5/14 橋下氏ツイッターpart.2「風俗業=売春業と早合点して、そんなことは法律では許されていない!と言う声。今の法律では売春業は認められていない・・・」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
13日毎日新聞3面「風知草」憲法96条改正について(該当記事リンク)。5月3日の朝日新聞朝刊オピニオンの石川さんの寄稿について僕が批判したことについて(これは既にツイートしています)、山田孝男さんが再批判。そこで山田さんへ。まず石川さんは間接民主制が原則だから国民に決めさせるのは違うとの論。

僕も同論。これだけの規模の国なら、議員による討論で決める間接民主制が原則。しかし憲法改正は、憲法制定権から派生する国民主権そのものであることから、日本国憲法はあえて国民投票に付すことにした。この意は、国民投票を重視せよとの意と解すべき。

毎日新聞は同じく13日社説「視点」で住民投票を重視せよと言う。逆逆。普段は、間接民主制で議員による討論で決める。そしてこれと言うもののみ直接投票。僕も、住民投票を全て否定するわけではない。大阪都構想も最後は住民投票。しかしこのような住民投票は例外的。

しかし例外として定められたなら、それを重視すると言うのが例外の意。ゆえに憲法改正においては例外的に国民投票に付すことになっている。だから国民投票を重視すべき。そこを石川さんは、一般論として間接民主制が原則だとしか言っていない。憲法改正の国民投票は例外だ。

石川さんは憲法上の国会3分の2の要件条項を挙げて、憲法改正だけ3分の2を過半数にするのはおかしいと指摘。しかし、他の条項には国民投票がない。だから3分の2が必要なのかもわからない。僕は衆議院の再議決(59条)は過半数でも良いと思っている。それは別として、憲法改正には国民投票が必要(続く…)

(続き)
国会議員の資格争い、除名、会議の非公開、再議決には3分の2が必要だが、憲法改正には国民投票があるので、国会では過半数で良いと言うのは十分論理として成り立つし、むしろ国民投票を重視する視点からはその方が望ましい。そしてフランスなどでは、国会の特別多数と国民投票は同等に扱われる。

つまり国民投票で過半数を得ると言うのは至難の業で、これは国会議員での特別多数をとるよりも難しい。それを13日の毎日夕刊2面で実証している(該当記事リンク)。この記事は国会議員の議決だけに絞って批判を展開。国会で過半数の議席を得ても、わずか28.92%の得票率でしょ!民意を反映していないでしょ!と。

そうなんですよ。国会議員の過半数で発議しても、国民投票で過半数を得ると言うのは至難の業。前回の衆議院総選挙でも自民党の比例得票率は35、28%。そして特定課題を国民に提示すれば、そうは簡単にYESは投じてくれない。議員を選ぶのは、日ごろの付き合いとか、他に選択肢がないとか色々ある

しかし憲法改正案については、議員を選ぶのとは異なる。特定の案についてのYES,NOだ。自民党に入れた人でもNOと言う人も多いだろう。つまり、国会議員で過半数を得たとしても、国民投票ではなかなか過半数にはいかない。だから フランスなどは、国民投票を国会議員の特別多数と同視する。

大統領制などで、国民全体で投票を行うことを経験している国は、国民投票の重みをよく分かっている。ところが日本は、国民投票をやったことがないから、簡単に過半数を得られると勘違いしている。毎日新聞は自ら実証しているじゃないか。国会議員で過半数を得たとしても、わずか得票率は28、92%と

国会での過半数によって発議しても、国民投票の過半数はなかなか得られません。そして発議乱発の恐れはありません。国会議員もわが身が大切。そんな発議をもてあそぶような政党は、選挙で退場を命ぜられます。知識人と言う人はとことん選挙、国民を信じない。

何べんも否決されるような改正案を政党は何度も出しませんよ。それくらい政党は民意に敏感なんです。委員会を欠席するかどうかですら、民意を気にしているのですから。と言うことで石川さんは、国民投票がある96条と、その他の3分の2条項を同列に扱っているのは間違い。

そして理屈。改正権は憲法96条に依拠しおり、その96条を変えてしまうと、改正の資格を得られなくなる。こう言うもっともらしい理屈を知識人は喜ぶ。しかし理屈なんてどうにでもなる。憲法改正権の根拠を96条どまりで考える必要はない。96条はさらに憲法制定権に依拠していると考えれば良い。

憲法制定権は、為政者、政治家にあるのではない。国民にある。ゆえに国民投票に付して、憲法改正の規定を改正することも十分可能。憲法改正権を96条に求めるのか、憲法制定権に求めるのかの違い。どうですか、山田さん、理解して頂けましたかね。

慰安婦問題についても、もっと日本人は歴史を勉強すべきだ。自己を正当化するためでない。不当に侮辱を受けることを避けるために。戦争は悲劇だ。戦争は避けなければならない。これは当たり前だ。ただ戦時における兵士の性はどのように解消していたのか。日本だけが特殊だったのか。

