「日本維新の会」“復活” おおさか維新の規約案判明 各地の総支部束ねる

「日本維新の会」“復活” おおさか維新の規約案判明 各地の総支部束ねる(産経WEST)

(引用)
 橋下徹大阪市長(地域政党「大阪維新の会」代表)が暫定的に代表に就く新党「おおさか維新の会」の規約案の全容が30日、判明した。傘下に、新たな政治団体「日本維新の会」を設置することを明記した。おおさか維新の大阪以外の各都道府県総支部で、日本維新の会を構成する。

 規約案は、すでに発表されている綱領案とともに、31日の結党大会で承認される見通し。

 維新関係者は、日本維新について「(2府5県4政令市が広域行政について協議する)関西広域連合のようなイメージだ」と説明している。「大阪維新」と、日本維新は対等の関係とするという。

 橋下氏らは平成24年9月、国政政党として「日本維新の会」を結成したが、26年に次世代の党と分裂。同年9月、結いの党と合流して、維新の党になったため、現在は政党としては存在していない。

 大阪府内以外の維新の党の地方議員には、各都道府県支部の冠に「おおさか」を付けることに否定的な声が根強いことを受けた措置とみられるが、今後の運営など詳細については別に規則で決めるとしており、明確には決まっていない。

 そのほか規約案では、代表権限を強化したり、執行役員会にあたる常任役員会に地方議員を必ず入れることなどを盛り込んだ。(引用終わり)

松井大阪府知事 各地で地域政党・維新の会を(NHK)
維新の党宮崎県総支部、橋下新党に参加方針(読売新聞)
「東京維新の会」発足へ 「橋下新党」に同調、都議ら十数人が参加(産経ニュース)

大阪の改革を知らない人に、「おおさか」がピンと来ないのも、残念ながら事実かとおもいます。
「日本維新の会」
やっぱり、いい名前ですね(^^)b

関連
橋下市長 将来的に政界に「復帰してほしい」49%(朝日・ABC世論調査)
橋下市長「維新の党支持者の9割が臨時党大会の決定に理解。維新の党の永田町組は、この事実も無視するのかね」10/27のツイート

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    一般的に「大阪」というだけで嫌がる人がいるのは事実。生理的なものなのかなぁ…。大阪人の私としては悲しいがそれは受け入れている。

    今回ご当地維新の会が出来る案は、地方の議員さんにも、その人を応援したいと思う一般の人にとっても良いことだと思う。
    名前がなんとなく好かんから…という次元で支持してもらえないなんて、元も子もないからね。

  2. 匿名 より:

    大阪で何が起きてるのかを知らない人には「おおさか維新の会」は解り難い面や敬遠がちの部分は確かにあると思う。ただ厳しい要求かもしれないけど橋下が民間人になったらメディアと全国行脚の講演会などでネーミングの経緯も含めて発信する必要もある。地道に言っていかないと5年後の過半数どころか野党第1党も難しい。中央の大手メディアも未だに橋下は引退宣言したのにまだ辞めないのか?というくだらない話ばかりで本質を何一つ伝えてないから当てにならない。軽減税率導入の反対を訴える橋下は新聞社にとっては潰さないといけない相手だしね。ブレずに正面から正論で戦って欲しい。

  3. 匿名 より:

    関西で活動拠点のない人には、本当に大阪の雰囲気が分からないようですね。
    東京の政治評論家や政治記者と呼ばれる方々の維新混乱の分析が的外れすぎて、BSフジのプライムニュース見て笑ってしまいました。
    意外な発見として、小沢鋭二氏の維新魂へのリスペクトは驚きました。

  4. 匿名 より:

    >一般的に「大阪」というだけで嫌がる人がいるのは事実。生理的>なものなのかなぁ…。大阪人の私としては悲しいがそれは受け入れている。

    大阪というだけで毛嫌いする人が一定数いるというのは事実でしょう。それは認める。しかし、そんな事実をすんなり受け入れたくはない。そして、プライドを捨てて地べたを這いずるような真似はしたくない。

    大阪が嫌われようが何されようが必要なことは全力ですべきだし、何もせずに命乞いをして殺される(潰される)のを待つなんて私には出来ない。

    自分たちが受け入れられていないからといって
    そこまで卑屈になることは無いと私は思います。

    大阪を良くしたいという気持ちは多くの人もあなたも同じはず。

    何事も反省は必要ですがもっと誇りを持ってください。
    大阪に住む人間だって何もぜずに手をこまねいている人ばかりじゃないんですから。

    偉そうですみませんでした。

  5. アンパンマン より:

