[維新]テロ等準備罪「与党がゼロ回答であれば反対せざるを得ない」馬場幹事長定例会見 2017.4.25

「内容」(日本維新の会ツイッターより)
テロ等準備罪について
国民が不安に思うことを改善した法案を5つの骨子にまとめ、各党や行政にぶつけている。
GPSを使った捜査や、取り調べの可視化などを盛り込んだ。

森友問題について
9億円からなぜ8億円も値下げされたのか、具体的な理由を航空局から聞き取り調査している。

教育無償化ついて
昨年の参議院選挙の公約にした当初と比べ、現在は各党前向きな政策議論になりつつある。セカンドステージとして、具体的にどこからどのように、財源を生み出すかを思案中。

豊洲問題について
知事の支持率は高いが、市場移転については都民の世論が変わりつつある。移転問題が長引いており、今までに100億近い金額がかかっているなど報道があり、移転支持が40%と非常に高くなってきている。

第4回政治塾開催開始予定

衆議院支部長3名決定
千葉県6区  星 健太郎(ほし けんたろう)
神奈川県6区 串田 誠一(くしだ せいいち)
岐阜県4区  佐伯 哲也(さえき てつや)

身を切る改革実行!岩手県大槌町訪問について
毎月議員報酬2割を被災地に寄附しており、町長や地域の住民の方々に震災復興状況や要望をお伺いしている。

質疑応答

(公式版に差し替えました)


可視化義務づけ、政府に維新要求 「共謀罪」法案:朝日新聞デジタル
 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は25日の記者会見で、「共謀罪」法案について、取り調べの可視化(録音・録画)の義務づけを政府与党側に求めていることを明らかにした。「ゼロ回答であれば(法案に)反対せざるを得ない」と述べた。

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    ●【少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる】

    ;今の現状は、そこら中見渡していても、自分を含め高齢化の現状、
    ;先進国での子どもさんが、徐々に徐々に静かに少なくなってきている現状、
    これが同時進行状況。

    ★放置できない現状がそこにある。

    世界中でと大きな声で指導者が言いながらも、でも日本国民の私たちにすれば、やっぱり日本の今の現状、これからの先の日本社会での事、ここに目が行く。
    間もなく死んでいく我々世代のこの身にとっても、まだこの日本という国に於いての現状の現世には、これからには、不安を持つ将来を見ている自分がいてることに、ちょっとこんな歳になってまでもと言われそうだが、多少気が引ける部分もあるんですが、でも思ってしまう。

    ;人間はあらゆる公共の福祉に勤めるべきものだ。

    昔、親からくどいほど言われた言葉だ。
    でも私はそのほんの少しにも貢献できていない。
    精々、周りの人よりも私は多分子供を多く作ったということぐらいである。

    一つ言えることと言えば、残念なことに、学校の教師は我々が学生当時(終戦後の日本で)、
    その当時現場の教師らからは公共の福祉という内容についてはほぼそれは教えてもらえなかった。公共の福祉という文言を私は學校で教師から聞いたことも無かった。

    教養を磨けとは言われていたが。

    でもこいつら教師はこの口で、人のためイコール国のため、イコール戦争だからダメだと、そのことが即戦争につなげていく国民心理になると言うまで、そこまで極論を結び付けての暴論の無茶苦茶な論法で、教師は我々に教えて行こうとしていたほど。

    常に【個人主義、個人こそ貴重で尊重されるべき】、これこそ人間の理想的生き方だと、これを自覚自立の思いで目標で掲げて、目の前の生徒らに対して社会に出たら徹底して自分主義( ← これが結果的にイコール社会主義になると、理想社会になると)を、これを持って生きていくように教えられた。
    今テレビに出てくるコメンテーターでも、今のこれだけ時代が進んで人間の視野も能力も知識拡げてきているにもかかわらずまだ戦後のあの教育の教えていたことをまだ何の抵抗感もなくまだ大声で叫んでいる愚か者がいてる。

    もう遥か前世の時代のことを、報道の番組中にまだ喋って満足してる馬鹿がいてる。
    昔、終戦後当時の我々生徒に伝えていた教師ら、こいつらが教えようと洗脳しようとやっていた基本部分のこれと全く同じ論法で今もまだこれをやってる連中が、その連中がなんと同じ口から、【社会福祉】という文言も同時に叫びながら、こいつらがなんと、この時代になっても同じこを言ってるやつが大勢テレビで出てくる。
    だが彼らは終戦後以降の約20年間、あの東京オリンピックの行われる手前頃までの子の間徹底して学校現場では共産主義体制、社会主義体制が理想国家だと、アメリカ帝国主義打倒、米帝と言いながら、我々には教えていた事を、これらを全くそのことをやっていたこともないかのように、そんなことなど全くやって居なかった、教育の現場で教師は教えてなどいなかった、どこかの国の話だとばかりに、すべてその時期の教育の現場がまるで普通の人間教育をしていたかに見せかけ偽装し隠蔽し、なかったかに見せて、テレビでいかにも人道主義第一だと、もう前に教えてきた事とは全く逆の、自分らは人間第一主義だなどと、大きなことばかり言っている。

