橋下氏「(表現の不自由展)津田氏も自分事となったときに、ハッとその異常性に気付くと思います」8/7~11のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(8/7)

(出典:https://twitter.com/takenoma/status/1158972722195492866)

こちらこそ、ありがとうございました。大変、勉強になりました。見解については異なる部分もありますが、これから大いに議論していきましょう!


(出典:https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1158983204151279617)

トランプ大統領を批判するのは誰でもできる。しかし、彼から学ぶべきものを見つけるのがプロだ。

(8/8)
「『野党連合政権』に向け話し合いを 政治的分岐点は留保・凍結で」共産 志位氏 | 注目の発言集 | NHK政治マガジン

野党が政権奪取を果たすためには、地方自治体の首長を獲って地方行政権を獲ることが肝要。政策を語るだけでなく「実行」することによって、自分たちの政治を有権者に体感してもらう。維新が大阪で強いのは、大阪の有権者が維新政治を体感しているから。

野党は本気で地方の首長を獲りに行け!そして政策を実行せよ!

(8/11)

公的事業の場で表現の自由を守るとは、こういうこと。津田氏や実行委員の先祖の肖像を焼き、その先祖を間抜けな日本人と侮辱する作品も展示する。そして表現の自由の限界ラインを来場者に考えてもらう。激しい批判を覚悟しながら。


(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1160403480843919360)

まずは、津田氏や実行委員が先祖の肖像を焼きまくる作品を展示すべきですね。さらに先祖を間抜けと罵る作品も。これが表現の自由だと誇らしげに言うなら、津田さんたちに公の事業の監督資格はまず認められないでしょう。選んだ人たちの選任過失です。

僕は天皇に限らず個人の肖像を焼くことは反対ですし、特攻隊員に限らず死者を間抜けと罵ることも反対です。

自分の先祖の肖像を焼きまくり、先祖を間抜けだと罵る精神状態の人に、公金を預けるわけにはいきません。普通の民間企業の面接でも全て落ちるはずです。津田氏も自分事となったときに、ハッとその異常性に気付くと思います。公金を使わずとも僕はそんな表現には反対ですが、やる人を止められませんね。

<<下に続く>>

10/26 在阪局 おなじみのニュースバラエティに生出演! (番組紹介より) ますだおかだ増田、八木早希 橋下徹...
(略)政府与党は、利根川水系につくられた八ッ場ダムに関して、台風19号の豪雨に対してきっちりと機能していたと言い張った。2009年の政権交代時に八ッ場ダムの建設を中止にすると宣言した旧民主党系の野党各党は…

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 仲井 より:

    こんな奴は自分を振り返るなどしません。
    もし振り返るとしたら、中華共産党、南北朝鮮から言われてる、やれと、命令されていることで、
    「俺はまさかミスしてなかったよなあと、中華共産党、朝鮮半島からやれと言われたことをちゃんとやったよなあと、中華からお前何だこれは!と思われてないよなあと、裏切ってるとか、やっていないとかを、それをまさか思われていないよなあと」、

    そこは奴は常に怖がるだろうが、
    日本国家に向けてだとか、日本国民に向けてだとか、人間に向けてだとか、天皇に向けてだとか、日本の兵士についてだとか、そんなもんはこいつは全くごみ屑ぐらいにしか思っていない。
    こいつが、常に向いて怖がってるのは、
    こいつは中華共産党の命令に背いたと、中華から、朝鮮から、そう思われることが津田はもう寒気がするほどに怖いだけであり、日本について申し訳ないだとかの心の部分、子の心などこいつら遺伝子自体でもそもそも人間の心を持つ一番大事な部分はあの民族は、実は遺伝子検査で出て居るし、何しろ人間には絶対に感染しないはずのウイルス、獣にしか感染しないはずのウイルスに朝鮮民族だけが、地球上でこの民族の遺伝子を持つものは感染しているんだから、人間が持たないものをこいつら持っているんだから、人間とは違う遺伝子を持つ生きもんなので、中華共産党や朝鮮民族から、仕事をやれと言ってるのになぜまだやっていないんだ!と怒られることが、これがもう虫唾が走るほどにここだけが実はこれだけが津田は実は怖いだけ。
    そっちのほうだけ。

    だから橋下さんが言う心の部分などこの生き物には備わっていない。
    こいつら血の滴る生肉も食うのでは?
    喰っても不思議ではないと思うが。
    こいつらなら。
    多分好物では?

    ちなみに私は、生肉など口に近づけることなども気持ちが悪いし、近づけて匂いさえかぐのも気持ちが悪いし、まず気持ち悪くて口に入れるなど絶対に無理だし、反吐が出てくるが。獣はあれを好む。

  2. 仲井 より:

    今ネット上で流れている内容で、
    木下アキナ、別名は、朴さん  ( 木+ト=朴 )だという人もネット上にはいてるが、一応日本の表では、アッキーナと呼ばれている元ヤンのママタレ、彼女の件で結構きつい内容がネット上には出て居る。

    でもテレビには一切出されていない。
    誰がどっちに脅しをかけたのか、まあ脅すとなればその内容はただ一点。
    これがもう50年近く日本国内で今でもあらゆるところで実際に行われている【脅し文句】。

    ★【日本国籍をどうやって手にして持っているんですか?】という、この質問を投げかけるだけで、
    もうこの一点だけで相手に脅しをかけて、一切を喋らせなくして黙らせる。
    今回のアッキーナの件も、テレビ局側はこれで脅されているのでは?

    テレビ局はアッキーナの件を出せず、バラされると困るテレビ局は、報道で一切出せずにいてるのだろう。
    これを政治家や、あらゆる組織団体、大手を含む企業、組合、共産党、これらにやってきていたのが野中広務である。
    だが月日が流れてるうちに、この朝鮮民族が朝鮮民族に向けて行ってきて絶大な効果を得ていたこの【脅し】に、この脅し文句にはおびえずに、一切無視して野中が言う言うことなど聞かない人物が出てきた。
    これがあの小泉さん。
    この時点では朝日新聞も毎日新聞も実は多分喜んだであろう。
    こんな小泉さんのように脅しを逆にはねつけて脅し返してくれたので、これはありがたいと、これでの中からの脅しはなくなると、朝日や毎日新聞にしてもこれで野中からは脅されないとでも思っていたのか、だが野中広務はその時点では死んではいなくて、その後も延々朝鮮流仕掛けを続けこの脅し文句で、これに効果がある連中相手に生き延びてきていた。

    野中広務自身が、自分自身が同じネタで今度は逆に脅される羽目に陥り、結果毒饅頭を食わされたといって彼は政界の中枢から追い出されたが彼はここだけは一寸想定を見誤ったのだろう。
    祖国からものすごく起こられただろうがでもその後起死回生の北朝鮮祖国への見事な、あの小泉さん云々の失敗を覆すだけの壮大なプレゼンを野中広務はやった。
    尖閣諸島問題を記者会見で中国の立場を持ち上げたのだ。
    これで中国は北朝鮮への援助を国連違反であっても延々と裏で継続した。

    この野中が小泉を甘く見て脅せると踏んだことのこの失敗の見返りに、北から狙われて野中は殺されないためにもここは祖国北朝鮮への贈り物、祖国北朝鮮が喜ぶ内容をぶち上げた。
    中国での野中広務の世界に向けてのあの大ウソのでっち上げの記者会見をやった。
    尖閣は中国と日本の両方のものだまがいの内容で。
    田中角栄もそういって私はそばでそれを聞いていたなどというもう嘘もここまで就くのかという程の大ウソまでかまして世界に発信までした。日本の元官房長官という肩書を出して。

    これは小泉さんへの仕返しであり、北朝鮮国家及び中華共産党への自分の失敗を挽回させる忠誠を誓う記者会見であった。

    話が戻るが、
    彼女の行った今回の内容が、まさにこのここに書いた介護施設や、老人ホームでの【入所者】と【介護人】の関係で起きている内容とほぼほぼ同じで似ているし、まあ言えば同一の内容にたどり着く。

    ①;彼女が初めにネット上に発信して挙げた文言、
    そして、
    ②;その後にとどのつまりになって、彼女がネット上に発信して挙げて出した謝罪の文言、

    時系列で、
    この、①と、②の間で、この間で、彼女は、今回ネット上で晒された彼女自身が送ったとされた送信の文言の記録、人間では出せないような一寸普通やれない文言の内容を、一般の普通の人相手に、相手側に、ネット上も、また世間一般の目にも一切知られない場所で、隠れた場所で、表からわからない場所で裏では脅迫と取れそうな文言で見えないところで実は相手さんに送っていた。
    そして同じ時系列のタイミング頃に、ネット上の世間一般が見えるところには、か弱き姉妹がこんな被害に遭って本人は非常に気持ちで苦しんでいるかのような、そういう自分らはこんな被害に遭いました、相手はひどいところですと、まさに自分らは今物凄くつらい思いをしていますと、現状弱い立場を演出し見せつけるような、ネット上の者には同情まで誘わせまがいにネット上に発信した。

    表では被害者の顔を見せ、
    裏では人間であれば出来ないようなことをやり、しかも、それは絶対に表に出ないと思い込んでやっていることのこの怖さ、現状日本に有る朝鮮人がやっている大手新聞社テレビ局、このテレビ新聞がいま行っていることと全く同じ構造。
    NHKをぶっ壊せで出て居る立花さんの内容を報道するときは、とにかく彼を犯罪者でもないのにまるで犯罪者に仕立て上げて報道する、テレビ局新聞社のほうがもっと物凄い国家を破壊させようとする犯罪行為を立て続けで行ってきているのにそこを全く隠し、国民には目の届かないように裏で悪の限りの工作を仕掛け(ここが今回のアッキーナと全く同じで自分らは政府の被害者だと、日本国家から被害を受けたと、この朝鮮流エッジの角度のこの仕業が、全く逆であるのにこれを被害を受けた側というように勝手にでっち上げこの悪質さそのものが、アッキーナが行った悪行と全く同じで、これが朝鮮民族奴隷らの本文、常道)必ず自分たちに都合のいいことに見えるようにしか報道しない。
    国民が直接被害を受けている各種犯罪行為を起こしてるのが、その中心にいてるのが実はテレビ局新聞社なんだとか、日本を作ったでっち上げた創作の悪行の歴史の物語、シナリオでの印象操作で国家ごとこの日本を破壊に向けて行っている中華共産党、朝鮮プロパガンダを被害者という立ち位置に置き換えて表で被害者面をして、日本国民をだまそうとやっている。

    朝鮮民族が日本中にはびこりしかも日本人に見せかけて日本人がやっているかのように見せてテレビも新聞もそれを見せる。
    国家ごと、日本民族ごと、奴ら潰しに来ているのである。
    津田だいすけらグループなど、その典型で、表で見せているこいつらはほんの小ワッパであり、野中が死んで以降にこの構図が変わりつつあるのだろうが、先日金丸信の息子が60人ほど連れて北朝鮮入りしているところを見ると日本での金日成から延々指示をつないで行ってきた野中広務が果たしてきた日本での北朝鮮工作機関の実態のこの40年ほどの役目を、彼の没後、今後誰が野中を引き継ぐのかその指示を仰ぐために、それを引き継ぐのが誰かを決めてもらうために金丸信の息子らは北朝鮮入りし、日本国内だと公安から盗聴されるので、直に金正恩に拝謁し(閣下!!へへ――――とでも言って土下座でもするのか)会って、直接言葉で伝えてもらうために、金正恩の命令指示を奴らは仰ぎに行ったと思える。

    まあこいつらあそこに名前を連ねた70数名の名簿で出している連中などは、日本で感じてればこいつら北朝鮮に向けて物凄く影響があるかに見えてしまうが実は、金正恩から直接物を言ってもらえるような連中ではなくて、ただの北朝鮮中華共産党のゴミレベルの使いっ走りのレベルであり、北朝鮮からすれば、いつ殺してもいい駒でありいつでも狙われ北朝鮮刺客から殺される運命にあり、中華共産党・朝鮮からの指示命令で動くただのもうほんのそこら辺の小ワッパぐらいでしかない。

    ただこいつらが表で印象操作の活動するので、其れにまんまと騙されるものが出てきたりもするので、日本国民に見える形で、公安や日本政府自体が中心になってそっしんして、こいつはスパイだったと目に見せて国民の前で逮捕して見せるだとかをやるべきである。

