【訃報】昨年の参院選で維新の会から出馬した三宅博氏が死去、67歳

コメントを頂き知りました・・・
驚きました・・・

【訃報】元衆院議員の三宅博氏が死去 – 産経WEST

(引用)
三宅博氏(みやけ・ひろし=元衆院議員)24日、肝臓がんのため死去、67歳。通夜は27日午後7時、告別式は28日午前11時、大阪府八尾市南植松町4の141、八光殿南植松。喪主は妻、育子(いくこ)さん。

八尾市議を経て、平成24年に日本維新の会から比例近畿ブロックに出馬して当選、1期務めた。北朝鮮による拉致問題に取り組み、特定失踪者問題調査会の常務理事も務めた。

太陽の党と合併した時の日本維新で衆議院議員になられ、
拉致・日教組・NHKなどの問題を中心に鋭く追及されてきました。

三宅博前衆議院議員 公式ホームページには、現「日本維新」のマークが付いていますので、所属のまま亡くなられたと思われます。


氏のブログ(「日本維新の会」 前衆議院議員 三宅博 WEBサイト ー 天衣無縫 三宅の一刀両断!ー)

今となっては”遺言”とも取れる、3/31の記事
死を覚悟して書かれたと思われるメッセージ、是非、お読みになって下さい。
森友学園問題についてあえて一言 (ー 天衣無縫 三宅の一刀両断!ー)

(引用)
ー 天衣無縫 三宅の一刀両断!ー

森友学園問題についてあえて一言

森友学園問題についてはあえて今まで言及してきませんでした。
すべては戦後の日教組教育に対する反動が原因だったと思います。
あの籠池夫妻に多くの善意の方々が、その反動でほのかな期待を抱いてしまったのだと思います。

私自身は5年ほど前に彼らの本質を直感的に気付いて以来、一切の関係を絶ち切りました。
私の印象では街宣右翼と彼の学校教育・学校経営というのは本質的に同じものだと思っております。
右翼が街宣車で大音声で「北方領土」だ、或は「英霊のご恩」だと言っていますけれども、
結局彼らはこれは商売としてやっているだけのことです。
籠池夫妻も全くそうなのです。
教育という衣を被せているから非常にわかりにくいのですが、
彼らにとって愛国教育は商売道具そのものなのです。

いたいけな子供たちに教育勅語を称揚させ、或は愛国行進曲を唱和させ、
多くの善意の方たちはこれにころっと騙されてしまうのですが、
本当に子供たちのことを思うのであれば、何もそのような方法をとらなくても自然と子供たちが
日本に生まれた誇りや喜び、或は日本のご先祖に対する感謝の念をわかりやすく、そして日々教えていけばいいのです。
日教組教育の反動で教育に関心を持つ多くの国民の方々は
「ああ、教育勅語を子供たちに唱和させている、愛国行進曲など軍歌を教えている」という風なことで感動してしまって
物事の本質が見えなくなってしまったのではないでしょうか。
これは致し方のないことであります。
一般のかたについては籠池夫妻の本質を知る材料があまりにも少なすぎたのであると思います。
また政治家の中でも平沼赳夫衆議院議員は役職上祝辞を寄せられたリしましたが、
平沼赳夫先生は籠池夫妻の本質をもうとっくに見抜いておられました。
しかしながら政治家としての付き合い上、祝辞を寄せられたに過ぎないのであります。
しかし中には政治家でありながらシビアな厳しい目で籠池夫妻を見ればすべて本質がわかるにも拘わらず、
籠池夫妻のあの学校経営の姿勢に共感を覚えたふりをしたり、或は票になるカネになるのであれば
(これは何も籠池夫妻からカネになる票になるではありません。)
籠池夫妻に対する善意の方々、一般の国民に同調して共感をするようなふりをしてと申しますか、
或はわけも分からず相槌を打って愛想をふりまく等、
そのような下心で彼らを称賛したりしている者が少なからずあったのではないかと思います。

愛国教育を商売道具にするとは言語道断のことであります。
何より商売優先ですから嘘をつくのも平気、恥を恥とも思わない。
籠池夫妻が一般の方々と住む世界があまりにも違うのです。
ところが「まさかそんなこと」と教育に関心を持つ多くの善意の方々は勘違いをして、
「教育勅語を幼稚園児に教えている、軍歌を子供たちに教えている、ちょっと違和感はあるけれど
よくやってくれているのではないかな」
という風に自分の眼をあえて本質からそらしてきたことがあるのかもわかりません。

彼らは教育者というよりも人間として失格ではないでしょうか。
私自身は一切彼らとの接触を5年ほど前に絶ってきました。
しかしそのことをあえて口に出すのは何か私自身が籠池夫妻との関係で個人的な何かがあると誤解されたり、
或はまた一般の方々の善意に冷や水をかけるのはどうかという思いもありましたので、一切今までこれに関しては口に致しませんでした。
まだまだ細かいことを言いかけるときりがありませんけれども、そのような思いであります。
戦後日本の或はまた戦後国際秩序の本質に気付かずに我々が善意ですれば相手はそれに応えてくれるはずだ、
そのような認識が通じる相手は国際社会ではごくわずかであり、
また日本国内に於いてもそれを逆手にとってビジネスに利用する輩もいるのです。

三種類の金額の異なる契約書を作り補助金詐取しようと虚偽申請を出したことは重大な詐欺行為そのものではないのか、
この一事をもってしても彼らの本質が一目瞭然です。
しかも表向きは子供たちに対する愛国教育であり愛国心の寛容でありますから籠池夫妻にとってはこれほど商売として利用しやすい道具はなかったと思います。