    「日本維新の会」の設置が、都道府県支部の冠に「おおさか」を付けるのを回避するための措置とは噴飯ものの解釈。
    日頃政局ネタに特化して、政治報道を疎かにしているならでわの発想で、メディアのレベルの低さにうんざりする。

    維新の理想は各地域に、大阪維新の会と同レベルの地域政党が並立的に活躍することであり、決して「大阪中心のピラミッド」を構築し各地域を傘下に入れようなどではない。
    各地に根差した地域政党であるから、元より「おおさか」の冠を付ける必要などない。沖縄の「政党そうぞう」の名前には「維新」の文字すら無い。
    中央集権にドップリ浸かったメディアの発想とは根本的に異なるから、メディアには理解できないのであろうが酷すぎる。

    しかし、国政レベルで「比例票に関して地域政党同士が潰し合わない」ための国政レベルの連携が必要となる。
    上記の理想と、母屋を乗っ取られた維新の党での痛い経験を踏まえての苦肉の策が新生「日本維新の会」ということであろう。

    沖縄の「政党そうぞう」は「維新の党」の都道府県支部では無い。「政党そうぞう」と「大阪維新の会」が政策協定を締結し儀間氏を維新から国政に送り出した。
    ここでポイントは「政党そうぞう」は「日本維新の会/維新の党」と政策協定を結んだのではなく、「大阪維新の会」とである点だと思う。
    この「政党そうぞう」とのスキームを発展させたのが新生「日本維新の会」と「おおさか維新の会」の関係性だと思う。
    そういう意味で「おおさか維新の会」は、あくまで地域政党「大阪維新の会」の国政バージョンで、今までの「日本維新の会/維新の党」とは異なるのだと思う。

    勿論、各地域の地域政党が発展すれば、将来的に「日本維新の会」と「おおさか維新の会」は融合して「おおさか」の看板は取れるのであろうが、母屋を乗っ取られた苦い経験から、当面は分立体制を取るのだと思う。

    あと、「おおさかを付けるのを回避」という発想の根源、国会議員が「おおさか維新の会」という党名では戦えないというが、これも中央集権にドップリ浸かった発想だと思う。
    「大阪」という町のイメージはさておき、「東京ガールズコレクション」が東京以外で開催されても誰も疑問にも感じないという異常に気付きを与える意味でも「おおさか」をつける意味がある。
    なにより、維新は国政レベルで何ら成果を上げていない。今迄は「橋下徹」という看板で戦えたので党名はどうでも良かったが、橋下氏引退後はそうは行かない。
    では何で戦うかというと「大阪維新の会」の大阪での実績でないか?「おおさか」で戦えないという輩は何を国民に訴えるつもりなのか?とも思う。

  6. 匿名 より:

    先頭にコメントしたものです。

    >偉そうですみませんでした。
    メッセージ(?)を下さった方へ

    誤解されています。
    もっとも大事なことを叶えるために、好き嫌いというレベルでごねる人も受け入れつつ、粛々と前に進まなくては
    というのが私の意図です。

    すべては大阪、日本の未来のために。
    大阪(あるいは橋下さん)が嫌われても!
    都構想の実現のために、せなあかんことをやりましょってことです。

    橋下さんも今朝の街頭演説で言ってましたね。
    政策やゆく末のために好き嫌いで政治やったらあかん、と。

    生粋の大阪人です、卑屈だなんて…真逆ですよ!
    愛も誇りもあります。
    おそらくあなたと同じですね。
    ご安心を (^_^)

  7. 仲井 より:

    今テレビでよく言われている所謂大阪は荒野とか大阪の人間は荒野とか大阪のおばちゃんは荒野とか大阪の人がよく食べてる者は粉問屋とか、
    之ってすべて朝鮮人の内容です。

    私ら大阪で50年以上住んでいて、年に一度ぐらいしかお好み焼き、イカ焼きなど食ってないし、タコ焼きなど買ったことも無い。
    未だにお好み焼きのあれがなんでお好みなのか、その意味すら分からん!
    タコ焼きなど食わずにタコを薄切りで湯引きしてポン酢で食えばいい。

    全国もそうだと思うが、大阪でいわゆるB級グルメと言われる食品を売っている店は、そこのオーナーは、ほぼ日本人による経営ではありません。
    あれこそ朝鮮半島人と中国人がやっている典型的食事処。

    それを日本人の大阪人がやっている、日本の大阪人が特に好みの食べ物だなどと言っている連中、テレビでそれを言っている連中を見てみてください。
    言っているそいつらの顔を見てやってください。
    何処に本当の日本人がいてましたか?
    居てるはずもない状況です。

