「新」都構想、いよいよ議論開始。公明が法定協設置賛成へ

記事をシェアして頂けると嬉しいです

大阪都構想、議論再開…公明が法定協設置賛成へ : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

(引用)

 大阪都構想の新たな制度案をつくる「法定協議会」の設置議案に、公明党が賛成する見通しになった。これにより、都構想の再挑戦を掲げる大阪維新の会は、大阪府と大阪市の両議会で過半数を確保し、議案は成立する公算。一昨年5月の住民投票で廃案になった都構想の議論が再び始まる。

 公明党はこれまで都構想については「住民投票で決着済み」と慎重姿勢だったが、関係者によると同党府本部幹部と支持母体の関西創価学会幹部が年明けに会談し、法定協設置を容認することで一致したという。

 大阪市の吉村洋文市長が、同党が都構想の代案として主張する総合区制度を並行して検討する考えを示していることを評価したほか、次期衆院選で日本維新の会との対決を避ける思惑があるとみられる。

法定協の議案は2月に提出すると、松井知事・吉村市長ともに表明しています。

大阪維新主催による、「新」都構想のタウンミーティングも始まります。
“都構想”で住民説明会開催へ - NHK 関西 NEWS WEB

「総合区」と「新都構想」、万博にIR、大阪の政治はダイナミックに動いています!

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る