橋下氏「(東京都政)来年度予算概算要求。やはり小池カラーが全く出ていない。このままじゃまずい」11/13のツイート

米大統領選取材の為、渡米していた橋下さん。
帰国後、初ツイートです(^^)

(橋下徹氏twilogより引用)
(東京都政)東京都平成29年度予算概算要求。やはり小池カラーが全く出ていない。舛添さん予算をそのまま引き継いでいる。東京大改革予算になっていない。都庁は知事枠として300億円くらい用意して終わらすのではないか。小池さんが予算編成に力を注げていない。このままじゃまずい。

豊洲問題とオリンピック問題だけでは、来年6月の都議会議員選挙まで今の小池さんの勢いが持たない可能性が高い。やはり平成28年度予算で東京大改革予算にする必要あり。柱は現役世代のための5000億円ねん出改革だ。私学、幼児教育、保育料等の教育費完全無償化はできる。

平成29年度予算の要求状況|東京都

(平成29年度予算の要求について:財務局)
http://www.zaimu.metro.tokyo.jp/syukei1/zaisei/29yosanyokyujokyou/00.pdf

東京都が各局の来年度予算要求額を公表(ANNニュース)

まだ各局に小池さんの意向が、具体的に伝わっていないのでしょうか?
それとも橋下さんの指摘にある様、そこまで手がまわらないのか?

この概算要求に、メスが入るのか?
入らない、入れられないのか?

上山氏追及の都議会批判=「分断図ろうとしている」-小池都知事:時事ドットコム

都議会もメディアも、風向きが変わってきたようですね…(-_-;)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る