東国原議員:議員辞職と離党の意向

(引用)
東国原議員:議員辞職と離党の意向
 日本維新の会の東国原英夫衆院議員(比例近畿)が議員辞職と離党の意向を漏らしていることが10日、分かった。同氏の関係者が明らかにした。

 東国原氏は10日夜、大阪市内で維新の橋下徹共同代表(大阪市長)と会談し、議員辞職や離党の意向を伝えたとみられる。

 東国原氏は、特定秘密保護法で維新が与党と修正合意したことについて、ツイッターで「あくまで原案・修正案には反対、不満足」と表明していた。

 東国原氏はタレント出身で2007年1月、宮崎県知事選に無所属で出馬して初当選し、1期務めた。11年4月には東京都知事選に無所属で出馬したが落選。昨年12月の衆院選で、維新の目玉候補の一人として比例近畿ブロックで出馬し、初当選した。(12/10 毎日新聞)

もし、本当なら残念ですね…
やり難いのは、わかりますが、東氏が維新にいる事で党のイメージが大分違うと思うんですがね…

まあ、今の状況では、東氏の発信力も何かとあって発揮出来ませんでしたから、気持ちも分からないでは無いんですが…

橋下さんとは、どういう話になったのか…


東国原議員と会う前の、今日のぶら下がり取材

前にビートたけしさんの記事を紹介しましたが、これがあったから、あの様な記事が出てきたとは思いたくないですね…
関連記事:ビートたけし氏 橋下徹市長を「落ち目のアイドル」と表現

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的には東は野心を持ちすぎると感じていました
    彼が宮崎県知事ならともかく東京都知事になるなんてとんでもない
    猪瀬知事のスキャンダルを見ていち早く準備に入ったんでしょう もう生々しい野心ですよ 栄達を望むギラギラとした強欲しか感じないですね。

トップへ戻る