    何処の者かわからん吉本興業の芸人連中が、関西のテレビ界を蹂躙し、食べ物の内容が出るたびに自分の祖国の者が食べているものを、日本人の大阪人が好みの食品だなどと伝えることで、自分らは日本人だと誤魔化しているだけ。

    大阪のおばちゃんとテレビで宮根らや、さんま他あいつらがよく言って、あれがいかにも大阪の日本人だと全国に向けてことさら強調しているのは、あれは彼女らおばちゃんのあのしゃべり方、言葉のだしから、文言の初めの一字が高い音程のトーンで出すしゃべり方、あれこそハングルの流れのイントネーションなのです。あれを大阪でしゃべっているあの連中とテレビで出ているイントネーションが同じなのです。

    つまり大阪のおばちゃんの喋りと同じしゃべり方が大阪の日本人にしとけば、あれが日本人の大阪人のしゃべりだと思い込ませて錯覚さえさせれば、テレビに出ている自分ら芸人のしゃべり方も、これも日本人ですよと。
    自分らも日本人ですよと、テレビを見ている人に、大阪にいてるおばちゃんも日本人だし自分らもそれと同じしゃべり方をしているでしょう?
    おばちゃんが日本人なら、当然自分らも日本人なんですと、
    自分らは日本人だとそう思わせているのです。

    連中の巧妙な作為的工作なんですがでも我々日本人にすればすぐにわかります。
    この間私が訴えられていて10人以上の弁護士が名を連ねて私に向かってきていると書きましたがまあそこに羅列している弁護士すべてが朝鮮人です。
    奴ら独特の手法ですね。
    シロートはこれで怖がるとでも思いこんでこれまでもこういう手段でやってたのでしょう。
    朝鮮人の、実は怖がりを隠そうと肩で突っ張って見せかけで大勢を見せて脅してるつもりなんでしょう。
    まあ笑ってしまうんですが。

    【大阪のおばちゃん】という文言を出してそれも大声で叫ぶように声高にテレビで叫びまくっているのは、まあ典型的姑息な薄汚い彼ら民族独特の手法、朝鮮流の自分らが日本人だと主張している典型的誤魔化し工作。
    うその煽動。

    この間の住民投票時の朝鮮人運動と同じ手法。
    彼らができる政策、できる手法は、すべてが嘘しか彼らは持っていない。

    まあいかにも日本人の大阪人だと紹介しているが、あれこそ大阪に居てる朝鮮人おばはんの典型。

    私の周りでの自分に近い人間では、日本人で、間違ってもあんな下種な日本人何処にもいて無い。朝鮮人女の典型。

    あれが日本人の大阪人だと伝えることで、奴ら自分も日本人だとしたいのだ。
    つまり朝鮮人だとバレていないかまだこの期に及んでもまだ日々怖がっているのだ。
    奴らは。

    いかにも自分らが日本人だと思わせたい吉本興業の芸人らの朝鮮人の工作。
    あんなおばはんで日本人がいてたら、私は外国にでも行くさ。
    他所の国に行くよ!

    韓国の女優でユンソナが日本の生番組でいみじくも言ってたが、
    【日本に来て、大阪の商店街に行ったら、いつも思うんですが、釜山にいてるみたい。あれって日本人の女性って本当に居てるんですか?まるで釜山で買い物してるのと何ら変わらない。あれってホントに日本人なんですか?】って。

    絶対に言ってはならぬ日本の朝鮮人テレビ局でユンソナは喋っちゃった。
    それを生番組で喋っちゃった。

    それ以降翌日からテレビから姿を消しちゃった。

    数年後にテレビで見たが、韓国でドラマに出ていた。

    生番組と言えばこんなことも。

    日本の誰もが知っている或る業界の大スターが結婚式を挙げた。
    新郎のご両親、兄弟、親族家族、少年時代からの恩師だとか同級生もただの一人も新郎の関係者は出席しなかった。
    政財界の大物はものすごい数で、人数が出ているのにだ。
    まあ天皇陛下までは来ていなかったが。
    それぐらい大きな結婚式。
    新婦さんの方は、ご両親兄弟は無論親族もご友人らも幼いころからの同級生らも恩師らもほとんどが出席。

    これで結婚式は終わった。

    それから数十年が経過し、もう結構年老いたその新郎の、実のお母さんがお亡くなりになったという内容が世間でひそかに流れていた。
    それを感じたその新郎の男性が、先手をきって記者を前に、
    実は母が無くなりましてねえ、って発言した。

    周りに大勢いてた記者らはそれを聞いてもみんな一斉に沈黙。
    ところが一人の若い女性のテレビ局社員が、
    【〇〇さんってお母さんがいてたんですか?】って、聞いてしまった。