    そこは日本政府は徹底的にネズミの一匹からでも潰して、奴らの中での、内側からの裏切り者を見つけて、中華共産党と北朝鮮韓国の狙い思惑活動方針の具体的内容の情報をその仲間割れの裏切れるものから漏らさせることだ。
    アメリカCIAがよくやる手のあれである。

    米軍からそういう指導のできる専門官を日本の公安職員の養成の講義講習の教師に招いてもいいぐらいな状況に今日本は来ていることを国民も知るべきである。

    今回のアッキーナの状況を見ているとよくわかるでしょう?
    先ずマスメディア、新聞テレビが一切報道しない。
    立花さんが訴える内容も、テレビ新聞は、立花孝志が日本で存在していると言うことすら消してしまいたい思惑が見え見えでありこれこそ朝鮮中華共産党がやる朝鮮流の工作印象操作そのものでありアッキーナについても表で知られるとまずいテレビ局が困ることがあるということだ。
    脅されているといったほうが一番早い。
    朝鮮民族が朝鮮民族を脅すと言えばもうはっきりしている、
    その内容は、まずは、何故朝鮮民族が終戦後時期に日本国籍を持っている野かという部分、まずはこれで脅される。
    【バラすぞ!】と。
    そのうえで金を渡され女を提供される。
    この実態を今度はまた誰かがこのことをまたバラすぞ!と脅す。
    朝鮮民族は、脅すネタは止め処が無く何処までもこれを引きずって常に何十年経とうが、この一点だけでその人物を手玉にとれる、いうことを利かせられる、脅し続けられる、だからそういうことが可能な民族の朝鮮民族をテレビ局新聞社は選りすぐって朝鮮民族に絞って採用入社させるのだ。

    何か反抗されても、ちょっと来いと呼びつけて、【バラすぞ!、お前だけでは無くてお前の一族。遠い親類親族まですべてが国外追放の内容が問われるぞ!】と脅されるのだ。

    朝鮮民族同士であれば、これがいつでも使えるので、これを使えてどちらが使っても効果が出る、バラされると困るとその時思った側ものが弱みを握られたことになり、その折には相手に屈服し、これ以降その組織内部で常に脅され続け、これをされ続ける民族、これが常にどちらの立場になっても使えるというもの同士が同じ中で居てれば、これを使えればいうことを利かせられ黙れと言われれば黙る。
    これが今のテレビ局内での実態である。
    立花さんの今回の埼玉補欠選挙など埼玉県のホームページにさえ選挙がありますという工法が出されていなかった。
    完全に抹殺することを朝鮮民族同盟が互いの脅しの中でいうことを聞かざるを得ない状況に組織だてられてきている。
    だからあれだけ異常な行為をやっている辻元清美を、日本の朝鮮民族テレビ局は絶対に彼女を追及できないのだ。
    追求すれば【お前の国籍はどうして日本になっているんだ?】と脅されるからだ。

    これをここ40年以上日本国内で、政治家が、霞が関が、朝鮮民族から脅しでやられ、また相手に向けてこの脅しを使ってやってきたのだ。
    だから昭和40年代と昭和50年代以降とは、日本が日本国家から日本が朝鮮民族の国歌に入れ替わったその分岐点なのである。
    学校も企業も大学も公務員も大手企業、研究所も、病院も、テレビ局新聞社週刊誌に至るまでそのあたりから学校が変わりだし朝鮮民族が日本人に入れ替わり学校に気だし教師も朝鮮人に入れ替わりだし結果ここまででこんなに日本国内が朝鮮人の国歌になってしまった。

    呑気な日本人は気づけずに日本国籍を持っていたらそれは日本民族だなどという騙されたものを男の疑うこともなく信じ込み、狡猾で卑劣な日本に渡ってきた違法移民の朝鮮民族に知らない間に教育の現場を仕切られ寝取られてしまい、着々とまずは公務員の世界、そして学校、政治家へと、日本がこうやって朝鮮民族が思う通りにできる体制に変わっていったのだ。

    騙す、嘘を言う、でっち上げた内容を事実に見せかけて互いの見えないところで吹き込み喧嘩をさせて仲たがいを狙ってさせる、陥れる、錯覚させ偽装する、戸籍国籍住民票、肩書出身身元を偽造、他人やでっち上げた人物になりすましの背乗りは普通にやり、名前を複数持ち使い、調略する折にはまずは脅しをやってそこで金銭を握らせる。朝鮮流はそれを行う前に必ず今回のような愛知トリエンナーレのようなこういう内容の集会だとか後援会だとか研究会だという名目でイベントを行う。

    ジャニーズが毎年大きなステージで大々的に行っていた戦争反対ショーの公演イベントの内容も、反日反戦、結果軍備縮小を叫ぶ中華共産党と朝鮮の意向の丸入りの、日本の軍備、武器の廃止縮小を唱えるイベントの大ショーであり、この日本の天皇の肖像を焼くという狙いのトリエンナーレと、もう瓜二つの、種類のエッジをたがえただけの、向いてる方向は全く同じの中華共産党朝鮮の要求、狙いと全く同じの、あの愛知や広島のトリエンナーレとは意向意思的にはほぼほぼ向いてる角度は同じ民族でもあり同じ意思の基やっているつながるその一環である。

    国籍のことを、だまし取った日本の国籍の件で脅されて、身動きできないようにされている。
    でもこれは勇気を出して俺のこともばらせよ!、
    その代わりお前のことも同じようにバラすぞ!と、開き直って逆脅しで脅せばいいんだが、そうすれば相手はそれ以降ひるんで直接脅しには来ないんだが、でも、日本の歴史において表立ってそれができたのはここまで小泉さんぐらいか。
    この互いが持つ弱みを互い同士で握りあって結果互いを隔し互いで言うことを利かせあって日本の国民には肝心な不正不法事件内容は隠してまだそれを告発しようとしたものを殺したり抹殺したり潰したり脅す。
    だから同じ職場の従業員は、朝鮮民族同士のほうがそれを解っているのでやりやすく、朝鮮民族を特別に選りすぐってテレビ局新聞社はそれら民族を入社採用するのだ。

    まあ朝鮮民族は昔は女性は貢物だったのでそちらのほうの得る得の物も加味して意味も兼ねて肉体的にも風習としてすぐに親しくなれるという意味合いもあるのだろうが、朝鮮民族同士であれば男女の関係は常に女性は貢物であり肉体関係に朝鮮の女性はあまり自制心が、こだわりがなく、金銭と、馴染み、既得権さえあればそんなに抵抗を持たない慣習も朝鮮では歴史的にも何百年という期間、根付いていることもあるが。

    日本人と、朝鮮民族の違いというものをやっぱり日本人は見つめなおす時期に来ている。
    津田大輔らのようなこんなことをもう日本中で平気でやろうとやっている実態はもうすでにそれを仕組んだものと協力するものが日本の国内で全国に配備されていることを証明している。

  3. 仲井 より:

    以前にここにも少しだけ書いたことがあるが、
    以前に居てた、大阪府警本部の本部長、
    この方は、ここまでの今までの大阪でのいわゆる朝鮮民族による公安が対象にかかわって手掛けるもの、日本国家への破壊活動に関する工作機関内容、奴らが常に仕込む資金不正調達事案、これらの内容の取り締まりに対して、私が知っている歴史においては本部長として一番対策対応を、取り締まりに相当な指導力をもって力を注いでいた人物はいなかったと、思っている。
    過去にはあのゲーム賭博事件の折、大阪府警本部内だけでも108名もの現役警察官及び関連団体に天下っているOBを対象に逮捕者及び懲戒処分等が行われたことがあるがでもあの時にはもともとの根本の部分、不法行為をやっていた朝鮮系連中らの根っこまではそこまでは逮捕で突入はできず結局は大阪に有った警察学校の校長さんがビルの屋上から飛び降りて死亡といういかにも自殺に見せかけられた事件が起きている。

    朝鮮国家直営であった豊田商事事件も、仮に座らせられていたトップだった永野が、読売新聞社大阪本社ビル隣で、読売新聞社販売所との間に挟まって建っていたマンションビル内に事務所があってそこに寝泊まりもしていた、西天満の確か11階建てだったと思うが、その事務所兼用のマンションの一室の室内にて、二名の朝鮮民族にサッシの窓枠を壊され窓から突入されサーベルで室内で斬殺された。

    これらすべてが実は、あのときも、悪の本丸は隠されたままで、表だけを逮捕という流れ、殺害事件まで起きていながら、疑われていながら、さらっと、それで終結されてしまっている。
    中川昭一議員殺害事件もそう、森友事件での二名の不自然な死亡事件、また、NHKにかかわる物でも不自然な殺害事件、同じ、サンフランシスコ市長の不自然すぎる殺害と思える事件、また、中国共産党ファーウエイ娘にかかわる米国在住の中国人教授殺害事件、これらも皆たどっていけば、まあ思うが、皆一連はすべてが同じコース上に存在する。
    他にもいろいろと思い出すが。
    それらも、殺害事件も同じ。
    戻るがこの大阪府警本部の当時の本部長はこの間生事件に相当突っ込んで体制強化でやっていたが突然に退陣に追い込まれた。
    表向きは普通退任の状態に見せかけていたが。

    私は関生事件の本丸に近づき過ぎ、その結果こいつはまずいと、その前からどうやってこの本部長を退任させるか、潰すのかを狙っていた朝鮮中国の息のかかった東京をはじめ警察庁の連中らが仕掛けた罠にあれだけ頑張っていた本部長もやっぱりはめられて、はめられたとしか思えない。

    連中が卑劣で薄汚いいかにも朝鮮民族が考え考案しそうな手口、一つの仕掛けを作った。
    それがあの時に起きた、あの拘置所からの脱出逃亡犯発生という、大阪府警本部内で起きた前代未聞の不祥事と報道されたあの内容だ。
    とくに恥ずかしい事件だとされ大阪府警として初めて府警本部長が表に出てきて府民国民に向けて顔を見せてトップが謝罪のコメントをしカメラの前で頭を下げた。
    これで責任ということになりこの凄い本部長はこの件で追放の身になった。
    最後に名誉を得るのではなくて、ありえない現場が起こした内容で、不名誉な汚点を押されて退任した。

    でもこれこそ私は完全に中国朝鮮の息のかかった警察庁や中國、朝鮮の民間で日本国内で常に動いている工作員、手先で動く工作員が仕掛けた罠に嵌められて狙われた結果の内容だと思っている。
    第一周りには現実刑務官は存在していてたしガラスを蹴破る、轟いて響き渡るような大きな音も数度現場では出て居たはずであり、それをだれも聞いていないなどと証言する常駐していた刑務官ら、これはもう完全に仕掛けられた内部間での共通の仕掛けられた犯行であり、手名付けられた刑務官数人がそこにかかわっての犯行であり、手助けを現場の刑務官自らで行った逃亡劇である。

    つまりこの本部長がこのその場所で陣頭指揮されるともう非常に困る、都合が悪い連中がそこにはいてて、そういう連中が中國、朝鮮からの例の脅しと金銭と女で使いっ走りをさせられ、あの時の逃亡劇をわざと創り上げてその仕掛けを掛けてきたと思える。
    当時の府警本部本部長は、この関生事件に関しては並々ならぬ取り組みをやっていた。
    就任当初時から自らが先頭に立ち暴力団関連と同じくこれを同時進行で(どっちみち同じ朝鮮民族の同じ輩でつながる同じ行いの同じ内容の同じ政治グループとつながる朝鮮民族奴隷集団連中組織)やっていくと宣言し絶対に歯止めなしに頑張って次々値手当たり次第に摘発しだした。
    当然中国、朝鮮韓国は非常に困るわけで例のあの、
    「君は、日本国籍はどうやって手に入れたのか」というこの朝鮮民族得意の一手、この脅しを、日本の警察庁関連に、やつら工作員は徹底して脅しを掛けて行ったのだろう。

    金銭で困ってる警察関連の人物には金を握らせて。

    あらゆるところに向けて発し、それで脅され怖くなったものの中に、中国、南北朝鮮の工作員の意志でいうことを聞くものが現れ、多分警察関係者及び刑務官、拘置所関係者が、そういう手先で動く連中がそこにも居てたのだろう。だから誰もができないと思っていた現場であんなお粗末な誰が考えても刑務官が手助けしたぐらいしかできないと思えることが起きていた。
    不思議なことにこれが本部長職の追放に値するかのようにテレビ新聞が叩きはじめた。
    朝鮮民族と中国共産党が仕組んだ脅しに今度はテレビ局新聞社も脅され金を握らされ結果この大阪府警本部長は汚名をかぶせられ現場のトップを退かされる羽目にされた。