これ以上彼らのことについては言葉にするのも、といいますか口に出すのも気分が悪いという風な思いが正直なところでございます。
ちょっと言い過ぎたかもわかりませんけれども、私自身は顔も見たくない、言葉も交わしたくない、一切関係を持ちたくない、
そういう世界の人間でありました。
教育勅語を教えて軍歌を子供たちに歌わせて、日本の公教育は子供たちの国家・国民に対する目的を達成できるのでありましょうか。
地道な努力を何十年も継続し、そして教育を利用して国家を滅ぼそうとする連中との熾烈な闘いをせずに
本当の教育の立て直しや国家の再生というものはできるものではないと思います。
そんな簡単に答えが出るようなものではないのです。
皆さんよくご存知と思いますが、4歳5歳の幼稚園児に教育勅語を称揚させたり軍歌を歌わせたりして劇的に教育が変わる、
そんな甘い話ではないのです。
反対に反日教育にとっては、森友学園、籠池夫妻、この連中ほど利用しやすいのはなかったのではないでしょうか。

はたして反日の連中と森友学園の行動は表面的に見られるような敵対するようなものであったでしょうか。
やっていることは裏で通じているとしか思えないと私には考えられます。
日教組や部落解放同盟が今に至るも教育現場の実権を握っているのです。

戦後反日教育もそうなのです。
歴史を歪め、真実を遠ざけ、純真な子供たちに嘘を教えて日本の国を貶め、ありもしなかった「従軍慰安婦問題」を
韓国に迎合して英霊に無実の罪を貶めて当面の外交課題を回避しようとしています。
国家の誇りはどこに行ったのだ、
父祖や英霊のご恩に報い、これからの子孫の為に揺るぎなき日本の針路を確立する為に、まず国民に真実を知らせるべきです。
日本の国民は非常に賢明な国民であり、真実を知りさえすればその時々に於いて的確な判断ができるのです。
ところが真実を国民に届けようとしても政府もそう、各省庁や地方自治体、公的機関もそう、
マスコミもそう、すべて戦後国際秩序の走狗となり果てているのです。

拉致問題についても私が十数年以上前から横田めぐみちゃんが拉致されたその日に、所轄の警察署長も新潟県警の本部長も日本政府も、みんな横田めぐみちゃんが北朝鮮に拉致されたことを知っていました。
リアルタイムで日本の警備公安の連中は、そして日本政府は拉致事件の大半をその時点時点で把握していたのです。
にも拘らずこれを見て見ないふりをしようと政治決定をし、今に至るも拉致問題を解決する気が全くない。
だから拉致問題が解決しないのです。
北朝鮮がその気にならないからというそんなものじゃないのです。
吹けば飛ぶような北朝鮮ごときに日本政府が本気で取り組んだら拉致問題は早ければ一年以内に全面解決するのです。
大半の拉致事件の真犯人を北朝鮮と知りつつ、これを物陰に身を潜め、拉致事件の続発を次から次へと許してきた日本政府は共犯者そのものです。

そして先ほども述べたように、この拉致の実相・全容を国民に知らせずに口先だけで「国政の最優先課題」であるとし、
尚且つブルーリボンバッジをこれみよがしに重要閣僚が背広につけて国民を欺むこうとしている。
これが戦後構造であり戦後国際秩序の中で、全く対応がとれない日本の姿なのです。
「日本の事は我々日本人が決める、日本の国は我々日本人の手によって護る」という主体的国家運営こそが何より大切で、
これなくしてこれからの日本の将来というものは国際秩序の中で翻弄され、食い物にされるだけである。
真実を全ての国民の方々に知って頂かなければならないのです。

森友学園について私の一言を以上をもって終わります。 ありがとうございました。

前衆議院議員  三宅 博

なぜ「菅野完氏」や「野党4党」が接触し、それを森友学園サイドが受け入れたのか?

これを読んで、ハッキリ見えた気がしました。

森友学園とそのバックにあるもの・・・
それがどうしても伝えたかった事だったのでは?と・・・今は思います。

謹んでご冥福をお祈り致します・・・

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 椿 より:

    教育を商売としていない学校はないんじゃないですか?
    学校運営をしていること自体、もうすでにボランティアじゃないですよね?

    三宅氏は、誰もが面倒臭がり、得にもならない、触れたがらない
    「拉致」「教育」「反日メディア」に対して、
    真剣に追及や糾弾をしてくださった事に、頭が下がる思いです。

    しかしながら、時々、保守派の人たちに「違和感」を感じるところが多々あります。
    日本を思うといいながら、ご先祖様を冤罪で貶める「日韓合意」に賛同したり、
    TPPに関しても、アメリカだけが得をする「・・・条項」に関しても国民に隠したり、
    その他もろもろありますよね?

    それなのに、この「教育」に関してだけは、
    金儲けだの商売だのと、厳しく批判をするのは何故でしょうか?
    そこが私はよくわかりません!
    教育者だってお給料がないボランティアでは生活できませんよね?

    それに道徳を教えるなら、「教育勅語でなくてもよい」というご意見も聞きますが、
    じゃあなぜ、道徳教育に「教育勅語を使ってはいけないのですか?」

    教育勅語と他の道徳教科書と違うところは、
    教育勅語を学ぶとき、必ず子供たちは、
    「教育勅語って何?」って疑問に思いますよね?

    その時に初めて、教育勅語の成り立ちや経緯を
    子供たちに話すことができるのではないでしょうか?
    それが普通の道徳教科書と全然違うところだと私は思っています。

    そこら辺を保守と呼ばれる人たちは、どう考えているのか?と思いますね。

トップへ戻る