橋下氏「(米軍駐留経費の負担増)全額どころか何なら米兵の給料まで負担すると言えばいい。トランプ氏が嫌がる球を投げよ!」11/14のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)
トランプ氏、犯罪歴のある不法移民をまず強制送還。犯罪歴のない不法移民にはいい人がいるとの認識。犯罪歴のない不法移民に市民権を与えるのでは?オバマ氏は大統領令でやろうとして司法に無効を宣言された。トランプ氏は共和党で多数を得ている。法律を制定すればオバマ氏を簡単に超える。

トランプ氏、犯罪歴のある不法移民を強制送還し、それ以外の不法移民に一定のルールのもと法律で市民権を与える。メキシコとの国境警備を強化する。シリアアサド政権を容認してロシアと組んでISを壊滅する。これだけで歴代大統領の中で最高の実績者となる。政治はきれい事ではなく実行だ。恐るべし。

日本がトランプ氏から米軍駐留経費の負担増を求められたら、全額負担すると返せばいい。残り二、三千億円の話だ。たったこれだけのお金で日本は交渉の主導権を握ることができる。何なら米兵の給料まで負担すると言えばいい。トランプ氏は米兵が傭兵化するのでそれは拒む。トランプ氏が嫌がる球を投げよ

「肉を切らせて、骨を断つ」
の覚悟で挑め!

さすれば、相手も退く(譲歩する)

こちらから、一歩も二歩も踏み込め!と…

朝日・毎日は、そんなくらいなら「米軍撤退せよ」と言うんですかね?

米軍は撤退。
防衛費も増やすな。

朝日・毎日は、防衛力は、どう維持するつもりなのか?
森永卓郎は「全国民が竹ヤリもって戦え」って言ってたけど…

(いつも擁護している)韓国みたいに「徴兵制」でカバーするつもりなのかね??

橋下氏「トランプ大統領誕生。いよいよ日本が本気で自立を考える時だ」11/13,14のツイート

橋下氏 トランプ次期大統領に関する動画、ツイッター まとめ

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    > 何なら米兵の給料まで負担すると言えばいい。

    橋下氏は「極論」として言われているのだと思うが、安倍首相なりが「この言葉」を実際に言うのは流石にNGだと思う。
    「この言葉」をトランプ氏が拒んだ後に始まるのは「日米交渉」ではなく「日米同盟の崩壊」だと思う。
    「この言葉」は「米兵の血/米国の若者の命を金で買う」ことを意味し、日米の立場を入れ替えてみればわかる話だろう。

  2. 仲井 より:

    アメリカにはアメリカの事情があり、日本には日本の事情がある。

    アメリカにすれば日本に駐留している米軍にかかる費用は、ただ単なる費用だけではなくて、あれだけうるさい反対運動はいつまで続くのかと、約束した条項をすぐにやれよと!
    いつになったら日本政府は日米同盟での安保条約に則った現状の約束事を、これを一体いつになったらきちんと履行するのかと、
    沖縄で延々解決していないあの意味の解らん反対運動の状況、駐留している米兵らの指揮は、そのモチベーションは、ああいう状況を見たら気持ちの持ち方でも嫌気がさすことだろう。
    無論、反対派はそれを狙いでやっているんだが。
    もう最悪に近いものになっている現状で、この状況でまだ日本は日本に駐留の米軍の費用を、アメリカにこうやって負担をさせ続けるのかと、このままずっと強いるのかと。
    幾ら米国が主導での駐留しだした時代から今の現状に移行してきているとはいえ、そこはやっぱり人間がやってることであり、現場の兵士にすれば、ここまで嫌がられてまでと、それでも命令だから、約束だからとその日本を守るという部分においては、それはかなりの部分で気持ちがついていけない部分もあるだろう。
    現場は、指揮官も、いっそのこと米国に帰りたいよという気持ちにもなるさ。
    これをトランプは逆に怖いと思い出しているのだ。
    だから現地にいてる米軍兵士に向かって米国の司令官になる大統領が兵士らの気持も組んで日本政府に対して兵士が思う日々の指揮の下がる思いの不満を払拭させる意味での米国トップである指揮官が、兵士が喜ぶような、ああいう文言を兵士に替って、
    【日本は全額出せよ!でなければ日本から米軍は出ていくぞ!】と、米軍兵士の代わりに、兵士の積もった不満にこたえて代わりに日本政府にものを言ったのだ。

    いざとなれば自分らは或る意味日本の自衛隊よりも先に一気に戦場の最前線で戦うわけであり、日本がいくら憲法がどうのこうのとは言ってもそこは気持ちのもの位は、お金という意味ではなくて、米軍がそこに日本各地にいてるからここまでの平和が保たれてきたという感謝に近い気持ちを日本にいてる米軍兵士に向けて日本国民、日本政府は少しぐらいはやっぱり表してほしいと思うことだろう。
    人間なんだから。
    この人間が実際には戦地で戦うんだから。
    ここは重要な要素になる。

    残念ながらああして沖縄で朝鮮民族が日本人に化けてやっている反対運動、米軍出て行けとやるあの行動、そらああいう姿を連日見せられたら、奴ら反対運動をやってる者らがどういう種類の者かを米軍の者も解ってはいるだろうが、でもそこはアメリカの大統領にすれば幾ら沖縄がアメリカにとって重要な部分だと解っていても、兵士の言いたいことを代弁して日本政府に一度言うべきことは言っておかないとという意味で今回トランプは生の声を、其れも大統領選挙という世界中が注目の場でマイクで世界に向けて叫んで見せた。
    世界にいてる米国の現地の兵士にすれば、気もすかっとする思いだっただろう。
    我々の言いたいことをそのまま自分らのトップは、兵士のためにああやって発言してくれていると。