    余程、関西生コンの件で政治家のあいつやあいつが困る内容、それが出てくるし、この本部長ならとんでもないところまで暴いていくのではとそう思われ怖がられ、今のうちに不祥事を起こさせてでも追放させようとたくらんで仕掛けられたと思える。

    こんなことを言うと面白?んだが、
    おかげで私にも影響が出てしまっている。その時に。

    あの事件発生後以降、一時、連絡ができなくなり、しばらく連絡できる部署がふさがったままで一時経過していた。以前にも捜査官が1人、私の伝えていた事件捜査を個人的に機密にやっていた刑事さんが、突然連絡ができなくなり、(今でも行方不明状態で姿が消えたままになっている=府警本部には記録上は在籍からもうその後は抹消されたままになっている=その後の行方についてかん口令が出ているようで事情は教えてもらえていない)行方不明になってしまい、非常に困った時期があったが、ちょうどその折も部署が突然解体されたりがあり、書類もすべて消えていたり、それに似た状態があの逃亡劇の時も、一時的に起きていたように感じた。

    この拘置所から逃亡というこの折には、私も本当に困ったときがある。
    ちょうどあの頃ほかの件で或る別の刑事さんに伝えていたことがあって、そのことをまあやってくれていたその最中に起きてしまい、突然に人事異動ということが起こり、それが府警本部内で結構大きな移動が起こり(私にすれば)、突然に人員の配置移動が起こり、もうこっちにすれば【えー?なんで?】ってな具合で、
    【じゃあ、こっちはまた違う刑事さんに?ってえ?――】、
    もう本当に非常に困った時期があった。

  4. 仲井 より:

    今回日本で開催された、ラグビーワールドカップ。

    ;日本という国は一体どういう国なのか、
    ;日本民族とは一体どういう民族なのか、

    そもそも日本という国さえも、ご存知のなかった世界の国の人たちもきっと居てたであろう。
    地球儀で見たら、日本列島などもうほんとに小さく見え、か弱そうで今にも何処かで折れてどこかでちぎれてしまいそうな領土でつながる、ほんと国には見えないほどの領土らしくは見えないような姿を見せているのが日本という国だ。

    本当に小さな国に見えるこの日本国だが、それでも領土領海は世界でもトップクラスの広さを持つ国である。
    日本人の多くがあの英国、つまりイギリスよりも実は、領土は日本のほうがデカいということをご存知の方が日本に一体どのくらいいてるだろう。
    あのフランスとだって大きさは少しだけしか違わない広さを日本は持っている。殆どのヨーロッパ諸国の国よりも日本のほうがかなり領土は広いのである。

    人口に至ってはもう人がひしめき合っているといっても過言ではないほど、こんな小さな島国に1億を超える人が住んで実際に日々食べ物に窮することもなく世界レベルでも日々普通に生きていける社会構成が築かれ出来上がっている。同じ領土の広さなのにスエーデンの人口、国民の数ははわずか600万人しかいない。
    これほど広い領土と広い領海に広がる日本で、これほど南北および東西にまで、人同士が国内では触れ合いまとまり、これほど他を傷つけることなく日々送る生活を何千年も過ごしてきた国はあんまりないであろう。
    その伝統は今でも質実剛健にして、心はと言えば心温まる人柄、しかも礼儀正しい民族という誇りに満ちた民族が日本民族である。

    世界中見渡してもほとんどの国が、自国の領土にしたい、他国のものを奪いに行くための目的のみで争いを仕掛け襲い、常に他国と争い、領土を奪い、財産を奪い人の心の自由さえも奪い、しかも領土、その地の民族を奪ったのちにはその国の民族を虐殺するか奴隷としてすべての人間としての尊厳、内容を奪い取ってきたのが、欧米をはじめ東アジアの薄汚い山賊の泥棒上がりの連中で、そこに日本はいなくて、日本を除くそいつら国家である。
    これが消えない世界中の国の歴史である。

    世界で唯一他国の民族への虐殺奴隷化をやっていない、其れだけ人間のことを、人の心という部分を何よりも大事に思い、もう極めていけば自分の命よりも周りを助けるくらいの心構えで臨むほど日本民族の心は清く澄んでいた。
    どんな世になっても現れると誰かが言い残したが、その泥棒でさえ、貧しい人のために、お金持ちから盗んだものを配ったという言い伝えまで或る。

    阪神大震災の折にも、東日本大震災の折にも、イの一番に、「ものをくれ」、「個人被害を保証しろ」と、真っ先に叫んでその不満を大声で張り上げ国に要求し、時の政権ではなくて、国家そのものを攻め立てたのは、日本民族では無かった。
    やっぱりなあという状況であった。

    阪神大震災の折、世界中で起きた大震災であの国道二号戦場のあの一部のあの一角だけが、原因さえ不明の火のないところからなぜか大きく燃え上がり、火災が発生した。どこもまだ何も火の気も立っていない時点で。
    其れもテレビなどで地震災害はそれだけでは火災保険では保証されないという専門家の意見が出された瞬間から、その一角だけが、その区画の場所だけが初めに一斉に燃え出した。地震発生から24時間とか中には2日以上経過してから火の手が上がるといういかにも奇天烈なことが起きていた。
    その一角がどういう地帯だったかは日本人であればよくわかるんだが。

    日本の中で、この日本が、今回のラグビーワールドカップで起きていた日本人の姿が、他国から見ての日本という国、日本人というその姿中身が、これが他国の人から見てもどれほど凄いか、どれほど価値のある民族かを、改めて知らしめたが、そういう世界中から日本が、日本人が、讃えられているこの状況の中で、これとは全く真逆の、
    或る時期までは、西アジアにまで足を延ばせば欧州が目の前で怖くて近づけない、そうかといって南の中近東やインドのような方角までは大きな山脈に囲まれて出向いていけない、だから距離は近くでも行けない、怖くて。
    仕方なく、怖くて行けないがでも東アジアであれば原野だがまだ何とか強奪だけで生き延びていけると、こう考えたこの今の中華・朝鮮の山賊連中らは、東アジア地域での広いなにも生えないただ放浪の原野で、仕方なく日々ただ強盗と強奪で日々暮らしていた。

    もうドロボー民族の集団のような連中が、それまではモンゴルの草原を逃げまどいながら放浪の山賊をやって、人から物を盗み、奪い取って、もうあのメキシコの砂漠でのジャンゴーそのままの虐殺と強奪を繰り返してきた連中、其れのみで生き延びていた連中上がりの、その、後に現在の中華共産党になったそういう山賊上がりの連中と、そこからも逃げて逃げまどいながらこれも東海岸近くまでも強奪と虐殺で食いつないでいた卑怯で卑劣なだけで作られたような弱小集団の朝鮮民族とがあの地に生き残り、その後その地を支配していた連中が欧米から攻められ植民地化されてそこに食いついたこの中華共産党とこの朝鮮民族がこれが結果として一体(朝鮮が中華共産党の従属)となって、一体となって、現在このように日本に不法に流れ込んできた連中が、今のこの日本を、これをわがものにしようと、自分のものにしようと、世界中が「何処の国が一番欲しいのか」と聞かれれば、まず初めに「それは間違いなく日本国家だ」と、「日本列島だ」と答えるほど価値のある歴史と伝統と人の価値を持つこの日本を、こんな大事にしてきたこの日本という国を、こんな山賊の虐殺集団になど渡せるか!って。

    こいつらが生きてきて、何百年何千年も見たこともなかったような、それだけの年月を超えても、かかっても作れなかったこんな素晴らしいこの日本という国を、もうこともなげに侮辱して扱おうとし、卑劣に薄汚く手段を択ばずに強奪奪い取りの手口でここ最近一基に入り込みだした。

    奴ら山賊にすれば、強奪できる地盤はすでにもう完成したと思い込んでいるのだろう。
    沖縄はもう強奪したも同然だと、北海道ももうほぼほぼ奪い取れていると、日本連投の南北の領土はすでにこの中華共産党と朝鮮山賊がすでに手に入れてるのも同じ状況だと、しかも国でいえば霞が関という日本の心臓部分の官庁組織はもうほぼほぼ握れていて、政治家に対しては言葉尻を捕まえて一寸文句さえ突き付ければ新聞テレビがこの中華共産党朝鮮の命令通りに印象操作でつぶせるまでになってきた、これでもうかなり奪える強奪できる寸前の段階まで作戦は成功してきたと、日本国民の騙されて誘導されていくこの純朴で人を信じてしまうところにテレビ新聞で騙しこんで脅していけば、放送局も報道の新聞も、ほぼほぼ手中に入れられると、あと怖いのはネットだけだと。
    ネット上での見破られないようにとここだけがネックになって現状中華共産党と朝鮮はここにきて脅しのレベルを上げだした。
    だからあんな愛知トリエンナーレのような内容が苦情を抑えて強硬出来てしまうのだ。
    もう役所を完全に牛耳って、国籍不法内容を突き付けられての脅しで強烈に支配しているのが実態だ。

    ネットさえふさいでいけば(立花さんのネット課金が止められたほか、多くの中華共産党及び朝鮮への内容をやるネットで今CM課金が取り消されだした)、テレビ局、新聞社ほかあらゆるところをこの脅し文句で取りついて脅し、そして中華共産党・朝鮮素晴らしいプロパガンダを日本中で徹底してやらせ、騙してしまえば、あとはもうすぐそこにまで来ていると。学校ではもう教育で中華共産党朝鮮についての悪行部分は消させて要るし日本政府がひどいという内容は子供のころから植え付けた教育に今も日本はなっているしもうこれで大丈夫だとこいつら思い出してきてあれだけ偉そうな文言で愛知トリエンナーレを開いても普通に強硬ができて生き延びているわけだ。
    大村という異邦移民が、どういう脅しをかけられているのか猛威にのように這いつくばって中華共産党と朝鮮に従属しているあの姿を見ると日本の自治体は神戸もそうだが沖縄、広島、愛知、北海道、兵庫、神奈川、もうほかも、ほとんどが牛耳られているのでは?

    いつでも支配下におさめられるというところにまで既に来たと、もういけるぞと、日本をようやく気付かれないように内から強奪できるぞと、そこにもう来ていると、中華共産党及び朝鮮はそう思いだしてきてるのでは?
    一寸喋れば大臣が首になるように、中華思考が頻繁に執行されだしてきているし、中華共産党独裁に染められる思考回路に、日本国内を脅しと工作でまんまと中華共産党礼賛施行に行かせだし、それを誘導先導してきている。

    日本の朝鮮民族雑誌が行っていた「なぜ現在の天皇陛下への初めの頃には雅子様への誹謗中傷が多かったのか!」、この点について、娘さんだけが生まれて男子が誕生しなくてそれが確定してから突然に雅子様への誹謗中傷が亡くなり今度は陛下の弟さんに男子が誕生した。さあ、ここで朝鮮民族雑誌は今度はこれはえらいことだと、このままだと天皇家、皇室を破壊できないと思い出した朝鮮民族雑誌は今度は向きをこの殿下の方向に向けだし、そこで陛下の跡継ぎが確定しているこの悠仁親王に向けて、この男子が後を継いでもらっては困る朝鮮中華共産党の連中は(天皇家を破壊できずに継続されてしまうので)そこから今度は徹底して秋篠宮殿下一家へと潰しの工作の矛先を向けだした。
    現状では、雅子様に男子はまず生まれないことがわかってるのでここはもうつぶさなくても女系にすれば天皇家は破壊できる。
    だが秋篠宮殿下のご子息の宮様が跡を継ぐということになれば奴らがせっかく天皇家をつぶそうとする目論見が崩れる、そこでそのご子息の宮様の一課ごと潰そうと今度は狙いを変えて将来を見据えて狙いを秋篠宮様へと方向転換して誹謗中傷ネタをまき散らしだしたのだ。
    その方向転換したおかげで逆に雅子妃殿下の体調がよくなりつつあるわけで、そちらはよかったが、だがこいつらの狙いはそのままであり、とにかくこの朝鮮と中華共産党が狙う日本という国の一番のシンボルを、これそのものを亡き者に支、ごみ屑にしてしまい抹消させて、まずは叩き潰そうとしている。
    そのことが完成すれば、日本はもう朝鮮中華共産党の支配下の日本人はそこから虐殺国家の支配下での奴隷民族にされてしまうだろう。

