橋下氏「僕と百田さんの今回の靖國論争は、外交論争のモデルだと思う。お互いに信頼関係のベースがあれば、時に激しさを増しても、主張が平行線になっても建設的な議論になる」7/5,6ツイート

記事にするのが遅くなりましたが、記録の為残しておきます

橋下氏「首相になる可能性のある国会議員が複数人、首相就任時に靖国参拝すると明言すれば、僕の国立化分祀案は全て撤回します」7/4ツイートの関連ツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(7/5)

(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1146979292544294912)

そういうのは嫌味ですよ(笑)10万部おめでとう!という百田さんからの祝いの言葉も素直に受け取れなかったですね(笑)あとは国民の評価、それに基づく政治家の判断ですね。お互い、さらに持論を国民に向けて広めていきましょう❗️


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1147030113545883648)

ありがとうございます。靖國問題に関しては百田さんの主張が一つの大きな柱であることは間違いありません。僕の案はある意味挑戦です。多くの人にその違い、分岐点が何であるかが伝われば幸いです。百田さんの新刊夏の騎士は僕が言うまでもなく、初版10万部以上とは物凄いことです。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1147031513046761472)

そこ、冗談ですから!もう十分でしょう。あとは国民の皆さん、政治家の皆さんの評価に委ねましょう。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1147043325792247808)

もちろん!お互い、国のことを想い、全力でやりましょう。全力のエネルギーが何かを動かします。侮辱のない範囲で激烈に。

(7/6)

(出典:https://twitter.com/JapanLobby/status/1147039785103454209)

そこはもちろん、きっちりと対応しなければなりません。ゆえに国内では独立回復後、戦犯の赦免決議があったと思います。その話とは別に、戦争指導者に限っては英霊として国をあげて祀ることは避けるというのが僕の持論です。もちろん賛否両論があります。

国をあげて祀るべきではない戦争指導者の範囲について、日本の国家はしっかりと議論していません。全て東京裁判に委ねてしまいました。そして東京裁判に文句を言う。東京裁判は国際社会で否定するわけにはいかず、そうであれば、東京裁判とは別に日本自らが行うべきというのが持論です。

終戦直後、幣原喜重郎首相が戦争調査会を発足させて、戦争原因の究明に挑戦しようとしましたが、歴史の波の中で挫折してしまいました。ここでの大問題は、軍部が資料・記録を一斉に焼却してしまったことです。この記録を軽視する感覚は、今の日本の政治行政に引き継がれていると感じています。


(出典:https://twitter.com/simple_gaitame/status/1147342595678298112)

百田さん、このツイートを引用していますが、維新に僕に迎合するという文化、院政というものはありません。僕の見解についての単なる賛否です。もちろん僕への賛成者もいます。
ただし、それとは別に、議員の一般有権者に対する発言のやり方に問題があるとの指摘は、その通りだと思います。

百田さん、橋下が元凶だとか、橋下の負の遺産を引き継いでいるとかというツイッターを引用するするなら、直接僕に言ってもらえませんか?靖國論とは異なる第二ラウンドですかね。正当な指摘であれば、それは認めますが、いい加減なものなら反論します。


(出典:https://twitter.com/hata_got/status/1146810809013567488)

私人である僕が維新の議員に直接言及することは、おかしいでしょ?僕の名誉を傷つけられたわけではないのですから。何の権限でそれができるのですか?そんなことをやればそれこそ院政ですよ。維新の議員には現、維新の権限者が対応することです。僕はその権限者からアドバイスを求められれば対応します

これが組織マネジメント。巨大組織を動かしたことがない人は、僕が維新の議員に直接言及することを求めます。僕は維新の権限者にアドバイスするところまでで、あとは維新の組織マネジメントです。

ちなみに、僕は一般有権者の名誉を傷つけたことは一度もない。僕が暴言を吐くのは、公人、メディア、メディアを通じたインテリなどが、僕の人格を攻撃をしてきたり、おちょくったりしてきたときたに反撃するときだけ。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1147353324955430913)

冷静/・的確な御判断、ありがとうございます。維新の気に食わないところは、ガンガン批判して下さい。松井さんは百田さんのことが大好きなので、必死に対応されると思います。維新の権限者から求められれば、僕もしかるべき助言はしていきます。

百田さん、もし僕が元凶であるなら、それは僕の発信のやり方を深く考えることなく真似している維新議員が存在し、僕が代表時にきちんと指導できていなかったことだと思います。

相手が公人、メディア、メディアを通じたインテリであっても、単に批判されただけで、税金で給料をもらう議員たちが、人格攻撃的反撃をするのはおかしい。一般有権者の政策についても、議員がそれは認めない!と言うのはおかしいです。皆、僕のやり方の表面的なところを真似しているのでしょう。

そこを僕が代表時にきちんと指導できていなかった点があれば、それは僕の至らぬところで、元凶で負の遺産です。ただ、今の立場で、維新を指導等するというのもそれこそ院政になってしまうので、できません。維新のしかるべき立場の人たちから助言を求められればしっかりと対応します。

