[日本維新]松井代表・馬場幹事長「テロ等準備罪:取り調べの可視化など5項目の修正迫る」戦略本部会議終了後の囲み取材 2017.4.22

維新 テロ等準備罪の法案 与党側に修正求める方針 | NHKニュース
 松井氏は、記者団に対し「今の法案のままでは、国民の権利があまりにも、なおざりにされる可能性があり、反対だ。テロへの抑止力を働かせることは重要なポイントではあるが、国民の権利を守り、懸念を払拭(ふっしょく)できるものにすべきだ」と述べました。

(修正を迫る5項目の詳細はこちら)
【テロ等準備罪】維新、週明けにも与党と修正協議へ 捜査可視化など修正案まとめる(1/2ページ) – 産経ニュース
 修正案は、取り調べの可視化に加え、弁護人の立ち会い権付与▽付則に衛星利用測位システム(GPS)捜査のあり方を検討する必要性を記載▽親告罪の規定追加▽テロの実行に関する犯罪を通信傍受法の対象に追加-の5項目。

その他
戦略本部会議での議題
吉村市長が言及していた
堺・小林由佳市議の離党
憲法審査会、民進・共産の対応
中川俊直議員 など・・・

松井代表
「(中川議員を責めているが)民進党は路チューとかあった。中川俊直議員はダメだと思う。民進党の時も議員辞職していない」

こんな事もありました・・・
民進・蓮舫代表が激怒 「ラブホに女性連れ込み未遂」報道の初鹿明博氏が青年局長辞任 – 産経ニュース

この方、もし維新分裂が起きず維新に居たままだったら・・・

メディアは、今回と同様に責めたでしょうね。それ以上かも

党(維新)は、上西議員の時と同様の対応(辞職勧告)だったのかな・・・


同日行われた常任役員会
松井代表・片山共同代表 冒頭あいさつ

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る