    愛知トリエンナーレはそういう目的で中華共産党、朝鮮が、狙いの基仕掛けて行われていて、しかも日本国民の反応を見ているのだ。どれぐらいのものが、何処のどういう者が、日本での永年の工作活動で浸透してきて中華朝鮮の思いのままに思考回路が染まってきているのかを、この脅しがどういうレベルの者らに、どういう連中にその効いているのかを、中華共産党も朝鮮も日本国内の動きを国民の現在の効果のレベルの気配を、これを確認しているのだ。阻止れ誰が騙され洗脳できて誰がまだ洗脳できていないのかと、洗脳できていないで中華に敵対意見を出す連中を個々を絞って特定し、特に日本で影響の在りそうな者を選んで、個別に当たって野中広務がやっていたように脅し文句を今後突き付けようとやっているのだ。

    その人物らが誰なのかを今後のために奴らは選別しているのだ。

  5. 仲井 より:

    首長で行けば、都道府県内での目立つものとして、
    京都=府・市、兵庫=県・市、北海道=市、神奈川=横浜市、愛知=県、市、愛媛=県、
    埼玉=県・市、広島=県・市、奈良=市、新潟=県・市、沖縄=県・市、長崎=県・市
    島根=県・市、大分=県・市、

    まあもうここまで来たら、
    ここは本当に我々の大事な国だった日本民族の日本の国家なのかと。
    まだ大丈夫なのかがもう危険水域に来ていることに、いったい誰が築いてくれていることだろう。
    確かに南シナ海での尖閣諸島周辺で日々起きている中国海軍の武器搭載船、つまり、艦船が領海に入った、あるいは、そばを通った云々といってまだまだ呑気なことを言ってるようだが、そんなことよりも、もうすでに日本列島の各自治体の中でじかに土足で入り込み、役所の行政を指揮し握っているその主権を主張して中華朝鮮馴染みになる行政、国家体制構築を目指しての思いの通りにやりだしているその行政の幹部およびトップら、日本には無かったようなとんでもない反日活動を裏で主導し、煽動とだまし錯覚行為を煽り、展開し、国民を危険に日々晒してきていることに、日本国民は本当にまだまだ呑気にこのままにしておくんですか?って。

    基本日本のためなどではなくてどうやったら日本の財産を根こそぎ朝鮮中華共産党に流すのか、この目的で動く連中がトップで動き回り、それをだまされて選挙でそういう連中を選んでいる。

    でも大阪で実は選挙の投票時に職員が反日と思える職員が投票用紙を私が居てる傍で改ざんし現行犯で警官立ち合いで現場検証させたことが或る。
    このように奴らは選挙の投票用紙を平気で何万枚という単位で改ざん抹消する、白紙投票にして無かったことにしたりもやる。

    投票箱は夜にはだれでも役所のものであればカギは誰が使ってもいいことになって普通に投票箱は期日前のものは誰でも箱を開けて中に入っている投票された用紙を書き換えや白指標に入れ替えて抹消させたりする。

    防犯カメラを二十四時間投票箱に向けて撮影しろと言ってもここは絶対にやらない。
    選挙投票の改ざん行為はそこらじゅうの自治体で行われている。
    自治体のトップはまじめにやっているもんだと日本人は思い込みすぎであり、日本民族に化けた日本国籍を騙し取った首長が日本人のふりをして反日集団はこの首長の寝首を握って、そこを脅すのだ。

    これによって反日を先頭を切って行いだし、発揮しているその連中らが、今のこの日本の中で居てるんだと、すでにその中華共産党朝鮮から息の入っている連中が多く存在してるんだというこのことを、皆本気で知って気付いているのかと。

  6. 仲井 より:

    管理人さん、
    すみません、
    先ほど投稿で出させていただいたものは、投稿先を、タイトル先を、間違えました、
    こちらのほうに再度出させていただきます。
    先ほどのものはお手数ですが、削除していただければありがたいです。

    すぐに出てきそうな案件が、表で出た。
    一寸内容の先端の頭部分は違うが、私が永年やってきていたことの、ここに書き連ねてきた意味的には同じということで、ここに書きますね。

    今回河合法務大臣の奥さんであり国会議員でもある人物が公職選挙法に違反しているのではという疑惑が出てきて等のご主人の議員が法務大臣の職を辞するというところに来た。

    ここで皆さんが思うのは、国民が今まで普通に思うことと言えば、
    だいたいは公職選挙法に違反してるんだから選挙自体が違法に行われてるんだから当選してるからといってもそこは大臣を辞めろだとかだけではなくて、当然議員も辞職しろだとか、要求の論点は、普通大体はここに集約されここらでとどまる。

    だが私は一寸ひねくれているので、そこには殆ど目がいかない。

    今回扱う案件が、これがもしもだが、もしも東京警視庁が扱うのであれば、ここは私が見ている部分に非常に近い、いや、というよりもじつは世間の目に入らないところで警視庁はやれることがあり、まあ現に今は、警視庁は全国でもまれなんだがすべてそのそれをやっているので、で、その結果がどう出るのか、そしてそれを見て警視庁はそれをどう扱い処理するのか、どうなるのかの、そこに興味がある。

    現役の国会議員である。
    個々を警視庁は「そんなもん関係ない」と、やれるのかが私はそこに注目している。
    まあ今回文春が出した内容が事実と間違いなければであるが。
    仮に事実で今回のことが捜査で不法と確定して認められれば、当人もそれを認めれば、警視庁は取り調べの段階で本人の血液の採取を行うことになる。

    ここが私の一番の関心事である。
    全国の警察本部では、被疑者に関してはまだ多分やらないだろうが容疑者となれば、血液採取というところまで行く。
    でも通常の全国の警察本部は、まだ全部とまでいかずに(この間茨城と和歌山の或る所轄の刑事課の課長との会話でこのことをまだやれていないことが分かりこれを現状東京警視庁はやってるのに和歌山も茨城もまだ現場がそこを意識できていないとはと告げて是非やるようにと、そうすれば否認事案、黙秘事案、これがまず無くなりますよと、そのことで、警察官内での多くの作業が、時間的にも事件聴取、事件自白が、ここに至るまでが非常に短時間で処理できますよと伝えたら驚いていて、是非やりたいとおっしゃっていた)血液の採取まではやるんだが、全国の警察本部では採取した血液で、一律やってきていた検査、通常の検査まではやるが、まだそこから先の、【一つの大事な部分の検査、採取したその血液で解るその捜査】については、まだすべてにおいてこれをやっていない警察本部がまだそれを完全にはやっていない場合があり、だがである、私が10数年前に東京警視庁に伝えた明治時代の小学校の就学記録から突き止められる云々の内容を伝えて以降に、神は私の味方をしてくれたのか、科学の力で血液による判別が可能になった。

    現状では今現在東京警視庁では都内管内全所轄すべてで、発生し扱われた事件においては、刑事事件であれば、この血液による一つの判別の捜査は、東京全所轄がまずはその内容を現場で発し、これについてはすべて対象として完璧に行っているというのが現状。

    東京警視庁に関しては、ここはもう全部の所轄でこれが当たり前に行われている。
    感慨深いものがある。
    初めに警視庁に伝えた折には、もう18年ぐらい前になるが、今でもその警部の声まで覚えているがその折に私が伝えた内容を鼻で笑ってあしらった警部もいてたが、だが今となれば、これが東京警視庁管内では当たり前に行われるようになり、それが今ではもう全国の警察本部で一部を除いてもうかなりのところでもやられだしてきている。大阪府警も最近はかなりやりだした。
    もう科学までがあの時期から10年以上経過して、当時私はそこまでそれはまだ気づけなかったが、その後画期的な、科学者がそれを発見してくれて、それが解決への突破口になり、血液そのものでその私が伝えたことが、科学の事実として出せるようにまでなった。
    そっちで解決ができるようになった。

    初めて伝えた折はバカにされたが、続けていたら結果ここまで進展してきた。
    約二十年かかって捜査方法として、犯人の自白を短時間で取るという手法として、これが或る程度定着しだしたが、でも、まだ呑気に地方の所轄の刑事さん、警部も含めて、まだこのことをやっていない、知らない現場がある。だがいずれ全国の警察本部でこれが行われることはもうそう遠くはないだろう。

    さてさて、今回の鶯場への報酬を違法に高額を渡していたということが事実であればこれは刑事事件になると思えるので当然警視庁は事情聴取で容疑が固まれば当然血液の採取が行われるだろう。

    そこで今回の当該の女性議員の表では出て居ない歴史の身元が血液によって判別される。
    何もなければ(家系での公的に報告義務の内容で)いいが、もしも何か血液でわかる内容で判別された場合、本人だけでは当然すまなくなってくる時案が浮上することになる。
    現状生存中の一族の、5親等以上の、その家系全体の内容につながってくる。

    本人がもしも、
    「いや私はそんなことはしていません、金額も公職選挙法に引っかかるような法的に違法な金額など運動員に支払っていません】とこうなった場合、さあ、こうなったら、東京警視庁はどう対応するのか。

    採取した血液(外部からの受け取ったとされる運動員などの証言も取れてそれと合わせて証拠が固まりだしたら容疑者となるのでその時点で血液は採取される)の検査結果を当該議員に対して捜査官は突き付けられるのか、
    さあどうするのだろう。

    相手は現役の国会議員であり、その人の旦那は法務大臣職に就いていた人物、これらの絵の中で捜査官が職に徹してさてさてこの血液による判別の結果を、目の前の何かの条件に惑わされずに、ひるまず、本人に突き付けられるのか、見ものである。
    是非とも弱みを持たない警部が担当してもらいたい。
    執拗に弱みをつかもうとやってくる周辺が必ず存在したりするので。
    そこは前の大阪府警本部長のように頑として横からの手を払いのける気迫というか、毅然とした警察官の職務に徹してやっていただきたい。

    これは今後の国会議員や大手企業のトップ、霞が関の官僚のトップら、大学教授らも含めてこれらのまあ言えばいい例題になることは確かである。

    科学的に血液で判別可能になってからのそれが確定した時期以降に国会議員が刑事事件での確定容疑者になるという事例は確か未だ発生していないと思えるので今回の事例は私は東京警視庁は本気でやるのかその担当の捜査警部は誰が担当するのか、管理官は誰がやるのか。
    興味は尽きない。
    今の愛知トリエンナーレを行っている組織及びそれを支援しやっている団体著名人弁護士会、これらがこいつらの事も含めて今日本での最大の問題である民族という部分、これの突破口に今回の事件(事件となればだが)今後の日本における私がずっと書いてきているこの内容の究極の部分、ここに捜査官の執務として国民のために正常に突き刺せるのか、それともまた横からの例のいつもの脅しが入り、流すのか。

    ここが私が一番興味がある事である。

    私の思いでは、「そんなことはしていません」と、是非とも否認をしてもらいたい。
    そうすれば血液の検査結果を本人に突き付けての事情聴取になる。

    ここまで進んでもらいたい。

    東京警視庁に何かの事件で容疑者となっての、身柄を取られると、日本全国の身元の証明に不安を持つものは(日本民族であれば不安などないが)非常に取り返しが効かないほどの怖いことが待っています。
    事情聴取が滞ることがほとんどなくて、否認も黙秘もほとんどできなくなり、淡々と進み、もうほとんど認めざるを得ない状態になると思います。

    何なら、現状まで戦後一貫して身元を間違え?(笑)て、日本国家に日本人登録をされている人は、一度何か事件を起こせば、そのことを実感して肌でそれがわかるはずです。

    東京警視庁管内、管轄内で事件を起こせば、まあちょっとちょっとですからね。

    昔、大阪と兵庫を含む全国にも広がって発生したあの山一戦争と言われた暴力団分裂の抗争事件、
    あの折に、あまり大きく報じられていないが、当時生存中は山口組のNO2で組の重鎮で組長代行を務めていた大幹部が、大阪で突然に死亡した事件がある。

    其れも死亡した場所が、何と警察署内でである。

    そこで何が起きてその大幹部は死亡まで至ったのか。
    日本中を巻き込んだあの組の分裂での抗争事件の、一方の片方側の或る城東区にあった組の組長が喋っていたんだが、
    ★【「〇健」は、大阪の曽根崎署で身柄を取られている中で死亡したんだが、そこで暴力団担当の捜査官に、実は取り調べ中に足でそのNO2の幹部の腹部を、事情聴取中に思い切り蹴られて、その幹部の肝臓が、蹴られて破裂して、それで死んだんだよ】って言っていた。