    回り周辺にいてた記者らは、この人の結婚式にも出てこなかった母親ら親族の内容はその事情はすべて知っていたので、親族家族の内容はタブーだったが、この局女性は解らずに聞いちゃった。
    【居てますよ】って答えたが、そこでも周りの記者の誰一人もそこから先の話を聞こうとはしなかった。
    自分ら記者は、すべてがテレビ局も新聞社も含めて、本社トップから、この人のこの話は絶対にするなというタブーにされてきていたのだ。

    それを知らない女性局員が何にも知らずに聞いちゃった。

    日本にはこういう内容が有る。
    結婚式はものすごく沸きに沸き、当時、何処のテレビも新聞でも、財界政界の大物が祝辞の挨拶までした。
    総理大臣までが出席している。
    大きく報道されていても、だが絶対に触れてはダメと言う部分を抱えて、この男はここまで日本で長年生きてきているのだ。
    大阪のおばちゃんとは格が違いすぎるんだが、でも同じ民族で日本に渡って来たものに違いは無い。

    現に出身の高校以上は公に出てくるが、彼の小中時代は恩師も消えていてないし、同級生と言うのも一人として現れたことも無い。

    日本はこういう状況で戦後を越えて発展してきたが、もうそろそろ振り返って足元をきちんと洗い流すことも必要な時期に来ていると思える。

    それを越えて、その経験を越えて、二度と戦後起きていた内容、ああいう状況は作らないんだと。
    それは戦争と言う部分にも入るし、それよりも人間本位の人間について政治は国は行政は、いったい何をどうしたら人間というmのを一番大事にしてやれるのか、それは年寄りであろうが今日生まれてきた赤ちゃんであろうが、全ての人の人間というものを最大中心に国を運営していく。
    これに尽きる。

    これを格言の信条と思うぐらいの政治家で、日本が出来上がるようになってほしい。
    大阪のおばちゃんを日本人の大阪の人だと、朝鮮人だと知って居ながら自分の身元を隠すがためにカモフラージュでごまかし、いかにも日本人に見せてテレビで大阪のおばちゃんどうのこうのとガンガンやる、大阪の日本人はあんなふうだと思わせる。
    朝鮮人の大阪のおばちゃんとは絶対にやらない。
    あれが黒人なら日本にいてる黒人のおもろい大阪のおばちゃんだというはずがだ、朝鮮人になると日本人だと伝えてだます。

    あれが日本人の大阪人だとあおる。

    大阪を、朝鮮人の思うが儘のだまして伝えるような、嘘が平気な街、そんないかがわしき人間の住む町にだけはしたくない。

    おおさか維新の会には使命がある。

    本当の人間の街に、本当の日本人の街にと言うのが理想だが、大阪にはもう既に数百万人の朝鮮人が日本人に化けて大阪で存在している状況で、これをどうやって日本人化していくのか。

    今では日本人が朝鮮人化されようとしている。

    現に政治の世界もテレビの世界も新聞の世界も、学校の教師の世界も、公務員の世界も、大学教授の世界も、灯台までもがもう朝鮮人教授で覆われだし、そして大阪のおばちゃんと言われるこれら朝鮮人の存在をどうやって日本風に染められるのか、
    ここはこれから本当に命がけでやらないと、ここまでつかめてきたこいつらの甘い汁を、この利権を、朝鮮人は絶対に手放そうとはしないだろう。

    これをどうやって手放させるか、それにはやっぱり維新が唱える【大阪都構想】がまずは手始めになるだろう。

    予算の動きをまずは国民に見えるように透明にすることから始めねばならぬ。
    それにはやっぱり大阪都構想だ。

    維新は、橋下さん、松井一郎さん、吉村洋文さんには、本当に覚悟が要る。
    まさに大阪大革命のスタート地点だ。

    【使命はやる気で乗り越えられる】。
    格言だ。

    大阪の心ある者は心して、奴ら何処から来たのかも解らん国のもんになど国民の大事な税を好き放題食いつぶしてきた犯罪者集団を、何とか叩き潰すことに専念すべきである。
    私は今の今でもあらゆる役所を追及している。

    最近は都島救急医療センターが、仕事なしで公務員が遊び放題の天国状態になっている実態。
    課長も課長代理も仕事などない状況。
    そこに税金を投入する管轄の市の方の部局の課長が、これがまたひどい状況。
    どちらも間違いなく【仕事評価で行けば間違いなくD評価】、

    不始末を起こした顛末の内容と、職務怠慢の内容、管理も何もできていない状況の詳細説明の報告書を、トップである市長の橋下さんに提出しろと要求している。

トップへ戻る