族を日本民族化のようにすり替えて騙し、朝鮮民族が日本になどいなかったかに見せかけるとんでもない嘘のでっち上げ工作の、悪質で陰湿な悪意の満ちた隠蔽工作を入れた情報操作での、日本における歴史の作り替え、嘘で塗り替えるとんでもない朝鮮民族のゴロツキの沙汰である。

    若い日本人の人らにも知ってほしいが当時の家族写真を見たらわかるが日本の当時の日本民族の女性は白い衣装など絶対に家では身に着けなかったし、それを身に着けていたのは朝鮮民族の女性だけであり、それがあるから日本人女性は家では灰色か黒っぽい着物の上に女性は白い割烹着でタスキをかけていたのだ。

    日本人に化けて日本人のふりまでして外国のカナダまで行って、泥棒まがいに現地で鮭をむさぼるように遠慮なく他人の土地で漁りまくって、挙句にたたき出され、追い出され、挙句に身柄を拘束されて、しまいにはアメリカ政府はひどい国だなどという設定に作り上げるこの朝鮮流の設定の工作には、悪意どころかもう反吐が出るし、生き物の地を疑うばかりの、獣と何ら変わらん生き物に思える。

トップへ戻る