    ★【だから俺は、曽根崎署にだけは捕まりたくない、あそこにだけは絶対に身柄を拘束されたくないよ、もう全国のや〇ざは、皆そう思って知ってるよ!日本全国であそこほど怖い警察署はまあ、無いからな】って、
    そう言っていた。(笑)
    網走の刑務所が怖いのではなくて、本当はプロに言わせれば実は松山の刑務所が一番怖いのと同じなのかも。
    こんな連中でも、行きたくない警察署はあるようですね。

    まあ余談になったが、
    東京警視庁管内で身柄を拘束されて逮捕となれば、まあ全国とはちょっと違う捜査をされるということも犯罪者は覚悟しておいたほうがいい。家系を入れ替えていたら、嘘を並べて戦後のことを言葉でごまかそうとしても、科学の事実を突き付けられて、逃げようがない、普通では逃げきれないからさ。

    ★まあ血液は絶対に調べられるからさ。
    身元に自信のある人は、どうぞ一度東京警視庁管内でお世話になってみては?。
    その代わり国外追放という処分も覚悟が必要ですが。

  7. 仲井 より:

    ここ日本のテレビ、新聞の報道が事実を捻じ曲げて酷いとよく言われるが、これはごく普通に当然の成り行き。

    日本人が日本のテレビ新聞を見てこの記事やこの報道番組を作っているのが、日本人だと思い込んできているから。
    ここがまず根本から間違いであり日本のテレビ新聞はもう昭和の戦後の頃から初めは日本人記者らが多くを占めていて指揮指導が成立していたが、そのうち、その当時に入社してきた日本人に化けて国籍を騙し取って日本人に成りすました若き記者を目指す朝鮮民族の連中が、時が進むにつれテレビ局新聞社で徐々に徐々に上へと昇格しだし、人事権まで握れるレベルまで到達しだすと今度は朝鮮民族を優先で採用しだし、結果日本のテレビ新聞の報道機関をほぼほぼ握って乗っ取ってしまった。

    ベトナム戦争の折の北ベトナムが一瞬でやったようなことを日本では数十年かけて朝鮮民族が日本の報道機関を手中にして手に入れたわけだ。
    だからあの防衛機密漏洩事件などというあんなお粗末な事件が出てきたりするようになった。

    昇格しだし幹部クラスになりだしそこからは従業員も一気に朝鮮民族ばかりを採用するようになり、日本のテレビ局も日本の新聞社も、もうほぼほぼ、今ではもう朝鮮民族会社になってしまっているのが本体。

    だから毎日のように嘘をつく、歩くごとに息を吸うごとにものをいう度毎に嘘を突き通し、普通に日常の行動でなど当たり前で、朝鮮民族にすれば嘘をつくのは生活だと、生きるすべだと、普通の生き方を奴らやってるだけ。

    現状日本民族がやってる会社ではなくて、あれはすべて朝鮮民族が作って報道をやっているのが実態。

    朝鮮民族と言えばだれでも日本人ならわかると思うが、朝鮮人は息を吸うように嘘をつくと、しかもその嘘にまだ嘘を重ねて陥れると、今の韓国との日韓の問題を見ていればよくわかる通り奴らはあれが普通の生活、嘘なしでは奴らは死ぬのでは?
    嘘をつくことが栄養になり嘘で人を陥れそれがものすごい喜びでありそこに生きがいを得て奴らは生きている。

    これはもう日本民族なら誰でも知って居て認識しているが、ただ問題は日本のテレビ日本の新聞をこれを日本民族の日本人が、まんまと錯覚させられて日本のテレビに出て居るからあれは日本人だと思わされて騙されていることが一番の被害である。
    テレビの番組や新聞の紙面が、これを朝鮮人が作ってるとは気づかされていないことが一番の問題であり、ここに大きな原因があることに気づくべきだ。

    皆騙されて日本のテレビ新聞は日本人がやってると信じきって居るのでだから騙されたり日本の新聞テレビが最近おかしいなどと緩い印象しかもっていない。

    もう根本からそこからまちがっており、奴らは嘘でしか生きられない民族。
    そもそも日本のテレビ新聞は朝鮮人が支配し朝鮮人がすべて作りやっているんですよ。
    だから嘘を平気でやり嘘をでっちあげ作った有りもしないでっち上げを平気でやる。

    朝鮮の歴史を見てもすぐにわかるでしょう?

    朝鮮は日本に戦争で戦って勝利をして、朝鮮は日本の助けなどなく自分らで今の韓国を作ってきた、日本は併合時代は朝鮮人を虐待虐殺強姦をしたと、朝鮮から財産土地をすべて奪い総て略奪して残虐行為をやったが朝鮮は日本と戦い飼ってそれで国家をここまで発展させたと今の今でもそういっているうそつきの本家。

    そこから朝鮮人自らで国を発展させ素晴らしい先進国にしたなどというもう根っこから嘘を平気で世界に向けて作ってしまえるほど大ウソのつける民族。

    こいつらが日本にわたってきて違法に日本の国籍を騙し取り、日本の財産を奪い取り略奪しそのうえで日本のとテレビ日本の新聞を朝鮮民族で占めて、それで今があるわけで、日本の今の新聞テレビがひどいなどとのんきなことを今頃いう連中のことが、私はお前は【あほか!】と言いたい。

    朝鮮人がテレビも新聞もやってるんだから嘘を突き通すのなど当たり前の、奴らにすれば日常の普通の生活であり嘘をつくのは食事替わりの普通の行動、それが朝鮮民族というこの生き物の正体。
    行為行動総てが嘘と思っていて間違いないほどに嘘まみれの国民族である。

    新聞テレビが紙面上やテレビで印象操作をよくやるだとか最近はマスゴミがフェイクをよくやるとこういっているが、これの最大の原因は日本のテレビ局新聞社はこれは日本民族が発信しているものではないからそうなるのである。
    そこをいい加減で判れよ日本人!って。

  8. 仲井 より:

    私ももう生きている時間はそんなにないので、まあここまで私がつかめた内容、
    私の身近での内容、私の周辺での内容、私に伝えてくれた内容、また、見渡していろいろなタイミングで起きていた事案、その時その時、自分は当時そのことをどう思っていたかまで、周り中で起きていた内容を含め、もうここまで来たら全部バラしてもまあいいのかなあと。

    ちなみにちょっと笑うかもだが、
    上に書いた曽根崎署での云々のこの内容の事ですが、これがまたちょっと笑って?しまう程、もう漫画かと思うような落ちがあって、しゃべってくれたその組長って、実は大阪の人なら多分聞いたりニュースで見たことがあるかもだが、
    彼の配下の組員が、縄張り内で実は夜泣きのラーメン屋台をやっていて、その押し車での屋台らーめん出汁、その大事な大事なはずのラーメンつゆの中に、人間の手の指などの、腕の一部が混入されて、なんと、出し汁の出しとしてそんなもんが使われて入っていたという話。
    漫画にでも出てくるようなこんなこともあった。

    頭(かしら)でもまだそう年は喰っていなくて、男前のすっきりした可愛い顔した活きのいい兄ちゃんでしたが。むろん朝鮮民族。
    この組に、銃弾が撃ち込まれ、或るとき大阪府警が強制捜査に入った折の、その時玄関前で、「門を開けろ!」と言って乗り込んだ人物が、実は私の学生時代の同級生だった。
    テレビの報道を見て、もうびっくりしたが。
    あの時代はそこらじゅうで何が起きてもおかしくない時代だった。

    ★戦後まなしの頃、

    もうそこらじゅうで朝鮮人が暴れまくり、役所、警察は集団になった朝鮮人に毎日のように襲われ、襲撃され襲われ、朝鮮人同士での土地の奪い合いが頻繁に起こり、食料は、土地は、とにかく刀を振り回す連中がそこらじゅうで財産土地を奪い合いで収まる状況ではなかった。
    治まりだしたのは、朝鮮人どちらかが争って結果どちらかがその抗争に勝ち、結果持ち主が或る程度力関係で決まりだしてからの事であった。

    都心の一等地はすべて朝鮮民族奴隷が奪い取っていった。
    今もその奪い取った土地を所有して、それを元手に朝鮮民族は日本国内で、財を作っているのだ。
    朝鮮では奴隷だった連中が、朝鮮人同士の奪い合いの強奪略奪の抗争の末、日本でようやく土地というものを生れてはじめて自分のものにでき、初めて持てた自分の財産への固執は異常なほど持っており、抗争で奪い取った土地なので、ものすごい執念がやつらにはある。
    国内の都心が落ち着きだしたのは、奴らがあらかじめ一等地はほぼほぼ奪い取った後からであり、或る程度奪った土地がそいつらの所有が不法だが、強奪したものがなぜかそいつらのものとして登記され、それが完了しだしたころから、決まりだしたころから少し静かになりだした。
    でも結果、そこには日本人が都会の都心で、すでに奪われてしまっていて元々の日本人所有だったはずの土地も、土地を持たされない状況にまで、朝鮮民族が刀をもってなわばりのように縄を張ってここは俺の土地だと叫んでいたので。日本人は都心からとにかく離れていくしかなくて、日々の元の前の生活には当然土地もなくなっていて戻れない、結果生活は日本の中の実家のある田舎の実家のほうに疎開して、一時期をそこで暮らすしかないように追い込まれていっていた。

    ★昭和40年代初めの頃、

    毎日のようにゲバ学生の朝鮮民族活動家らが日本国家を破壊革命を起こそうともう日本が力が強くなる事を極端に反対し兎に角弱いままにしておこうと奴らはそれのみで毎日のようにでもと暴動を街中の都心で暴れまくっていた。
    東大安田講堂に立てこもった私の同級生も一人いてる。
    狂人としか思えないぐらい騙され赤の共産主義にかぶれてしまい、でも後には故郷の田舎に戻り大きな病院の院長として地域に大きく貢献で返していた。それと並行して朝鮮愚連隊が都心で力と縄張りを主張しだしもう都会の市怒ら銃で刀を振り回しての抗争が頻繁に起きていた。芸能界が”神戸”の言うがままになっていた時期。

    ★昭和40年代後半から昭和の終わりに近づいたあの頃、

    もう朝鮮民族軍団があらゆる現場で動き出し、イベントから工業に至るまで、その商売規模が朝鮮民族の後押しもあり一気に爆発的に表に出てきだした。
    そのころには霞が関も政治家も経済界もマスコミメディアももう朝鮮色一色になり、朝鮮民族が、風俗は無論だが、金融から証券からもの創りから、食品、生活用品、イノベーションに至るまで、もう所かまわずに朝鮮民族が土足で日本人企業の中に入り込んできだした。
    そしてそのうえ幹部クラスにまでの仕上がりだし、中枢を占めめ出した。

    日本人のふりをして、日本人に化けて、それがバレずに騙せていた最高の時期、彼らが全盛の時期である。
    バブルにおいて朝鮮民族は日本の生まれる財産をことごとく奪いだし、日本中が一気に朝鮮民族の占領地域、地帯のごとくに動き出した。

    日本国民の殆どがこれはすべて日本人が行っている景気だと思い込んでいたしメディアに騙されていた真っ最中であった。

    でももともと考えたら戦後に朝鮮仁に奪われたその土地財産を元手に奴らは企業を立ち上げそこから日本で生まれ出る資金財産を根こそぎ掬い取るように日本人に成りすましてテレビや新聞に騙されまんまと国ごと領土ごと奪い取られていったのである。

    日本の都心や地方の空爆の経験のある一等地での辺りに建つ近代的大きなビル建設での、その建物と土地所有が、果たしてどの人物らになっているかを見ればすぐに判明するだろう。

    大手不動産のトップから取締役まで面々をよく見てみればわかる。
    また日本の最先端の科学技術の研究所内で存在する連中も顔ぶれを見ればいい。
    日本人はそういう者も一度目にして確認をすべきである。
    日本は戦後一体どういうことが起きて今があるのかのその知識にもなる。
    現状日本国家を、日本の重要部分の中枢を支配している連中は、いったいどこからきて何処のものらなのかということを。