戦争になれば、世界各国の軍は、兵士の性の問題に頭を悩ます。この戦場での性をどのようにコントロールするかは軍をマネジメントする最大の課題だ。これは厳然たる事実。米軍だけは、自由恋愛の「建前」を貫いている。しかしそれは建前であることは皆知っている。

第二次世界大戦においての日本の侵略や植民地政策の評価はしっかりと受け止め、周辺諸国に対して反省とお詫びをしなければならないのは、敗戦国として当然だ。ここに言い訳を入れることは敗戦国として許されないだろう。それに加え、戦場での性の問題について、日本は他国と比べて特殊性があったのか。

慰安所での慰安婦の生活や、慰安婦の心情をみるに、それは大変不幸なことであり、筆舌に尽くしがたい。このようなことが二度と起こらないようにするのは当然だ。ただ朝鮮人慰安婦だけでなく、日本人慰安婦もたくさんいた。なぜ朝鮮人慰安婦だけが取り上げられるのか。

日本軍の戦場での性の対応の仕方は、当時の他国軍の対応の仕方として、特殊性があったのか。悲劇であるにせよ、今は日本軍だけが特殊な対応をしていたと世界では見られている。反省はしなければならないが、事実として違うのであればそれは言わなければならない。

日本軍と世界各国の軍との違いとして今言われているのは、暴行・脅迫・拉致を用いて、強制的にそのような仕事に就かせたかどうかだ。しかしここは今のところはっきりしていない。軍が施設を管理し、意に反して慰安婦になった方が悲惨な境遇であったことは確かだが、これは他国の軍でもある話だ。

戦場の性の対応として、軍管理の慰安所が設けられ、そこで意に反してそのような仕事に就かなければならなかった女性がいたことは悲劇であり、繰り返してはならない。しかし、当時は、その必要性から、世界各国の軍が慰安所なる施設を活用し、公のものでなければ現地の娼婦に委ねていた。これが現実だ。

日本軍も他国の軍と同じように、管理の慰安所を活用していた。軍管理の施設を活用しない米軍は「自由恋愛」の建前を貫いて現地女性を活用した。これらは戦争の悲劇であり繰り返してはならない。しかし日本だけが世界各国から国を挙げてレイプをしたと非難されている。ここは違うと言わなければならない

加えて僕が米軍に進言したのは、きちんと米兵の性的エネルギーをコントロールして欲しいと言うこと。これは時代を超えて、軍のオペレーションの最大の課題。そして法律上認められている風俗業の活用を持ち出したが、批判する人は風俗業を知らないだろうな。

風俗業=売春業と早合点して、そんなことは法律では許されていない!と言う声。うちの母親もすぐにメールしてきた。今の法律では売春業は認められていない。しかしそのレベルに達しない所で、風俗業が法律上認められている。要は最後の性行為に至らないところでの風俗業。

批判者は、風俗業=売春業=性行為と短絡的に考えているね。日本人は賢いから、性行為に至る前のところで、知恵をこらしたサービスの提供を法律の範囲でやっているよ。そして今の日本の現状からすれば、貧困からそこで働かざるを得ないと言う女性はほぼ皆無。皆自由意思だ。だから積極活用すれば良い。

もし昔の時代のように、貧困から意に反して風俗業で働いている女性が多いと言うのであればそもそも風俗業自体を禁止にしなければならない。しかし今の法律ではそうは考えていない。昔の身売りの時代とは異なる。女性も自ら考えて職に就いている。嫌なら他の仕事に就けばいい。それが日本の風俗業の現実

兵士の性をどのようにコントロールするか。それはいつの時代にあっても軍のオペレーションとしての最重要課題。だから沖縄の米軍基地を訪問したときにもう少ししっかりとやって欲しいと司令官に言ったんだ。法律上認められている風俗業を活用してはどうかと言ったら拒否された。売春じゃないんだけどね

しかし日本の識者と言われる人も、人の話を聞かないね。吉永みち子さんも、全く人の話を聞いていない。「当時は必要だった」と、今容認していることは別でしょ。僕も今は容認していない。ただ当時の戦時下においては世界各国の軍でどうだったのか。日本だけが特殊だっったのか、そこを指摘したんだ。

日本国民の多くが錯覚していますねRT @melon_tk: 法律で許可を得て営業している風俗店を使用してはどうかという内容なのに言葉は悪くなりますが、まるであたかも性奴隷は必要だと、橋本さんが意図した意味とは全く別のことにすり替えて報道しているところが多いこと

第二次世界大戦について侵略と植民地政策の歴史認識は日本国民は敗戦国民としてしっかりと持たなければならない。しかし日本国「だけ」がいわゆる慰安婦制度を持ったレイプ国家だと言う批判についてはきちんと反論しなければならない。現在において慰安婦制度を肯定するのではない。当時の状況の認識だ

第二次世界大戦当時は、戦場の性の対応策として、いわゆる慰安婦制度なるものが必要とされ、日本国だけでなく世界各国も同じような制度を活用していた。国の関与の仕方は様々であるし、現地の私娼を利用していた国もある。いずれにせよ、戦場に性を切り離すことはできなかった。これが歴史上の事実だ。