僕と百田さんの今回の靖國論争は、外交論争のモデルだと思う。お互いに信頼関係のベースがあれば、時に激しさを増しても、主張が平行線になっても建設的な議論になる。僕は日韓、日中ともにそのベース構築をした上で激しくやり合うことを望む派だが、そんな議論は不要という派ももちろんあるだろう。


(出典:https://twitter.com/piaco0701/status/1147495171115888641)

それは、僕に対して、おちょくってきたこともありますし、松井さんへのおちょくりでもありましたから。百田さんが、有本さんの件で怒り沸騰になったのと同じです。

<<下に続く>>


>僕と百田さんの今回の靖國論争は、外交論争のモデルだと思う。お互いに信頼関係のベースがあれば、時に激しさを増しても、主張が平行線になっても建設的な議論になる。僕は日韓、日中ともにそのベース構築をした上で激しくやり合うことを望む派

その通りだと思います

ただ「お互いに信頼関係のベース」があればの話・・・

過去からの韓国の振る舞いを見て
そういう関係を作る気があるとは思えませんよね・・・残念ながら・・・

橋下さんも、そんな事は分かっていると思うんですが・・・


最新刊!「トランプ式交渉術」をわかりやすく刺激的に解き明かす!

トランプに学ぶ 現状打破の鉄則
橋下 徹
プレジデント社
韓国大法院(最高裁)による徴用工判決から、日本政府による輸出管理手続きの厳格化(韓国をホワイト国から除外)に突入し、そしてついには韓国によるGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄と、日韓関係が悪化の一…

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 椿 より:

    日本と韓国・中国の間に【信頼関係は成り立たないし】、現実そうです。

    「時間をかければ…」と仰るかもしれませんが、
    もう70年以上日本は我慢に我慢を重ね、
    一生懸命、シナや朝鮮の不条理に付き合ってきましたよね?

    その結果、ますますシナ・朝鮮を付け上がらせ、
    【核ミサイルの照準を日本に向ける】という暴挙にまで出てきてます。

    彼らシナ・朝鮮の目的はただ「金」と「日本の技術を盗用」と
    「日本の国際社会での信用を貶める」事ですから。

    日本が何を譲歩しても、何を与えても、
    彼らの日本批判は止む事がない」と、一秒でも早く気づくことです!

    シナ・朝鮮との議論・対話は完ぺきに ”失敗に終わってる”じゃないですか?
    そんな失敗をまだ続けようとする人は、本当に【愚か者】以外の何者でもない。

    今までの経緯を見てきて、どこをどう押せば、
    韓国や中国と信頼関係が成り立つと思われるのか…。
    本当に不思議でなりません。

    また「戦争指導者を英霊として国をあげて祀ることは避ける」と仰ってますが、
    その意味も私はわかりません。なぜ避けなければならないのですか?
    「戦争指導者を英雄として祀らない国ってあるんですか?」

    あれば教えてほしいです。

    祖国を裏切ったり、祖国を他国に売った【売国奴】と言うなら、
    英霊・英雄として扱うわけにはいきませんが、

    戦争指導者はみなさん命を懸けて、祖国日本の為に戦われた方達ですし、
    その方達を子孫の私達が非難をしたり、
    「英霊として祀れない!」なんて上から目線の物言いは、
    非常に無礼極まりないと私は思います。

    国際常識に照らし合わせても、大変無礼だと思いますよ。

    戦争指導者達は「敗戦になったという責任がある!」と言われる方もいたから、
    その責任を受けて【不条理極まりない東京裁判】で
    ”絞首刑”になって、涙を呑んで亡くなったのではないですか?

    さらに、それだけでは済まされず、
    戦後、彼らの子孫も「結婚差別」や「就職差別」や「いきなり離縁されたり」
    学校では、みんなの前で「戦犯の子と教師にまで罵られ」
    【酷い差別や虐め】を受け、人生を捻じ曲げられて来たのです。

    これ以上、彼らに一体何をしろ!と言うのですか?

    シナ・朝鮮のように「死者を鞭打ち」
    「子々孫々に至るまで差別し虐め続ける」ような事をしたいんですか?

    戦犯戦犯と言うけれど、卑近なことで言えば、
    「スポーツの大会で失敗してしまった仲間」とある意味同じでは?

    でもみんな同じチームの仲間です。

    チームの誰かが大きな失敗をし、勝利を逃してしまったとしても、
    その子を責めますか? 確かに「その失敗さえなければ…」と
    正直思う事もあるでしょうが、
    それでも、苦しい練習を一緒に耐えてきた仲間であり、
    同じ釜のご飯を食べてきた仲間です。

    「仲間の栄光」は自分達にとっても栄光であるように、
    「仲間の失敗」もやはり仲間同士で分け合うでしょう?

    それが仲間であり、家族でしょう?

    日本人ってそういう風に育ってきたんじゃないんですか?
    失敗したら「お前なんかいらんわ!」「お前とは距離置くわ!」なんて言うのは
    最初から仲間でもないし、友人でもないし、家族でもない!

    シナ・朝鮮は【日本国内の分断工作】をしているのだから、
    そんな醜い工作に、日本人こそ騙されてはいけない!ないと思います。

トップへ戻る