(安田純平氏)橋下氏「危険地域に行って真実を明らかにすることは大切。しかし安全対策は十分だったのか?検証が必要」10/27,28のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(10/27)
野党間の予備選は、野党が一致団結、協力するための予備選ではない。他党を叩き潰すための予備選だ。野党間でそれくらいの切磋琢磨して初めて強い野党ができあがる。野党間の馴れ合いが野党を弱くしている。すぐに予備選のルール化を!これくらいのこともできないなら日本の大改革などできるわけがない


(10/28)
安田氏がその取材活動によって世間に伝えているものは、BBCやCNNやロイターなどの報道機関が現在伝えているものと何か違いがあるのか?僕が見聞きした安田氏の話は、単に自分自身が現地に行ったというところにしか価値がない。それなら世界の報道機関が報じているもので十分だ。

危険地域に行って真実を明らかにすることはジャーナリズムとして大切だ。しかしそれは安全対策をきっちりと行える者が行くべきだ。安全対策にはもちろんカネもかかる。不十分な装備でエベレストに挑戦する者に対してプロの山登りはバカと評するだろう。プロのジャーナリストの適切な評価を期待する。

安田氏自身が講じた安全対策は十分だったのか、それとも無謀だったのかの検証が必要。要するに、安田氏を盲目的に擁護し賛美しているジャーナリストたちは、もう少し冷静になって、危険地域に行く際の心構え、準備についてガイドラインくらい作れって話。これくらい、すぐにできるだろ!


習氏、拉致解決へ協力 安倍首相に明言 対北制裁「継続」(産経新聞) – Yahoo!ニュース

中国の意向を気にせずに靖国参拝すべきだ!と言う連中は政治センス0。そう言えるのは無責任な政治家・学者・コメンテーターだけ。責任ある政治家がやらなければならないのは、首相・天皇陛下が靖国参拝できるようにする靖国改革だ。これは憲法20条信教の自由の改正が必要。

<<下に続く>>

未見の方は是非こちらも!

橋下徹 「弁護士会を潰させてくれるなら、なんでも(政界復帰)する!」 毎週木曜 23:00 abemaTV AbemaNewsチャ...

こんなツイートを見つけました
これ事実なんですかね?


(出典:https://twitter.com/LeningradCowbo2/status/1055734933140860928)


(上記NewsBar橋下内で)
「英雄として迎えるべき」と言った玉川氏の事を、橋下さんが違うと言ってました

橋下徹氏が玉川徹氏に反論「安田純平氏は英雄ではない」 – ライブドアニュース


でも、なぜ玉川氏は、そんな「おおぎょうな持ち上げ」をしたのか?

玉川氏、忖度したんでしょう・・・

安田氏は数字(視聴率)が取れると!

もしかすると、今後テレ朝で独占インタビューをやるかもしれない

先読みし思いっきり持ち上げて、自社に貢献している事をアピールしたんでしょう・・・

上層部にゴマすりすりと言う事で・・・


国会議員が秘かに読んでる!?

憲法問答
橋下徹, 木村草太
徳間書店

【政治部門:ベストセラー1位】(10/25時点)

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    あの安田って、韓国人なんでしょう❓

    なんかゴチャゴチャ言い訳してたけど、
    全然納得できませんでした。
    むしろ疑惑が深まるばかり…。

  2. 仲井 より:

    八か月間、他人から拘束状態で、人間が足を延ばしたままで動かさなければ人間は歩くことができない。
    筋肉がどうのこうのではなくて人間の神経ってうまくできていて、動かすことを脳が忘れて自分でいくら動かそうと、例えばひざを曲げて前後に動かすことはまずできなくなるし、リハビリを長期間やったとしても、立つことが普通に足で歩行ができにくくなる。
    実際には動かせられない。
    ほとんどの今リハビリに通っている人らでも別に足の神経に異常がきたしていない普通に健康で脳障害も神経的障害の身体障害もない人であっても、これは人間はまず歩行で前後に足を屈折ができなくなり、痛く手とかではなくて歩く、卯木置かせるという行為を脳が処理できない状態になる。

    痛いわけでも何でもないし触っても神経は普通に通ってて別に異常はなくても脳が忘れてできなくなる。
    もう不思議なくらい人間は常に動かしていないと自分で動かせることすら無理になる。

    結果前に足を目や後ろに出して歩くことさえできなくなる。
    外科の医師がそれを常に言って、リハビリで自分が足を自力で動かそうとしても足が忘れていてできないということになる。
    動かせるようになるまでは相当期間かかる。

    それから行けば彼(安田)は、ものを食べていたが、シャキシャキと口も動き、口でものをかむ咀嚼行為も、足での歩行も、日焼けのレベル(屋内で監禁されていたはずが)も肌の艶も、目の動きも、顔の皮膚の動きも、階段を下りられる状況の身体も、ちょっと異常とも思えるぐらい元気であった。

    今日私は、知り合いと話をしたが、安田某は、彼は拘束されていなかったのでは?ということを言っていたが、私も同感で、高速の度合いはきつかったといってるが本当に拘束されたいたのかと、で身動きができない拘束だったというのに普通に身体はすこぶる元気に見えた。

    こいつは、
    裏を隠した野郎に見える。

  3. 先憂市民 より:

    仲井さんへ

    管理人です

    11/3にコメント投稿頂いていますが、
    その中で「マーズ、このウイルスも世界中で朝鮮民族にだけ感染する」と書かれています。

    この部分は、私には事実と思えないので承認を保留しています。
    (以前、投稿されたコメントでも同様の記述のあったものは保留しました)

