橋下氏「(汚染が無いのに震災ガレキ処理に反対した玉川徹)玉川氏のような無責任でいい加減なコメンテーターに負けずに、政治がしっかりと行動しなければならない」10/19~30のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(10/19)

あれで不完全燃焼❗️❓(笑)まだまだエネルギーが有り余ってますね。是非、大阪で❗️

(10/21)
ラグビー日本代表は本当に素晴らしかった。しかし各メンバーへの報酬が異常に少な過ぎる。このような悪しきアマチュアリズムに固執していては、ラグビー競技人口は増えず、結局日本のラグビーは衰退していく。これほど面白いラグビーに子供たちを集めるのは日本ラグビー協会の責務だ。目覚めよ!

(10/27)
「ガラケー女」デマ拡散 被害女性が愛知・豊田市議提訴:朝日新聞デジタル

→根拠のないデマツイートを無責任にリツイートした岩上安身氏の行為は名誉棄損にあたると判断した裁判例に通じる。

支川ポンプ止めず職員避難 本川合流地点近くで決壊 埼玉・越辺川 – 毎日新聞

→下流(本川)を守るために上流(支川)が犠牲になり得る治水行政の厳しい現実

(10/28)
イングランドの”ハカ奇襲”に罰金の可能性 英紙指摘「制裁がなければ驚きだ」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

➡︎イングランドの対応は素晴らしかった。一列でただ見ているだけでは、見る方は不利。鶴翼の陣での対応は知恵があった。会場も盛り上がった。センターラインオーバーは今後止めさせるべきだが、今回の程度で罰が下るなら、ハカ自体も止めさせなければならない。

(10/29)
「ガラケー女」デマ投稿の市議、FBで謝罪 提訴受け

デマ情報を拡散したなら、謝罪して削除するのが本来の対応。岩上安身氏は僕のデマ情報をリツイートし、僕に訴えられたら、不当訴訟だ表現の自由の侵害だと大騒ぎ。その上敗訴。皆さん、デマ情報を拡散してしまった場合には誠意ある対応をしましょう。ネット時代のマナー。

(10/30)
【ラグビーW杯】イングランドの“ハカ奇襲”に罰金処分決定 国際統括団体「すでに処分済み」と発表(THE ANSWER) – Yahoo!ニュース

センターライン(厳密には自陣の10メートルライン=センターラインから10メートルバックする義務)を越えたことが罰金の対象で、V字陣形自体は罰金の対象ではなさそうだ。良かった。これでこれからハカを迎え撃つ各国の陣形が話題になるし、観戦の楽しみの一つになる。



(出典:https://twitter.com/hosono_54/status/1189321632625713160)

玉川徹氏はいい加減なコメンテーターの典型例。まあ僕も今は同類だけど。


(出典:https://twitter.com/hosono_54/status/1189325231531417600)

玉川氏のような無責任でいい加減なコメンテーターに負けずに、政治がしっかりと行動しなければならない。


「第3回Amazon Academy」基調講演 橋下徹氏 – YouTube

府庁・市役所という組織がフル回転して、ビジョンを実行してくれている。さらにこの実行力を増すためには、府庁と市役所を一つにまとめる都構想が必要。ビジョンだけではダメ。ビジョンを実行する組織再編が必要。都構想自体はビジョンではなく、ビジョンを実行する組織改革。


鶴見区に児相新設 大阪市 虐待件数増受け26年度 – 大阪日日新聞

➡︎これも大阪都構想の思想がベースになっているから実現。基礎自治体の充実は特別区の思想が必要。大阪市を一つの塊と考えていたこれまでは児相の増設の認識が弱かった。教育委員会の数やその他住民サービスも同じ。

昭和末期を代表する政治家・中曽根康弘元首相が亡くなり、中曽根氏の政治や人柄をほめたたえる記事が新聞各紙にあふれた。しかし礼賛するだけでいいのか。令和の日本は「中曽根型」の政治では解決できない社会になっていると橋下徹氏は指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(12月3日配信)から抜粋記...

知られざる実態を見よ!中国:ウイグル人弾圧「収容施設にいる父親からのビデオメッセージを覚悟の公開!」

話題のあの本は注文殺到しているようです!

反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫
文藝春秋
売り上げランキング: 1

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

トップへ戻る