12/21 橋下氏ツイッター 「あの究極の非効率の国会の効率性を上げれば、参議院議員の仕事くらいできますよ・・・」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
あの究極の非効率の国会の効率性を上げれば、参議院議員の仕事くらいできますよ RT @YoichiTakahashi: この人、それほど質問していないけどhttp://t.co/Mx7ntuQa←三原じゅん子 橋下の国会議員兼務案「首長の仕事ってそんなに楽なのでしょうか」(発言のあったブログ)

日本維新の会の内紛模様が色々報道されているようですが、党内で意見の違いがあって当然。意見の違いがなければないで、橋下の個人商店と言われるし。政党だから批判されるのは当然にしても、まあとにかく党として最後の結論が出せるかが勝負。天才的幹事長の松井大阪府知事がいる限り大丈夫。

自治体の長と参議院議員の兼職について、そんなのできるわけないとか、自治体の長はそんなに楽なのかとか、反対理由にならない理由ばかりを当の国会議員は挙げまくる。そんなのやらせてみて、ダメだったら選挙で落とせばいいだけ。これって、規制緩和を認めない霞が関の理屈と同じ。

絶対に取り返しのつかないことだったら慎重になるのも分かるが、市長と参議院議員の兼職ができるかどうかなんて、一度やらせてみてできるかどうかを確認したらいいだけのこと。やらせる前に、あーだこーだ議論しても不毛極まりない。誰もやったことがないんだから、机上で議論しても全く無意味。

おはようございます!この思考回路は何なんでしょうか? RT @kenichiromogi: その通り。@t_ishin 自治体の長と参議院議員の兼職について、そんなのできるわけないとか、自治体の長はそんなに楽なのかとか、そんなのやらせてみて、ダメだったら選挙で落とせばいいだけ(続く…)

(続き)
参議院議員と自治体の長の兼職を否定する理由を国会議員は挙げまくるが、結局現状が良いとの前提。新しい提案に対していちゃもんを付ける人は、結局のところ現状維持。兼職についてデメリットもあるのかもしれないが、それよりも現状よりもましになるならチャレンジすべきだ。

自治体の長と参議院議員の兼職を否定する人は、現状の参議院で良いと思っているのだろうか?国民の感覚とかい離し過ぎ。多くの国民は現状の参議院は要らないと思っている。できるかできないかは、まだ誰もやったことがないのだから、誰も分からないはず。それなら一度やらせて、見極めたら良い。

日本の成長のためには競争力強化が必要、そのためには参入規制の緩和などの規制緩和が必要と多くの国会議員が言う。ところがいざ自分の身分になると参入規制をする。参議院議員と自治体の長の兼職禁止規定の撤廃は、規制緩和の最たるもの。これくらいできない国会議員が規制緩和などできるはずがない。

RT @kenichiromogi: ご指摘の通り、「前例がないからダメだ」と決めつける思考回路が、日本の可能性を狭めています。 @t_ishin おはようございます!この思考回路は何なんでしょうか? RT @kenichiromogi: その通り。@t_ishin 自治体の長と参議院議員の兼職について、

RT @kenichiromogi: 橋下徹さん(@t_ishin)が提案されているように、首長と参議院議員の兼職を認めるなどして、新しい可能性を生み出すのが、これからの政治の役割だと私は考えます。政治は、空気製造機。橋下さんは、すでに、「今までにないことができるかもしれない」という空気をつくることに成功しています。

RT @diet3733: @t_ishin 日本はいつから挑戦しなくなったのでしょうか。首長に、参議院はやらせてみればいい。無理なら世論が落とすでしょ。そもそも、参議院は衆議院のコピーになっているし、三原さんみたいに昼ごはんを食べる暇が無いというのは、能力不足なだけな気がするが。

議会はとにかく儀式が多すぎる。役所も同様。ITを使って仕事のやり方を徹底的に見直し、 効率性生産性を上げれば、無駄な労力が大幅削減。市場に晒されないので政治行政の世界ほど非効率、低生産性の世界はない。自治体の長と参議院議員の兼職を認めれば否応なしに仕事のやり方の見直しに繋がる。

原発政策については、何年に原発を0にするかだけが騒がれた。スローガンよりも、何をやるかが重要なのに。日本維新の会の方針は何も変わっていない。まずはルールの厳格化。http://t.co/kcrlfuVP これまでは電力会社が活断層調査をやって行政へ書面報告。行政は書面審査。

規制機関が活断層調査をやると言うルールに変えることが最重要。もっとも今回の活断層騒動は、活断層の定義を変えたことにもよるだろうが、それでも電力会社は活断層ではないと抗議している。電力会社に調査をさせるこれまでのやり方だったら、定義を変えても活断層の発見には至らなかったであろう。

活断層で大騒ぎするな。それなら家はどこにも建てられなくなるとの意見があるが、原発と家を一緒にするのはロジックの整理ができていない。家は他者加害規制ではなく居住人保護の視点。原発は他者加害規制。ゆえに後者の方が規制の度合いが高くなる。前者は規制よりも情報開示が中心。

大阪城西の丸庭園で天守閣を借景にモトクロス競技をやることに挑戦します。役所の感覚ではそんなアホな。しかし政治が方向性を決めれば、役所はきっちりと仕事をやって見事に文化庁の許可を取りました RT @kenichiromogi:「前例がないからダメだ」が、日本の可能性を狭めています

外圧が働かないと改革は進まないのが現実です。言うだけではな何も進みません RT @hayakawah: 何も自治体の長と参議院議員を兼職しなくても、先ず今日から、議会も役所もITを使って仕事のやり方を徹底的に見直し、 効率性生産性を上げれば、無駄な労力が大幅削減することをやるべき

この場所は文化遺産中の文化遺産でありまして、ちょっとした建物を建てることも原則禁止だったんです。ここで世界的なモトクロス競技ができれば、これまでの規制概念が大きく変わります。役所は僕の指示を受け半年以上かけて文化庁の許可を取りました RT @kenichiromogi: GJ!

6月の予定です。レッドブル主催。アジア開催は初。スフィンクスや赤の広場など世界的名所で開催。文化庁の許可は取りましたが、実現に向けて壁はまだまだRT @runup_nagoya: いつ開催されるんですか? RT 大阪城西の丸庭園で天守閣を借景にモトクロス競技をやることに挑戦します

方向性が決まれば役所はきっちりと仕事をします。半年以上もかけて徹底調査。実行するのは行政。政治は責任を負って前例を突破する指示を出す役割RT @kokofofopw:地下の遺構への影響が不安視されてたのですよね。@t_ishin 西の丸庭園でモトクロス競技をやることに挑戦します
(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る