    だが、ほとんどの一等地を奪い取られ不法にふ頭に略奪されていた日本人が、でも彼等よりもきちんとこの国の組織、決まり、礼儀、不当不法行為は絶対に許せないというこの日本人が世界にも誇れる正義感というかまっすぐな精神というか、不当不法行為は許せない、譲らないという日本人の誇りを、正義を不正に変え、法順守を不法に変え、正直を虚言に変え、真っ当に生きるを、嘘で生き延びると変え、人助けを、陥れるに変え、もう日本の一番大事にしている部分を破壊しまくり、最後には天皇、皇室まで破壊を画策し今にも木っ端みじんにしてしまおうと、破壊しようとまで企むこの連中を、今後も日本人はこのまま放置させてこのまま好き放題のさばらしてもいいのだろうか。

    これだけ困難な時期を日本人は超えて過ごしてきた。
    その凄さには私は頭が下がる。
    ここまでこんなところまでやられていてもまだ呑気に軍備縮小だの中国礼賛韓国と仲良くなどと言っているこの不法移民の連中ら、この時代を乗り越えてきた日本人は、やっぱりすごいと私は思っている。

    今後はここらで日本民族がネットでも真実が国民に流れ出したんだからそろそろ立ち上がって我々世代が子供時代過ごしていた日本の風景日本の人波に戻っていただきたい。
    其れにはもう血液による遺伝子判別の登録と、国民とされるものすべてにマイナンバーカード義務付けしか方法手段はない。

  9. 仲井 より:

    もう何十年単位のかなり前になるが、
    初めて北朝鮮の不法内容を警察本部に伝えだしたころには、まあもう本当に、この国には警察など存在してるのかと思う程にこと北朝鮮の案件に対してはグズグズでとんでもない保安課の刑事ばかりであった。
    所轄にはまだ少しだけでも一寸は「これはやらんとなあ」といって、そういう気配らしきものを持つ刑事らもいてるには居てたが。
    まあ本部の方は、ただ呑気に公安委員会から権限を委託されている保安1課の課長自体がやる気があるのかどうかだけで決まるといった具合で、大体からして全国の県警本部長自体が北朝鮮の事業所へとまずほとんどが名前を連ねる天下りをやっている状態だったので(今でもたぶんそれは続いてると思うが)空本部長が取り締まるべき相手の北朝鮮の事業に天下ってるんだからそら現場の刑事もやる気など出るはずもないよなあ。
    本部長だけではなくて、検察庁元長官から裁判所元長官だとか公安委員会の元面々ら、政治家から、もうあらゆる肩書を持つものが名前を連ねて天下りの名前を朝鮮企業に残してきた。
    一番ひどいと思ったのはまあ都道府県のトップの本部長が天下って行くのも酷いが、東京地検特捜本部で幹部を、本部長をやって居た人物、あの日テレで日曜夕方の番組で「まあ法律がどうのこうの、悪業がどうのこうの」と偉そうにコメンテーターもやっていたあいつが(最近亡くなったそうだが=こういうろくでなしは同じ時期に亡くなるんだねえ=野中広務もそういえば亡くなったし)実は北朝鮮の組織団体へ天下ってその組織のトップに就任していた時期がある。
    まあ普通の日本人であれば、家族や親族からもそれは駄目だろうだとか、やめてくれだとか、恥ずかしいだとか、これはさっすがにやめておこうとか、こんなことはしてはいけないだとか、誰に教えられなくても自分で分別で分かりそうなものが堂々とトップの席の名前に自分の名前を載せているこの恥知らずの意識がそもそもないのだろう。
    日本人は自分の名前が上位に出れば出るほどそこは一寸下の方でいいんだけどって思うんだが奴ら朝鮮民族、及び朝鮮民族とつながるような連中というのはとにかく自分の名前が上位に来ることにものすごくこだわるし役職名の漬け方にもものすごくこだわり自分の位置が上か下かをものすごく必要とする。
    もう異常としか思えないんだが奴らは中身はどうでもよくてついているその肩書だけが朝鮮では死ぬほど大事にしている。
    奴隷制度の典型的名残であり、あのセレンゲチーノハイエナも同じで、ハイエナは30棟の集団がいてれば1番から30番まですべて順位が生まれた時点で決められていて頭のトップのメスのハイエナのボスがその順位を絶対に崩させない。だから5番目と7番目の順位がそのどちらがが何かで死ぬまで、どちらかが死ぬまでその生まれた時に決められた順位、この順位は絶対に変わらない。

    朝鮮民族とそっくりでしょう?
    一度相手に、会釈レベルのものでさえ、相手に対して少しのあいさつ代わりの頭を下げてしまえば、もうその一瞬で、その時点から、頭を下げたほうがその相手からは身分が下となり、頭を下げた相手には絶対服従で相手に従うという意味がそこに存在し、これは朝鮮民族の普通のしきたりである。

    だから日本で、近所同士でよくもめている連中が居てるでしょう?
    近所なのになんであれだけもめて言い合いをやってるのかと、そこまで憎みあう必要があるのかと日本人ならそう思うがだがここが日本人には絶対に理解できないわけがある。

    例えば一つの住宅地があって、多くの並びの住宅で、そこに或る日或る一家が家族で移り住んできたとする。
    写ってきた人はそこに元から住んでいる人のうちに初めての一声のあいさつに行く。「新しく来ました、、、、です、よろしくお願いします」と、これが移ってきた人とそこに住んでいる人が日本人同士であったらこれはこの後も何かよほどのことがない限り喧嘩などは起らないし、もめごとなど起こらないが、ところが、元々住んでいた家が朝鮮民族の連中の一家で、移り住んできた一家が日本人の家族だった場合、これが、この初めの初対面の時に一度挨拶の時に下げてしまった頭、この頭を下げてよろしくお願いしますと頭が下がってしまったこのことが、この目の前でこいつは私に頭を下げたんだから、【今後は私がお前より身分が上だぞ】と、そう思いだす。
    初めはそんなそぶりも見せずにただどんな財産を持つ一課なのかだとか家族のことなどを探るんだが、
    朝鮮人一家の方はそのうち、
    【あれ?初めは私に頭を下げてきたのに最近見てると何かちょっと私への態度が横柄だなあ】と思い出す。
    もう仁保pン人には意味が解らんのだがここが朝鮮民族の奴隷志向というかその角度からしか周りのものを見ないのだ。
    よく吉本の芸人のあのリンゴが、テレビ番組の中で常に発言で言ってるでしょう?
    【最近あいつなんか横柄な態度やねん】って。

    日本人は相手のことを誰かに対して話で「横柄だ」、そういうことは口には出さない。
    文字で書くことはあっても会話をしている仲間同士の中で最中にそんなことは出てこない。
    朝鮮民族のこの初対面の時に頭を少しでも下げたこのことは奴ら一生覚えて居て奴は私に頭を下げた奴だと、だから身分は私より下のものだと、この世界中どこにも意味が解らんものをこいつらマルでハイエナ同等に持っている。
    朝鮮での両班と奴隷の関係でだれが見ても両班のほうが悪くて、身分制度で虐げられた奴隷はひどい目に遭ったと思いがちだが、でも実は本質の意味が違っていて、いやいやそうではなくて、個々のこの場合においてはそういう身分どうのこうのではなくて生き物の本質自体が両班も奴隷も同じで素材自体が人間とは違うものとしてみていかないと理解はできないだろう。
    もう本当はこの民族自体がそういう内容の生き物だったといううだけであって、両班が悪くて奴隷が被害者云々では片づけられない人間社会でいう人間の意味ではこいつら解析できない全く別次元の存在の生き物だとよくわかってくる。

    皆さん、日本人の皆さんもどこかへ引っ越しをされる場合、もう近所へのあいさつは私に言わせればもうしなくてもいいのでは?と思っている。
    日本には昔からこういう慣習があって良かったが今では近所が朝鮮民族という地域がもうそこらじゅうで起きていてそうなるとこの風習というかお気持ちというかここはもうそこから離れる時期に来てしまっている。

    引っ越しでの新地での挨拶をしたおかげで、日本人が想定できないことが起きだしていくんだが、こういうことが自分が気づけないところで奴らこんな感情で考えている場合が多くて、もう日本人では解決は考えられないレベル、だから移り住むところはあいさつはしない。

    私など大阪だけでも10回以上引っ越しをやっていて賃貸のほうが絶対にいいとわかったんだが、近所との関係はまず引っ越し当日のあのいわゆるあいさつはしない。

    日本人はついつい挨拶だけはと思いがちだが相手が日本人ならいいが、お隣の住人が、相手が朝鮮人だった場合、この初めにやった挨拶のおかげでこれが後々の子供同士にまで引きつないでいくことになる。
    上下関係が学校内でさえ子供にまで作られていくのだ。

    これをやってしまうことのリスクのほうが、その後の子供の学校でのことも、また、近所同士での催しや行事など町会での皆で行う内容のことなど、こういう内容など、常に命令状態で物事が進みだす。
    つまりいつの間にか上下関係になっていて知らぬ間に命令されて物事をいつもさせられるという状況が起きやすくなる。
    そこにまでつながっていくし(奴ら卑劣なので子供狙いでまずは学校内でまで子供同士に上下の形を作っていき、従えさせることにまでつなげて行く)これが苦痛になり大きいことにつながっていくことがよくあるから。
    多く引っ越しをやってみて、私はこのことに気づいた。
    このことがそこからの年月に大きく左右されてしまうので、まあ家を買うことは絶対にやめたほうがいい。
    先ず近所にとんでもない朝鮮人が住み着いたらその地域から逃げられないしもう一生そこに住み続ける苦痛がついてくる。
    私など気に入らなければ3か月、6か月くらいで引っ越しなど何回かやっている。
    快適さを求めてそれが人間の一番の自由である。
    朝鮮民族の近所だけは死んでも嫌である。
    奴ら会話が成り立たないので、小西宏之と同じで。

  10. 仲井 より:

    昭和30年代に入った頃の創価学会が我々田舎でやっていた布教活動と、入会した個々の家庭の中に入って、関係者が一体何をやっていたか、どういう狼藉とも思える行動を起こしていたかについては、、、、などの具体的内容は、ここにも書いたが、そこでこれに関して最近ちょっともう腹を抱えて笑ってしまうことが起きて、いや正確には私の子供の同級生がやったことを耳にしてで、その話をちょっと。

    愛知トリエンナーレで展示されていたとされる許されざる内容、もう言語道断のあの天皇陛下の肖像を焼き、しかもその焼けた灰を足で踏みつけるというこの狼藉極まるこの行為を動画で流すこの展示物に関してだが、これについては言葉でいえないぐらい腹が立ちこいつら人間かと思ってしまうが、よくよく考えればこいつらが人間だと思っていたこと自体が実は間違いだと気づき、まあそこはこいつら獣の遺伝子の持ち主なのでそこはもうこれはただの獣の生き物だと思い出してから一寸人間の世界に無いことをこいつらがやっているとそう思うことにしたんだが。
    この中で燃やしてその灰を足で踏みつけるというこの内容だが朝鮮民族はやっぱり皆同じことをするんだとよくわかることがあの創価学会が日本で布教活動で騙されて入信し入会した家庭の、その仏間に入っていって棚で置いてあるそれまでのその家系の歴史が詰まったその仏壇を両手で信者らしき連中が抱えて表の庭まで持ち出しそこで庭の地面にこの仏壇を上段から振り上げて思い切り地面に叩きつけ、仏壇を瓦礫のようにぶち壊し、その瓦礫とばってばらばらになった者を一塊に集め山に持ってそこに火をつけて燃やしそしてそれが燃えている間もその信者らしきこの連中が、土足でそれを踏みつけ通しで、最後も得た後の灰をもうこれでもかと両足で二人で踏みつけ通しにやっていた。
    やっぱりこれは朝鮮民族はこれを普通にやっていたんだということを今回愛知トリエンナーレで行った展示物の子の陛下の肖像を燃やしてそれを足で踏みつける、これってもううり二つの全く同じ行為、これが朝鮮流の奴隷には絶対に持てない雲の上の存在のその権威への卑しいものが抱く卑劣な思惑の妬みと怨みの決勝なんだろう、朝鮮民族はこれを歴代延々続けてきた歴史がこうやって今のこの日本の中でそれをやっているのである。

    我々日本人にすればそれをやるなら朝鮮に帰って自分の祖先がやっていたその祖先の祖国朝鮮に帰ってやれって。

    だが奴ら今回の津田ら他それをやろうとやった連中は表向き日本国民には自分らは日本人だという建前になっているので祖国朝鮮で祖それをやることはちょっとおかしく見えてしまう。
    そらそうだ朝鮮民族は日本には助けられ、もう存分のお礼を言っても言い切れないほどの恩恵と施しを受けており、日本からは世話にはなっているが、そもそも朝鮮民族に対して日本は奴隷制度もやっていないし、むしろこんなものは廃止しろと言って、朝鮮の奴隷制度を廃止させ、しかも当時国際連盟に日本は世界中でただわが国だけが人権擁護の訴えまでやっている国である。

