[維新](民進案より厳しい)天下り規制強化法案を参院に提出

維新 独自の天下り規制強化法案を参院に提出 | NHKニュース

(引用)
日本維新の会は、文部科学省の天下り問題の再発を防ぐため、各省庁の管理職が、所管する独立行政法人などに再就職することを原則禁止するなど、国家公務員の再就職の規制を強化する法案を参議院に提出しました。
文部科学省の組織的な天下りあっせん問題を受けて、日本維新の会は、国家公務員の再就職に対する規制を強化し再発を防ぐ必要があるとして、独自に取りまとめた法案を、27日に参議院に提出しました。

それによりますと、各省庁の管理職が、所管する独立行政法人や特殊法人などの役員に再就職することを原則禁止するほか、密接な関係のある企業への再就職も退職後5年間禁止するとしています。

また、職員OBが、退職前の5年間に在籍していた省庁の現役職員に、再就職をあっせんすることも禁止するとしています

浅田政務調査会長は記者会見で、「これまでOBによるあっせんを省庁は活用してきたが、厳しい規制で問題のある天下りはなくなると思う」と述べました。

天下り問題をめぐっては、民進、共産、社民の3党が、職務と密接な関係のある企業などへの再就職を2年間禁止し、違反した場合には刑事罰を科すなどとした法案を衆議院に共同で提出しています。


天下り規制法案提出後の片山虎之助共同代表による記者会見

天下り規制法案概要.pdf

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る