    勝手で、申し訳ありませんが
    ご了承下さい。

  4. 仲井 より:

    現状そこらじゅう全国にあるリハビリ施設の現場を見ればよくわかるんだが、
    リハビリの療法士が患者と向き合ったときに必ず体験する内容。

    身体的に、運動不足だとか病気で投与された薬剤による副作用などでも、動けなくて身体が不自由になってるだとか、筋肉の衰えとか、
    何か脳卒中とかでの脳の外的、または内部的に何らかの物理的原因での障害によって不自由になって動かせないだとか、
    骨の密度が悪くて、自分の骨で体重を支えられずで結果動かせないだとか、
    または、何かの怪我を受けてその結果そこの部分の痛さによって動かせないだとか、
    足につながる神経、足のどこかで神経が遮断されていて動かせられないだとか、
    そういう場合は、
    体を、特に下半身の足について、動かない場合の原因で普通に指摘される内容だが、これは外的要素の内容での身体的不具合だが、そういう内容ではなくて、人間には想像できない内容で、現実に下半身が全く自分の意思で動かせることができなくなるという事実を、これを迎えるとんでもない症状が起きてしまう。

    全国のリハビリを受けている人は体験したはずだが、
    人間の脳の複雑さにはいつもいつも本当に驚かされる場面に遭遇することがある。

    今回の安田某について、
    テレビ報道で全世界が見たと思うが日本に帰ってくる飛行機内のしゃべる彼の顔の皮膚の動き、口の周辺の筋肉及びものを食べる租借行為の筋肉、皮膚の動き、全体的に受ける顔から首、手及び肩などの動き、皮膚の動き、目の動き方、そして一番驚愕したのは、飛行機のタラップを降りて階段を下りてくるあの動き、あの足の運び方と重心を斜め下に移動して降りるときの動作、そのスピード、
    これは整形の医師やリハビリの療法士から見てたら、一寸普通ではない言葉にならないほどの衝撃な驚愕的な内容に見えたことだろう。

    人間の脳は大体普通は、
    早い人ではわずか三か月もすれば、3か月も身柄を同じ位置で同じ態勢で足を同じ場所で動かせない形で縄で縛られていなくても、強制的に身柄を拘束されその場で動けない、トイレぐらいしかせいぜい動けない状態というのであれば、まず歩くどころかまずは足が自分の意思で前や前後、上下に動かすことができなくなる。

    拘束で身動きができないために、筋肉や骨の関節が固まってその原因で動かせなくなるものではなくて、全く違うことで、実は脳が足をどうやったら動かせられるのかを、動かす行為をこれを忘却し実は忘れてどうやって足を動かすのかが自分で(脳が)忘れてしまい全く動かすことなどできなくなる。

    これは軍隊でいくら訓練をやっていたものでも、また運動をやり続けてきたものでも全くみな同じで、一時的に全く自分の意思で足は動かすことができなくなる。
    つまり歩くことが誰かに支えられてしか動けない。

    安田某は、
    見ている限り飛行場でタラップを降りてきたシーン、昨日の記者会見場での身のこなし、身の動かし方、歩き方、これを見ていてまずこれは身柄を四十か月以上もの期間身動きできずに拘束されていた人物とは物理的に到底考えられない姿。
    こいつは本当に身柄を拘束されていたのか普通に怪しすぎる。
    捜査事情聴取は東京警視庁が担当するのかだが、警視庁の捜査担当は、この点を整形の医師とも情報を入れて、この安田某が今こういう状態が異常すぎるということも含めて、奴に突き付けてやればいい。

    私はこの男は身柄拘束の期間のその期間の中身と、また、今回解放されるそのずっと以前から数年前からこの男は身柄拘束などされていなかったのではと、あのタラップを降りてきたシーンを見て確信に近いものを持った。

    ★安田某には、二つの怪しきおかしな発言がある。

    ;まずは今ここに書いた内容部分。

    ;二つ目は、

    自分が韓国人ですと、あの世界に向けて発信された拉致脅迫されてる映像。
    彼は解放後に彼の口から取材陣に、
    「私は日本人だが日本人だといえばあの状況時には身の危険がありわざと韓国人だと発言した」と、
    周りから聞かれて彼はそう答えている。
    つまり自分は日本人であると明言した。

    安田某はこれから事情聴取を受ける相手が、担当があの東京警視庁だということをあまり気づいていないのか、東京警視庁が今どういう捜査手法をやっているかを彼は身柄拘束されて長い期間外国にいててその内訳を知らなかったのか知らんが、彼が日本人か朝鮮民族かは、日本の今の警視庁は、血液での科学捜査でどこの民族なのかはすぐに判別が可能であり、すぐにできる時代に来てることを永い間外国で遮断されていて気づいていないのかも。

    自分は日本人だといっても調べてもそこは判別などできるはずはないとでも思ってるのか、
    奴のミスはそういう不用意にあんな発言をやったことが命取りになるかもね。

    化学は今そこまで進んでることを知らないのかな?

    これからの警視庁の捜査に、彼はどうこたえてバレないようにごまかそうとするのか日本人の我々とすれば、そこを見てみたいねえ。

    本当に多くの世界中の人たちのために彼は行動していたのか、
    それとも、、、、、、??????

    それは警視庁の捜査で少しは判明しそうだが。
    事情聴取に日本の外務省が入ってくると、奴らは朝鮮民族が多いので、安田某や朝鮮民族応援団から逆脅しで脅されて事情聴取でまた日本国民へ嘘の報告を出すかも。

トップへ戻る