    もしも仮にあの当時の教師が学校で我々生徒に、【理想国家体制】だと教えていたことが実行されていたら、この日本はいま北朝鮮国家体制と同じになり、北朝鮮、中国らと合体している国家になって居ただろう。
    それが理想だと言っていた共産党、旧社会党、旧民社党、これらに存在した連中の、この連中の国民向けで伝え、語り、学校で日教組の教師が教えてきたことは、地獄を見るよりも明らかである。
    この連中が今、フランス大統領選挙に立候補で出ているルペン候補のことを、もう極悪思想の極右政党だと言い、それが悪の象徴に祭り上げている。

    それに対しての、対抗とされるマクロイという候補、
    彼のことを紹介でこの間日本の朝鮮民族テレビ局のTBSで、とんでもない報道をやった。
    ★【マクロイ候補の、彼の実親であるお父さんは、かつて極悪の極右思想を持っていた。だが、その父のとんでもない極右という極悪思想を、この悪い思想を、息子である彼はそれを一切をあらため、中道の政策を目指す思想の持ち主へとなった。父を見てその極悪思想の極右思想を止めたのがマクロイ候補だ。】と伝えた。

    ★まあ私はその日本の終戦後当時、学校で教育をうけたが、
    これを学校で、くどいほど泡を飛ばして個人主義は素晴らしい社会主義国家、共産主義国家体制が人間の理想的国家体制だと、こう教えていた教師には、私は許しがたいとの思いで常に噛みつき文句を言い、これに猛反発した一人であるんですが。

    ;人間にはいったい何ができるのか、
    ;人間にはそんな何でもできるほどの能力が果たしてあるんだろうか、
    ;それぞれがそういう力を果たして身に備えているのだろうか、
    ;理想的国家、社会はどうやったらできるのだろうか、
    ;人間社会の基本って、そんなに単純に一行や二行の法律で縛れるのだろうか、
    ;人間を守るって、そんな行文に表した文言で、言葉分で仕切って単純に列で表してできるものなんだろうか、

    児童相談所、児童養護施設、
    保育園、幼稚園、子供園、
    小学校、中学校、高校、大學、専門学校、

    大阪は全国での先陣を切って道をこじ開けながらこの分野での、かなりのところにまで行政でどこまで出来るかの徹底した極限を求めて橋下さん以降松井さん、引き継いだ吉村さんに至るまでもう日々そのことは必死にやってきている。
    以前の大阪での、橋下さんが出現するまでの大阪の府や市の教育委員会、及び青少年課、もうあの当時を思い出すとぞっとするほどであったが、でもまだまだ現場まで、教師にまでは道半ばでの届いていなさそうである。
    役所が旗を振ってそれに呼応して動く職員、教師らと、旗を振っても反対に動く現場もまだある。

    私はこういう性格なので、数か月ごとに定期的に同じ学校に順繰りでのロータリーで十数校に毎回連絡している。教頭、学年主任、校長、これらが、少しづつ変わりだす学校もあれば、徹底してこういう内容を伝えられることを嫌がって一切聞こうとしない学校もある。
    特に終戦後の学校で、戦中戦前ではなくて終戦になって日本がアメリカに進駐されていた時期、マッカーサーがとてつもない偉くてすごい人だと、日本人がそう思っていたその時期に、戦後の話だがと前置きをして、日本の公立の学校は小中高校、ここの教師が戦後20年間ほどの期間、この期間いったいどういう教育をして生徒に教えてきていたかを、私が小中高校で学校で経験した内容を伝えると、
    【そんなありもしないことを言って教育の現場をおかしくするんですか?】
    などと言ってくってかかってくる教師らもまだいてる。

    これが日本の現実だ。
    日教組、教職員の世界ではこの時代の話は一切タブーとなって居る。
    ちなみに前に書いた【日本戸籍住民基本台帳に関する議事委員会議事録】なるもの、国が出してる内容。
    これが発行されていてそこにはその事実が、事実もあると記述されていることを確認してきた。
    、これの昭和24年版の発刊物に私が説明したと同じ事が書かれて出ていると、詳細が書かれている、【仲井さんが言ってる状況がそのまま書かれていますねえ】って、私に連絡してきた。
    こいつは実は、それは大阪市役所の或る一人の課長。
    もう退職したが。

    この男には、私が初対面の時に
    【君は日本民族か、朝鮮民族か!】と尋ねた時に、
    同時に私が当時の戦後の話をした時にこいつが
    【わたしの話はそれは違う】と【信じられん】と言って、自分で調べてきた。
    言われっぱなしで腹が立ったのだろう。
    ところがそこから2週間ぐらいたって、結果彼がその事実を徹底的に調べて私に報告してきた。国会図書館にそれがあるからと伝えたからか、大阪からわざわざ東京の国会図書館にまで休暇を取ってその用事だけで行って、国会図書館にまで行って調べてきたと言っていた。
    それ以降、その役所内では私の顔を見ると誰もこっちとは目を合わさずに、皆が顔をそむけるようになった。この内容がなんだかんだと言いながら全体に伝わっていったのだろう。
    その内容を言ってきた張本人が私だと役所の内部で彼から伝わり広がったのだろう。
    都合が悪い者は一切私から離れよと、それ以降こそこそしだした。

トップへ戻る