    こいつら朝鮮民族は自分の祖国でそれをできない、自分が朝鮮人だとバレてしまう、朝鮮人だと言いたくないので自分は日本人で通したい、そこででは日本人に化けたなら相手は天皇y等いう形しかなくてたまたま天皇陛下を的にした。

    総ては朝鮮祖国へ向けた怨みと妬みの行動。
    だがこれを使って手先にして朝鮮中国共産党がまんまとこいつらを使いまわし日本国内でやりたい放題をやっている。

    日本の公安よ!、
    ソロソロこいつらも関西生コンレベルの行動をやりだしたので、関西生コンと同じようにこいつらの5代前までさかのぼっての家系を調査し、江戸の時代までの日本国内に於けるこいつら一人一人の祖先とされる(こいつらにはどうせ祖先からの戸籍などないと思える、なぜなら、朝鮮の奴隷には、番号で所有され、売り買いされていたし、両班に所有されていたもう犬や豚と同じで名前も戸籍もこいつらには朝鮮で何もないんだから)家系と明治時代の小学校就学記録と今の体でもつ血液、この採取された血液の遺伝子による民族の判別を今すぐにでもやる、こいつらに警察庁として直接名簿に上がってる支援団体メディアマスコミすべてにおいて、公安はすぐにこいつらを名指しで特定し、伝えればよい。
    これだけで奴らの活動は、ちょっと怖がるだろう。実際に公安が本気で国民に見える状態でスライドで透き通るように個人個人をガラス張りで捜査しているところを公に見せれば。

    まずちょっとは動けなくなるはずだ。
    アメリカはこんなこと当たり前にやる。どんな反対の活動家が動こうがそんなもん無視して徹底して公表もしてやる。
    結果が出たらどうやって日本に入ってきたのか、どうやって日本の国籍に入れ替われたのか、朝鮮民族は一時的に日本併合時代の折、日本の国民に仮扱いで日本国民ということになっていたが、だが戦後、日本国家は、本人には朝鮮民族にはこの仮に与えていた国籍を、早急に返還せよと国家が朝鮮人に向けて命令を出している。
    この時に変換していないものもこれがそうr頭数居てる。共産党や創価学会旧社会党系列はこれがもうものすごく凍てるし嫌物凄くというレベルではなくてほぼほぼすべてといっていいほどこの折に返還をせずにただそのまま日本人と化けているのだ。
    それがこの日本では今でも通用して居ること自体がおかしすぎるのであってここできちんと当時の朝鮮民族に仮付与していた国籍はすべて取り消しにし反日の活動をやっていたものはもうこの際日本から国外追放して追い出せばよい。
    之も法ですぐにでもできるはず。今そこが緩いだけ。
    それは野中広務のような連中が官僚や政治家をつかまえて、現場現場で、目の前に【お前のこともバラすぞ】とやるわけだ。
    ★まさに、今立花さんがやっているNHK内での不正行為、犯罪行為問題、これと全く同じで、職員の犯罪行為を皆が内部で隠しとおしている、この実態と、もう瓜二つなのだ。

    【やるんなら、お前がやってることもバラすぞ!】という、これが犯罪を犯しているものの強烈な弱みなのだ。
    強烈にこれが効いているのだ。

    野中広務も辻元清美もこれでここまでに日本の中で、脅し脅して好き放題のさばってきたわけだ。
    これをつぶすことがまず一番でそれを潰すにはこの日本の国籍をまずそいつらの祖先がどうやって手に入れたのかの個々の部分と血液での遺伝子による判別という方法しかない。
    奴らは絶対に否定するんだから目の前に科学的検査結果の絶対的信頼度の高いもので、これで、血の検査で奴らを追い込めばいい。

    こいつらはここまでそれで生き延びてきているし日本の莫大な税金をこいつらが食い物にしてきているし、例の脅しをかけて、官僚の国籍だまし取りの実態内容を脅すことで、それでここの部分をうやむやでここまで来ているのだ。日本民族の後押しがここで必要になる。

    早々に身柄拘束で血液遺伝子による判別で国外追放させたほうがいいのでは?

    日本の法律で今でもできるよね!。
    で言わないと意味が通じないのでそこで日本人に化けて日本人だと名乗っている以上にg本の象徴、日本でだれもがそこを犯すことができない天皇家という権威に対して、朝鮮の訪朝を恨むはずが自分が日本人に化けているために仕方なく日本の権威の象徴の天皇陛下を身代わりにしてあんな展示物と称する妬みと恨みの祖国朝鮮への恨みを日本で日本に置き換えてこいつらはやった。

    これをうまく資金提供し利用してこいつらを動かしているのが朝鮮中華共産党でありその目的は領土を強奪国家ごと日本を奪い取り日本の国民を強制的に奴隷化し、日本そのものをまずは破壊活動で奪うつもりなのである。

    冒頭の笑ってしまったの部分だが、
    じつは私の子供の同級生が、今南米に居てて、それがこの間母親が亡くなり日本に帰国したんだが、その子の母親はどう騙されたのか創価学会の会員だったそうで、その創価学会の仏壇(入会前の仏壇はやっぱり叩き壊され焼かれて踏みつけられたそうで、そこで創価学会の誂えの別に強制的に仏壇を購入させられたもの)が死亡した後に残ったそうなんだが、以前から創価学会はこの子は何度も母親にやめろやめろと言っていたそうだが、やめろと言っても母親が何となくやめなかったそうで、でも死んじゃったので、もうやめることになって、息子が行ったその行為がまた凄くて、
    前の仏壇を当時の創価学会員が当時入会後すぐに家に来て、仏壇を地面にたたきつけて叩き壊されて焼かれて踏みつけられていたのを本人も自宅で当時見ていたそうだが、今度はその息子が、今度は創価学会の仏壇を庭に叩きつけ瓦礫にして山に積んで、自宅の庭でそれを燃やし、そしてそれを思い切り足で踏みつけたと、そう言って息子に連絡してきて、それで我々家族で、もう笑い転げてしまったというわけ、大笑いをしたというわけです。

    池田大作成仏してるかなあ。

  11. 仲井 より:

    まあどこまで薄汚いのか、どの面下げてくるのか、その神経はいったいどこについているのかと思う程に、面の皮が厚い韓国の首相が日本にやってきた。

    伝わるところでは、相手の肩書が上の時だけしかものも言ってこない、一旦肩書が外れればその者は身分が下になったのでもう話にもかけないし相手にもしないという。
    まあ朝鮮民族には当たり前の行為だが、特に身分の低い卑しきものが、奴隷がよくやる生き様である。

    立派になればなるほど謙虚にという日本の姿、上に行けば行くほど控えめに頭を垂れる日本民族とはここがそもそも全く違う。

    肩書が外れた瞬間から、そこに己をもっていかない、つまり肩書のついている間の上のものしか国内でも対外的にも相手にもしないし鼻にもかけず声もかけない素性の物らしい。

    まあ言えば上の役職のものにくっついとけば自分がそれと同じにみられるか、自分の出世に役立つ、つまり、朝鮮の既得権を兎に角つかむ立場に周りを陥れてもいち早く誰よりもその場所になりたいと思う、手に入る席に自分が行けるならなんでも土下座でもできる、というもうなりふり構わずに底浅はかな性質の生き物らしい。

    この者が安倍総理と面談した。
    なんでこんな奴と日本の国歌を代表する総理大臣が、わざわざ顔を合わす必要があるのか、まあ我々日本人にすればこんなこと言語道断なんだが、意味が解らんが、まあとにかく会って話をしたそうだ。

    今回のことで、テレビではほとんど報道されていないと思えるんだが(私は少なくともこの内容は日本国内での各局報道番組中には見ていない=「」そこまで言って委員会」でちょろっと出されただけで、その中身がどうだまでやっていなかった)一つ重要な証をこの韓国の首相は残していった。
    このことは私は日本人にとってここまで錯覚指され騙され如何にも日本の問題化のように報道され続けていた内容が実はそもそも朝鮮の内容だったということをこの男は自らの口から自分で上げ総理にものを言って感謝をしたいと伝えている。

    それは、最近日本政府として補償と謝罪までしたそのライ病患者に対する国としての申し訳なかったとして賠償と謝罪をやったあの内容だがこの件で韓国の首相が安倍さんにわざわざこのことはありがとうございましたと言った。
    日本の日本人の皆さんは、ここで不思議だと思いませんでしたか?
    もしもこのニュースこの内容を耳にしていたら。

    日本国内でライ病患者に対して、隔離病棟内容についての賠償と謝罪を行ったことについて、なんで韓国の首相がそのことで感謝したいなどと言ってるの?って思いませんでしたか?

    日本ではこのライ病患者についてのここまでの政府の対応、そして最終的に賠償という重い謝罪もした、この件は日本の問題のはずなのに、なぜ韓国に関係があるの?って。
    そう思うでしょう?
    あの韓国が、あんな何事も無理を言って金をせびってくる、絶対に謝罪や感謝なぞまあしたことないぐらいろくでもない国のはずが、何なんだと、日本人は思ってたと思う。

    だが今回韓国が何故他の国のことで、自国内の事でもないはず(日本人の殆どは日本の問題だとそう思わされ続けてきていた=新聞テレビ、識者らに騙され)の内容で、よその国のことでなんで?しかも感謝を?って。

    日本での事なのになんで韓国が感謝を?って、日本人はたぶん多くの日本人は思ったであろう。

    私がこの間書いた内容にこれがつながる。

    日本人はライ病という病気は日本人にもありそれが戦時中や戦前戦後を通じて酷いことをした云々と思わされ実際の本質の根本部分をきれいに抜かされ日本でそれがあったということからこの件は発して居てもともとこの病気はいったいどういう者で一体どこから日本に来ていた者なのかの部分は一切隠されたままで日本の報道はされてきたためにライ病って日本にも多く患者さんが居てたと思い込まされ続けてきた。
    個々がまず大間違いの新聞テレビはこんな嘘を日本国民に錯覚を起こさせる報道を長年やってきたもう犯罪者といっていいレベル。

    善良な日本人はこの日本で日本国籍を騙し取って日本人に成りすました朝鮮民族新聞社、朝鮮民族テレビ、朝鮮民族識者および関係者らに、大嘘を仕込まれ、騙されていたわけだ。
    このことはこの間も書いたが、
    ライ病という病気は実は朝鮮民族の間でもうものすごく蔓延していて日本が併合した当時もうそこらじゅうでライ病の患者がバタバタ存在していた。
    はじめ日本はそれが不潔な国なので不潔のあまり皮膚病だと間違えていたが間もなくそれがライ病だとわかり朝鮮半島のある島に患者を一斉に隔離病棟を作り収容し食べ物も与え治療もし一応命を守ろうとそこだけは日本政府はやっていた。

    朝鮮ではそれまで、そこらじゅうでひどい症状のものは現場で邪魔になり、殺されゴミのように放置されたりしていたようだ。それを日本政府は周りと接触させないようにと、隔離する病棟まで作って初めにまずは6000人ものライ病の患者を一斉にそこに収容したという。次々と収容されて患者は溢れる状況まで追加されるが同時に死亡者も多く出て居た。それが何と数十年間併合中ずっと続きその後大東亜戦争にて日本は敗れ朝鮮半島から引き揚げた。その後の朝鮮で(まだ朝鮮動乱が起きる前)日本が退いた後を引き継いだ朝鮮傀儡の政府は、朝鮮国内に日本が作ったそのライ病患者の隔離病棟を何と「こんな奴らなど面倒見る必要などない、こんな奴らゴミみたいな連中は邪魔になるだけだ、金もかかるし」と、ということで、収容所は解体し、収容されていた患者は放り出され、野放しでそこらじゅうで迷惑な生き物として追われ殺されたりしだした。
    患者の彼らはそこで日本併合時代はよかった、命どころか食事や治療までしてくれた、朝鮮では殺されるが日本に行けば何とかまた助けてくれるだろうと、このライ病患者が一斉に朝鮮から海を渡って日本へと密入国して入ってきた。
    朝鮮動乱が始まる頃までにももう相当数のライ病患者が日本へと逃げて入ってきている。
    その後朝鮮半島で動乱が起こりその折にもまだ朝鮮には相当数のライ病患者がいててそれらが日本へとまたまた逃げて入ってきた。まあ朝鮮国内で日本に逃げる前に現地ですでに多くが殺されたものも多かっただろうが。