当時意に反してそのような職に就かざるを得なかった方は大変不幸であり、その心身の苦痛は筆舌に尽くし難いものがある。ただそれは韓国人だけでなく、日本人も、その他世界各国の軍が活用していたいわゆる慰安婦制度の慰安婦も同じだ。

日本の慰安婦制度を正当化するつもりはないが、しかし、日本「だけ」が慰安婦制度を持ったレイプ国家だと言われるものではない。僕らの世代以後の多くは日本国だけが慰安婦制度を持っていたと認識している。従軍慰安婦問題の報道等でそのように刷り込まれた。教育も受けていない。これは誤りだ。

第二次世界大戦当時、日本国軍だけでなく、世界各国の軍もいわゆる慰安婦制度を活用していた。当時は必要とされ、これが戦場での性の現実だ。今後は同じことは許されないが、当時はそうだった。日本国の慰安婦制度を正当化するのではない。日本だけが不当に侮辱を受けることには反論しなければならない

日本国が慰安婦制度を抱えたレイプ国家なら当時の世界各国も全てレイプ国家だ。しかし当時の世界各国がレイプ国家だと言う見解はあまり耳にしない。そうであれば日本国もレイプ国家ではない。意に反して慰安婦になった方の苦痛は察しなければならない。しかし日本だけがレイプ国家だと言われるのは違う

戦争の悲劇を繰り返してはならない。慰安婦制度も同じだろう。しかし、日本国だけが慰安婦制度を持っていたと、僕らの世代以降は報道等で刷り込まれている。教育も受けていない。ここは違うと言わなければならない。当時は、その必要性から世界各国皆、慰安婦なるものを活用していた。

いわゆると言うのは私娼や民間業者も含めてです。 RT @ikedanob: これは間違い。そんな「制度」はどこの国にもなかった。ナチスが強制収容所で強制売春をやらせていたらしいという話が唯一。 ow.ly/l1dfP RT @t_ishin: 第二次世界大戦

正確を期すならいわゆる慰安婦ですね RT @ikedanob: これは間違い。そんな「制度」はどこの国にもなかった。ナチスが強制収容所で強制売春をやらせていたらしいという話が唯一。 ow.ly/l1dfP RT @t_ishin: 第二次世界大戦当時、日本国

良くはありません。このような悲劇を繰り返してはいけません。 RT @ChihiroKitajima: 弱い立場の人の気持ちもわからないような人に政治に携わってほしくはありません。男性はそれで良いかもしれませんが、傷付いた女性は良かったのですか。
(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    SECRET: 0
    PASS: d4082ac4db3c14681d8dfc9a485bed44
    橋下徹という人は、「王様は裸だ!」と叫んだ子供のような人ですね
    弱小野党の代表の発言が海外メディアに取り上げられるなんて、どんだけ影響力があるんだ!

    とはいえ「建前と綺麗ごとの好きな」関東の受けは悪いだろうなぁ...維新の都議選はアカンかな?
    まぁ、維新の躍進も大事だけど、「真実をキチンと発信する」コトは、もっと大切ですから仕方ないね

    しかし、今さらながらメディアのカスっぷりを再認識

    曰く「何故、今」と、まことしやかに解説する馬鹿メディア
    ぶら下がりでの発言なんだから、「記者が質問したから」に決まっているだろ
    こういうのを「マッチポンプ」って言うんやろなぁ

    曰く「沖縄を馬鹿にしている」と、まことしやかに批判する馬鹿メディア
    米兵が一般女性を凌辱することこそ、沖縄を馬鹿にすることだろうに
    彼らには訓練として、毎日3回のTENGAを義務付するとかせんとアカンやろ

    メディアのカスっぷりを書いたらキリが無いなぁ...

    そうそう、橋下さんは松井さんと訪米らしいから楽しみだ
    現状より悪くなることはないから、思い切ってやって来て欲しい

  2. 先憂市民 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    アンパンマンさん

    > 曰く「沖縄を馬鹿にしている」と、まことしやかに批判する馬鹿メディア
    > メディアのカスっぷりを書いたらキリが無いなぁ...

    特に今日(14日)の報道ステーションは、ホントひどかったですね(怒)

    朝日としては、改憲派の急先鋒であり、今まで散々やり込められてきた相手。
    これに乗じて、(目の上のタンコブを)一気に潰してしまおうと思っている様ですね…
    悪意をビンビン感じる編集でした…

  3. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    SECRET: 0
    PASS: 1b495d1b17d57dd467cd60bb9da0b7b6
    橋下発言は過去の慰安婦制度を是認したわけではないのに、なぜ騒ぐのか?

    若い兵士の生理をずばり指摘して、現代の軍としてどのような対策を講じなければならないか、につき個人的見解をずばり述べただけだ。

    それが「不謹慎」なのか。現実に目をつけないで誤魔化してきたのが軍隊だ。タブーにずばり触れた橋下の現実直視の姿勢は政治の理想を見据えたリアリズムで、賞賛できこそすれ、批判にはあたらない。

    見ないようにして皆が避けてきたことをずばり直視した勇気を認めることこそ必要ではないか。

トップへ戻る