    アメリカ人が思う、アメリカの兵士が思う普通のそのままの声を、トランプは代弁しただけであろう。

    今回のトランプのこの世界各地で繰り広げている米軍が関わっての軍備費に関わる一連の発言内容で行けば、これがもしも日本に置き換えて逆であれば、日本は絶対に米国に対して文句を言うはずだ。
    日本の若者の命も戦争の現地に掛けて、預け、その上軍事費もこれだけ自分らは負担している、アメリカは当然軍備費の全額出すべきだろうが!って、日本が逆であれば必ず言うはずだ。

    日本が、アメリカのために日本人の命をかけて、目の前のかかる戦争に対峙して迎え撃つ準備態勢をやっている状況でいる時に、もしも仮に米国国民から、日本軍は出て行けと言われ続けたら、そら頭にも来るよな!。
    命を懸けて守ってやってるのになんだ!って。
    日本図員なら絶対に起こるはずだ。
    そんなんだったら日本軍はいますぐに出ていくぞ!って。

    これを思えば、日本がもしも逆であれば、誰だって今回のトランプの発言は解るよな。
    これだけ出ていけ出て行けというぐらいなら、日本は、日本を守る意味合いが強い日本での米軍基地での米軍の費用は、アメリカのトップなら、そら誰が考えても軍事費を全額出せよということになるさ。
    普通のことだ。
    底をここまで日本政府は国民との兼ね合いも考えてここまでの費用負担で済ませてきているのだ。私はここらあたりの互いの国での負担の配分は調整をして交渉をして、日本はここまでよくやっていると思っている。

    私は今、現状日本に米軍基地が多くあること自体がこれがアメリカにもメリットがあるからいいんだなどと言っても、幾らなんでもそれはやっぱり日本のご都合でしかない。
    現に米軍に現実として日本は守ってもらってると言っていい。

    日本の為という部分がが米軍には米国には相当ある。
    米国の若者の命を使う前の段階で、日本の戦闘態勢時には現場で米軍は戦闘態勢を張ってまさに戦闘で戦ってくれるんだから。
    こんなありがたいことはないと日本国民は本気で感謝すべきである。

    日本の為ではなくてアメリカの為だなどという連中が日本で好き勝手偉そうに言ってるが、少なくとも日本国民の安全が最優先でやれる体制が日米の現状の安保条約であり、米国の為で日本の為ではないなどとこんなことを言っている連中は、奴らは人間のクズである。
    命をかけて戦うことの偉大さを彼らは解っていない。
    自分の家族の為ではなくていざ戦闘状態が起これば、米国の兵士が、日本の覇権、日本国民の安全が最優先で戦ってもらえるなんて、こんな恵まれた国は世界でも日本しかない。

    ろくでもない言葉で、安保条約にケチをつける連中がいてるが、とんでもない。

    こんな連中が大勢いてるが、その意味よりも日本国民の安全は日米の安保条約でこうして戦後守られてきたことは、国民が日本国内で普通に爆撃を受けずここまで戦争のない世界を送れたことは誰も否定できない事実だ。
    現状を見れば今となれば、ここは、米国に感謝である。

    米軍のおかげで守られてきた日本、彼ら米国の若者の命の引き換えに日本の安全が守られていることを、我々は忘れてはならない。

    米軍は日本の為ではない米国の利益のために居てるんだと、こういうことを理由でコメンテーターらは常に日本が経費を全部みてあげる必要などない、あれはアメリカが日本の基地がアメリカにとって必要だから日本で今居てるんだというロジックでやっている。
    本末転倒だ。米軍にとっても、最優先が日本本土の安全の為である。

    日本もアメリカも両方ともが平和で安全な国民生活を送れるように互いで協力してやってきているのだ。その基軸が日米安保なのだ。
    こんなすごい協力体制は世界中どこにもない。
    米軍出て行けなどというこんなバカげたことを日本の有名な大学の連中が言って居たりする。
    【お前はあほか!】って、私はテレビで見ていて、いつも叫んでいる。

    日本が逆だったらどうなるかで、例を出すと、意味は少し異なるが負担する資金の提供という意味で言えば、現に国連の費用で言えば、各国世界の国よりも日本は国連に対して拠出している金額はかなりすごい割合で負担してきている。
    常任理事国でもないのに、いまだに戦争犯罪の犯罪国家に指定されていながら、でもかかる国連に拠出する費用は相当だしている。
    このことで今今回のトランプが言ってることと意味合いが同じの日本のテレビでも新聞でも常に不合理だなどとこれに文句を言ってるではないか。
    お金をあれだけ出してるのに国連での日本はなぜそこまで弱いんだと、予算など引き上げろなどと偉そうに言っている。
    一体なんなんだ!って。
    今回のトランプが言ってることは、
    【日本は全額負担せよ!そうでないと全軍米軍は引き揚げるぞ!】というこの内容は、一般国民が米国民でも日本人でも、立場がそっちになれば普通にこういうだろうし、誰でも思うことをトランプが普通に発言しているだけだ。
    これとまあ言えば同じだ。

トップへ戻る