    こういう時系列の事実があって、元々日本にはそもそもなかったような病気が、日本にものすごい数のライ病患者が入ってきた。
    ここで日本でのテレビや新聞はこの者らが実は朝鮮民族だとは伝えずに(それを伝えるとライ病患者だけでもこの数だから普通の朝鮮人はもう日本国内には密入国での朝鮮民族がものすごい数日本に入ってきて存在しているとバレてしまうので、それを隠すために=病気持ちだし迷惑この上ないもんがやってきていると、それも同胞の同じ朝鮮人だと、こう思われるのが都合が悪かった)ただライ病患者というだけしか日本国民向けには報道しなかった。
    つまりもうこのころからこの朝鮮民族の内容は日本国民に隠してやろうとそういう動きはすでにこんな時期からもう報道の間の認識では出来つつあったということだ。

    今回勧告の首相が安倍総理にこのライ病患者への日本の対応について感謝をしたというのは自分の国の民族でありながら当時とんでもない状態で放置させしかも殺戮も平気で行っていたライ病の患者を日本に逃げてきた患者でさえ日本が面倒をミシカも朝鮮民族らしく後には自分らは無限といっていいほど対応で治療までやってもらったにもかかわらず被害を受けた被害を受けたといわゆる例の朝鮮民族に新設にすればするほどに被害の訴えにつなげていく嘘のでっち上げでの巧妙な卑劣要求がやっぱり起きてしまった。
    ここらの事実を韓国のこの奴は知っていてでも日本で面倒見てもらったライ病患者がすべて朝鮮人だったとは公で入ってもいない。
    日本人の税金でなんで朝鮮から逃げてきた連中をものすごい労力と税金を使ってまで養生させたのに朝鮮流またまた被害者要求というとんでもないものに日本がそれに黙って謝罪をつけて賠償したことに朝鮮の韓国はシメシメと思ったであろう。
    日本の朝鮮民族新聞社テレビ局もこれで彼ら患者が日本人と間違われて上手く朝鮮人患者を日本の税金で賄ったよかったよかったと、まあこの朝鮮民族の薄汚さというのは、今後将来こいつら日本で日本人に化けている朝鮮人は
    こいつらあらゆるものにまで探して日本の性だ日本の性だと、日本に金銭を要求してきたが、このままで行くと最後もう探しても要求できるような、被害を受けたと言えるものがなくなってしまい、見当たらなくなったら、こいつ等のことだ、こいつらだったら、
    【寿命が来て普通に病気で高齢で死んだとしても、日本政府のおかげで死んだ、早死にだった、これは日本が悪い、まだ二十年は十分に生きられるところを日本の性で早く死なせた】などと言って要求してくるかも。

    死んでも、すぐまた死んだのはお前らの性だ、と日本政府に要求するかも。

  12. 仲井 より:

    こんなことも書いてもいいと思うが、

    最近同級生と飯を食う機会があって、数人集まったが、その中に、卒業してからずっと海上保安庁一本で定年まで勤めあげた男が居てて、退職後その後10年近く関係の場所で勤め、そこからはもうすべて今はゆっくりしている男がいてて、その食事中に、ひょんなことから、北朝鮮を含む朝鮮半島のいろんなことが、内容でいろいろと話題が出てきて面白い話になった。
    全部は出せないがでもちょっと面白く感じた部分があってそれを書いてみる。

    彼が居てた折にその中で一つの内容が結構話に出て居たことがあったようで、
    野中広務のことが、海上保安庁の彼が居てた場所の部署管轄内では、中でそこそこそんな話題が話がのぼっていたという。
    どういうことかというと、
    北朝鮮及び韓国、中華共産党にかかわる防衛、警備体制の関連の内容で、保安庁の隊員の話の中に、リラックスした食事中などにさえも、何度となくこの野中広務という人物の内容は名前が出てきていたという。
    海上保安庁の隊員の中で、まあ私の同級生が所属していた(同級生の男は、そこそこあっちこっち勤務場所地は当然だが所属部署は移動で勤務していた)関係場所だけだったのか、そこはわからないが、でも複数の地域に彼は定年まで所属で移動もしていて、そのうえで何処ででも、この野中広務という名前が海上保安庁内の部署で結構出て居たということの意味が、これが結構きつい内容である。

    その中で、
    あの現財務大臣でもある麻生太郎副総裁が、野中広務に対して、面と向かって直接顔を見て目の前で、
    ★【お前を政権の中には絶対に入れないからな!】と、突き付けて言ったという。

    さすが日本男児、伊達男、、麻生さんである。
    さすが太郎の名前がついているだけのことはある。

    麻生さんと言えば、
    あの戦後まなしの日本で、天皇陛下よりも上に居てると日本国民が当時誰もが思っていたあのマッカーサーと、当時日本の誰もが頭を下げてしか顔を見られなかったあの怖い怖いマッカーサー元帥の前で、大きな立派な椅子に座って葉巻を咥え足を組んで彼を出迎えたほど度胸の据わった吉田茂の血を引く男である。
    マッカーサーが日本も軍備をと突き付けたが一切頑として軍備は米軍がやってくれ日本は国内の復興がまず第一だと米国の要求を突っぱねて見せたまあ日本の政治家の巨人の一人である。その吉田茂の血を引いただけあって物事に動じないし日本を貶める連中には絶対に許さぬという態度を一貫して見せてきた。

    トルーマンから一言で首を宣告されたマッカーサーの姿を日本国民は見て、
    【あの凄いマッカーサーを一言で一瞬で首にできるとは、マッカーサー元帥よりもまだ上にもっと偉い人がアメリカには居てたんだ】と、日本国民はそのことで米国の怖さをそこで重ねて身をもって感じたという。

    麻生さんは、あの、日本の国家国民を誰よりも大事に考えた日本の政治家中川昭一さんを誰よりもかわいがっていたし将来の日本をを任せられる人物だと思っていたようだ。

    その一番大事に、我が毎のように思っていたその中川さんが、日本の朝鮮民族新聞、朝鮮民族テレビにまんまと嵌められ工作機関からあんな世界の晴れ舞台で仕掛けられ罠、陥れられた悲惨な運命をたどったその男の突然の不審死。
    麻生さんにすれば、日本の政治の世界では日本にとって一番信頼の出来る政治家の後輩でもあったが、彼が殺されたとき、この訃報をいち早く聞いた麻生さんは、もう本気で涙を流されたとも聞いている。
    彼の死を今でも酒の席で話に出されて、惜しんでいるとも聞いている。

    たかが北朝鮮からきて、こそこそコソ泥のように国会を動き回り、うろつくドブから来た黒ネズミのような男に対して、政界でも過去誰も口には出せなかったこの文言を、麻生さんは、面と向かって野中広務に直接突き付けたという。
    麻生さん、凄い!
    脅し脅しを繰り返し日本の政界で多くの政治家を身元素性の不法の弱みで脅し、其れだけしか持たないのにそれだけで日本の政界を大股で闊歩し生き延びてきたこの北朝鮮工作員を、麻生さんが一言で一喝し、この一言でこの薄汚いニタニタ笑って近づいてくるドブネズミを蹴散らしたこの度胸に賞賛を送りたい。

    日本人として。
    頼もしいの限りであり、この一言に尽きる。

    ★出来ることなら、傍で、この姿を私は見てみたかった。

    日本の皆さん!、
    べらんめえの政治家麻生太郎太郎さんが居てたから小泉以降小泉さんが退いた後も政権の中枢に口利きで潜り込もうと画策して動き回っていたようだが、そこの一線からは麻生さんがそこからは一切入らせなかったということのようである。
    新聞テレビは朝鮮民族のテレビ新聞は普通は総理大臣潰しが殆どだが、この麻生さんに関して見て居たらわかる通り、マスメディアは徹底的に嫌がらせ報道をやり、兎に角潰しにいってるでしょう?

    またそれにまんまと載せられて騙されて思惑通りに発言している馬鹿も多い。

    これはすべて野中広務らの脅しによる仕掛けから印象操作で麻生を潰しに来ている一環なのにそれにまんまと一体で発言している馬鹿。

    これは麻生さんがまだ朝鮮中国からの政権中枢への画策工作を彼がまだ防波堤になって防御させているからこいつらにすれば安倍さんをつぶすのに誰が邪魔になってるかを一番わかっていて特に麻生さんは朝鮮人中華人が大嫌いで、彼さえ潰せばとそれでやってるのにまあほんと馬鹿ばかり。
    まあ馬鹿ではなくて逆にわかっていてまだそれをやり続けて麻生さんさえ潰せばと思い込んでやってるのだろう。

    朝鮮人新聞、テレビ、電通をはじめ、日本のあらゆる工作機関がとにかく麻生太郎がとにかく邪魔な存在、だからもうねちねちと兎に角印象操作で潰そうとあらゆる薄汚い仕掛け工作で何とか政権から引きずり下ろし兎に角一つの朝鮮、中国から工作が日本で成功出来て入りやすいようにと、その防波堤の麻生さんを兎に角失墜させようと、潰そうと、もう日々狙い続けている。

    なかなか潰せないので、挙句の果てにはあのべらんめえ口調までを揶揄させてみたりや、あの時折見せるあの歪める顔の表情までを非難の対象にまでもっていき、これまでを非難中傷の材料にして如何にも麻生さんは酷い人物だ、悪い人物かに印象で操作してまで潰し作戦でひつこく執拗に朝鮮流にやっている。

    野中広務を政治の中枢で動かせることを一喝で排除させたこのことが、日本の朝鮮人テレビ、朝鮮人新聞にしたら中国共産党、朝鮮の連中から攻められ、身元素性の不法内容で脅されせっつかれているのだろう。

    【何故もっと段取りよく麻生を潰せないのか!何で出来ないのか!あれだけ金は渡してるだろうが!お前ら、国籍を騙し取ってるのを、バラすぞ!】レベルで向こうは相当怒ってるだろうねえ。
    【もたもたするな!】って。

    だから無駄だと思うが、朝鮮民族の得意な、いつもの、「逃げる段取り」しながらの、見せかけだけのまずは日本人が怖がるミサイルを日本海に向けて何度もぶっ飛ばしてるのかねえ、、、、笑い。

    麻生太郎は男だよねえ。
    麻生さん、
    野中広務によくぞ言ってくれました。
    私は感謝しかありません。
    何しろ私は奴らから直接三度も自宅向けで殺害予告を受けた本人ですからね。

    日本の政治家はもう日本の国籍を騙し取った朝鮮民族上がりばっかしで、其れであんな野中広務のような北朝鮮から送り込まれた腐ったコソ泥に脅されて、奴に何にも言えずに何時も表ではぺこぺこして裏では恨んでいて、もうぐちゃぐちゃな政治の世界に、そこに日本男児の一言をあの卑劣なもの者に、直接面と向かってよくぞ言ってくれました。
    日本人として本当にありがたい限り。

    或るテレビでまあ愚か者の朝鮮人が、
    「野中さんは何故首相を目指さなかったのですか?】と問いかけて、その折野中は、
    「いやいや私はそんな器ではありません、誰かを支えていくのが喜びの政治家です】って。

    ★まあここまでしゃあしゃあと大嘘で平気で出せる、何が支えることが喜びだよ!って。

    お前は、潰すのが楽しい、脅すのが楽しい政治家(こんな奴は政治家でもなんでもなくて政界をうろつく朝鮮ゴロのゴロツキなんだけどね)だろうが!
    祖国北朝鮮に日本の財産をどれだけ食って送金させるかだけが命と引き換えに送り込まれてるんだろうが!って。
    誰かを支えるってそれは北朝鮮祖国の金王朝だろうが!って。

    海上保安庁でさえこんな内容が隊員ら間の間で話に出て居たということは海上自衛隊は無論航空自衛隊陸上自衛隊内でもこれは常識に退院の間では結構語られていたと思えるが。

    これで私は日本の自衛隊はまだまだ朝鮮人テレビ朝鮮人新聞にここの部分はまだ侵されずに騙されずに朝鮮まみれでなくて騙されていなかった様でそこは私は日本人としてまあちょっとだけだがほっとしている気分。

    今から熱いコーヒーでも飲んで、
    【麻生さん凄い!大好き!】って思い浮かべながら、ネットの海老名市長選挙関連の内容でも見る。

トップへ戻る